色々なことを徒然なるままに…

4月, 2021 のアーカイブ

八女茶2021年度の新茶が入荷致しました!

 

今週はお天気が良さそうな日が続くようで嬉しいですね!

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

今年は暖冬の影響か少し早めに新茶の第一段が入荷して参りました!

 

 

 

八女茶の初競りにかけられ、厳選された八女茶が入荷しております。

 

担当者の方に聞きますと、今年の八女の新茶もとても品質の良いものが手に入り、

味も良いものが出来たと聞いておりますので、自信を持っておすすめできます。

 

 

新茶は一番茶といい、冬に蓄えた栄養が最も凝縮された形で味わえる、

年に一度だけの瑞々しく、フレッシュな香り高い一品です。

 

是非この時期だけの味を味わっていただけたらと思います( ´ω`)

 

 

また、GW明けにお渡しする限定新茶は、

八女でも山間部、奥地にある星野村などで栽培された茶が主体となって

おりますので、採取時期が異なり、味も上でご紹介した出始めの新茶とは

少し異なります。

 

初期の新茶は平地で栽培されたものが主で、限定新茶の方は全てではありませんが、

山間部で採れたものが主となります。

限定新茶は星野製茶園さんがより厳選した特別な新茶となりますので、

こちらもまだ味わっておられない方は、どうぞこの機会に

お試しいただけたらと思います( ´ω`)

 

限定新茶のほうは、数に限りがございますので、

今週日曜日、4月25日(日)までのご予約受付となっております。

お早めにどうぞ。

 

ご予約お申込みは、店頭、お電話、メールまたは、FAXでも、承っております。

かなたに園 住所:〒750-0059 山口県下関市汐入町4-4

Tel/Fax  083-224-0974

メール kanatanien@navy.plala.or.jp ←クリックするとメールソフトが立ち上がります。

 

 

夏も近づく八十八夜~♪

それでは、また( ´ω`)ノシ


かなたに園内にて”春のぐいのみ祭り”開催中!

 

 

 

本日は曇ってしまいましたが、

先週は良いお天気に恵まれ、週末の土日はお出かけされた方が

多かったのではないでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さてさてといいますか、コロナウイルスが一向に治まってくれませんね、、

一時的に感染者数が少なくなっても、少ししたらまた増加の繰り返し、

まだお隣の福岡県には蔓延防止の制限措置は発令されておりませんが、

発令されるのも時間の問題なのではと思ってしまいます(;´ω`)

 

皆様も人出の多い場所に行かれる際はどうか油断されませんように、

自分の身は自分で守りましょう。

 

それでは本日の本題に入らせていただきます、

 

 

 

 

かなたに園内のcafe GAKUSABOUにて

”ぐいのみまつり”

を現在開催中でございます!

 

約20点ほどですが、

良質な萩焼の作家物のぐいのみを集めました!

 

 

 

 

 

 

有名な萩焼作家の作品ばかりではありますが、

とてもお買い求めやすい価格でご用意できましたので、

是非この機会に当店に足を運ばれてみて下さい。

 

中には既にお亡くなりになった作家さんの作品などもあり、

今後はなかなか手に入ることのない作品も含まれますので、

ぐいのみがお好きな方、集めておられる方にも満足のいく作品も

あるかと思われます。

 

販売作家名  窯名

ぐいのみ

大和吉孝(勝) 大和吉孝松緑窯
大和祐二    大和吉孝松緑窯
大和義昌    大和初瀬松緑窯
大和潔     明善窯
大和信昭    大和春信松緑窯
松村拓夫(覚林) 東光寺窯
大谷雅彦    桂仙窯
松野龍司    緑栄窯
中村眞一    眞白山窯
金子信彦    城山窯
大野誠二    泰誠窯
ほか

茶碗
伊藤一嘩    西慶寺窯
玉村松月    江風庵
ほか

 

ぐいのみは陶器の中でもサイズ的にも価格的にも集めやすく、

コレクタブルアイテムとして数多く蒐集されるかたも多いものです。

 

しかし、私的にはそのサイズ感が良質な緑茶を飲む器として

とても良いサイズだと思っております。

 

ですので酒器としては勿論なのですが、

茶器として用いてもとても良い器ではないかと考えております( ´ω`)

 

もともとこだわりの酒器として見た目やデザイン、素材などにこだわって

作られた器がぐいのみですので、現代の”もの”にこだわる方々にも

通ずる茶器の一つではないかと思っております。

 

 

また萩焼は「萩の七化け」といわれるほど、

使い込むほどに色合いや風合いが変化していく焼き物で、

使う人と共に変化・成長していく器だといえます。

 

是非この機会に世界に一つだけの器をお探し下さい。

 

 

 

当店では通常でも、山口県内、特に下関在住の陶芸作家さんの作品を

展示販売させて頂いております。

この機会に合わせて地元作家さんの作品も見ていっていただければと

思っております。

 

  

今回ご用意した作品は共箱つきのものが殆どでございますが、

なかには共箱無しのものなどもあり、

そちらはよりリーズナブルな価格でご用意させて頂いております。

 

 

どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。

それでは、また( ´ω`)ノシ