色々なことを徒然なるままに…

投稿者アーカイブ

《季節限定》” 秋の口切り新茶” のご案内

 

ご無沙汰しております、かなたに園です( ´ω`)

 

昨夜未明から続き、現在も吹き返しと思われる風が

時おり強く吹いている今回の台風10号、

皆様そしてご家族の方々は大丈夫でしたでしょうか?

 

当店は海に比較的近い場所にありますので

高波や洪水などが怖かったのですが、

今回は杞憂に終わったので、ホッとしております。

 

ただ現在でも停電などが続いている場所があるようですので、

一刻も早く復旧していただけたらと願っております。

 

さて、話はかわりまして

本日は季節限定のお茶のご紹介です!

 

まだ暑さが残る今日このごろでございますが、

もうすぐそこまで来ている味覚の秋に、今年もまた

「秋の口切り新茶」

をお届け致します。

 

 

4月から5月初めに摘まれた八女新茶を

すぐに零下30℃の冷凍倉庫で真空保存し、

この秋に口切り致しました。

 

 

このお茶は高度に鮮度を保ったまま仕上げたお茶で、

優良品種さえみどり、つゆひかり、おくゆたかなどを使用し、

新茶の香味成熟された旨みを兼ね備えた上質なお茶に

仕上がっております。

 

二煎目まで香味良く美味しい、この時期だけのとっておきの限定茶です!

 

 

現在、一般的に新茶の季節といえば、5月初めの頃ですが、

その昔、新茶といえば秋だったということが伝わっております。

 

——————————————————————

茶の湯の世界は11月初旬、

現在の暦での立冬(およそ7・8日ごろ)をもって

新しい年のはじめとします。

 

この日を迎えて茶室の「」をひらき、

春に摘んだ新茶を葉茶の形で茶壷にたくわえたものを

壷の口封を切って使いはじめます。

 

口切」の時節というのがこれでして

新茶の使いはじめのこの時期を茶の湯の世界での正月とし、

茶の庭の垣や樋の青竹を新しくしたり、

茶室の畳を改め、障子を張替えるなどのことが行われます。

(「茶の湯こころと美」様記載より引用)

——————————————————————–

 

4月終わりから5月初旬につまれた茶葉は壺に入れられ

夏の間に低温貯蔵されることで風味をまし、

新茶特有の青臭さが抜け、まろやかかつコクのある茶葉になります。

 

これを後熟(こうじゅく)といいまして、

新芽のお茶を熟成させることで、後に生まれ変わり、

その年の「新茶」とされたそうです。

 

また、熟成茶は江戸時代に徳川家康も飲んでいたそうです。

家康は新茶の時期に摘み取った茶葉を茶壺に入れ、

涼しい蔵で保存していました。

新茶の香りや味わいが秋になるまで置くと一層深まることを知っていたようです。

 

 

 

100g 缶入り 1,620円(税込)

 

100g 袋入り 1,566円(税込)

 

季節のご挨拶に、そして手土産に、

この秋一番のお奨め品です( ´ω`)

 

 

10月1日より販売開始となります。

※季節限定品となりますので数量限定となります、

お電話・FAX・メールにてご予約を承っております。

 

かなたに園

住所:山口県下関市汐入町4-4

TEL/FAX:083-224-0974

メール:kanatanien@navy.plala.or.jp

 

 

 

10月に入りまして、少し暑さもやわらぐと共に、

日中との寒暖差で体調を崩される方も多くなります。

 

緑茶を飲むことは毎日を健康に過ごす為の一助となりますし、

暖かく、美味しいお茶を飲むと心を落ち着かせ、

ほっこりまったりとした気分にさせてくれます。

 

是非、この秋の口切り新茶を飲んだことがないお客様は

この機会に、ご賞味いただけたらと思います。

 

それでは、また( ´ω`) ノシ


《お盆中の店休日のお知らせ》

 

大変ご無沙汰しております、かなたに園です( ´ω`)

当店のお盆の営業についてお知らせ致します。

 

来週末の8/15(土)~16(日)の2日間は

誠に勝手ながら店休日とさせていただきます。

 

————————————————————————————————————-

店内のGAKUSABOU Cafeの営業はコロナウイルス拡大防止の為

入店時の消毒、マスクのご着用をお願いしております。

誠にご不便お掛け致しますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

————————————————————————————————————–

 

 

かなたに園

 


( ´ω`)つ《GW中の店休日のお知らせ》

 

5/3(日)~5/4(月)の2日間は

誠に勝手ながら店休日とさせていただきます。

 

 

————————————————————————————————————-

上記以外の日はお店は開いておりますが、

店内のGAKUSABOU Cafeの営業はコロナウイルス拡大防止の為

現在自粛中となっており、ご利用できませんのでご注意下さい。

————————————————————————————————————–

 

 

ご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます<(_ _)>

 

かなたに園

 


令和二年福岡・八女『限定新茶』の ご案内。ご予約は4月25日まで( ´ω`)

 

 

なかなか日常の生活が戻ってこず、

家に籠もりきりで体調を崩されておりませんか?

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

今年はコロナのおかげでこの重要なお知らせをすっかり忘れておりました、、、

既にご予約は始まっておりますが、今年の

『限定新茶』

のご案内でございます!

 

「夏も近づく、八十八夜~♪」と歌われる

八十八夜とは立春(だいたい2月4日頃)から数えて八十八日目

あたる日のことをさしまして(だいたい5月2日前後)、

春から夏に移る節目の日、夏への準備をする決まりの日、

縁起の良い日とされてきました。

 

この頃に摘んだ新茶を飲むと無病で長寿に至ると伝えられ、

縁起茶として大変喜ばれております。

 

※実際には茶産地の温暖差によって茶摘みの時期は異なります、

沖縄や、鹿児島の知覧茶などはもっと早く

既に市場にも出回っております。

 

 

お茶の新芽には前年の秋からひと冬越えて有用成分がたっぷりと蓄えられ、

一番茶(新茶)は二番茶以降のお茶よりも、

うまみのもとである

「テアニン」

などの成分を豊富に含んでおります。

味の深みというより春の若々しい爽やかさと、

甘みを感じるお味かと存じます。

 

 

テアニンという成分はアミノ酸の一種で精神安定のリラックス効果や、

抗ストレス効果睡眠の質の改善などに効果があると実験で実証されております。

※但し、専用の薬がもつような強い即効性などはありません、

時をかけて何度も飲んで実感していく位だと思っていて下さい。

 

美味しいお茶を飲んで「あ”~~」とほっこりと落ちつくあの感覚、

それに関わっている成分の一つがテアニンという成分なのです。

 

 

また、よく聞かれるのですが、

この商品に「限定」と付いているのは、

一番茶の中でも特に良いものを厳選し、

量を限定し特別に製造された一番茶ということで

限定と銘打っております。

 

是非年に一度の貴重な風味をご賞味下さい( ´ω`)

 

 

お世話になった方への季節の贈りもの、

いつも頑張っているご家族、ご自分へ、

また、母の日のプレゼントとしても

大変喜ばれるかと存じます。

 

 

100g缶1本 単品 1,404円(税込)・・・限-A

 

 

100g缶2本  ※箱入り 3,110円(税込)・・・限-B

 

 

100g缶3本  ※箱入り 4,590円(税込)・・・限-C

 

 

数量限定となっておりますので、

是非この機会にご予約お申し付け下さいませ。

 

ご予約承り期間は4月25日(土)までとなっております、

 

商品のお渡しはゴールデンウィーク明けの5月8日(金)から

となっております。

 

もちろん、ご贈答用の包装や、

当店から宅急便などでの発送、

市内への配達なども承りますので、

遠慮なくご用命下さいませ!

 

ご予約お申込みは、店頭、お電話、メールまたは、FAXでも、承っております。

かなたに園 住所:〒750-0059 山口県下関市汐入町4-4

Tel/Fax  083-224-0974

メール kanatanien@navy.plala.or.jp ←クリックするとメールソフトが立ち上がります。

 

 

コロナのせいで心が少し乱れたり、ざわついたりして、

不眠症になる方など多くいらっしゃると思います。

そんなこんな時期こそ、

家で美味しくてテアニンたっぷりの新茶を

ゆっくりと時間をかけて飲まれてみては

いかがでしょうか。

 

数量限定の八女新茶、ご予約お待ちしております。

 

それでは、また( ´ω`) ノ


3/28(土)~4/5(日) 中島陶房展Ⅲ 『日常のお茶と飲み物と陶芸』のご案内

 

 

 

ややどんよりとした曇り空の週初めとなりました、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

本日は陶芸家の先生方と半年以上前より計画してきました

お茶や紅茶、コーヒーなど日常の飲み物に使用する器にフォーカスした

展示会を、今月末の3月28日(土)より約1週間、

下関市 内日(うつい)にあります”中島陶房”にて開催、そして

私どもかなたに園も参加させて頂きますのでそのご案内をさせて頂きます。

 

中島陶房作陶展Ⅲ

五人の陶芸家と一人の茶師による展示会

『日常のお茶と飲み物と陶芸』

 

日時:2020年3月28日(土)~4月5日(日) 11:00~18:00

会場:中島陶房 〒750-0253 山口県下関市大字内日下1779

お問合せ:Tel 090-9468-1493 中島

★3月29日(日)14時より「アーティスト・トーク」同時開催

 

