色々なことを徒然なるままに…

「黄孫窯 森野清和作陶展 at 梵天」 ご紹介

IMGP0527s-1

森野先生個展長府 森野先生個展長府2

今日は心地良い日差しと風で、とても気持ちよいですね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて今日は、私の芸術に関しての師匠であり、

梅ヶ峠結いの会会長でもあります、

黄孫窯 森野清和先生

の個展が明日10月18日より始まりますのでお知らせさせていただきます。

 

会期は10月18日(土)~11月16日(日)
AM10:30~PM6:00※金曜日は定休日
場所は下関長府にあります「画廊 梵天」さん(下関市長府古江小路2-26)

詳しい場所などの情報もある「画廊 梵天」さんのHPは⇒こちら

 

陶器のみならず、オブジェなどの作品も展示され、

ご購入も出来る展示会となっております( ´ω`)

 

IMGP0391s-1

IMGP0523s-1

【冬場はニットをかぶっていることの多い森野先生、まさに森の小人のようです( ´ω`) 】

 

 

窯だしの様子もご紹介(`・ω・´)ですぞ

IMGP2821s-1

たっぷりと見事なまでに積まれた作品の数々

 

IMGP2823s-1

 

ご覧下さいこの顔のほころびよう( ´ω`)

陶芸家の方皆さんそうだと思いますが、

何百回、何十年と焼いてきても

釜だしのこの瞬間はいつも子供のように目が輝くといいます。

 

 

 

 

IMGP2824s-1

 

先生、出来はいかがでしょうか?

 

IMGP2830-1 IMGP2832s-1

目にも楽しく、使い心地もとても良い森野先生の作品

 

使われる土にもとことん拘られており、

作品に使う土のほとんどのものは県内で自前で採取し、

それを時間をかけて精錬し使っております。

 

是非会場にて手にとってその作品たち、

その土たちのさわり心地もご堪能いただければと思っております。

 

また、展示会を行う「画廊 梵天」さんは、

城下町長府の中でも、一寸入り組んだ場所にあるのですが、

とても静かで、お洒落な雰囲気の佇まいでありまして、

 

建物内にカフェも併設されており、

レトロな雰囲気の中で、芸術を楽しみ、

さらに美味しい甘味やコーヒーがいただけるという

長府が誇るお洒落スポットとなっております( ´ω`)

 

これから秋の紅葉シーズンを迎え、

より一層見所が増えてくる城下町長府を

森野先生の個展と合わせて歩いてみられてはいかがでしょうか。

 

「画廊 梵天」さんの詳しい地図はこちら↓

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中