色々なことを徒然なるままに…

12月, 2013 のアーカイブ

年末年始 営業時間お知らせ

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

今年もあと今日を入れて5日、、、日々が過ぎるのがとても早く感じますね。

 

さて今日はタイトル通り年末年始の営業時間のお知らせです。

 

 

・12月27(金)~31日(火) 通常営業 AM8:00~PM7:00

     ※29日()も通常営業しております。

・1月1日(水)~5日(日) お休み

・1月6日(月)~ 通常営業 AM8:00~PM7:00

 

このようになります。

 

年末いっぱい休み無しで営業しておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

それではまた、( ´ω`) ノ

IMGP0567-1

広告

『星の抹茶オーレ・ほうじ茶オーレ』ご紹介

※先日より予約販売しております「星野抹茶ソフトクッキー

大変なご好評により生産が追い付かず、

お待たせしているお客様、この場を借りてお詫び申し上げます。

順に商品をお渡しさせていただきますのでもう少々お待ちください。

 

こんにちは、ご無沙汰しております、かなたに園です( ´ω`)

しかし寒くなりましたね、お天気も優れないのでより寒さを感じる今日この頃です。

 

さて今日は冬場特に人気の高い当店お奨めの商品をご紹介させていただきます。

 

IMGP1357-s

星の抹茶オーレ」「星のほうじ茶オーレ」  180g袋入(約12杯分) 各630円(税込)

 

IMGP1362

1杯用スティックタイプ         15g袋入 各63円(税込)

 

最近はとてもポピュラーな飲み物として人気がある抹茶オーレですが、

この「星の抹茶オーレ」は石臼引きの八女抹茶をふんだんに使用しとても香り高く、

甘さも控えめですので、特にこの時期人気の高い商品です。

 

また、少し珍しいのが「星のほうじ茶オーレ」でして、

こちらも八女ほうじ茶の香味とミルクのまろやかさをふっくらとした泡で包んだ美味しさです。

また、抹茶オーレよりカフェイン少なめで、おやすみ前に飲まれたり、

お子様にも安心して飲んでいただける商品です( ´ω`) b

 

「星の抹茶オーレ」原材料名・・・

グラニュー糖、抹茶(福岡県産)、
脱脂粉乳、コーンシロップ、植物性脂肪、

デキストリン、乳糖、カゼイン、カゼインNa、pH調整剤

 

「星のほうじ茶オーレ」原材料名・・・

グラニュー糖、ほうじ茶エキス(福岡県産)、

脱脂粉乳、コーンシロップ、植物性脂肪、ほうじ茶粉末(福岡県産)、

デキストリン、乳糖、カゼイン、カゼインNa、pH調整剤

 

なお、1杯用のスティックタイプより、

180g袋入のほうが2杯分お得となっております。

 

IMGP1366

 

中身はこのようなサラサラ粉末状態で、1杯分は約15g(カレースプーンやや山盛りで1杯くらい)です。

 

IMGP1367-s

IMGP1373-s

 

120∼150mlのお湯をスプーンや、

小さいあわ立てさじなどでよーく掻き混ぜて下されば上のようになります。

(夏場アイスで飲まれる場合は、まず少量のお湯で粉末を溶かしてから水を入れて下さい。)

 

IMGP1379-s

 

先にも書きましたが、この「星の抹茶オーレ」は他所の抹茶オーレと比べて

抹茶をふんだんに使用している為、抹茶の香味がとても高く、

取って付けたような嫌な甘さがありません。

 

ちょっとホイップクリームを乗せたり、バニラアイスを浮かべたりして

アレンジして飲まれるのもお奨めですよ( ´ω`)

 

 

・・・と私が徒然とブログを書いていると、思わぬお客様がお見えになりました!

 

IMGP1380-1

下関が誇る大作曲家であり、ジャズの巨匠、生ける伝説!「加藤さとる」先生です。

 

いつも何かにつけて私や両親のことを気遣っていただいたり、

若輩者の私に気軽にジャズの事を色々教えて下さる大先生です。

 

今日は当店お隣の車屋さんに車のことで来ており、

こちらにも顔をだしていただけたようです。

 

御歳80歳を越えられてもなお音楽への情熱は冷めやらず、

いつも自ら車を運転し、精力的に演奏活動をされております。

IMGP1383-1

いつもお洒落で、お茶目な加藤先生( ´ω`)

 

今日は挨拶代わりと、私の好きなエロール・ガーナーのタッチで

ジャズのスタンダードナンバーを弾いていただきました。

 

正直先生のことを一言二言では私は言い表せませんので

「加藤さとるオフィシャルブログ」を是非ご覧になってみてください。

( ↑ クリックでブログに飛べます。)

 

また、その先生の奥様の

「浜崎むつみ」先生もプロのシンガーとして大変なお方で、

ブログにてご自身や加藤先生の活動状況の詳細もご覧になれますので

「浜崎むつみオフィシャルブログ」も一緒に見られてみて下さい。

( ↑ クリックでブログに飛べます。)

 

 

最後に恒例のジャケット遊びでお別れです。

 

IMGP1386-3

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

 


楽茶房年末感謝Live ー歌って踊って驚いての巻ー

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は昨日8日に行われました、ごく親しく近しい方々に集まっていただいて

芸の出し合い見られ合いの年末感謝祭の模様をお伝え致します。

 

IMGP1334-1

トップバッターは『綾羅木のエド・マルロー』ことTグチさん!