 

今回の展示会は下関市内にお住まいの5人の陶芸家さんに、

私、日本茶インストラクターの金谷研が加わります。

 

私はお客様が会場をゆっくりと楽しんで見ていっていただけるよう

日本茶を主体にお飲み物で接客させていただこうと思っております。

また、かなたに園の茶葉の販売も行わせていただこうと思っております。

 

 

主催者中島陶房の中島大輔先生の今展覧会に向けての挨拶を抜粋させて頂きます。


いにしえより、人はお茶や飲み物に心の潤い、和みを求めてきました。

近年、お茶や飲み物はその種類、飲み方が大変多様になっていると思います。

そして、その社会的な事象は文化的生活の多様化を意味しているようにも見えます。

お茶や飲み物を飲むことは単なる生命維持のため水分補給だけでは終わりません。

その傍らには、いつも文化芸術が生まれてきました。

そして、陶芸の器はそれを演出してきたのだと思います。

それをふまえて器を創ってみようと、中島陶房展Ⅲとして今展覧会を開催する運びとなりました。

そして、このたびは、異文化からの視点を期待して、下関市に移住して活躍中のイギリス人、

フランス人の陶芸家にも参加いただきました。

何卒、ご高覧いただけましたら幸いです。

中島陶房 主 中島大輔


 

上にも書かれておりますが、今展示会には長府に窯を開いた

イギリス人陶芸家ハウイ・スティーブさんと

豊浦町宇賀に窯を開いたフランス人陶芸家の

アッヅォリ・エリックさんが参加されます。

 

イギリスは紅茶が日常の最もポピュラーな飲み物ですし、

フランスはどちらかというとコーヒーがポピュラーだと思います。

そんな考え方や美意識、伝統も異なる外国人のお二人が日本人のお三方に加わって

これまでにない面白い効果が生まれるのではと私も大変楽しみにしております。

 

 

参加される5人の作家さんを簡単にご紹介していきますと、

 

 

中島陶房(下関市内日)/中島大輔さん

近年はオールドレースを用いた装飾模様の器を数多く製作、

また独特な色合いでオリジナリティある釉薬を使い

見ても楽しく、使い勝手も考えられた作品が多し。

2018年10月に第1回が始まった中島陶房展も今回で3回目となります。

 

 

 

 

一佳窯(下関市豊北町粟野)/宮田佳典さん

登り窯を用い、一見してこれぞ茶陶焼き物、という作品多し。

土や釉薬へのこだわりも凄まじく、天然物の素材以外はNGで、

作品からダイナミックな強さと深い個性を感じることが出来ます。

 

一佳窯 宮田佳典さんのFacebookページは

>>こちら<<

 

 

 

黄孫窯(下関市豊浦町川棚)/森野清和さん

ご存知このブログでも度々紹介させて頂いております、

豊浦町の小さな巨人こと森野清和先生。

30年以上前から地元の土にこだわり、自ら採取し、精製した土を

使った器やオブジェを数多く製作されております。

自然の土そのままのような大地の温もりを感じる質感豊かな作品が多し。

 

 

 

 

 

アトリエ・テール・エ・フー(下関市豊浦町宇賀本郷)/アッヅォリ・エリックさん

フランスはパリ出身の陶芸家エリックさん。

35歳の時に日本に移住し、現在陶芸家と同時にフランス・スペイン語教師としても

活躍されております。

作品にはエスプリの効いた独特な造形の作品もあれば、

シンプルながら柔らかな形、そしてまったりとした優しい色調の釉薬を

用いた作品もあります。

お茶目でまさにおもしろ外国人といったエリックさん、

是非会場でお話ししてみて下さい。

 

 

 

 

イギリス陶芸園(下関市長府)/ハウイ・スティーブさん

今回初の絡みとなりますイギリス人陶芸家のスティーブさん、

イギリスでは有名建築家として名を馳せておりましたが、

かの有名なバーナード・リーチの弟子の方に陶芸を学び、

現在は長府に窯を開き活動されております。

スティーブさんの作品は鮮やかな色合いや形が

ヨーロッパ陶芸のエッセンスとして感じられ、合わせて用の美も

考え抜かれているように感じます。

 

スティーブさんのインタビューが載ったwebページがありました、

>>こちら<<

を御覧ください。

 

 

といった5人の陶芸家先生方の共演となります。

 

また、開催2日目の3月29日(日)の14時から

私も含めた6人での「アーティスト・トーク」(座談会のような)を

予定しております。

約90分間の参加作家の生の声を楽しんでいって下さい。

 


 

※会場入口には新型コロナウイルス対策の為、アルコールスプレーの配置や

お持ちで無いお客様のためのマスクの配布もさせて頂こうと思っております。

私もマスク着用での接客となりますことをお許し下さい。

 

ご来場のお客様も出来るだけマスクのご着用をして頂き、

また、アーティスト・トーク時も会場をできるだけ換気する処置も

させて頂こうと思っておりますので、その点どうぞご了承下さい。


 

 

最後に会場の下関市内日の中島陶房はやや分かりにくい場所にありますので

しっかり目にご説明させて頂きます。

 

↑こちらが一応の地図となります。

 

次にGoogleマップで示しますと、

 

こうなります。

 

 

更に詳しく、新下関・川棚方面から道路画像入りでご説明させて頂きます。

 

県道34号線を菊川方面に行きますと、

左手に「JAライスセンター」と「うついの里にこにこ市場」がある交差点を左折します。


そのまま道なりに走ると内日小学校や、公民館がありそのまま直進

 


突き当たりの三叉路を左折

左折してすぐのところに郵便局内日中学校がありますので道なりに右折

 


その道をそのまま道なりに進んで1~2分のところに
鉄製の大き目のゴミ箱が置いてある集落の入口がありますので
そこを斜め左に上がっていきますと集落があります、


集落に上がってすぐ(目の前に公会堂)の三叉路を右折するとすぐです。

 

となります。

一度来れば分かりますが、なかなか言葉だけで説明するのは難しいところです(;´ω`)

当日は立て看板や道標を立てておく予定ですのでどうぞよろしくお願い致します。

 

駐車スペースは敷地内に一応7台ほどはあります。

敷地内に建物は3つあり、手前から工房仕事場、

そして窯がある大きめの納屋、そして居住スペース兼アトリエギャラリー

となっております。

 

というわけでございまして、

新型コロナウイルスの影響で下関市内でも多くのイベント事が

中止になったり、小中高校の一斉休校、マスクや日用品の買い占めなど

日本のみならず世界全体が不穏で、停滞ムードとなっているところでありますが、

 

こんな時こそ心にゆとりを、体に温かい飲み物を、ということで

今回このような展示会をさせて頂こうと思っております!

 

会場周辺は田畑広がる風光明媚な場所でございますが、

なかなか辺鄙な場所にありまして、お客様がそれほど混み合う

こともないと思われます。

ですが一応予防のためのマスクご着用でのご来場をお願いしつつ

心よりお客様のお越しをお待ち申し上げております。

 

 

それでは、また( ´ω`)ノ

 

 

 

 


3/29(日) Jellybeans’ GAKUSABOU LIVE 中止のお知らせ

 

寝ても覚めても新型コロナ、、、

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です(;´ω`)

 

下関市内でも多くの催事、イベントごとが中止になっている時分、

当店も苦渋の決断となりました・・・。

 

今月3月29日(日)に当店で予定しておりました、

北九州が誇るカントリーバンド

『Jellybeans ジェリービーンズ』

のGAKUSABOU LIVEを新型コロナウイルスの影響により中止とさせて頂きます。

 

 

今回のゲスト『ジェリービーンズ』さんは2年前も台風によって中止になり、

開催できていたら5年ぶりの当店でのライブでした。

 

本当に素晴らしいバンドさんなのでその音を皆さんに是非聴いていただきたいと

なんとか開催できる方法はないかと色々と模索しておりましたが、

当店は小さなライブ会場であり、ウイルスへの対策をしっかりとしたとしても

お客様が不安の中での参加となってしまうというのは避けなければならないと思い

ジェリービーンズさんとも話し合い今回の決定となりました。

 

楽しみにしていただいていたお客様、大変申し訳ございません。

 

今は一刻も早くこの世界的なコロナショックが収束することを願うばかりです。

 

また当店の次回ライブは追ってこのブログでお知らせ致します。

それでは、また、、、(ヽ´ω`)

 

 

 


2/15(土) 「木村大×渡辺香津美 GUITAR CONCERT 2020」in 川棚の杜・コルトーホールでかなたに園出張CAFE!

 

 

 

今日は少し暖かい下関となっておりますが、

皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

今週も有り難いことにイベントでのCAFE出店をさせて頂きます!

 

昨年に引き続き、若きクラシックギター界の貴公子、木村大さんと

今年はなんとジャズギター界の超大御所、渡辺香津美さんとのデュオコンサート!

