色々なことを徒然なるままに…

4月, 2014 のアーカイブ

梅ヶ峠ものづくりの広場「展」 5/17・18・19開催

2014ポスター4-4-ol-2-s

 

まだ花粉症に苦しんでおります・・・

こんにちは、かなたに園です(;´ω`)

 

今日は、5月の17~19日に梅光学院大学梅ヶ峠キャンパスで

開催されます、「結いの会」主催のイベント

梅ヶ峠ものづくりの広場「展」

についてお知らせです。

 

昨年も春と秋に開催されましたが、

今年度は年に1度集中してやりましょう!とのことで

来月5月に開催される運びとなりました。

 

「結いの会」は私がお世話になっている森野清和先生を会長とした

主に下関在住の芸術家・ミュージシャン・工芸家・出版物作家

福祉団体、研究家などなど、その他多くのジャンルから集まってきた方々が、

ご自分のされている事の発表の場として、

また、近隣地域との相互発展を目的とした、一般市民の集団です。

 

決して、似た名前の政党や宗教などとは全く関係ございませんです( ´ω`)

 

2014チラシ裏-5

 

今回は前回にはほとんどなかった会員達のアトリエ公開や、

体験コーナー(ワークショップ)などが大変充実しております!

 

また、下関のミュージシャン達のライブや、

下関ブラスオーケストラの日頃見られない練習風景公開など

ただの展覧会ではない内容で多くの皆様に、

気軽に芸術文化に親しんでもらえるようなイベントになっております。

 

前回前々回のイベントにあった問題点や不安点を少しづつ解消させ

会員メンバーさん達と力を合わせて、今急ピッチで準備をしております(;´ω`)

 

梅ヶ峠という場所は下関の山陰側で、

国道191号線沿いにあるのですが、

下関旧市街からは、約30分かかりますので

アクセスは良いとはいえませんが、

周囲は大変緑豊かな地域にありますので、

空気は綺麗で、森林浴や少しの癒しを求めるにはピッタリの場所です。

 

是非お休みがあえば、ご家族を連れてお越しいただければと思います。

 

駐車場もありますし、JRでは山陰本線「梅ヶ峠」駅を降りてすぐ目の前です。

バスも停留所「梅ヶ峠」からすぐですので、よろしくお願い致します。

 

また色々追加情報がありましたら、こちらで紹介したいと思います。

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

 

広告

4月22日(火)今井美樹&寺澤むつみLIVE情報in下関

南の島の-001.jpg-1

 

やっとこさ暖かくなってまいりましたね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて、今日はいつもお世話になっております

今井美樹さん!

のLIVE情報をお知らせ致します。

 

去年9月の当店でのライブ「alpha  Special Last Sunday Live 後記」   ←クリックで飛べます。

や当店での二胡教室でもお馴染みになりました美樹先生が

この度はなんと!日本フォルクローレ界の伝説のバンド

「MAYA」

のメンバー

寺澤むつみさん、渡辺大輔さん

とご一緒に、

下関の唐戸にありますカモンワーフ内のCAFE「ベインズカフェ」さんで

昼と夜の2回のLIVEを行うようです!

 

美樹先生の弾く二胡という楽器は中国の楽器でありながら、

去年の当店でのLIVEでもそうですが、南米の楽器との相性がバッチリなので

これはオーガニックサウンドや世界の民謡音楽好きな方にも楽しみな

LIVEが予想されるのではないでしょうか( ゚ω゚ )

 

お昼は公演1時間で小さなお子様のおられるお母様も一緒に楽しめるような

まったりアフタヌーンLIVE~( ´ω`)

そして、夜は少しお酒を楽しみながら、2時間がっつり

南米アンデスの風を感じるような大人のLIVE(`・ω・´)となる模様です。

 

ご一緒にされるMAYAのお二人もその筋では超有名なお方で

MAYAさんのHPから抜粋すると、↓

「MAYA」とは、ボリビアのアイマラ族の言葉で数字の「1」を意味する。
ペルー、ボリビア、エクアドルなどのフォルクローレの演奏スタイルを基本としながら、
日本人の感性を生かした洗練されたアレンジをコンセプトとする、

独自のアコースティックサウンドを目指す。
アンデス音楽のみならず、メンバー各々のオリジナル、ヨーロッパ中世のトラッド等
幅広いレパートリーを持つグループとして、全国規模のライブ、コンサート等で活躍中。

 

(  ´Д`)すごそうデスゾ

 

日時は4月22日(火)

お昼が13時開演 1ドリンクつき 1000円 1時間公演 お子様無料!