名曲「エーゲ海の真珠」をバックに流麗で見事なマジックをご披露いただき

多くの驚きと共に会場を暖めていただきました( ´ω`)

Tグチさん有難うございました!

 

IMGP1340-1

IMGP1350-1

続きまして、市内で様々なイベントにも参加されているフラダンスチームの皆様!

ゆったりとしたハワイアンミュージックに乗せて我々にハワイの風を運んでいただきました~( ´ω`)

 

フラダンスはゆったりとした動きとは裏腹にとても運動量も高く難しいと聞きますが、

皆様とても息が合っていて素敵でした。

指先の動きなどを見ていると日本の舞踊にも通じるようにも感じましたね。

フラチームの皆様有難うございました!

 

IMGP1345-1

さて、続きましては『歌う市議会議員』こと浦岡昌博さんの登場です。

浦岡さんは名曲「想い出のサンフランシスコ」を歌っていただきました。

 

すらっとした上背からの張りのあるバリトンボイスに会場は一気に引き込まれました( ´ω`)

一枚上手の歌唱力で会場を盛り上げていただき有難うございました!

 

IMGP1348-1

さてお次は北九州から参戦、T川さん!

芸術文化に幅広く精通した方で、シャンソンの名曲を歌っていただきました、有難うございました!

 

IMGP1354-1

そしてそして11月に当店でシークレットライブも行っていただきましたTakakoさん。

なんとマイケルジャクソンの「スリラー」とジャズの名曲「サマータイム」を

ご披露いただきました。

普段なかなかサックスを目の前で聞く機会はありませんので

演奏を皆様とても楽しんでおられましたね( ´ω`)

 

IMGP1355-1

最後はとても素敵なハートウォーミングな詩の朗読を

聞かせていただきました、Tグチさんの奥様!

吉野弘さんという方の詩をご自身のエピソードを交え聞かせていただきました。

 

Tグチさんは本当に素敵な声質をお持ちで、聞いてる側を安心させ心を鎮静させてくれます( ´ω`)

この度は有難うございました!

 

その他写真は撮れませんでしたが 、めちゃうまのウクレレで民謡を歌うキタハラさん、

高オクターブの歌をサラリと歌っていただいて我々を魅了していただいたRyokoさん、

10月のラストサンデーライブでもお世話になった侘び助の上田たけしさんなどなど

錚々たる方々により大盛り上がりの中、この年末感謝Liveは幕を閉じたのでした。

 

出演していただいた皆様この度は誠に有難うございました!

 

来年のLast Sunday Liveは3月よりを予定しておりますので、

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


限定生産 「星野抹茶ソフトクッキー」 のご紹介

img0000027[1]

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は前回の予告通り、

奥八女・星野村より届けられます、

 

濃厚抹茶ソフトクッキー

 

をご紹介させていただきます!

 

まずこの抹茶ソフトクッキー、濃厚と銘うっているだけに

普通の抹茶味クッキーとは抹茶の濃さが段違いです。

18116img3-1385856368[1]

しっとりとした生地感の中に、口いっぱいに抹茶の風味が広がります(;´Д`)

また、優しい甘さのホワイトチョコでコーティングされることにより

何枚もつい食べてしまう苦味と甘味のバランスの良さも特筆すべきところです。

 

さらに一番上の画像でわかりますように、

金粉も散らしまして、見た目にも大変こだわった商品です。

 

この石臼引きの奥八女・星野抹茶の香味をあなたの幸せなひと時のお供として、、、

また、まったりとしたご友人との午後のティータイムに、、、

ちょっとした贈り物にもお奨め致します。

 

18116img1-1385856368[1]

1箱12枚入                 840円(税込)

 

原材料:準チョコレート、マーガリン、ローストフラワー、砂糖、脱脂粉乳、

コーンスターチ、抹茶(福岡県産)、金箔、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンB)、

着色料(カロテン)、(原材料の一部に大豆含む)

※抹茶として純粋なものしか使用しておりません。

※着色料(カロテン)はマーガリンに含まれているものです。

※香料はチョコレートに含まれているものです。

 

賞味期限は約45日です。

 

※限定生産品になりますので、予約販売の商品となります。

第一次締切りは12月15日迄(※商品のお渡しは16日以降となります)

第二次締切りは12月25日迄(※商品のお渡しは26日以降となります)

 

是非この濃厚でしっとりした他とは違う抹茶クッキーを味わっていただきたいです、

私の今期の超おすすめのお菓子でございます( ´ω`) b

数に限りがございますので、お早めにご予約下さい。

 