 

日 時:2020年2月15日(土)14:00開演(13:30開場)
会 場:下関市川棚温泉交流センター 川棚の杜・コルトーホール
入場料:全席自由 前売り4,000円 ※当日500円増

チケットは既に完売しており、その人気の高さが伺えます。

 

このライブの詳しい情報は >>こちら<<

 

私どもかなたに園もクラシックとジャズのクロスオーバーなライブに

少しでも華を添えられるよう、お茶屋らしいものと、

クロスオーバーな緑茶メニューをご用意して

皆様をお待ちしております( ´ω`)b

 

ライブは13時30分開場、14時開演となりますが、

全席自由ですので、より良い席でご鑑賞されたい方は、

お早めにホール出入口前に並ばれたほうが良いかもしれません。

 

当店のCAFEスペースもホール出入り口前にございまして、

開場少し前の13時には開店させる予定です。

 

ライブ鑑賞のお客様でなくてもCAFEのご利用は出来ますので

よかったら足を運んでいただけたらと思っております。

 

それでは、また( ´ω`)ノ

 

 


2/8(土)・9(日) 「懐かしの路面電車 復活上映会~改訂版」in シーモールシアターでかなたに園出張喫茶!

 

 

覚えていますか? あの頃の下関を・・・

ご存知でしたか? この街に、路面電車が走っていたことを・・・

 

山中プロダクションプロデュース

『懐かしの路面電車  復活上映会~改訂版』

 

日時:2020年 2月8日(土)・2月9日(日)

上映開始時刻:10時~19時の毎時間0分より開始

※8日(土)のみ13時30分~14時30分まで「路面電車の思い出」というトークショーあり。

※会場において懐かしい写真のパネル展示あり

 

チケット料金:一般・大学生 前売り500円 当日600円(高校生以下は無料、全席自由)

※前売りチケットはシーモール1階のインフォメーションカウンターにて発売

当店かなたに園でもお得な前売りチケットは販売しております。

 

 

〈 内容 〉

大正15年12月25日から昭和46年2月6日まで、およそ5億8千6百万人を乗せて

下関市内を走った路面電車の最終運行日に、市内在住の戸村誠一郎さんが8ミリカメラで

撮影した映像や写真、音声を元に開催された上映会から一年、、、

 

「懐かしかった」「昔を思い出し涙が出た」「貴重な記録」「また映像を見せてほしい」など

大変ご好評頂きましたことや、「平成」から「令和」へ時代が移りゆく中で、

下関の皆さんに「ふるさとを感じてほしい」という思いから

「懐かしの路面電車  復活上映会」を再び、開催させて頂きます。

 

あの頃の下関と、路面電車と、あなたに出会える時間を共に・・・

 

 

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

昨年も大変多くの方がご来場いただいていた「懐かしの路面電車復活上映会」が

新たな映像を加えたり編集をし直し「改訂版」となって帰って参ります。

 

私の生まれる以前のことなので、この映像を拝見するまで親世代の人に話を聞くか、

写真でその当時を伺い知ることしかできなかったのですが、

昨年この映像を見て、とても感動したことを覚えております!

 

昭和46年当時の下関の町並みや人、そして空気までもが収められたこの映像は

本当に貴重で、ご年配の方々に懐かしんでもらうだけでなく、

若い世代の方にも昔の下関の記憶として観ていただけたらなと思います。

東駅と呼ばれていることの謎もこれでわかりますよ。

 

 

また、店主英樹が作詞作曲した名曲(笑)「チンチン電車」を歌う店主二人の映像も

収められているようなのでそちらもどうぞ観てあげて下さい…。

 

 

私カナタニ園も2日間、このシアターの一角で出張喫茶として

オリジナルドリンクをご用意し、

また、懐かしいレコードミュージックを鳴らして

皆様をお待ちしております。

 

上映会とご一緒に是非お立ち寄りいただけたらと思います。

 

 

 

それでは、また( ´ω`)ノシ


《早春の限定品》 『春ほのか』 ご紹介

 

新型コロナウイルスが世界で猛威を奮っております、

日本でも患者数が増えていっておりますのでとても心配ですね、

ご無沙汰致しております、かなたに園です( ´ω`)

 

今の時期通常ですとインフルエンザの季節ですが、

緑茶に含まれる成分の緑茶カテキンはインフルエンザなどの有害菌の増殖を防ぎ、

死滅させるほどの強い殺菌力も持っておりますので、

こんな時こそ緑茶を飲む回数を増やしたり、

出がらし気味のものでも良いので緑茶で

うがいをしたりして予防をして頂ければと思います。

 

 

今年は暖冬と言われますが、まだまだお寒い日本列島、

本日は、は~るよ来い は~やく来いとの願いも込めて

この時期限定のお茶のご紹介です。

 

imgp1704s-s

 

《早春の限定品》 

 『春ほのか』

 

『この碾茶の香ばしく上品な香りを何か生かせないか?』という疑問から開発が

始まった碾茶ブレンド茶「春ほのか」

 

八女深むし茶とこの碾茶を黄金比でブレンドする事により

抹茶の様な上品な香りと、煎茶の爽やかさを一度に楽しめる

お茶になりました。

急須にお湯を注いだ瞬間から、香り立つ「春ほのか」

是非この希少茶をお楽しみ下さいませ。

 

80g 袋入 756円(税込)

 

※碾茶とは

揉まずに製造した抹茶の原料です。

碾茶炉という乾燥炉で香りを閉じ込めて製造されます。

煎茶などとは異なり揉んでいないので平たく、

一見青海苔の様な形をしています。

 

このようなお茶はその香りも楽しんで頂きたいので

下のようなオープン型の急須で淹れていただくとより一層

香気を楽しむことができます。

 

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%e6%80%a5%e9%a0%88%e7%8e%84kuro%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%e6%80%a5%e9%a0%88%e7%8e%84kuro-2

 

オープン急須~玄Kuro

常滑焼の匠と福岡の若き茶商がコラボした作

 

玄(KURO)は次世代を担う福岡県茶業青年団が

「これからの茶の在り方」の研究を重ね

ついに完成させた上質な日本製常滑(とこなめ)焼急須です。

 

【玄の特徴】

フタのない急須のカタチは、今までに体感しなかった茶の楽しみかたを

最大限に活かします。お湯を注いで湯気とともに立ちのぼる茶の香り、

急須の中で広がる茶葉の具合。味覚だけではなく嗅覚・視覚と楽しんで頂くことができます。

くぼみのある持ち手は、しっかりと手にフィット。

安定感を与え、茶の醍醐味である”最後の一滴”も無駄にしません。

 

緑茶・紅茶・烏龍茶など多用でき、リビングスペースなど、

ちょっとしたインテリアにもGOOD。

「これからの茶の在り方」をどうぞご堪能ください。

 

※専用箱、しおり付き

約380cc 2,200円(税込)

 

口が広いのでなんといってもお手入れがしやすく、これを使い始めると、

その使い勝手の良さにもとの急須には戻れなくなってしまう一品。

 

さすが茶業青年団というお茶のプロの方々が考案した品

デザインもマットな黒一色が秀逸で、とてもオシャレです。

私も気に入っております( ´ω`)b

 

 

本日は以上です。

それでは、また( ´ω`)ノ

 


1/25(土) ☆かなたに園出張喫茶☆ 『A HARD DAY’S NIGHT 』月イチシネマ《下関名画座》 at シーモールシアター 

 

 

 

 

公開55周年記念上映

THE BEATLES

A HARD DAY’S NIGHT

旧邦題「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」

 

 

オープニングからラストのライブ・シーンまで、

全編に流れる珠玉のビートルズ・ナンバー!

 

 

1964年の初公開から55年、ザ・ビートルズの魅力が詰め込まれた主演映画

『ハード・デイズ・ナイト』が再び銀幕を揺らす!

世界的な成功を手中に収める直前、ハードなスケジュールを

あわただしくこなしていく4人の一昼夜をドキュメンタリー・タッチで

描いた永遠の名作。

 

 


 

〈ストーリー〉

 

常に熱狂的なファンに追いかけられながら、コンサート会場とホテルを移動して

仕事をこなすビートルズ。今日も追いかけて来る熱狂的なファンの群を振り切り、

列車に飛び乗るとポールの座席には、なぜかポールの祖父が座っていた。

仕方なく行動を共にするが、祖父の悪戯でトラブルが続出。リンゴはそそのかされ、

公開テレビ番組で の収録があるにもかかわらず、カメラ片手に街に飛び出してしまう。

本番まであと数十分、ジョン、ポール、ジョージの3人は、戻ってこないリンゴを探しに行く。

本番まであとわずか、果たしてビートルズの4人は無事ライヴを行うことができるのか…。

世界的な人気を手に入れる直前、ビートルズの日常をドキュメンタリータッチで描いた

音楽映画の傑作!撮影当時全員が20代前半の若さだった4人も瑞々しく、

映画の全編に流れる名曲の数々は永遠に色あせることはない

 


 

 

この映画が、この月イチだけしか上映されない下関名画座で公開できること

じたいが奇跡的なこと、

山口県内でも今現在、この下関名画座だけ公開が許されております( ´ω`)

 

昔見たわ、という方も美しくなった映像と音を、

なにより若きビートルズの4人の姿を是非映画館で楽しまれて

いって下さい。

 

 

上映時間は87分、

その中に誰もが知る初期ビートルズのスタンダードナンバーが散りばめられ、

4人のコミカルな演技とドタバタコメディーとともに酔いしれましょう。

 

 

公開55周年記念上映『ハード・デイズ・ナイト』

製作:1964年、イギリス・アメリカ

監督:リチャード・レスター

音楽:ジョージ・マーティン

出演:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、

パティ・ボイド他

1965年アカデミー賞:脚本賞、編曲賞(ジョージ・マーティン)ノミネート作品
1965年英国アカデミー賞:新人賞(ジョン、ポール、ジョージ、リンゴ)ノミネート作品
1965年グラミー賞:最優秀楽曲映画(ジョン&ポール)ノミネート作品

 

 

上映日時:2020年 1月25日(土)

一日3回上映、10:30~ / 13:00~ / 15:30~

※今回は、夜の回がありませんのでご注意下さい!

