色々なことを徒然なるままに…

5月, 2019 のアーカイブ

6/7(金)~10(月) 焼き物と木器の作品展!豊北町 『遇斯光庵展 2019』に今年も出店致します!!

 

 

 

朝から川崎市で起こった悲しい事件が飛び込んでまいりまして、

心痛めているかたも多いのではないでしょうか、、

こんにちは、かなたに園です。

 

 

さて、今日は来週末から下関市豊北町の古民家で4日間開催される

陶器と木器の祭典!遇斯光庵展についてお知らせいたします!

 

『遇斯光庵展 2019(ぐしこうあんてん)』

-ヒトから ひとへ-

会期:2019年 6月7日(金)~ 10日(月)

OPEN:10:00~18:00

会場:遇斯光庵 下関市豊北町大字滝部5042

 

※(カーナビで地図を検索する場合は、

下関市豊北町大字滝部5038』でご検索を!

庵の住所の5042では表示されないと思いますので)

 

問合せ:黄孫窯(こうそんがま) TEL 083-774-2468 もしくは、

森野清和 TEL 090-7977-2481まで

 

 

 

 

このイベントは2016年より開催しておりまして、今年で4回目!

内容は「陶芸作品&木器作品の展示販売会」なのですが

ただの陶器市・陶芸展とは違いまして、

 

出展される各作家さんの新作のお品は

このイベントが行われる『豊北町』で採取した

「豊北町産の土」

を使用して作品が作られております。

 

なぜそのようなことをするのかと申しますと、、、、、

 

一つに、豊北町には江戸時代から大正時代にかけて14もの窯場があり、

とても窯業の盛んな地域であったということ、

 

その事実を伝えていかないと忘れ去られてしまうかもしれない

郷土の偉大な歴史を知っていただきたいということ。

※それらの窯で現存する窯はありません、窯跡がわかる所がわずかにあるくらい

 

二つに、そこまで広い地域でないのに密集して窯場があるというのは

それだけ器に適した粘土が取れていたということ、

 

主催者の黄孫窯森野清和さんは30年以上前から

多種多様な土が出る豊北町に惚れこみ、

豊北町の土を自ら採取し、精製し、自分の作品に使ってきました。

 

そんな多種多様な土が出るということは全国的にみても珍しく、

同じ豊北町産の土でも、表情が全く異なるという「面白さ」を

感じていただこうと、2016年より始めて参りました。

 

 

※豊北町にかつてあった窯で作られた器で現存するものは少なく、

向坊窯(むかいぼうがま)」でつくられたと言われる

いまや幻の「向坊焼き」の器がこちら↓

 

また、会場である古民家遇斯光庵(ごしこうあん)は元下関市美術館副館長の

木本大空(たいくう) [本名 木本信昭]さんの生家で、

 

木本さんも陶器作品を出品されます!

 

江戸時代に建てられた家屋を改修し、

現在はご自分の陶芸作品を作る作業場としてや、

地域交流の場としても活用されています。

 

実は、上の向坊窯の陶器は木本さんのご先祖が経営に関わっておられたそうで、

そういう意味でも、この会場で陶芸展を催すことは意味深いことなのだと思われます。

 

 

今回は山口市、萩市、長門市、豊北町、内日、豊浦町、蓋井島から14名の作家が参加、

さらに会津若松より2人、奈良県から1人の計17名の作家さんの作品が並びます!

 

 

今年もざっとお名前(窯名)だけ紹介致しますと、

 

萩市-守田唐七(不易庵) 植草達郎(草胆庵達郎窯)

   小久保凌雲(凌雲窯) 金子司(カネコツカサ)

   牧野将典(牧野窯)

長門市-作花靖之(俵山無名塾)

豊北町-宮田佳典(一佳窯)

内日-中島大輔(中島陶房)

豊浦町-アッヅォリ・エリック(テール・エ・フー)

    森野清和 森野悦子(黄孫窯) 辻翔平(ムクロジ木器)

蓋井島-藤永美乃里(ヒミツキチ)

 

〈特別出展〉

山口市-木本大空

福島県会津若松市-鈴木幹雄 鈴木孫枝(会津無一窯)

奈良県奈良市-近藤亮介(芽子生(ハギュウ)窯)

 

今年も萩の重鎮から若手作家の方まで、

萩焼をバックボーンとして各々の個性のぶつかりあい!

