色々なことを徒然なるままに…

投稿者アーカイブ

12/2(土)~3(日) 川棚 黄孫窯 『カワッタナ展』に出店致します!!

 

ついに師走に突入致しましたが、寒くなりましたね~

こんばんは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

明日12月2日土曜日から3日の日曜日の2日間、

下関市豊浦町川棚の窯元「黄孫窯」で開催されます、

 

黄孫窯 『カワッタナ展2017』

 

かなたに園が日本茶販売で出店させていただきます!

 

日時:12月2日(土)~3日(日) 10:00~18:00

場所:黄孫窯 (下関市豊浦町大字川棚3930)

お問合せ:tel 083-774-2468 黄孫窯・森野

※駐車場あり

JR山陰本線「川棚温泉駅」から徒歩10~15分

 

会場の黄孫窯・森野先生のご自宅は、

国道191号線から1本海側に入った旧街道沿いにあります。

 

途中、立て看板などを設置しておりますので、

下関旧市街側からですと、川棚のナフコを過ぎたあたりから左側を注視していて下さい。

会場への脇道の入口に設置しております。

 

萩・長門方面からですと、イタリア料理のアラドモ小串店響高校を過ぎたあたりから

左側を注視していて下さい。

右折してほしいT字交差点に立て看板を設置しております。

 

 

 

 

 

カワッタナ展とは、

川棚の『黄孫窯』森野清和先生・モリノエツコ先生ご夫妻の作品や

森野先生の妹さんでアクセサリーデザイナーの森野世津代さん

さらに森野先生の元弟子で、現在長門市の俵山温泉に

俵山無名塾」という窯をひらいておられる

作花靖之さんの作品が並ぶ、展示販売会となっております。

 

この『黄孫窯』の主、森野清和先生は、ご自身が使われる粘土を自ら採取し、

その土が持つ特性や個性をそのまま作品に投影した作風や

時代に合わせた柔軟性かつ斬新な作風で

全国に多くのコアなファンがいるだけでなく、

他の萩焼陶芸家の方々からも一目を置かれているお人です。

 

 

私も実際に仕事場や、様々な場面でご一緒しておりますと、

単に「陶芸家」「作陶家」という枠ではとてもじゃないが収まりきらない、

知識・技術・見識・センスを備えた

総合的な「芸術家」であるということをひしひしと感じます。

 

もし皆さんがこの展示販売会に来られて、

森野先生の陶芸作品を見られても、

そこが主体とはなっておりますが

森野清和という「芸術家」のとある一面に過ぎません。

 

その辺は是非実際に森野先生の作品を見て、ご本人とお話しして

感じていただけたらと思っております( ´ω`)

 

 

 

そして森野先生の奥様である森野悦子先生の作品は

女性らしい優しく温かみのあるラインや色使いで、

どこかホッとさせてくれる作風でございます。

 

 

上の写真にあるハート型カップは特に人気が高く、

悦子先生の代名詞ともなっている作品です( ´ω`) b

 

 

 

そして温泉が名高い”俵山”から参戦の作花靖之さん、

作花さんの作品はとても現代的でシンプルな作品が多く、

そこに機能性を十分に考慮したデザインが持ち味です。

 

クセがなく使い勝手が良いものばかりで、男女問わず人気が高いですね。

 

 

色合いも白やグレーの釉薬を使ったものや、

土の色味そのままの無釉部分があるなどスッキリとした作品が多いですが

たまに形が独特で個性的なものがあったりと、見ていてとても面白いです。

作花さん自身も面白い人ですよ( ´ω`) b

 

 

 

そしてそして森野清和先生の妹さんで、アクセサリーデザイナーの

森野世津代さんもさすが清和先生の妹さんという

個性的なアクセサリーを作っておられる方。

 

 

一時ご病気のせいで手足がうまく機能させることが出来ず、

アクセサリー作りを断念していた時期もあったようですが

 

現在は以前ほどではありませんが、ゆっくりと自分のペースで作品作りを

行っておられるようです。

 

最近はネックレスやブレスレットなどの作品が多いようですが、

上の画像のように、かなり個性的な指輪なども作られます。

 

 

 

 

この年に1回の展示販売会では森野先生のご自宅内とお庭で行われておりまして、

お庭のほうにはとてもリーズナブルな作品も並びますので、

 

「え?作家ものの陶器?お高いんでしょ~?」という方も

安心・納得して購入できるものも多数取り揃えております( ´ω`)

 

 

是非お時間ありましたら、気軽に足を運んでみられて下さい!