 

場所:シーモールシアター(シーモール下関2階)

チケット:1100円(前売り) 1300円(当日) (3時間無料駐車券も配布)

今回は前売りが確実にお得!

前売り券はシーモール1階インフォメーションカウンターほか

当店かなたに園でもお取り扱いしておりますので

ご来場予定の方はお早めに前売り券をお求め下さい。

 

問合せ:山中プロダクション tel 090-8247-4407

 

 

今月もかなたに園は出張カフェでご協力させていただきます。

そして当然でございますが、今月はBEATLES一色となりますので

BEATLESのLPを鳴らして皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

思えば東京五輪と同時期に初公開されていた映画が

再びこの東京五輪の年に帰ってくる、

当時観た方々には感慨深いものがあるのではないでしょうか、

 

55年の時を超えて帰ってきたあの4人の姿、歌声、当時の文化風習風景、

シアターで見ることができるのは最後かもしれません、

お見逃しなく!!

 

 


お正月休みについて

 

明けましておめでとうございます!

 

かなたに園は本日元旦~5日までお休みをいただき、

1月6日(月)より、通常営業開始とさせていただきます。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます<(_ _)>


12/21(土) ☆かなたに園出張バーブラ・ストライサンド喫茶☆『追憶 』  《下関名画座》 at シーモールシアター 

 

監督 シドニー・ポラック、

バーブラ・ストライサンド、ロバート・レッドフォード W主演!

「追憶」

The Way We Were

HDリマスター版

 

日時:12月21日(土)

一日四回上映、10:30~ / 13:30~ / 16:30~ / 19:30~

★上映時間118分

 

場所:シーモールシアター(シーモール下関2階)

チケット:1100円(前売り・当日ともに。3時間無料駐車券も配布)

当日はシーモールシアター(下関名画座)受付でのチケット販売になりますので

直接シアターにお越し頂いて大丈夫です!

問合せ:山中プロダクション tel 090-8247-4407

 

今月は一週早くやって参りました!

明日12/21(土)にシーモール下関2階にある

“シーモールシアター”で開催されます、

 

『下関名画座』

の第7回上映会に、引き続き私どもかなたに園も

特製ドリンクの出張販売でご協力させていただくことになりましたので

そのご案内でございます!

 

 

それではまず上映作品のご説明を、

 

 

あの不朽の名作が帰って参ります、

 

映画公開は1973年、

あなたはその頃何をして、誰を愛していましたか…?

 

同年のアカデミー歌曲賞にも輝いたあのバーブラの名曲を

あの頃と殆ど変わらないシアターでご堪能下さい。

 

「追憶 」

HDリマスター版

 

 

<あらすじ>

舞台は1937年のアメリカ、

大学の創作クラスで出会ったケイティ(ストライサンド)と

ハベル(レッドフォード)の、その後20年にわたる愛の変遷を

激動の時代を背景に描き出す。

 

 

 

 

先月はレッドフォードの引退作を

細江町のシネマ・クロール(只今改装中)で拝見致しましたが、

今作はレッドフォードの全盛期時代の作品。

 

ミスターアメリカ、ミスターハリウッドとも云われた

脂の乗ったレッドフォードの演技には注目です。

 

 

 

前回と同様に私達の世代は映画の内容を知らなくとも、

この映画の主題歌、バーブラ・ストライサンドの「追憶 The Way We Were」は

どこかで聞いて知っていたというほどの超名曲です。

 

このサウンドトラック盤は私は持っておりませんが、
ちゃんと「追憶」の入ったLPはご用意致しますのでご安心下さい( ´ω`)

 

 

 

時にすれ違い、時に交差する二人、

お互い妥協せずに向き合い、相手を尊重するのだが、、、

 

ネタバレになってしまうのでこれ以上は言えませんが

 

せつなく胸を打つ印象的なラストシーンは必見です!

 

是非シアターでお楽しみ下さい。

 

 

1日限りの上映会となっておりますので、どうぞお見逃しなく!

 

 

 

そして、この度のカナタニ園出張喫茶は、

「追憶のバーブラ・ストライサンド祭」

と題しまして、

ほぼ一日バーブラ・ストライサンドの美しい名曲の数々を

LPの音で堪能できる名曲喫茶と化してお送りさせていただきます( ´ω`)v

 

 

名画と共に、懐かしいレコードの音色も楽しんでいっていただけたらと

思っております。

 

 

今月もかなたに園はお茶屋ならではの新感覚オリジナルドリンク

驚きと共にご提供致します!

 

 

もう今年もあと10日ほどになりまして、

暖冬とはいえしっかりと寒くなって参りましたので

ホットドリンクメニューを充実させ

皆様にご提供させていただこうと思っております!

どうぞお楽しみに!

 

 

 

喫茶スペースは映画館受付すぐ横に確保しておりますので

どうぞお近くまで来られた際は足をお運びいただけたら幸いです( ´ω`)

ドリンクのみでも大丈夫です。

 

基本的に映画館内にもお飲み物は持ち込めますので

ロビーでも館内でも楽しんでいただけたらと思っております。

 

それでは皆様のお越しをお待ちしております!

それでは、また( ´ω`)ノ


今週末12/7(土)~8(日) 川棚 黄孫窯 『カワッタナ展2019』に出店致します!!

 

 

 

師走らしい小寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて今週末の12月7日(土)~8日(日)の2日間、

下関市豊浦町川棚の陶芸窯元「黄孫窯(こうそんがま)」で開催されます

この時期恒例のマルシェイベント!!

 

黄孫窯 『カワッタナ展2019』

 

に今年も出店させていただきます!

 

日時:12月7日(土)~8日(日) 10:00~18:00

場所:黄孫窯 (下関市豊浦町大字川棚3930)

お問合せ:tel 083-774-2468 黄孫窯・森野

 

※駐車場あり

JR山陰本線「川棚温泉駅」から徒歩10~15分

 

会場の黄孫窯・森野先生のご自宅は、

国道191号線から1本海側に入った旧街道沿いにあります。

 

途中、立て看板などを設置しておりますので、

下関旧市街側からですと、川棚の「ナフコ」を過ぎたあたりから左側を注視していて下さい。

会場への脇道の入口に設置しております。

 

萩・長門方面からも

立て看板を設置しておりますので左側を注視していて下さい。

左側にガソリンスタンド「キグナス小串SS」さん、

右側に「北浦葬祭」さんがあるT字交差点を右折となります。

 

 

参加される作家さんを簡単にご紹介致しますと、、

川棚の『黄孫窯』森野清和先生・森野光映先生ご夫妻!

 

この『黄孫窯』の主、森野清和先生は、ご自身が使われる粘土を自ら採取し、

その土が持つ特性や個性をそのまま作品に投影した作風

時代に合わせた柔軟性かつ斬新な作風

多くのコアなファンがいるだけでなく、

他の萩焼陶芸家の方々からも一目を置かれているお人です。

 

 

是非実際に森野先生の作品を見て、手にとって土の質感を感じてもらって

ご本人とお話ししていただけたらと思っております( ´ω`)

 

 

 

 

奥様である森野光映先生の作品は

優しく温かみのあるラインや色使いで、動植物モチーフの作品もあり

どこかホッとさせてくれる作風でございます。

 

 

森野先生の妹さんでアクセサリーデザイナーの森野世津代さん!

 

ゆっくりとマイペースで作品作りを

行っておられる森野世津代さん。

 

最近はネックレスやブレスレットなどの作品が多いようですが、

個性的な指輪なども作られます。

 

 

 

 

 

今回初参加!のステンドグラス作家の森脇喜久子さん!

様々なモチーフをご自分の作品に取り入れ、

色鮮やかなステンドグラス作品を日々作られております。

 

さらに森野先生の元弟子で、現在長門市の俵山温泉に

俵山無名塾」という窯をひらいておられる作花靖之さん。

作花さんの作品はとても現代的で色味もシンプル、

そこに機能性を十分に考慮したデザインが持ち味です。

 

クセがなく使い勝手が良いものばかりで、男女問わず人気が高いです。

 

 

 

 

 

 

この年に1回の展示会では、

森野先生のご自宅兼ギャラリー内とお庭で行われておりまして、

とてもリーズナブルでお買い求めしやすい作品も並びますので、

気軽に足をお運びいただけたらと思います。

 

 

私も季節限定の日本茶類を主体に、

抹茶チョコ「北斗七星」

濃厚抹茶ソフトクッキー

その他オススメのお菓子類なども

販売させていただこうと思っております!

 

また、ご来場の際はゆったりとお茶でのおもてなしができるよう

させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

このイベントの土日は寒くなりそうですが、

会場内はしっかり暖かくして皆様をお待ちしております!

