色々なことを徒然なるままに…

11/29(日) 侘び助’s GAKUSABOU LIVE 告知

2015年11月侘び助ライブ-1-ol

 

朝、ふとんから出るのが億劫になる季節がとうとうやって参りましたね、

皆様は冬支度はお済みでしょうか?

かくいう私も既に電気ストーブをひっぱり出して寒さをしのいでおります。

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は来月の終わり頃に開催致します、

当店GAKUSABOU LIVEの告知をさせていただきます。

 

11月のGAKUSABOU LIVEはゲストに北九州より、

演劇・音楽のみならず、あらゆる表現の可能性を追求していく集団

「侘び助」さん!

をお呼びして、音楽と朗読劇のLIVEを開催させていただきます。

 

侘び助さんの朗読劇は当ブログでもお馴染みのミュージシャンである

「上田たけしさん」がその場で即興のアコースティック音響を奏で、

語りを今年の第三回久留島武彦顕彰全国語りべ大会にて優勝された

「萬田陽子さん」が

主体となり物語を進めていきます。

 

今年の一味違うところはアコースティック音響に上田さんともうひと方

サックスの川上史織さんが加わることです。

これにより更に音響の幅を広げ、物語に彩りを加えることでしょう。

 

朗読劇の演目は宮沢賢治の実質的な最後の童話と言われている

「セロ弾きのゴーシュ」

あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

楽団の中で一番下手だと評判のセロ弾きが、十日後の演奏会に向けて、
毎晩自分の小屋で猛練習をしているところへ、深夜訪れてくる動物たち…。
激励に来た三毛猫、ドレミファを教えてほしいカッコウ、
太鼓をセロに合わせてもらいたい子狸、病気を治してもらいに来た野ねずみ親子。
そうして、いよいよ演奏会の日を迎えたゴーシュは上手にセロを弾くことができたのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

子どもから大人まで楽しめる宮沢賢治の多彩な童話の世界をどうぞお楽しみに( ´ω`)

 

さらに今回は朗読も2本立てでございまして、

久留島武彦顕彰全国語りべ大会にて優勝された萬田陽子さんに

大会で優勝された作品も朗読していただきます!

全国大会で優勝されたその表現力と技術力をどうぞ目の前で体感していって下さい。

 

もちろん音楽LIVEもございます。

今回Green TeasにはギタリストのShingoさんも復帰し、

さらに上田たけしさんもサポートでベースを奏でるらしいので

いつもと違うカルテットでの演奏にどうぞご期待下さい!

 

2015年 11月29日(日) 14:00~Start (13:30Open)

¥1500(1ドリンクつき)

下関市汐入町4-4 かなたに園内 Cafe GAKUSABOU

お問合せ:(tel)083-224-0974  (mail)kanatanien@navy.plala.or.jp

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中