 

私も季節限定商品を主体に、抹茶チョコ「北斗七星」や

濃厚抹茶ソフトクッキー、使い勝手最高な「玄」急須なども

販売させていただこうと思っております!

 

また、ご来場の際はお好みのお茶を選んでいただきおもてなしができるよう

させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

明日も寒くなりそうですが、会場内はしっかり暖かくして

皆様をお待ちしております。

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 

広告

侘び助’s GAKUSABOU LIVE 後記

 

今週はこの時期としては高めの気温で

過ごしやすい週となっておりますね

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

本日は先日26日に開催致しました、

侘び助’s 朗読劇 GAKUSABOU LIVEのもようを

お伝えしていきます。

 

この度も貴重なお休みの日曜日に、

当店、当ライブに足を運んでいただいた

お客様、誠に有難うございました!

 

朗読劇という下関では普段なかなか見聞きすることがない劇なのですが

多くのお客様が興味をもっておいでいただけましたこと

誠に有難く思っております( ´ω`)

 

 

さて、それでは参りましょう、

まずは、いつもの前座パートのGreenTeasです

 

 

今回はギタリストのシンゴさんも復帰しまして、

3ギター、2ボーカルのカルテット演奏で、

超有名曲に初被露のオリジナル曲も含め演奏させていただきました。

 

このライブ前にはギターのシンゴさんとコウムラさんには各々のお仕事の終わった後に

わざわざお店に来ていただき、みっちり練習を重ねてまいりまして

その成果が出せたステージになったのではと思います。

 

ライブ後、お客様にGreenTeasの演奏についても

お褒めのお言葉をいただいたりなどして、本当に励みになる思いです!

 

 

GreenTeasの次は、最近門司港のほうで行われていた「門司港バル」という

ミュージシャンが門司港の様々なお店で、流しのミュージシャンのように

投げ銭ライブを行うというイベントにも出演していた

Tokikawaさんの登場です!

 

Tokikawaさんはお得意のシャンソン調での、童謡を一曲、

そして、定年退職後に始められたピアノを演奏しながら

もう一曲歌っていただきました。

 

特にピアノの弾き語りでは、ジョークを交えながら、

お客様との和やかなムードでの演奏で、

こちらもほっこりしてしまいました( ´ω`)

 

Tokikawaさん渋い大人の歌声を有難うございました!

 

 

そして、ティータイムを挟みまして、

侘び助さん達の登場です。

 

まずは、侘び助の劇内では音響担当、

ソロではシンガーソングライターとして活躍する、上田たけしさんの

ミニライブから

 

 

ほっこり系でハートフルな歌声と選曲がこれまで多かった上田さん、

今回はこれまでになくメッセージ性の強い曲を歌っておりましたし、

敬愛する細野晴臣さんの曲などもご披露いただきました!

 

上田さん有難うございました!

 

そして今回スペシャルゲストで参加いただいた

手話もされる石倉留実さんと上田さんでの手話つきの曲も被露、

 

東日本大震災の応援ソングとして作られた「花は咲く」などでも

手話を用いて表現されることが多く、最近はしばしば見られる機会が

多くなった手話つきの歌、

石倉さんは手話を用いて、様々な福祉活動などにも

積極的に参加されておられるようです。

 

会場の皆様にも一緒に歌を唄っていただき、

温かい空気が出来上がったところで、

本編の「朗読劇」の始まりです。

 

 

劇の構成は演者の萬田陽子さんと石倉留実さんの掛け合いでの

物語の進行、そしてそこに上田たけしさんがピアノやギターを用いて

絶妙な音響をいれるという構成です。

 

 

今回の演目は、ちょっと笑える創作民話の「うどん」、

そして宮沢賢治の「ざしき童子(ぼっこ)のはなし」と「祭の晩」を

お送り致しました。

 

 

 

今回の朗読劇はお二人で全ての役を演じきるのですが、

お二人の朗読力といいますか演技力がもの凄く、

情景やその演じている役の人間像やキャラなどが

こと細かく感じ取れるようでした。

 

二人の読み手と音響役一人で、

見事に宮沢賢治の世界観をみせてくれる侘び助さんには

毎年驚かされます!

 

萬田さんの安定感ある語りに、石倉さんの躍動感ある語り、

上田さんの情景にぴったり寄り添うような生音の音響効果、

 

晩秋から冬に向かってのこの時期には嬉しい、

人肌温かい朗読劇をしていただき、

侘び助のお二人、石倉留実さん、本当に有難うございました!!