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 


ゴスペル&シャンソン&ジャズ GAKUSABOU LIVE 後記

 

昨夜から降り続いた雨もようやく止んだようですね、

風も少し穏やかになりましたが、少し肌寒い月曜日です。

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、昨日に行われましたライブのもようを

お伝えさせて頂こうと思います。

 

 

今年最後となるGAKUSABOU LIVEだったのですが、

大変多くのお客様に足を運んでいただき、

演者、スタッフ一同、誠に感謝致しております。

本当に有難うございました!

 

それでは参りましょう、

今回も前座はグリーンティーズが務めました。

 

 

今回はゲストボーカルに店主ミキコのゴスペル仲間のHiroさんと、

サックス奏者の渡辺さんが珍しい電子楽器、「エアロフォン」で参加。

60~70年代の洋楽の名曲を披露させていただきました。

 

5人編成の今回は音やアレンジに幅が出て、いつもとはまた違う魅力を

お聞かせすることができたように感じます。

 

 

ティータイムを挟みまして、

主役の浜崎むつみさんの登場です!

 

 

いつもパワフルで稀代のエンターティナーの浜崎むつみさんは

なんと今年で御年78!

 

とてもそんなご高齢には見えないお姿に、お声です!

 

パワフルな声量をお持ちですが、

繊細なバランス感覚でどんな曲でも浜崎むつみカラーで歌い上げます。

 

 

 

浜崎むつみさんはジャズやシャンソンの歌手として長年活動してこられ、

現在は当店GAKUSABOUや市内の公共施設、

ご自宅でも歌のレッスンや教室を開いておられ、

多くの生徒さん達がおられます。

 

ゴスペルグループのHigh-Colorsさんたちも浜崎先生の生徒の方々です。

 

 

 

ライブ中も観客の皆様とのコール&レスポンスを楽しんでおられ、

会場を浜崎むつみ色に染め上げて頂きました、

むつみ先生、この度も素敵なライブを有難うございました!

 

 

そして最後にHigh-Colorsの皆さんの登場です!

 

 

 

High-Colorsさんは皆さんにも馴染み深いゴスペルソングや、

テレビドラマでも使われた邦楽ポップスなどを披露!

 

 

 

聖歌隊の域を出て、お客様とのやり取りを楽しんで歌う、

歌う喜びを感じていただきたい、

そういった気持が窺えたステージでありましたね。

 

 

 

最後はむつみ先生も混じっての「Oh, Happy Day」!

お客様も一緒に口ずさんでいただけての大団円でございました。

 

 

 

これにて、今年のGAKUSABOU LIVEも終了致しました、

今年も沢山のお客様がご来場いただき、

当店を可愛がっていただき、

誠に有難うございました!

 

来年も素敵な音楽を皆様に届けられるよう精進させていただきます。

 

来年のライブは3月から始めようと思っておりますので、

よかったらこのブログをたまにチェックしていただけたらと思います。

 

 

それでは、いつもので締めたいと思います。

 

 

それでは、また( ´ω`)ノ

 


本日12/1(日) 開催! ゴスペル&シャンソン&ジャズ!!! GAKUSABOU LIVE

 

お天気も昼間は大丈夫のようですね、

おはようございます!かなたに園です( ´ω`)

 

本日 日曜日、14時より開催致します

 

Gospel & Chanson & Jazz Live!!

 

日時:12月1日(日) 13:30~OPEN   14:00~START

場所:かなたに園内 cafe GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:1,500円(1ドリンクつき)

お問合せ:(tel) 083-224-0974  (mail) kanatanien@navy.plala.or.jp  かなたに園まで

※お車を駐車する場所をお困りの方は当店にご一報下さい。

 

 

皆様のお越しを

お待ちしております( ´ω`)ノ


11/30(土) ☆かなたに園出張JAZZ喫茶☆『青い山脈』  《下関名画座》 at シーモールシアター 

 

監督 西河克己、吉永小百合主演!

「青い山脈」

HDリマスター版

 

日時:11月30日(土)

一日四回上映、10:30~ / 13:30~ / 16:30~ / 19:30~

★上映時間97分

 

場所:シーモールシアター(シーモール下関2階)

チケット:1100円(前売り・当日ともに。3時間無料駐車券も配布)

当日はシーモールシアター(下関名画座)受付でのチケット販売になりますので

直接シアターにお越し頂いて大丈夫です!

問合せ:山中プロダクション tel 090-8247-4407

 

今月もやって参りました!

今週土曜日の11/30にシーモール下関2階にある

“シーモールシアター”で開催されます、

 

『下関名画座』

の第6回上映会に、引き続き私どもかなたに園も

特製ドリンクの出張販売でご協力させていただくことになりましたので

そのご案内でございます!

 

 

まずそれでは上映作品のご説明を、

 

全国のサユリストの皆様、大変お待たせ致しました!

今回の名画座は、あの吉永小百合さん主演作品2作目、

 

永遠にみずみずしい石坂文学の青春!

日活が誇る六大スターで贈る若さの金字塔!!

 

「青い山脈 」

HDリマスター版

を上映致します!

 

 

<あらすじ>

ある地方の町で、伝統を重んじる女学校に転校してきた寺沢新子宛に届いたラブレター。

新子に反感を持つ生徒が書いた偽物だったが、

それはいつしか町全体を揺るがす大騒動にまで発展してしまう…。

 

 

キャスト

吉永小百合 浜田光夫 高橋英樹 芦川いづみ 南田洋子 二谷英明

 

吉永さんが初々しいですね~ピチピチでパンパンですね~( ´ω`)

 

<解説>

製作・配給 日活

1963年公開

監督は「伊豆の踊り子(1963)」の西河克己。

原作は石坂洋次郎の新聞小説「青い山脈」。

原作は映画化、ドラマ化が繰り返し行われている人気作。

 

本作は原作には登場しない無線機などが時代背景に合わせて取り込まれている。

昭和香る昔懐かしい風景の中に、時代の移り変わりに合わせて新旧の価値観が

せめぎ合うという現在にも通じる展開、学園ものの爽やかな青春が合わさって

古さを感じない純粋に楽しめる作品である。

 

 

 

私達の世代は映画の内容を知らなくとも、

この主題歌「青い山脈」はどこかで聞いて知っている世代です( ´ω`)

 

そして青い山脈は全て藤山一郎さんかと思っていたら、

この1963年版は神戸一郎さん・青山和子さんが歌っているのですね、

さきほどクレジットをみていて気づきました(;´ω`)

 

そしてその青山和子さんが青い山脈を歌うなんてこれ出来すぎちゃうの?

と思って調べてみますと、青山さんは1960年に本名の榊原貴代子の名でデビューし、

1963年のこの映画で主題歌を神戸一郎さんとデュエットし、この時、青山和子に改名!

そして青山和子の名付け親は、この映画の原作者の石坂洋次郎さん!

繋がった!!そういうことなんですねぇ。

 

ちなみに、青山さんは翌年の1964年 「愛と死をみつめて」で第15回NHK紅白歌合戦に初出場。

同年、同曲で第6回日本レコード大賞も受賞されております。

 

それにしましても、吉永小百合さん、お若いです、

私は名実ともに大女優と呼ばれるようになってからの

吉永さんしか知らない世代ですので、とても新鮮に感じます。

 

そして上の画像にも写ってますが、芦川いづみさんがまたお綺麗で

この映画には若さがあふれ活発な女子高生役の吉永さんと、

美人で気品があり生徒に理解のある先生役の芦川さんが良い対比になっていると

聞いています。

 

このお二人は時代を感じさせない女優さんだと私なんぞは思ってしまいますね。

 

是非1日限りの上映会となっておりますので、お見逃しなく!

 

 

 

そして、今回も私どもカナタニ園は

ジャズレコードとプレイヤーを持ち込みまして、

 

 

下関名画座と共に、

月イチ出張JAZZ喫茶”カナタニ園”として

参加させていただこうと思っております!( ´ω`)ノ

 

是非懐かしいジャズの音色も、名画とともに楽しんでいっていただけたらと

思っております。

 

 

今月もかなたに園はお茶屋ならではの新感覚ドリンクを

驚きと共にご提供致します!

 

 

師走直前、だいぶ寒くなって参りましたので

ホットドリンクの新メニューを更に増やして

ご提供させていただこうと思っております!

そちらもどうぞお楽しみに!

 

 

 

 

喫茶スペースは映画館受付すぐ横に確保しておりますので

どうぞお近くまで来られた際は足をお運びいただけたら幸いです( ´ω`)

ドリンクのみでも大丈夫です。

 

基本的に映画館内にもお飲み物は持ち込めますので

ロビーでも館内でも楽しんでいただけたらと思っております。

 

それでは皆様のお越しをお待ちしております!

それでは、また( ´ω`)ノ


12/1(日) ゴスペル&シャンソン&ジャズ!!! GAKUSABOU LIVE告知!

 

週明け月曜なので晴れてほしいところですが、

本日一日くもり空のお天気となりそうです。

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、今週末当店で開催されるライブの告知でございます、

色々バタバタしておりまして告知が遅れてしまい申し訳ありません。

 

 

ゴスペル&シャンソン&ジャズ!

