色々なことを徒然なるままに…

12月, 2014 のアーカイブ

限定品 「冬の華」 ご紹介&How to お茶の淹れ方

冬の華チラシ2014 001

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

今日は久々にお茶関連のご紹介です。

 

毎年この時期だけの限定品となります、

冬の華

―寒い冬にぽっと華が咲きました。

炭火火入れの茶の香りが広がって、心の中に華が咲きました。

心も体もほんわか暖かくしてくれる香り豊かなお茶です。

どうぞお楽しみください―

 

17027img3-1385355878[1]

 

 

17027img1-1385355878[1]

煎茶100g袋入 単品  1,296円(税抜1,200円)

 

17026img1-1385355897[1]

玉露80g袋入 単品  2,268円(税抜2,100円)

 

17022img1-1385355925[1]

ギフト用の箱入りタイプは2袋入と3袋入がございます。

お茶の組合わせは自由です。

 

2袋入のものは、箱代162円(税込)、

3袋入のものは、箱代216円(税込)が商品代金にプラスされます。

 

地方発送も承っておりますので、お気軽にお問合せください。

お問合せ:かなたに園 tel/fax 083-224-0974

メールでのお問合せはこちらまで→  kanatanien@navy.plala.or.jp

 

 

そしてここからは、美味しい煎茶の淹れ方をご紹介致します。

お茶は淹れ方ひとつで美味しくなります( ´ω`) b

 

良いお茶が手に入ったのに、

淹れ方がわからないとせっかくの良いお茶が台無しになりかねませんよね。

 

今回は日本人に一番飲まれる「煎茶」の淹れ方をレクチャーさせていただきます。

 

 

img_howto_sencha1

①沸騰したお湯を茶碗に八分目まで注ぎ、冷まします
湯ざましを使用する場合もあります。

お湯の温度は70度が目安(湯の入った茶碗を持って手に少し熱さを感じるくらいの温度)

 

img_howto_sencha2

②適量の茶葉を急須に入れます。

目安5人で10g(家庭にある大さじ2杯分)

 

img_howto_sencha3

③湯冷ましした茶碗のお湯を急須に注ぎ、

45秒位(深蒸し茶は30秒)待ちます。

 

冬場や、お湯がぬるめですと飲んだ気がしないという方は、

80度くらいのお湯でお試し下さい。

(お湯の入った茶碗を持って明らかに熱いと感じるくらい)

その場合、待つのは約30秒くらいに短縮してください。

 

img_howto_sencha4

少量ずつ茶碗に注ぎます。

※数人分注ぎ分ける時は、少量ずつ注ぎ分け、味を均等にします。

 

img_howto_sencha5

⑤最後の一滴までしっかり注ぎ切るようにします。

最後の一滴(ゴールデンドロップス)まで、

絞りきるようなかたちで行って下さい。

※急須にお湯が残っていると、二、三煎目を美味しく飲むことが出来ません。

二、三煎目はお茶の葉が既に開いておりますので、

一煎目より抽出時間は短め(30秒)でお願い致します。

 

 

「玉露」を美味しく飲みたい場合は、

温度と、抽出時間が大きく変わります。

 

温度はぬるめの50度、抽出時間は約90秒にして下さい。

 

最近人気のある「深蒸し茶」の場合は、

抽出時間を短めに(30秒ほど)お願い致します。

深蒸し茶は高温でもぬるめの温度でも茶成分の抽出がされやすいお茶です。

 

まだ味わっておられない方は一度お試しいただけたらと思っております。

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

広告

侘び助’s The Last Sunday Live 後記

IMGP2993s-1

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、昨日11月30日に開催致しました、

「侘び助’s The Last Sunday Live」の様子をお伝えしたいと思います。

 

肌寒く、あいにくの空模様で足下の悪い中にご来場いただきましたお客様、

誠に有難うございました、演者関係者一同感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さて、それではいってみましょう!

 

IMGP2970s-1

はい、ここはいつもとかわりませんね、

ご存知「Green Teas」でございます( ´ω`)

 

「今回僕出ませんよ!」と言っていたSHINGOさんも

やはり2人では心もとないと感じたんでございましょうか、

直前に急遽参加の意向を示していただきまして、

いつものメンバーでオリジナルと名曲の半々のバランスで皆様にご披露させていただきました。

 

IMGP2974s-1

 

しかし、3曲目は特別ゲストで歌唄い仲間のDOMIさん!にご参加いただき、

スキータ・ディビスの名曲をカバー!

難しい曲をハスキーなお声でしっとりと唄いあげていただきました~( ´ω`)

DOMIさん有難うございました。

 

小休止をはさみまして、侘び助さん達の登場です。

 

IMGP2978s-1

左から萬田陽子さん豊嶋陽子さん石倉留実さん、ピアノ音響の上田たけしさんです。

 

シンガーソングライターの上田さんはここではピアノで効果音などを担当、

アンビエントな効果音を繊細なピアノタッチで構築していきます。

これが絶妙な効果音で、ゆっくりと童話の世界に引き込まれていくようでした (´-`)

 

IMGP2980s-1

 

そして何と言っても語り手の萬田さん、豊嶋さん、石倉さんの語りの上手さが尋常ではありません、

まさに眼前に像が浮かぶような語り劇で、

想像力を刺激する語り方と言ったら良いでしょうか。

 

童話なので全体にコミカルな役どころが多いのですが、

3人でナレーションから全ての役をされるのはかなり大変なのではないでしょうか。

 

また、宮沢賢治の童話の独特な世界観や隠喩めいた部分は子供というより大人向けだなと

改めて感じさせていただきました。

とても面白く興味深く不思議なお話を有難うございました( ´ω`)

 

そしてここからは先ほどピアノを弾いていた上田たけしさん

ピアノからギターに持ち替えてソロライブでございます。

 

IMGP2989s-1

 

IMGP2986s-1

上田さんは福岡県飯塚市を拠点とする、

シンガーソングライター兼、「侘び助」や劇団「空間飛行」の音楽担当でもあります。

 

そのパワフルながら暖かみのある歌唱力は、

寒い時期のひとときの癒しとなり、我々を包み込んでくれます。

 

IMGP3002s-1

とても精力的に活動されており、お忙しい日々を送っておられる上田さんですが、

特に年末にかけて、されているお仕事が超絶に忙しくなるようで、

またストレスを抱え込むのではないかとかなたに園・劇団員一同心配しております(;´ω`)

 

IMGP2997s-1

                   「心配ないさ~」

 

そんな侘び助の上田たけしさんの最新情報は、

公式Twitterの→こちら←をクリック!

 

または、とてもあっさりとした(;゚д゚) 演劇集団「空間飛行」のホームページ

こちら←をクリックです!

 

さて、ライブもラストの曲となったところで、

IMGP3006s-1

さきほどの石倉留実さんが再登場し、

なんと手話つきで皆さんとあの東北大震災の応援ソングを合唱!

その暖かい雰囲気の中でライブは終了となったのでした~。

 

sate、、、これで今年最後のラストサンデーライブも終わりました、

ここからは年末年始に向かってラストスパートしていかないといけません。

 

予定では2015年1発目のライブは3月に開催予定です。

もしかしたら名称も新たに生まれ変わるかもしれませんが、

何卒ごひいきによろしくお願い申し上げます!

 

では、最後に恒例のレコジャケ遊びでお別れです。

 

IMGP3005s-1

 

それでは、また( ´ω`) ノ