 

侘び助さんは福岡県、北九州を拠点に朗読会や朗読劇などの

ライブ活動をされておりますので、

気になられた方は、是非一度見に行かれてみて下さい。

 

侘び助さんの最新情報はこちら ↓ をご覧になられるといいかと思います

侘び助Facebookページ

 

 

今回のライブで、今年のGAKUSABOU LIVEも終了となりました。

 

また、来年も質の高いアーティストのライブを皆様に気軽に見ていただく為

我々も努力して参ります、どうぞ来年度も宜しくお願い致します!

 

 

それでは最後に恒例のやつでお別れです。

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


本日!11/26(日) 侘び助’s GAKUSABOU LIVE 朗読劇&ライブ

 

曇り空ですが、幾分気温の高い日曜日の朝でございますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日26日の14時から

侘び助’s GAKUSABOU LIVE

を開催致します!

 

日時:11月26日(日) 13:30~Open   14:00~Start

場所:かなたに園内カフェGAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンク付)

お問合せ:Tel 083-224-0974 かなたに園まで

 

 

侘び助さん達による朗読劇、上田たけしさんのミニライブ

GreenTeasの前座ライブもございます!

 

 

今年の朗読劇は宮沢賢治の「祭の晩」を予定しております。

また、ちょっと笑える創作民話の「うどん」も上演予定です。

 

2015年「第三回 久留島武彦顕彰 全国語りべ大会」最優秀賞・久留島賞受賞を受賞された

萬田陽子さん

もいらっしゃいます。

 

本日も下関の各地でイベントが行われていると思われますが、

お時間ありましたら、どうぞ足をお運び下さい。

 

お待ちしております( ´ω`) ノ


11/26(日) 侘び助’s GAKUSABOU LIVE 告知!

 

さて、本日2発目は今週末日曜日に当店で開催される

「侘び助’s GAKUSABOU LIVE」

の告知でございます!

 

今月はかなたに園GAKUSABOUもフル回転でございます(;´Д`)

 

毎年恒例の侘び助さん達の朗読劇を楽しみにされている方が多いのではないでしょうか、

今年は宮沢賢治の「祭の晩」を演目に予定しております。

 

———————————————————————————————–

侘び助とは?

ジャンルにこだわらず、メンバーを固定せず、表現の可能性を追求していく集団で、

語り・即興音楽・舞踏のコラボレーションライヴを展開中。

———————————————————————————————–

 

賢治の「祭の晩」という作品は、賢治が生前には未発表だった作品で、

弱い立場にいる者に対する優しさや、正直であることの尊さなど、

賢治が理想とする姿が描かれた作品です。

 

 

今年は侘び助のお二人(上田たけしさん、萬田陽子さん)と共に、

朗読をしながら、手話も同時にされる

石倉留実さんをゲスト演者としてお招きしてお送り致します!

 

 

そして侘び助の主要メンバーの一人、萬田陽子さんは

2015年「第三回 久留島武彦顕彰 全国語りべ大会」最優秀賞・久留島賞受賞を受賞された

語りのプロ中のプロです( ´ω`) b

 

そして、劇中の効果音担当なのが、

侘び助主要メンバーでシンガーソングライターの

上田たけしさん!

 

上田さんには、ソロミニライブも行ってもらおうと思っておりますので、

そちらもどうぞお楽しみに!

 

どんどんと冬に向かい寒くなってきておりますので、

ほっと心が暖かくなる宮沢賢治の朗読劇と

 

優しい歌声とそのほっこりキャラで心温まるライブを展開する

上田たけしさんのライブで、疲れを癒しにいらして下さい( ´ω`)

 

前座は当店店主バンドのGreenTeasが務めさせてただきます!

 

日時:11月26日(日) 13:30~Open   14:00~Start

場所:かなたに園内カフェGAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンク付)

お問合せ:Tel 083-224-0974 かなたに園まで

 

 

それではお待ちしております!( ´ω`) ノシ

 


打田十紀夫’s GAKUSABOU LIVE 後記

最近は例年より寒い日が続いておりましたが

今日のように日差しがありますと体感温度も上がって助かりますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は先日の日曜日に開催致しました、

ギタリストの打田十紀夫さんのライブのもようをお届けしていこうと思います。

 

今回GAKUSABOU LIVEに初登場となった打田十紀夫さん、

フィンガーピッキングスタイルのギタリストとして日本でもトップクラスの名手!