「浜崎むつみ&ハイ・カラーズ GAKUSABOU LIVE !!!」

 

 

日時:12月1日(日) 13:30~開場 14:00~開演

会場:かなたに園内 cafe GAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1500円(1ドリンク付き)

お問合せ:TEL 083-224-0974 かなたに園

 

今年最後のGAKUSABOU LIVEは

Gospel & Chanson & Jazz Live!!

 

下関市内で主に活動しているゴスペルグループ

High-Colors (ハイ・カラーズ)の皆さん達と

 

 

 

そのハイ・カラーズさん達の歌の先生でもあり、

長年ジャズやシャンソン歌手として活動されてきた

浜崎むつみさん

が2年ぶりに当店でライブです!

 

 

 

 

皆様に素敵なゴスペルシャンソン、ジャズの唄の世界を

味わっていただけたらと思っております。

 

 

 

前座はもちろん、当店店主バンド

Green Teasが務めます。

IMG_3862-s

今回も前回の時と同様、スペシャルゲストの参加を予定しております!

 

 

ゴスペルってどんな音楽なの?という方に

ゴスペルを歴史の方から簡単にご説明致しますと

 

奴隷としてアメリカ大陸に連行されたアフリカ人は彼ら独自の言語・宗教など

一切を剥奪されました。その苦しい状況下で、彼らのうちのある人々は、

救いを与えるゴスペル(福音)と出会い、

キリスト教への改宗を経て、神に彼ら独自の賛美をささげるようになりました。

 

こうしてアフリカ特有の跳躍するリズム、

ブルー・ノート・スケール(ジャズやブルースで使われる音階)や

口承の伝統などとヨーロッパ賛美歌などの音楽的・詩的感性が融合して

スピリチュアル(黒人霊歌 negro spiritual とも言う)という

現在のゴスペルの基調となる音楽が生まれました。

後年になってジャズやロック、ヒップホップなど様々なジャンルと結びつき

その音楽性は今も進化し続けています。 (wiki参照)

 

90年代にウーピー・ゴールドバーグが主演した映画

「天使にラブソングを」が大ヒットし、

一般的にはそのイメージが強いかと思われます。

 

 

シャンソンはイメージ的に宝塚歌劇団を思い浮かべる方も多そうですが

フランス人の方ですとエディット・ピアフやイブ・モンタン、

日本人でいうと、越路吹雪さんや淡谷のり子さん、

美輪明宏さん、加藤登紀子さんなどが思い浮かびますね、

 

 

 

最近ではゴスペル、シャンソン、ジャズも大人の楽しみとして

教室で習い、人前で歌われる方も多く、

コンサートなども様々な場所で行われ、

耳にする機会が増えましたね。

 

今回の LIVEでも定番ながら親しみのある楽曲が中心となると

思われます、お好きな方は是非一緒に口ずさむ感じで楽しんでいただけたらと

思っております。

 

今年最後のGAKUSABOU LIVEをどうぞお楽しみに、

ご来場お待ちしております!

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 


《冬季限定》星の抹茶チョコレート『北斗七星』販売開始! 令和元年

 

下関地方の本日は風は強く吹いておりますが、

日差しはやや強いめで暖かさも感じます。

 

このところは晩秋らしい朝夕の冷え込みとなってきておりますので

体調管理には十分にお気をつけ下さいませ。

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

さて、今年もやっと入荷して参りました!

先日ご紹介した抹茶ソフトクッキーよりも更に季節限定!

のこの商品が本日より販売開始となりますので

ご紹介させていただきます!

 

 

 

本物本質を追求した抹茶チョコの極み

濃厚! 星の抹茶チョコレート『北斗七星』!!

 

 

 

 

 

 

製造から全て星野製茶園さんの自社工房での生産!

 

抹茶の製造から、ベルギー産高品質ホワイトチョコレートの選定、

自社工房での生産により、より細やかで厳しい生産管理の下での製造となり

これまで以上の味わい、品質を皆様にお届け致します。

 

 

 

この抹茶チョコレートに使用される抹茶は

一般的にお菓子用などに分類される質の低い抹茶ではなく、

茶の湯に利用できる、石臼挽きの7ミクロンの超微粒子

八女抹茶を100%使用しております。

 

抹茶が濃いだけでなくチョコレートとのバランスを

考慮して濃度を微調整をしております。

 

 

 

 

 

茶審査技術十段』の茶師が厳選した八女星野抹茶と

最も相性が良いチョコレートは何か?

 

長い期間試行錯誤が続く中

ベルギー産最高品質のホワイトチョコレートにたどり着いたようです。

(2015年までのはスイス産のホワイトチョコレートでした)

 

 

 

《製造へのこだわり》

抹茶の素性を知る星野製茶園の作り手の方々が自ら自社工房で

チョコレートに向き合い、手作業で丁寧に製造しております。

着色料や保存料は一切使用していません。

抹茶の風味を保つためにも

お買い求め後は<冷蔵庫>での保管を推奨させていただいております。

 

 

茶審査技術十段が手掛けた濃抹茶チョコ

<冬季限定>【限定生産】

星の抹茶チョコレート 『北斗七星』

【販売価格】756円(税込)

約70g×1枚入(商品内寸:130×78×7mm)

【原料】ホワイトチョコレート 抹茶(アレルゲン:乳)

 

賞味期限】 45日

【ご注意】 ※保存料や着色料などを一切使用しておりませんので

早めにご賞味いただきます様お願い申し上げます。

 

 

《 お願い 》———————————————————————

限定生産につき、入荷数も限られますので

お電話でのご予約か、もしくは

ご来店の場合は当店にお問合せのうえでのご来店をお奨め致します。

———————————————————————–

 

かなたに園

TEL:083-224-0974

Mail:kanatanien@navy.plala.or.jp

 

 

もちろん地方発送も可能です!


発送料金は応相談

出来るだけお客様の送料負担が安くなるようにさせていただきますが、

まだ気温が高い時期は品質管理の面からクール宅急便を使わせていただく

ことになると思います。

時期的に寒くなって参りますとポスト投函系の発送方法も

ご提案させていただきます。

 


お支払い方法

ゆうちょ銀行用『払い込み用紙』での後払い

(※商品到着後に商品に同封した払い込み用紙でのお支払いとなります。)

 


 

地方発送ご注文は上記の電話、

もしくはメールでの直接注文か、

 

>>かなたに園&喫茶楽茶房のフェイスブックページ<<上の

”メッセンジャー”からも直接のご注文を承っております。

 

 

 

お友達へのプレゼントやお使い物にも最適です。

上のオリジナルショップバッグに入れてお渡しさせていただきます。

(※地方発送の場合でも個数分のバッグをお入れ致します)

 

 

ゆったりとしたお友達とのティータイムのお供に、

また、忙しく働く自分へのちょっとしたご褒美に、

大変お奨め致します。

 

まだ味わっていただいていない方、

是非一度は試していただきたい逸品です。

どうぞよろしくお願い致します。

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 


今週末11/9(土)・10(日) 第38回「ネパール展と手作り品バザール」in 下関勤労福祉会館 に出店致します!

 

本日はもう一つ記事を上げさせていただきます、

引き続きかなたに園です( ´ω`)

 

 

「第38回 ネパール展と手作り品バザール」

日時:11月9日(土)~10日(日) 9時~18時(10日は16時まで)

会場:下関勤労福祉会館 本館2階(下関市幸町8−16)

問合せ:083-222-9153 あい・ネパール会事務局

 

毎年のこの時期に開催されております、

長くネパールと親交を築いてこられ、これまで学業支援や

復興支援活動をされてきている

「あい・ネパールの会」さん

の手作り品バザールです。

 

こちらに当店かなたに園も参加させていただきます!

 

お茶の販売はもちろん、日本茶インストラクターの私が

参りますので、お茶の試飲や、飲み方淹れ方のアドバイスなども

させていただきます。

また、当店取扱い食品を厳選し販売させていただきます( ´ω`)b

 

只今大人気の「星野抹茶ソフトクッキー」も数量少なめですが

販売させていただきますよ!

 

 

このバザール、どのようなバザールなのかとご紹介致しますと、、

※以前の会場の中の様子です

 

あい・ネパールの会代表の人形作家、藤田久美さんの作品や

 

 

センスあふれる紡ぎ織り作家、古田美雪さんの作品

 

 

 

本場ネパールから、ラダさんの手作りセーターやマフラー

 

 

布絵をされる中谷繁子さんの作品

 

 

 

その他にも全国の支援者様たちからの手作り作品が並びます。

 

これら全て購入できますので、温もりある手作り作品を

是非手にとってお確かめ下さい。

 

 

下関在住のネパール人の方々も訪れてくれたようです!