夜が19時開演 1ドリンクつき 2000円 2時間公演

 

場所は下関の唐戸(海鮮市場で有名)にあります

カモンワーフ内1Fの「ベインズカフェ」(海峡館側と思います…)

ご予約・お問合せは「ベインズカフェ」 083-229-1088まで

 

 

春の心地よい潮風を感じながら、

また、海峡を渡る様々な船を見ながら、

南米の音楽に触れられる面白い企画です。お楽しみに。

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 


5月25日(日)天満俊秀The Last Sunday Live告知

 

天満さんチラシ2014-6-web

 

ここ数日寒くて、朝布団から出るのがつらいです、、、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、少し早めの次回のラストサンデーライブの告知です。

 

今年で当店では通算3回目となりました、

天満俊秀さん!!

のアコースティックライブを開催致します!

 

天満俊秀さんは日本では珍しい、

アイリッシュギターを専門としておられる方で、

アイリッシュ民謡、ケルト、アイリッシュブルースなどなど

超絶技巧の指捌きでその場をアイルランドの空気に出来る

その方面では知る人ぞ知るお方でございます。

 

そして今回はなんと!

アイリッシュフィドル(バイオリン)を奏でる、奥様の、

智恵子さん!!

も参戦!

 

智恵子さんはとてもキュート(  *´ω`) な方でありまして、

いつもは旦那様に寄り添い、しっかりサポート役に徹しておりました。

 

そういうことで共に参戦するということを聞いた時は驚きましたが、

アイリッシュ民謡などには無くてはならない二つの楽器ですので

今はギターとフィドルの共演が楽しみすぎる私であります( ´ω`)

 

天満さんの演奏映像や、様々な情報があります天満俊秀さんの公式ホームページはこちら↓

天満俊秀ホームページ http://homepage2.nifty.com/temma/ ←クリックで飛べます。

 

昨年は地方地方にまつわる民謡のルーツを探しにアイルランドを巡ったり、

ご自身監修のギターTAB譜の製作など、とてもお忙しく多方面でご活躍中です。

是非この機会をお見逃し、お聞き逃し無く!

 

日時:5月25日(日) 14時スタート(13時30分より開場)

料金:1500円

場所:下関市汐入町4-4 かなたに園内 喫茶楽茶房

お問合せ:083-224-0974 かなたに園まで

 

前座の「Green Teas with Shingo」もどうぞよろしくお願い致します。

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

 

 

 


北原藤雄 The Last Sunday Live後記

 

昨夜の暴風雨で桜がかなり散ってしまい

この世の無常を感じております、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

遅くなりましたが、本日は先月30日に当店喫茶楽茶房で行われた

ラストサンデーライブの模様をお知らせ致します。

 

その日もあまりお天気は良くなかったのですが、

非常に沢山のお客様にご来場いただき、

皆様の民謡に対する熱いお心を感じた一日でございました。

 

IMGP2030.jpg-s

 

さて、まずはいつも通り当店店主デュオに

川中のクラプトンことギタリストの「Shingo」さんが加わった

Green Teas with Shingo」の登場です。

 

今回は3人で6曲演奏させていただきました。

オリジナル3曲に、誰でも1度は聞いたことのある名曲3曲です。

 

この度はShingoさんが初のコーラスで入る曲や、

店主美紀子が歌ってる途中についつい涙ぐんでしまう名曲、

またシンガーソングライターの店主英樹の新曲など

短い時間でしたが内容の濃い演奏をお届けできたのではと思っております( ´ω`)

 

そしてお客様の空気も大変温かく、英樹もいつにも増して饒舌だったように感じました。

 

 

IMGP2035-s

 

そして、ティーブレイクをはさみまして、

真打ちのウクレレ民謡歌手

北原藤雄」さん!

の登場であります。

 

北原さんはこの日のために、日本全国の有名な民謡歌をご用意下さり、

私のような民謡素人にも分かりやすい簡単な解説書まで作って持ってきて下さりました。

 

私みたいな若輩者が言うことではないかもしれませんが、

北原さんはその素晴らしい声と、

とても柔らかくのほほんとしたウクレレの音色を用い、

 

とても聞きやすいながらも、

日本の「民のネイティブソング」であるという本髄もしっかり押さえて、

唄ってらっしゃるように感じました。

 

IMGP2038-s

 

私もこれまで世界各地の民族音楽や民謡を好きで色々聞いてきましたが、

日本民謡の持つ独特の世界観は、他の国に引けを取らないとこの度再確認致しました。

 

そしてお客様も唄と一緒に口ずさんだり、

唄の調子にのって受け答えをしたりするおもしろさは民謡独特な

コールアンドレスポンス形式で、そこにもとても感動致しました( ´ω`)

 

 

今回は今年一発目のThe Last Sunday Liveとしてふさわしく

大盛り上がり、大入り満員で終了とあいなりました。

 

ライブが終わるころには、それまでずっと中途半端な空模様だった空が、

北原さんの声のようにスカッと晴れ上がっていたのも印象的でございましたね( ´ω`)

 

北原さん、民謡の伝道師として、また来年もよろしくお願い致します!

 

それでは恒例のレコードジャケット遊びで、

今回も閉めさせていただこうと思います。

 

IMGP2042-s

 

それでは、また( ´ω`) ノ