 

そして今年はなんといっても会津若松市と奈良市より

3人の方が特別出展されます。

 

鈴木さんはご夫妻で作陶成形と絵付けを分業で行っておられるようで、

このような繊細で素敵な磁器作品を作られているようです。

鈴木幹雄さんと森野清和さんは修行時代からの古い間柄とのこと。

 

会津と長州、、、

今回の遇斯光庵展では歴史的な何かがおこるかもしれませんよ。

 

 

そしてもうひと方、近藤亮介さんは1985年生まれの若手作家さんですが、

主催の森野さんと同様に自ら採取した土にこだわるスタイルで、

現在は奈良の山間部で作陶されております。

昨年の2018年には登り窯を築窯されたとのこと。

 

今回縁あってご参加となりました。

”普通で品のあるものをつくりたい”とのことで、

釉薬で遊ぶというより、じっくり土味を生かした作品が多いところも

森野さんに似ているかもしれません。

 

 

この度も本当に多種多様、

こだわりの作品が皆様をお待ちしております。

 

 

 

座りながらじっくりとひとつひとつの作品を見ることができます。

 

そして作家さんと作品について気軽にお話しできるのも

この展示会の魅力!

 

 

そして、私ことかなたに園は、遠路はるばるご来場いただく皆様に

美味しいお茶にておもてなしさせていただきます( ´ω`)

もちろん今年の新茶の販売もさせていただきます!

 

 

 

 

下関市内中心部からですと軽く1時間はかかりますが、

とても自然豊かで、のどかないいところです、

 

是非ドライブがてら豊北町まで遊びにいらして下さい!

 

堅苦しい展示会ではございませんので、

お気軽にお立ち寄り下さい。

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

広告

侘び助’s GAKUSABOU LIVE 2019 後記 +侘び助さんのイベント告知も

 

本日は少し雨もパラつく曇り空の月曜日です、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は昨日開催致しました、

「侘び助’s GAKUSABOU LIVE 2019」のもようをお送り致します!

 

 

このところの5月とは思えない暑さの中、

当店のライブに足を運んでいただいたお客様、

誠に有難うございました<(_ _)>

 

今回も多くのお客様にご来場いただき

関係者・演者一同、誠に感謝致しております!

 

 

それでは、ライブのもようをお送りしていきましょう!

 

前座はもちろん、当店店主バンドのグリーンティーズです。

今回は通常メンバー3人での演奏です。

 

 

1曲目はこのところの練習不足のせいか、

ちょっと演奏にグダグダなところもありましたね。

2曲目からは調子を戻し、ちょっとホッとしましたが(;´∀`)

 

グリーンティーズは今回もオリジナルとカバーを織り交ぜながら、

6曲ほど被露!

 

最後の6曲目は店主英樹のオリジナルで、

滅多とライブで歌わない難曲でしたが、

 

メインボーカルの店主美紀子の頑張りが

お客様のハートを掴んだようで、

会場の空気を一気に上げることが出来ました( ´ω`)b グッド

 

 

前座が終わりますと、小休止のティータイムを挟みまして

 

侘び助の音響担当であり、シンガーソングライターでもある

上田たけしさんのソロミニライブ!

 

 

今回もアップテンポが心地よい

オリジナルの「Thank you for the people」からスタート!

 

 

 

上田さんはその確かなギターテクニックと歌唱力、

そこに見た目どおりの温かみのあるオリジナルの楽曲で

聞いてるものを幸せな気持ちにさせてくれる稀有な歌い手さんです!

