色々なことを徒然なるままに…

12月, 2015 のアーカイブ

年末年始営業時間と来年3月のGAKUABOU LIVE告知

 

今年も今日を入れてあと3日となりましたが、

皆様、新年を迎える準備はお済みでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて、早速ですがかなたに園の年末年始の営業時間のお知らせでございます。

 

年内は31日大晦日まで、

通常営業の8時~19時でOPENしております( ´ω`) 

 

新年に飲みたい美味しいお茶はもちろん、

縁起物のお茶など各種取り揃えております。

生麺使用の年越しそばなども販売しておりますので、

お忘れの方はどうぞご用命下さいませ。

 

お正月は4日月曜日までお休みをいただいて、

仕事始めは、5日の火曜日からを予定しております。

 

今年も多くの素敵なお客様に恵まれ、かなたに園も1年どうにか無事にやってこれました。

本当に有難うございました!

来年も時代の流れに対応し、お客様のニーズに応えられるよう、

より良いサービスを提供させていただくよう努力して参りますので、

変わらずのご愛顧の程どうぞよろしくお願い致します。

 

そして、ここで来年1発目のGAKUSABOU LIVEのお知らせなのですが、

1年ぶりにあのお二人がGAKUSABOUに帰って参られます!!

そのお二人とは・・・

 

IMGP2363-ss

天満俊秀さんと奥様の智恵子さん!!

 

天満さんはアイルランド民謡ブリティッシュブルーズを得意とする

アイリッシュギターの名士!

奥様の智恵子さんも音色が心地良いフィドルを用い、

ご夫婦でアイルランド民謡やケルトミュージックを演奏していただけます!

 

今年は天満さんが宮崎の高鍋町というところで農業を始められたのでお呼び出来なかったのですが、

来年は1年ぶりに来ていただけることになりました!

 

そんな天満さんの「天満農園」の様子がわかるFacebook ページはこちら↓

「天満農園」

 

またその農園をかまえる高鍋町に移住定住を考える方々へ

町の紹介などをするサイトやパンフレットで天満さんご夫婦が紹介されており、

 

そのサイトでは素晴らしい動画も公開されております!

それがこちら↓

 

 

お二人の素敵な人柄が良く出た、素晴らしい動画なので是非見てみて下さい!!

その宮崎県高鍋町への移住定住サイトはこちら⇒「ミヤザキイーブックス」

 

ライブの日程は2016年3月27日(日)になりますので、

皆様どうぞお楽しみに!

 

それでは、また来年!よいお年を!!( ´ω`) ノシ

 

広告

特別限定茶『冬の華』ご紹介

冬の華2015-3

 

今年も残すところあと約半月となって参りましたね、

年末年始のご準備は進んでおりますでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて今日は、年末年始の大切な方へのご挨拶時やお歳暮などにぴったりの

お茶をご紹介させていただきます。

 

「冬の華」

『寒い冬にぽっと華が咲きました。

炭火火入れのお茶の香りが広がって心の中に華が咲きました。

心も体もほんわか暖かくしてくれる香り豊かな奥八女茶です。

どうぞお楽しみください。』

 

このお茶は通常製茶する工程の中の乾燥の部分に

特別こだわったお茶になりまして、

 

通常機械で行われる乾燥作業を「焙炉(ほいろ)」と呼ばれる炭火使用の乾燥台の上で

手作業で丹念に丹念に火入れを行うのです。

 

昔ながらの製法、この「火入れ」はお茶の風味を決める大事な工程です。

17027img3-1385355878[1]-1

 

商品は80g袋入の「玉露」と、100g袋入の「煎茶」と二種類ございます。

 

17026img1-1385355897[1]

玉露 80g袋入 単品            2,268円(税込)

 

17027img1-1385355878[1]

煎茶 100g袋入 単品           1,296円(税込)

 

17022img1-1385355925[1]

一番上のチラシ〔冬-B〕の場合

玉露80g袋入1本・煎茶100g袋入1本   3,726円(税込・箱代込み)

 

17024img1-1448331393

一番上のチラシ〔冬-D〕の場合

玉露80g袋入1本・煎茶100g袋入2本   5,076円(税込・箱代込み)

 

ご贈答用は2袋入箱と3袋入箱がございますので、組み合わせなどは自由にできます。

 

火入れ工程に特にこだわった冬だけの限定生産茶です。

炭火で行う火入れ工程によって炭火独自の香ばしさや

遠赤外線による風味の柔らかさが持ち味です。

是非一度ご賞味いただければと思っております。

 