 

 

あい・ネパールの会代表の藤田公美さんは2017年、

”小さな親切運動”より表彰されたり、

”山口県福祉功労者知事表彰”を受けたりと、

長年にわたってネパールやアジアの国々の為に尽くしてこられ、

 

実際に何度もご自身で現地ネパールに赴き、様々な援助や協力をし、

特に古切手やプルタブ、ペットボトルのキャップの回収から得られるお金で

アジアの貧しい国の若い人や、子供のための病気のワクチンや、

様々な品々の寄付をやってこられた方です。

 

会場にも上の画像のような回収ボックスがあると思いますので、

もし行ってみようとお考えの方で家にございましたら

ご持参いただければと思います。

 

このイベントに作品を出品していただいている支援者の方々は

そんな藤田さんの思いに賛同され、

1年に1回行われるこのバザールの為に作品を作り、

ネパールやアジアの貧しい子ども達への支援に

使っていただこうと日々活動をされている方々です。

 

 

 

2015年に起こったネパール大地震での復興はまだまだ道半ばのようです、

国土のほとんどが3000m級の高地にあるネパール、

そうした地理的要因もあり建築資材や復興援助品が届きにくいこともあり、

まだまだ復興は道半ばの状態のようです。

 

今回の手作り品バザールで得られた利益の一部は、

こういった援助金や援助品の購入費にあてられますので、

お好きなものを購入して、ネパールやアジアの子ども達への

支援にご協力をお願い致します!

 

本場ネパールで手織りで作られた柔らかく温もりあるセーターや

支援者の方々の心のこもった手作り品の数々が並びます。

魚市場のある唐戸からすぐ近くの勤労福祉会館本館の2階です。

 

 

※会場建物前に駐車スペースはありますが、

駐車可能台数が少なめでスペースも狭いので駐車する際は

十分にお気をつけ下さい。

 

少しだけ歩きますが、唐戸の市営駐車場に駐車したほうが良いかもしれません。

 

 

是非、この機会に足を運んでみて下さい。

とても素敵な作品が並びますよ!

 

それでは、また( ´ω`)ノ

 


【数量「超」限定】 希少品種 つゆひかり ご紹介

朝夕がかなり寒くなって参りまして、

子ども達の間では早くもインフルエンザが流行ってきているようです。

どうぞ皆様お気をつけ下さい。

 

外から帰ってきたら手洗い・うがい、そして緑茶!

緑茶に含まれるカテキンという成分には強い殺菌作用がありますので

この時期緑茶で常にのどを潤しているのはとても有効かと思います。

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日はこちらの季節限定入荷数量もとても少ない

貴重品種のお茶のご紹介でございます!

 

 

 

 

季節限定 希少品種 『つゆひかり』!

 

 

 

 

天然玉露といわれる品種「あさつゆ」を片親に交配された新品種「つゆひかり」です。

(つゆひかりは2000年に種苗法に基づく品種登録をした新しいお茶の品種です。)

 

独特で花の様な爽やかな香気と、深みのある強い旨味とコクが特徴です。

つゆひかりは八女・星野村でもまだ栽培面積が少なく希少な品種です。

 

 

季節限定品 希少品種「つゆひかり」

60g袋入 756円(税込)

 

 

ほうじ茶「つゆひかり」

50g袋入 432円(税込)

 

このつゆひかりのほうじ茶もそのお味が口コミで広がり年々人気となっております!

他には無いシナモンの様なスパイシーな香気とほのかな甘味が特徴です。

一番茶を使用し、2段焙煎の浅炒り仕上げで、つゆひかりの特徴を最大限に引き出しました。

他にはないこの香味、是非お試しください。

 

2商品とも季節限定品となりますので在庫がなくなり次第終了となります。

大変お買い求めしやすいお値段かと思いますので、

是非ともお試しいただければと思っております。

 

 

当店はお歳暮などのギフト包装、地方発送なども受けたまわっております。

 

定番の商品や上記の季節限定品など様々な組み合わせがあり、

お客様のご予算に合わせた商品を提案させていただきます( ´ω`) b

 

お気軽にご連絡・ご用命下さいませ。

かなたに園(山口県下関市汐入町4-4)

(TEL/FAX) 083-224-0974

(MAIL) kanatanien@navy.plala.or.jp

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ


11/1~10 土で創る 『中島大輔×森野清和 やきもの展』 at EDEN 博多大名

 

朝方は曇り空が広がっておりましたが、

現在は秋らしい晴れのお天気となっております。

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

本日は当店が日頃からお世話になっているお二人の陶芸家先生の

博多での展覧会が間近に迫って参りましたので、ご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

土で創る

中島陶房 中島大輔 × 黄孫窯 森野清和 やきもの展

 

日時:11月1日(金)~10日(日) 11時~19時 (最終日は15時まで)

会場:EDEN@大名 (福岡県福岡市中央区大名1-9-17)

お問合せ:tel 090-9468-1493(中島) or 090-7977-2481(森野)

 

 

下関市内日に工房を構える中島大輔さんと

下関市豊浦町川棚に工房を構える森野清和さんの陶芸作品二人展と

なっております。

 

 

お二人の簡単な経歴をご紹介

 

 

中島陶房 中島大輔 陶歴

1991 萩12代三輪休雪に師事
2009 日本陶芸展 入選
2010 萩大賞展佳作
2010 韓国東アジア現代作家交流展
2018 茶陶の現在2018
2019 薩長土肥 現代の陶芸展
《中島陶房 〒750-0253 山口県下関市大字内日下1779》中島大輔 陶歴

 

 

黄孫窯 森野清和 陶歴

1989 萩12代三輪休雪に師事
1995 第16回現代日本彫刻展 マケット 入選
1996 山口県展 優秀賞
2000 益子陶芸展 審査員特別賞
2004 鹿島彫刻コンクール マケット 入選
2019 薩長土肥 現代の陶芸展
《黄孫窯 〒759-6301 山口県下関市豊浦町大字川棚3930》

 

10歳ほど年齢が違うお二人ですが、10代のころからの知り合いで

お二人とも青年期には萩の大御所、第12代三輪休雪さんのところで

共にお仕事をされており、これまでも何度も一緒に展示会をされております。

ちなみに出身大学も九州産業大学 芸術学部と同じです。

 

そのお二人が、大学時代に走り回った博多の中心地、

そして博多の中でも飲食店を中心に様々なお店が乱立し、

世代も様々な方が多く集まる「大名」にて展示会を行うというので

私もとても楽しみにしております( ´ω`)

 

 

会場のお店は、古い民家をうまく改装し、

これまでも様々な職種の方々が使用されてきた物件で、

現在のEDENというお店になってからもまだ日が浅いようです。

 

EDEN外観

見た感じはカフェのようで、おしゃれな人が集まる大名でも違和感なく

佇んでいる面白そうなお店です。現在は定期的な店舗運営はされてないようですが

飲食店やイベントスペースとしてこれから仕上げていくようなことを

お聞きしました。

 

 

お二人の陶芸観や陶芸作品のスタイルは、

私から見ていますと正反対のように以前は感じていたのですが、

近年はお互いに歩み寄っているような感じがしております。

 

中島さんの作品から森野さんのにおいがしたり

森野さんの作品から中島さんの色を感じたりといった感じで

40年以上の付き合いでお互いを知り尽くし認め合っている仲とはいえ

相容れなかった部分が良い意味で徐々に混ざり合ってきているのかな

と私は感じております。

 

 

初日の11月1日の19時からは、ゲストに画家の廣末勝己さん

進行に花田宏毅さんを交え、「土」というテーマで

座談会も行われる予定です。(予約不要 ※要1ドリンクの注文)

 

その他にも初日に懇親会(要予約 参加費2000円)や

最終日には中島さん還暦、森野さん古希をお祝いする

パーティー(要予約 参加費2000円)も開かれる予定です。

 

イベントの詳しい内容は、この展覧会の

>>特設Facebookページ<<

をご覧ください。

そちらからイベントへの参加予約も可能だと思います。

 

 特設FacebookページにアクセスできるQRコードです、

携帯・スマホのQRコードリーダーで読み取って下さい。

 

 

 

中島さんは会期中はほぼ在廊されるとのこと、

また森野さんは11月1日~3日、9日~10日は確実に在廊とのことです。

 

 

下関からは少し遠いですが、

この期間に博多に行かれるようでしたら

足を運んでみられて下さい。

 

 

それでは、また( ´ω`)ノ

 


10/26(土) ☆かなたに園出張JAZZ喫茶☆『幕末太陽傳』 《下関名画座》 at シーモールシアター 

 

 

日時:10月26日(土) 10:30~ / 13:30~ / 15:30~ / 19:30~

★上映時間110分

 

場所:シーモールシアター(シーモール下関2階)

チケット:1100円(前売り・当日ともに。3時間無料駐車券も配布)

当日はシーモールシアター(下関名画座)受付でのチケット販売になりますので

直接シアターにお越し頂いて大丈夫です!

問合せ:山中プロダクション tel 090-8247-4407

 

 

今日は不安定なお天気の一日でございましたね

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は、明日10月26日の土曜日にシーモール下関2階にある

“シーモールシアター”で開催されます、

 

『下関名画座』

(山中プロダクション)

の第5回上映会に、引き続き私どもかなたに園も

特製ドリンクの出張販売で

ご協力させていただくことになりましたので

そのご案内でございます!

 

 

実は前回の「死刑台のエレベーター」の回が

ジャズ界の大御所であるマイルス・デイビスと

深い繋がりがある映画でしたので、

 

ジャズが大好きな私が急遽ジャズLPとプレイヤーを持ち込み、

お客様に当時のレコードでジャズミュージックを楽しんでもらったのですが

それがなかなかに好評でしたので、

 

 

今回から下関名画座と共に、

月イチ出張JAZZ喫茶”カナタニ園”として

参加させていただこうと思っております!( ´ω`)ノ

 

是非懐かしいジャズの音色も、映画とともに楽しんでいっていただけたらと

思っております。

 

さて今回の名画座は、日本映画の至宝ともいわれる

「幕末太陽傳 」

デジタルリマスター版

浮世の風にうつつを抜かし女追うのも御時世ならば国を憂うもまた時世。

乱世の幕末に躍り出たチョンマゲ太陽族の艶笑秘聞。

 

フランキー堺主演。石原裕次郎が高杉晋作役!

