色々なことを徒然なるままに…

赤間神宮 観月祭 二胡演奏♪

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

昨日は、9/29に当店でもライブを行っていただく「今井美樹」先生の

演奏のサポートに行って参りました。

 

大変由緒正しく下関の観光名所としても名高い赤間神宮では、

毎年この時期に「観月祭」という

月を愛で、神様に舞や音楽を奉納する行事が行われており

今日はその模様をお伝えしていこうと思います。

 

写真はありませんが、まず初めに厳かなる神事が行われます (`・ω・´)ビシ

 

本殿後ろからの秋の虫の音色のみ聞こえる空間の中で、

祝詞が読まれ、見事な雅楽が演奏されました。

 

私はこの場所に入らせていただくのも確か七五三のお祝い時以来で、

あまりの俗世界と離れた異空間にまさに背筋が伸びる思いになりました。

 

次に巫女の方々による、奉納舞が行われました。

IMGP0993-1

IMGP0995-1

IMGP0997-1

IMGP0998-1

 

※画像はクリックで大きく見れます。

 

わたくし、日頃こういうのを見慣れていないからかもしれませんが、

非常にこの巫女の方々の舞に魅せられました(;´Д`)

見事な雅楽の演奏の中、一つ一つの所作がとても美しく、

神々しい舞にうっとりしてしまいました。

 

そして、その後、神主さんや出席者の方々による玉串奉納が行われ。

神事行事はひとまず終了致しました。

 

さて、次に美樹先生の本番です!

IMGP0999-1

 

静謐なる神の空間の中で、美樹先生の二胡が鳴り響きます。

 

能舞台の部分は天井が無く、神殿の周りは林に覆われているので音の調整が

なかなか難しく先生と共に苦心致しましたが

ご観覧の皆様が演奏に聞き入られている様子をみて私もホッと胸を撫で下ろしました(;´ω`)

 

IMGP1003-1

 

この空間でもものともしない先生のいつもの「美樹トーク」も混じえ

その空気も緩んできたように思えました。

 

IMGP1006-1

 

最後に巫女の方に花束をいただき、

厳かなる和の空間の中で中国楽器を聴いていただく折中の催しも終了と相成りました。

 

IMGP1013-1

その後は、ご観覧の皆様と月を愛でながらのお食事会です。

 

IMGP1015-1 IMGP1017-1 IMGP1028-1

 

神事が始まった際はまだ薄明かりだった空もすっかり暗くなり

その夜空には満月とはいきませんが、光りの強い八分の月が

我々を照らしてくれるのでした~。

 

最後に赤間神宮の関係者の皆様、この度は大変お世話になりました。

皆様とても優しく、お手伝いもしていただき大変助かりました。

また機会がありました際はどうぞ宜しくお願い致します!

 

今回も長く稚拙なブログをここまで読んで頂き有難うございました。

 

最後の最後に宮司さんと先生の貴重な一枚でお別れです。

IMGP1011-2

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中