 

 

 

さらにソロながらそこに醸すグルーヴ感はさすがの域!

 

温もりがありながら芯もある歌声と

ノリのよいギターの音色で今年もお客様の心を鷲掴みにしてくれました。

上田たけしさん、有難うございました!!

 

 

上田さんのソロライブが終わりますと、

真打登場です。

 

 

侘び助のお二人(萬田陽子さん、上田たけしさん)と

今回のゲスト演者、野口和夫さんの登場です!

 

 

 

野口さんは6年前の宮沢賢治「注文の多い料理店」の回以来の来演です。

 

 

今回は古典落語の「紺屋高尾」、

古典落語話をお二人で朗読劇仕立てで演じます。

 

お二人ともだいたい3役くらいは同時にこなされて、

違和感なく演じきる技術は本当に凄い!

 

 

 

もうこのブログでも何度もご紹介させていただいている

2015年全国語りべ大会で優勝されている萬田陽子さん!

 

 

上田さんはギターで劇中の効果音やBGM担当、

こちらもギター1本で様々な音を出し、見事に演出しております。

 

 

そして野口さんは直方市立図書館の館長で、

絵本の読み聞かせや朗読、

語りを大人同士のコミュニケーションの手法として学び

活動する団体「宙(そら)のサカナ」代表でもいらっしゃる凄いお方、

 

 

そしてこの野口さんと萬田さんの演技力が本当に凄い!

 

物語の大部分は、野口さん演じる主人公の紺屋職人の久蔵と

萬田さんが演じるその紺屋の親方との会話の掛け合いで進むのですが、

お二人ともレベルの高い演技力と技術力で聞いているものを

ぐ~~っと引き込みます!

 

 

 

真面目ではあるが抜けたところもある主人公を演じる野口さんの確かな演技力と

 

 

 

江戸っ子で早口でべらんめぇ口調の親方を演じる萬田さんの技術力。

 

萬田さんは聞き取りやすい声で物語の進行役と

人物の役を切り替えながら演じきります。

 

お二人ともこれぞプロの読み手といわんばかりの演技を披露!

 

 

 

 

 

 

 

テンポも良く、お二人の阿吽の呼吸の掛け合いで観客の皆さんを

物語の中に引き込んでいってくれました、

 

お話も人情話で聞いていてほろりとしてしまうような部分と

きっちり笑わせてくれるところとの緩急も良く、

いいお話だなぁとしみじみと思いましたね。

 

 

萬田さん、野口さん、上田さん、

素敵なお話を聞かせていただき本当に有難うございました!

また来年の当店でのライブも楽しみにさせていただきます!

 

 

 

 

ここからは2本ほど侘び助さんのイベント告知でございます!

一つめは6月30日(日)福岡県福津市で行われるこちら、

 

 

 

昨年は別府市で行われましたが、今年は福岡県福津市です!

 

語り 舞い 奏でる

「小泉八雲の夕べ」

 

舞踏-樹里(万華鏡) 語り-萬田陽子(侘び助) 音楽-上田たけし(侘び助)

 

日時:6月30日(日) 15時開演(14時開場)

会場:玉乃井(旧玉乃井旅館) 福岡県福津市津屋崎4丁目1-13

入場料:1,500円

お問合せ・ご予約:Tel 090-1088-4228 万華鏡まで

 

会場の玉乃井さんは福岡県より近代和風建築として文化財保護の認定を受けた

旅館のようで、現在は喫茶店、ギャラリー、貸しスペースとして使われているとのこと

 

こちらでちょっと怖い小泉八雲のお話の語りと舞踏と音楽のコラボです!

 

これからどんどん暑くなってきますので

小泉八雲ことラフカディオ・ハーンの怪談話で

涼をとっていただけたらと思います( ´ω`)

 

ご興味ある方は是非足をお運び下さいませ!