お問合せご用命は

tel/fax) 083-224-0974

mail) kanatanien@navy.plala.or.jp

八女茶専門店「かなたに園」までお気軽にどうぞ。

 

それでは、また( ´ω`) ノ


12/5(土)・6(日) カワッタナ展2015 at 黄孫窯 ご案内

年末チラシ2015-2

はがき横omote-1-2015-s

 

寒さもだいぶ緩みまして、久しぶりの晴れの一日でございますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?布団は干せましたでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて、今日は公私共々お世話になっております、

川棚在住で陶芸家の「黄孫窯 森野清和」先生のご自宅にて

清和先生、奥様のモリノエツコ先生

元弟子の作花靖之さん松本一雄さん

妹さんの森野せつよさん5人の方々による

作品展が開催されるようなので

ご紹介致します。

 

IMGP1314

森野先生のご自宅には「黄孫窯」という名前の由来の通り、

イチョウの巨木が立っており、クスの森の大楠と並び、

川棚のパワースポットと私個人的に思っております( ´ω`)

 

そのご自宅で毎年この時期に開催されますのが、

この展示販売会になるのです。

 

今年は、

「カワッタナ展2015 – 大きなイチョウの木の下で」

と題しまして、

黄孫窯のこれまでの自宅展とは少し変わったな、、、川棚だけにカワッタナ?

思わせるような新たな作風や作品を参加作家の皆さんは考えているようです。

 

IMGP1287

IMGP1292

IMGP1293

IMGP1298

 

IMGP1317

 

作家さん別にご紹介しますと、

まずは「黄孫窯森野清和先生

IMGP1306

ご自分で採取した土の味をそのまま活かした作風が多くみられます。

器をつくる際に小石や、雑草の根など普通は邪魔で仕上がりにも問題を起こすような

ものでさえ形成時に残し、逆に土に寄り添い、土がなりたいと思う形に

森野先生が作ってあげるような作風でしょうか。

とても暖かく、形にもほっこりし、使ううちにどんどん手に馴染む焼き物です。

 

お次は「あとりえ元氣」代表の森野先生の奥様のモリノエツコ先生

IMGP1303

こちらはエツコ先生の人柄を表すような、

柔らかく、女性らしい色味や形のものが多く作られております。

特にカラーはなかなか他では見られない、

中間色のもので「これは!」という素敵なものも多く、

多くの女性がとりこになっております。

 

次に温泉で有名な俵山で「俵山無名塾」という窯をもつ

元弟子の作花靖之さん。

作花1

作花さんはとにかく細部にまで気を配り、

計算されつくしたフォルムも追い求める方。

しかし作品は土そのものの色味を活かしながら、

どこかほっこり暖かみのある作品が多い。

余計な装飾を排し、テーブルや日常の生活空間に置いておきたくなるような

可愛らしい作品も見ものです。

 

お次は菊川町に「矢敷土工房」をかまえる、

元弟子の松本一雄さん

松本1-s

松本さんは、器より造形やオブジェものを多く作っておられる方。

何に使うかは気に入った方の使い方次第です。

造形はとにかく精密で、面白いものをモチーフに使っており、

これは一体何なんだ?と「人の顔」の焼き物を多量に作ったりする。

色味はこちらも土そのままの色味を活かすものが多いですね。

 

さて最後は森野先生の妹さんで、

アクセサリーブランド「BOX 44」代表の森野せつよさん

IMGP1308

確かな彫金技術で世界でここでしか買えない1点ものの

アクセサリーを作製しております。

せつよさんの作品は3次元的な造形のものも多く、

一般的なアクセサリーとは一線を画す作風が多く見られます。

指輪、ネックレス、ブレスレット、など様々なタイプがあるようです。

 

 

ということで、ご紹介させていただきましたが、

いかがでしたでしょうか?

展示会といってもお手ごろ価格のものからある

堅苦しくないマーケットですので、

お気軽にお越し下さいませ( ・∀・)

 

当日は私も「Kenz cafe」としてカフェ業務に従事させていただきます。

 

日時:平成27年12月5日(土)・6日(日)10時~18時

 

場所は↓

下関市豊浦町大字川棚3930

 

お問合せ:Tel 黄孫窯 森野083-774-2468

 

今週末12月5日・6日、お待ちしております。

 

それでは、また( ´ω`) ノ