 

 

ですのでファンも全国各地にいらっしゃいまして、

打田さんファンで当店に初めて来られたというお客様も多くいらっしゃいました。

 

この度もお天気は良かったのですが、とても気温の低い中、

当店のライブに足を運んでいただいたお客様、

誠に有難うございました!

 

 

今回はたっぷりと打田さんのライブを楽しんでいただこうと、

前座は設けず、

前半・後半と分けてお送りさせていただきました。

 

打田さんのライブ演奏の大きな特徴は、

曲によって3本のギターを使い分けていることです、

 

もちろん他のアーティストさんでもライブ中ギターを変えることは普通にあるのですが、

それはかなり大きな会場での大規模ライブの中でなどのことで

 

小規模ライブハウスなどでのライブで打田さんのように1曲1曲変える方は

珍しいと思われます。

 

さすがプロ中のプロのギタリストだ、と感心しておりましたら

時には4本のギターを用意され、用いることもあるようです。

 

しかもそれを打田さんお一人で持って運ばれるというからまた凄い!

打田さんは長く東京暮らしだったので車の免許をもっておらず、

ライブの移動では徒歩で電車などを使って

ギターを最低でも3本担ぎ、大き目のスーツケースを持ち、移動されるそうです。

凄すぎますね!

 

打田さん自身はもう慣れたもので重さなどは苦にならないと仰られておりましたが、

最近はその一人でギターを3~4本担いで移動する姿をジロジロ見られるのが

恥ずかしく苦行であると仰っておりました( ´∀`)

 

 

 

ファンの方はご存知だと思いますが、

打田さんはジャイアント馬場さんの信者で、

中高生の頃はプロレスラーになるために柔道を学び、

大学生になるまでギターのギの字も知らなかったという不思議な経歴の方、

 

また馬場さんのモノマネも激似で、プロレスの歴史や裏話にも詳しく、

プロレス愛も半端無い方です。

 

普通打田さんレベルの方となると、幼少の頃よりギターを学び、

小中学生の頃には神童とよばれ・・・というパターンのほうが多い気がしますが・・・。

 

と、まぁ本当に凄い方なのですが、優しいお人柄やギターの音色だけでなく、

そういった別の面やとても面白いトークに熱心なファンの方々は魅了されている

のではと感じます。

 

 

モーリスの打田さんモデル!

 

古いアメリカンブルースやカントリーやブルーグラス、

さらに日本の民謡や童歌などもレパートリーに含み、

美しく超絶技巧のフィンガーピッキングで見ているものを

どんどん引き込んでいきます。

 

 

レアなナショナルのリゾネーターギター、スライドにはこちら!

 

打田さんは数多くのギター教習本を執筆されておりますので、

当然ギターや用いられる道具、歴史にも詳しいですし、

色々なギターに関しての説明もとても分かりやすく、

ギターに詳しくない人でも聞きやすいです( ´ω`)

 

 

 

ギブソンの12弦ギター、ヴィンテージですね、風合い艶が凄い!

 

演奏は難しい12弦ギター。

12弦ギターのもつ独特な音の広がりが、

打田さんの指によりさらに壮大な広がりを感じさせてもらえました。

 

 

今回のライブでギターのテクニックは勿論なのですが、

曲への理解や用いる道具の選択などがいかに大事かということも

しみじみと学び、感じさせていただきました。

 

心地良いハートウォーミングな演奏、

同じ曲で違うチューニングで演奏するとどうなるかや細かなテクニック紹介、

さすが先生の講演のように軽快なトークで

打田さんにたっぷり2時間近くライブを行っていただきました!

 

打田さんこれからもツアーは続くと思いますが、

お身体壊さないように気をつけて頑張って下さい!

 

また下関に寄られる際は宜しくお願い致します!!

 

 

最後はいつものですが、やはり今回はちょっとブルースっぽく

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


明日!11/19(日) 14:00~Start 打田十紀夫’s GAKUSABOU LIVE 開催!

 

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

ついに、明日11月19日(日曜日)の午後2時から、

ギタリスト「打田十紀夫」さんを招いての

GAKUSABOU LIVE開催致します!