 

 

 

 

そしてもう一つ、

北九州市八幡西区のピアスペース のーてぃすさんで行われるこちら、

 

 

侘び助ライブ 朗読と音楽

「語り継ぎたい戦争童話」

 

日時:7月21日(日) 15:30~17:00

会場:ピアスペース のーてぃす(北九州市八幡西区木屋瀬4-11-5)

料金:1000円(1ドリンクつき)※小学生以下は入場無料

問合せ:Tel 090-8918-6388 侘び助まで

 

 

会場ののーてぃすさんはおしゃれな古民家風ギャラリーカフェで、

侘び助さんのホームグラウンドのようなお店です。

 

基本的に奇数月の第3日曜日に侘び助さん達のライブが行われております。

 

7月の回は野口和夫さんもご出演されるようです!

 

とっても素敵な場所でのライブとなりますので

こちらもどうぞお時間ございましたら足を運んでみられて下さい!

 

>>ピアペースのーてぃすさんのHPはこちら<<

 

 

 

侘び助さんの最新情報は、こちら ↓ をご覧になられるといいかと思います

侘び助Facebookページ

 

 

 

最後に7月の当店GAKUSABOU LIVEは、

下関のディーヴァこと

秋山仁希さん!

をお呼びしての弾き語りライブを予定しております!

こちらもどうぞお楽しみに!

 

 

それでは、また( ´ω`)ノシ

 


本日5/26(日)14時より開催! 侘び助’s GAKUSABOU LIVE !

 

 

侘び助’s GAKUABOU LIVE!

本日開催!!

 

日時:5月26日(日) 14:00~ START(13:30~会場オープン)

会場:かなたに園 cafe GAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンクつき)

問合せ:TEL 083-224-0974 かなたに園

 

※初めて当店のライブにお越しのお客様で

駐車場にお困りの方は、どうぞ当店にご一報下さい。

(TEL 083-224-0974 かなたに園)

 


今週末 5/26(日) 侘び助’s GAKUSABOU LIVE 開催!

久しぶりに気持ちの良い五月らしい青空が広がっておりますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

5月は何かとイベントごとが多い月となっておりますが、

今週末26日の日曜日には当店でも久しぶりのライブが行われます!

 

 

侘び助’s GAKUABOU LIVE!

 

日時:5月26日(日) 14:00~ START(13:30~会場オープン)

会場:かなたに園 cafe GAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンクつき)

問合せ:TEL 083-224-0974 かなたに園

 

 

毎年当店で朗読劇ライブを行っていただいている侘び助さん!

———————————————————————————————–

侘び助とは?

ジャンルにこだわらず、メンバーを固定せず、表現の可能性を追求していく集団で、

語り・即興音楽・舞踏のコラボレーションライヴを展開中。

———————————————————————————————–

 

今年の演目は古典落語話の

紺屋高尾」!

 

紺屋高尾(こうやたかお)は浪曲、古典落語の演目の一つで、

大正末期に出た篠田実(後に初代)の浪曲レコード、当時異例となる人気を得ました。

 

そこから数多く落語家が演じたり、日本の時代劇映画の題材となったようです。

花魁の最高位である高尾太夫と、一介の紺屋の職人との純愛をテーマに据えた名品です。

 

 

今年は侘び助のお二人(上田たけしさん、萬田陽子さん)と共に、

野口和夫さんをゲスト演者としてお招きしてお送り致します!

 

野口さんは2013年の「注文の多い料理店」以来、

6年ぶりの当店ライブへの参戦でございます!

 

そしてなんと、野口和夫さんは

直方市立図書館の館長さん!

さらに絵本の読み聞かせや朗読、

語りを大人同士のコミュニケーションの手法として学び

活動する団体「宙(そら)のサカナ」代表で、

地元や八幡西図書館など各地で朗読会を開いているそうです。

 

そんな凄い方が参加して下さるのは本当に有難いことです( ´ω`)

 

 

そして侘び助の主要メンバーの一人、萬田陽子さん

2015年「第三回 久留島武彦顕彰 全国語りべ大会」

最優秀賞・久留島賞受賞を受賞された

語りのプロ中のプロ!

