色々なことを徒然なるままに…

9/28(日)岸美由紀&西嶋拓也TheLastSundayLive告知

2014年9月西嶋ライブ1

 

なんとも中途半端な天気が続き、悶々とした日々を送っております。

こんにちは、かなたに園です(´-`)

 

更新がまたまた滞ってしまい申し訳ございません(;´ω`)

 

今日は9月28日に当店楽茶房で行われる、

The Last Sunday Liveのご案内でございます。

 

今回のゲストアーティストは、

岸美由紀西嶋拓也」さん!!

 

まずは、オーボエ奏者の岸さんをご紹介させていただきます、

 

岸 美由紀 Miyuki Kishi

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科オーボエ専攻卒業。

オーボエを田渕哲也、河野剛、吉成行蔵、Josef Kiss、Gernot Schmalfussの各氏に師事。

Ray E. Cramer氏指揮のもと米国シカ ゴで開催された第60回ミッドウェストクリニックに出演。

演奏後、会場を埋め尽くした2,500人もの聴衆からは、三度のスタンディングオベーションと嵐のような喝采を浴びる。

Ensemble M、ル・ジョア・ウインドアンサンブル のメンバーとして活動するほか、

吹奏楽やオーケストラなどでも活動する。

また昨年には静岡県浜松市で行われた2013 JAPAN BAND CLINIC(第44回日本吹奏楽

指導者クリニック)におい て、楽器別講座オーボエ講師を務める。

中高生を中心に吹奏学部のオーボエトレーナーとして指導にあたる。

 

と、すごい経歴をお持ちの方でございます( ´ω`)

 

しかし私はクラシックに疎いもので、オーボエという楽器のことをほとんど知りません。

当店でもオーボエの音色を響かせるのは初めてになりますので、

どういったステージになるのか今から非常に楽しみです。

 

そして、パートナーであるピアニストの西嶋さんのご紹介です。

 

西嶋 拓也 Takuya Nishijima

5歳よりピアノを始める。幼少期より和太鼓や吹奏楽を通じて音楽を学ぶ。これまでに二胡、オーボエと共演している。

 

( ´ω`) ・・・シンプルですね。

しかしながら西嶋さんには私お会いしたことがありますが、超好青年の技巧派ピアニストという印象。

今回はシンプルにバッキングに徹するのか、それとも独自の音楽道を歩んできた彼ならではの

プレイを私たちにご披露いただけるのか、こちらも一挙手一投足に目が離せません。

 

オーボエとピアノのデュオ、、、

していただく曲もクラシックだけではなく、様々なジャンルの楽曲をご披露いただけるとのことで

オーボエという楽器の可能性を肌身で感じていただきたいし、私も感じたいと思っております( ´ω`)

 

そして前座にはもちろん当店お抱えの店主バンド

「Green Teas」!

のお三人方がオリジナル、フォークソング、往年の名曲などを織り交ぜ披露致します。

 

今回こそ、ギタリストShingoさんがメインボーカルの曲が聴けるのか!?

その辺りも楽しみにしておいて下さいませ。

 

日時: 9月28日(日) 14:00時~start(13:30より開場)

場所: かなたに園内 喫茶楽茶房(下関市汐入町4-4)

料金:1500円(1ドリンクつき)

お問合せ等:かなたに園 tel:  083-224-0974

もしくは、mail:  kanatanien@navy.plala.or.jp までお気軽にどうぞ。

詳しいお店の場所、地図はこのページの右手最上段の「店舗情報」よりどうぞ。

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中