 

会場は下関市汐入町のお茶屋の「かなたに園」内にあるカフェGAKUSABOUにて、

午後1時30分より入場できますので、

良いお席でご鑑賞されたいお客様はお早めにお越し下さいませ。

 

大変申し訳ありませんが、当店は専用駐車場がございません、

初めてご来場の方でお車でお越しの方は

当店までお電話いただければ駐車のお手伝いをさせていただきます。

かなたに園 TEL 083-224-0974 まで

 

ギタリスト打田十紀夫さんの詳細を書いている

こちら

の記事も合わせてご覧下さい( ´ω`) b

 

 

アコースティックギターの音色を愛する方、

また、プレイヤーの方々にも強くお勧め致します、

 

日本を代表するフィンガーピッキングスタイルのギタリストの音・技

その目で、耳で、お楽しみ下さい。

 


それでは、お待ちしております( ´ω`) ノ

 

 


・・・Secret Live 2017

 

11月11日は近年、1が並ぶ姿から「ポッキーの日」として有名ですが、

他にも楽器の「ベースの日」や、「鏡の日」、「エスペラント語の日」でもあると

さきほど知人から教えて頂きました

こんにちは、、いや、こんばんは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

昨日金曜日に毎年恒例のシークレットライブと言う名の私的発表会、

アルトサキソニスト、Takakoさんによる

「TAKAKOの聞いてもらっていい会?2017」

が開催されました。

 

 

 

このシークレットライブは、主催者のTakakoさんがご自分のアルトサックスの

一年の成果を、ご友人を招いて被露されている私的ライブでありまして、

 

長年親交のあるご友人や、音楽仲間の方々など多数集まり

とてもアットホームな雰囲気の中で行われます( ´ω`)

 

 

 

毎年来場してくれるご友人のため、

1年を通して修得した10曲以上の曲を被露

 

 

 

ご友人の方々もそんなTakakoさんの演奏に集中して耳をかたむけ、

時には皆さんで曲を口ずさみながら楽しみます

 

 

 

毎年恒例のこの発表会を楽しみにしているご友人の中には

なんと神奈川県からこの為に帰郷される方もいるほど

本当に素敵なご友人に囲まれていらっしゃると感じますが、

 

それもやはり齢関係なく自分の興味のあるものには

積極的に挑戦し続けているTakakoさんの姿勢に共感するからだと思われます。

 

 

 

毎年確実に、そして着実に、、

 

サックスの技術、実力を伸ばしてきていることを

そこから鳴らされる音から感じることができます。

 

 

前半部が終わると、

今年もご友人のゲストアーティストの方々の登場です

 

 

 

伸びやかのある美声を被露してただきましたのが、Ryokoさん!

難しく声量のいる洋楽を難なくこなし、会場のお客様を魅了してただけました

Ryokoさん有難うございました!

 

 

そして二組目は、

 

 

吉田拓郎をこよなく愛し、老人ホームでの慰問演奏などにも精力的に参加、

下関の弾き語り系ライブハウスの常連、Ryuseiさん!

 

今回はトリオで、やはり敬愛する拓郎さんの歌と、

オリジナル曲を披露!

 

 

力強いボーカルに、安定したベースと泣きのギターで

会場の雰囲気を良い意味一変させてくれました、

Ryuseiさん、バンドの皆さん、有難うございました!

 

 

さて、後半部

Takakoさんの演奏に盟友のピアニストTakaoさんと

ドラマーのMatsuzakiさんが加わり、

見ごたえ聴き応えあるライブに展開!

 

 

後半は邦楽の名曲を数多く選曲し、

お客様の合唱や手拍子に合わせ気持ちよく演奏されておりました~( ´ω`)

 

毎年恒例のイベントですが、

演奏するほうも、お客様のほうも実に楽しくこのひと時を過ごされている様子に

私たちかなたに園スタッフも顔がほころびます、

 

 

また、お客様同士でもこのイベントで一年ぶりに会うかたも多いようで、

このイベントが同窓会になっているよう、

これも素敵なことです。

 

 

今年も多くのお客様に足を運んでいただき誠に有難うございました!

 

 

Takakoさんも来年のライブに向けて既に走り出していることと思われます、

 

来年も素敵なご友人の皆様に素敵な音楽を届けるために

これまで以上に練習に励まれることでしょう、

 

また来年も是非このイベントにお越し下さい。

お待ちしております!

 

 

かなたに園cafe GAKUSABOUでは、このような個人的なライブやその他催し事での使用も可能です。

アルコールはございませんが、オリジナルドリンク類などをご用意致しております。

ご興味がある方は、お気軽にご相談下さい。

 

お問合せは、

お電話 083-224-0974もしくは、

メール kanatanien@navy.plala.or.jpまでお気軽にどうぞ。

 

 

それでは最後に恒例のこちらでお別れです、

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