 

 

 

そして、劇中のアコースティック効果音を担当して下さるのが、

侘び助主要メンバーでシンガーソングライターの

上田たけしさん!

 

上田さんには、ソロライブも行ってもらおうと思っておりますので、

そちらもどうぞお楽しみに!!

 

 

新緑の季節、新茶の季節の5月の末日、

心温まる人情落語話と

 

力強さと優しさ、そして爽やかさが同居する歌声が魅力の

上田たけしさんのライブで、5月の最終日曜日、

心を癒しにいらして下さい( ´ω`)

 

前座はもちろん、当店店主バンドのGreenTeasが務めさせてただきます!

 

それではどうぞお楽しみに!それでは、また( ´ω`)ノ

 

※初めて当店のライブにお越しのお客様で

駐車場にお困りの方は、当店に是非ご一報下さい。

(TEL 083-224-0974 かなたに園)

 

 

 

 

 

 


( ´ω`)つ《店休日のお知らせ》

5/4(土)~5/5(日)の2日間は

誠に勝手ながら店休日とさせていただきます。

 

ご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます<(_ _)>

 

かなたに園

 


《数量限定》 『令和』 記念 八女新茶 ご紹介

 

最長10日間の長期休暇、

スーパーゴールデンウィークを皆様いかがお過ごしでしょうか?

おはようございます!かなたに園です( ´ω`)

 


当店はそんなスーパーゴールデンウィークも

いまのところ通常通り営業中でございます!


 

 

ついに平成から令和へと時代が移りました、

 

昭和から平成に移行した時は

昭和天皇崩御という国全体の悲しみの中での改元と代替わりでしたが

此度の改元では退位ということもあるのでしょうか

まるで国全体が大晦日であるようなハッピー高揚状態でしたね。

 

それが良い悪いは個人の判断に任せると致しまして、

本日は新元号『令和』を記念致しまして特別に製造致しました

八女新茶をご紹介させて頂きます。

 

 

 

新元号『令和』記念 八女新茶  70g袋入り 1080円(税込み)

※数量限定

 

この新茶は八女市で栽培された「さえみどり」という品種のお茶を、

今回特別に数量限定でパッケージングされた商品です。

 

お茶にもお米などと同様に(コシヒカリやササニシキのように)

多くの品種があるのですが、

 

「さえみどり」という品種は日本で栽培される品種全体の中で

約3.3%ほどしかありません。

 

また早生種で他の品種に比べて早く成長し、

主に暖かい地方で多く栽培されており、

市場にも早めに出回ります。

 

肝心の味については、上品な香り渋味の少ないうま味が特長で、

お茶の水色もとても綺麗な緑色をしています( ´ω`)b

 

新元号の記念に大事な方への贈り物としても最適なクオリティの新茶です。

 

 

 

ご予約での販売となります八女星野限定新茶の入荷はまだでございますが、

 

現在当店では、50g 810円(税込み)から新茶(煎茶)を販売しております。

 

 

ここでよく聞かれる八十八夜とは何?ということをご説明致しますと、

 

八十八夜とは立春(2月4日ごろ)から数えて88日目(5月2日ごろ)のことをいい、

春から夏に移る節目の日、縁起のいい日で、

 

八十八夜頃に摘み採られるお茶を飲むと長生きし、

この1年を病気がなく過ごすための無病息災の願いも込められております。

(※南九州や温暖な気候の場所では新茶の摘む時期も早まります)

 

 

当店はゴールデンウィークもいまのところ通常通り営業中でございます。

(5月5日(日)は定休日となります。)

 

どうぞこの時期だけ味わえる新茶の味を確かめに、

お立ち寄り下さいませ( ´ω`)

 

それでは、また。