お問合せ・ご予約は

下関市汐入町4-4 かなたに園の店頭でも承っております。

もちろん、

tel/fax 083-224-0974

e-mail kanatanien@navy.plala.or.jp でもお気軽にどうぞ( ´ω`)

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

 


特別限定茶 「冬の華」 ご紹介

img_fuyunohana[1]

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

今日は幾分寒さも和らいで良いお天気ですね。

 

さて、今日はこの時期だけの特別限定茶

「冬の華」

という商品をご紹介致します。

 

このお茶は通常製茶する工程の中の乾燥の部分に

特別こだわったお茶になります。

 

そのこだわりとは、通常機械で行われる乾燥作業を

焙炉(ほいろ)」と呼ばれる乾燥台の上で

手作業で丹念に丹念に火入れを行うのです。

 

昔ながらの製法、この「火入れ」はお茶の風味を決める大事な工程です。

17027img3-1385355878[1]-1

 

 

 

17026img1-1385355897[1]

玉露 80g袋入 単品            2,205円(税込)

 

17027img1-1385355878[1]

煎茶 100g袋入 単品           1,260円(税込)

 

商品は、80g袋入「玉露」と100g袋入「煎茶」の二種類ございます。

 

17022img1-1385355925[1]

例) 玉露80g袋入1本・煎茶100g袋入1本の場合   3,622円(税込・箱代込み)

 

ご贈答用の箱入りも2本からできます。

この時期の大事な方への贈り物に是非どうぞ。

 

火入れ工程に特にこだわった冬だけの限定生産茶です。

炭火で行う火入れ工程によって炭火独自の香ばしさや

遠赤外線による風味の柔らかさが持ち味です。

是非一度ご賞味いただければと思っております。

 

 

今日はしっかりとしたお茶屋ブログをやらせていただきました・・(;´ω`) フゥ

さらに、次回のブログでは女性の方必見の特選お菓子のご紹介をさせて

いただこうと思っております。

どうぞお楽しみに。

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 


黄孫窯(こうそんがま)展 at 川棚

IMGP1287

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

今日は昨日30日から本日まで開催中の

「黄孫窯展」をどどーんとご紹介致します。

 

まずは、入口から順を追ってご紹介です。

IMGP1324

ここが会場入口です。

IMGP1323

IMGP1325

まず目に付くのが、黄孫窯という窯名の由来となった大銀杏の木。

樹齢は少なくとも120年!ともいわれ、まさにシンボル的存在感です。

民家の敷地内に生えている銀杏の木としては最大級を誇るのではないでしょうか。

 

IMGP1313

これは入口とは逆の方向から捉えた写真ですが、大きさがよくわかるのではないでしょうか。

ちなみに木の下に写っているのは森野先生のお母さんです( ´ω`)

 

IMGP1315

IMGP1328

近所の方や感じる人にはこの木はパワースポットとして親しまれているようです。

 

 

さて、本編の続きを・・・。

IMGP1329

入口を進んでいきますと・・・。

IMGP1318

本日は天気が優れないので、野外での展示は行われていないかもしれませんが

こういった感じで作品が並べられておりました。

 

IMGP1317

様々な種類の陶器が並べられています。

 

 

そして、屋内に入りますと・・・。

IMGP1293

入ってすぐのこちらの棚は清和先生の作品が主に。

 

IMGP1294

IMGP1295

IMGP1296

テーブルには悦子先生の作品が主に並べられています。

 

さらに、大きな古い箪笥の上にも展示スペースがありまして・・・。

IMGP1297 IMGP1298

IMGP1303

奥の箪笥上には悦子先生の逸品が並んでおります。

 

悦子先生は学生時代に写真を学ばれていたようで、

光を意識した色彩豊かな作品が並びます。

また、色彩もそうですが、形も他に類を見ない独創的なものも多く、

それでいてつい手に取ってみたくなる暖かい作風が、

特に女性に絶大なる支持を得ているように思えます。

 

IMGP1300

もう一つの箪笥上には清和先生の逸品の数々が並べられております。

 

IMGP1301

IMGP1302-1

IMGP1305

IMGP1307

清和先生は「土が生きている器」を常に心がけて作られています。

 

オーソドックスな形ですが、あるがままの土の表情を盛り込み、

日常使いでも使いやすく、ずっと長く愛用でき、

ずっと愛用することによって器自体も表情を変化させ、

その人に馴染んでいくという、素敵な作品の数々です。

 

最後に清和先生のご兄妹の森野世津代先生のアクセサリーです。

IMGP1308

IMGP1309

IMGP1310

世津代先生のアクセサリーは、

その卓越した指先の技巧より生み出されますが、

造形もまた独創的で、見る人をその世界観に引き込みます。

 

さて、3人の先生方による良い意味個性のぶつかった展示会、

本日12月1日の18時まで開催されておりますので、お時間あります方は

是非お出かけになられてみたらいかがでしょうか( ´ω`)

 

まさに唯一無二の作品の数々を直に手にとられて感じてみてください。

IMGP1330

それでは、また( ´ω`) ノ