若くして夭折した川島雄三監督代表作

日活オールスターキャスト!

 

 

キャスト

フランキー堺 石原裕次郎 南田洋子 左幸子 芦川いづみ 金子信雄
山岡久乃 菅井きん 小沢正一 小林旭 岡田真澄 他

 

 

<解説>

1944年に松竹でデビューしてから20年間に風俗喜劇やメロドラマなど

合計50本の作品をつくり、45歳の若さで急死した川島雄三監督の代表作。

江戸古典落語の《居残り佐平次》その他の「廓もの」を素材に、

時代を文久2年(1862)に設定して、勤皇と佐幕にわかれて揺れ動く武士の世界を

町人の世界にからませた物語。町人が武士階級に対する理想像としてつくりあげた

架空の人物である佐平次(フランキー堺)と、歴史上の勤皇の志士で当時の〈太陽族〉

でもあった高杉晋作(石原裕次郎)の、動乱の時代における生きざまに託して

「現代」を描いた傑作。

 

————————————————————————————————

あらすじ~

文久年(1862年)の江戸に隣接する品川宿。お大尽を装って遊郭旅籠の 相模屋で

豪遊した佐平次は、金がないのを若衆に打ち明けると居残りと 称して長居を決め込み、

下働きから女郎衆や遊郭に出入りする人々のトラブル解決に至るまで八面六臂の活躍をし、

果てはこの旅籠に逗留する 攘夷派の志士たちとも渡り合う。

みんなから慕われ頼られるようになっ た佐平次は徐々に体調を悪くするも、

「首が飛んでも動いてみせまさぁ」と豪語するのだった。

————————————————————————————————-

 

 

この映画が公開されたのは1957年です、

 

1957年(昭和32年)の大きな出来事といえば

・岸信介内閣が成立

・五千円紙幣(聖徳太子の肖像)、百円硬貨発行発行

・国産ロケット1号機「カッパー4C型」の打ち上げ成功

・日本コカ・コーラ設立

・諫早豪雨(死者856名)

・日本最初の原子炉JRR-1が臨界に達する

 

ちょっと今年2019年と被った点が散見されますよね、、

 

ちなみにですがこの年の邦画興行収入ランキングは

 

1位 明治天皇と日露大戦争

2位 喜びも悲しみも幾歳月

3位 水戸黄門

4位 嵐を呼ぶ男

5位 任侠東海道

6位 大忠臣蔵

7位 錆びたナイフ

8位 夜の牙

9位 挽歌

10位 大当り三色娘

となっており、残念ながら幕末太陽傳は入っていないのですが、

明治天皇の映画が1位となっており、

これまた今年の日本と照らし合わせて

う~む、、、と考えさせられるものとなっております。

 

 

まぁそれはさておきまして、

今月もかなたに園はお茶屋ならではの新感覚ドリンクを

こんなお茶の楽しみ方もあったのかという驚きと共にご提供致します!

 

 

10月も後半となり、涼しくなって参りましたので

ホットドリンクの新メニューを

2つ!

増やしてご提供させていただこうと思っております!

そちらもどうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

喫茶スペースも映画館受付すぐ横に今回確保しておりますので

どうぞお近くまで来られた際は足をお運びいただけたら幸いです( ´ω`)

ドリンクのみでも大丈夫です。

 

基本的に映画館内にもお飲み物は持ち込めますので

ロビーでも館内でも楽しんでいただけたらと思っております。

 

それでは皆様のお越しをお待ちしております!

それでは、また( ´ω`)ノ


《期間限定!》 八女星野村産抹茶使用 濃厚『 抹茶ソフトクッキー』明日10月23日より販売開始!

 

 

新天皇陛下の即位礼正殿の儀

謹んでお喜び申し上げます<(_ _)>

 

 

そんな祝日の火曜日、下関は晴天に恵まれておりますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

さて本日は、、、

 

 

大変お待たせ致しました!

 

大人気!期間限定、奥八女星野村産抹茶使用

濃厚星野『抹茶ソフトクッキー

明日23日より店頭販売開始させていただきます!

 

濃厚でしっとりとした抹茶ショコラクッキーを

優しい甘さのホワイトチョコでコーティングし、

さらにその上に金粉を落とした高級感もたっぷりの仕様。

 

抹茶菓子ファンにはたまらない

濃厚な奥八女・星野抹茶の香味が生きた一品です!

 

原材料:準チョコレート、マーガリン、ローストフラワー、

砂糖、脱脂粉乳、コーンスターチ、抹茶(福岡県産)、

金箔、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、

着色料(カロテン)、(原材料の一部に大豆含む)

 

※抹茶は石臼挽きの純粋なものしか使用しておりません。

着色料(カロテン)はマーガリンに含まれているものです。

香料はチョコレートに含まれているものです。

 

賞味期限:約45日

販売期間:10月中旬~4月

 

 

箱入り 12個入り 972円(税込)

 

お友達とのティータイムのお供に、

疲れてほっと一息つきたい時に、、

頑張った自分へのご褒美に、、、

季節の挨拶などの手土産などにも、大変ご好評いただいております!

 

毎年大変人気の商品で、入荷後すぐに売り切れることも多々あります。

確実にご入用の場合は一度当店にご連絡の上、

ご来店いただけますことをおすすめ致します。

 

もちろん《 地方発送 》も承っております、

 

電話083-224-0974 かなたに園まで

お気軽にお問合せ下さい。

メールでのお問合せは↓

kanatanien@navy.plala.or.jp まで

 

それでは、また( ´ω`) ノ


《季節限定》” 秋の口切り新茶” ご紹介

 

本日より税制が8%→10%と変わりまして、

様々な業種の店舗さんがレジの交換や値札の交換、

その他諸々の手続きなどでてんてこ舞いになった数日間だったと思います。

 

当店は基本食品を扱うお店で、ほとんどの商品は軽減税率適用で8%据え置き

なのですが、一部商品で10%となるものもありますので

ここ数日はやはりバタバタと準備しておりました。

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は久しぶりにお茶のご紹介です!

お茶屋なのにこのところライブや別のイベントの情報が多くなっていて

すいません(;´ω`)

 

 

さて、今年もこの時期がやって参りました、

秋のこの時期にだけ販売致します季節限定茶!

「秋の口切り新茶」

のご紹介です!

 

 

4月から5月初めに摘まれた八女新茶を

すぐに零下30℃の冷凍倉庫で真空保存し、

この秋に口切り致しました。

 

 

このお茶は高度に鮮度を保ったまま仕上げたお茶で、

優良品種さえみどり、つゆひかり、おくゆたかなどを使用し、

新茶の爽快な香気成熟された旨みを兼ね備えた上質なお茶に

仕上がっております。

 

二煎目まで香味良く美味しい、この時期だけのとっておきの限定茶です!

 

 

現在、一般的に新茶の季節といえば、5月初めの頃ですが、

その昔、新茶といえば秋だったということが伝わっております。

 

——————————————————————

茶の湯の世界は11月初旬、

現在の暦での立冬(およそ7・8日ごろ)をもって

新しい年のはじめとします。

 

この日を迎えて茶室の「」をひらき、

春に摘んだ新茶を葉茶の形で茶壷にたくわえたものを

壷の口封を切って使いはじめます。

 

「口切」の時節というのがこれでして

新茶の使いはじめのこの時期を茶の湯の世界での正月とし、

茶の庭の垣や樋の青竹を新しくしたり、

茶室の畳を改め、障子を張替えるなどのことが行われます。

(「茶の湯こころと美」様記載より引用)

——————————————————————–

 

4月終わりから5月初旬につまれた茶葉は壺に入れられ

夏の間に低温貯蔵されることで風味をまし、

新茶特有の青臭さが抜け、まろやかかつコクのある茶葉になります。

これを後熟(こうじゅく)といいまして、

新芽のお茶を熟成させることで、後に生まれ変わり、

その年の「新茶」とされたそうです。

 

また、熟成茶は江戸時代に徳川家康も飲んでいたそうです。

家康は新茶の時期に摘み取った茶葉を茶壺に入れ、

涼しい蔵で保存していました。

新茶の香りや味わいが秋になるまで置くと一層深まることを知っていたようです。

 

 

 

100g 缶入り 1,620円(税込)

 

100g 袋入り 1,566円(税込)

 

 

 

 

 

10月に入りまして、少し暑さもやわらぐと共に、

日中との寒暖差で体調を崩される方も多くなります。

 

緑茶を飲むことは毎日を健康に過ごす為の一助となりますし、

暖かいお茶を飲むと気持ちも落ち着かせ、

ほっこりとした気分にさせてくれます。

 

是非、このお茶を飲んだことがないお客様は

この機会に、この秋の口切り新茶をご賞味いただけたらと思います。

 

それでは、また( ´ω`) ノシ