色々なことを徒然なるままに…

アイリッシュギター” タグの投稿

“謡楽舎” 天満俊秀&天満智恵子 GAKUSABOU LIVE 2018 後記

 

昨日と比べますと少し肌寒い月曜日でございます、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて、本日は昨日11月25日に開催されました、

“謡楽舎”-天満俊秀さん天満智恵子さんによる

GAKUSABOU LIVEのもようをお送り致します!

 

 

今年の天満さんのライブにも常連のお客様や初めてのお客様を含め

とても多くののお客様が足を運んで下さり、

かなたに園並びに演者さん一同大変感謝致しております。

誠に有難うございました!

 

 

それではライブのもようをお送りしていきましょう。

 

 

前座はもちろん当店店主バンド”GreenTeas”が務めさせていただきました。

 

 

今回はギタリストのShingoさんも参加していただき、

安定のトリオ編成での演奏でした。

 

今回演奏した曲は難易度の高い曲を選んでおりましたので、

最近風邪気味で喉の調子が悪かった店主二人は大丈夫だろうかと

私は心配しておりましたが、どうにかお客様に聞き苦しくないほどの

演奏は出来ていたと思います( ´ω`) b

 

そしてギターのShingoさんの存在がやはり大きいなと感じました。

店主英樹にもしっかりアドバイスできて共に作り上げることができる人の

存在は大きいです、Shingoさんいつも有難うございます!

 

 

前座が終わり、ティータイムを挟みまして

メインのお二人の登場です。

 

 

 

当店でのライブは今年で6回目!で

有難いことにほぼ毎年当店で演奏をしていただいております。

 

天満さんは4年前くらいにお爺様の実家の宮崎で農業を始められ、

更に一昨年より農家体験が出来て、さらに天満さんご夫婦の演奏も聞ける

農家民宿「謡楽舎」も開業されております!

 

最初の頃は天満さんのアイリッシュギター、ブリティッシュブルースギターのソロ演奏ライブ

でしたが、その後、奥様智恵子さんのフィドルとのデュオでの演奏となりました。

 

更に、ここ最近は日本民謡の曲を三味線と胡弓を用いての演奏などもプラス、

アイリッシュやブリティッシュミュージックと日本の民謡も奏でる”謡楽舎”として

そしてソロとしての活動も共に続けられております。

 

 

 

曲の合間のトークはさすが元大阪人といった感じで

話がとても上手で、途切れない途切れない。(笑)

 

演奏の主体となるアイルランドのことはもちろん、

曲の解説もしっかり話してくれますが、

本業の農業のお話になるとこれがまた止まりません、

 

宮崎県の農業の実態から作物のお話し、

そして農業機械の話しまでこの一年での出来事を

しっかりとお話ししていただきました!(笑)

 

 

 

 

そして演奏となると、息のあった夫婦デュオ演奏を

しっかりと聞かせてくれます。

 

 

 

毎年書いておりますが、

特に曲の出だしの入りの部分の天満さんの指先への集中力が凄いのです、

 

その緊張感は会場の皆さんにも伝わり、

一瞬張りつめた空気に変えるのですが

 

その後に続く美しく優しいアイリッシュやスコティッシュミュージックの旋律

との対比で結果とても心地良くなるのです。

まさに緊張と緩和ですね。

 

 

 

そして智恵子さんのフィドルも幅の広い美しい音色でギターに呼応します。

 

 

アイルランドやスコットランド民謡は日本人でも聴き馴染みのあるものが多く、

聴くと郷愁に誘われたり、懐かしい気持ちや暖かい気持ち、

さらに神聖な印象を受けるものが多いです。

 

 

それはその国に根付く精神性、

神や自然への崇敬からくる美しさや気高さが

同じ島国で自然崇拝が根付く日本人の琴線にも

触れる音楽なのではないかと考えます。

 

 

 

 

アイリッシュ系ミュージックを演奏される日本人の方はなかなかおりません、

お二人の存在はとても貴重です。

 

本当に心地良い音楽に、多くのお客様が目を閉じて

アイルランドやスコットランドの風景を思い描きながら聴いて

いるようでしたね。

 

 

私もお二人の演奏を聴ける喜びを今年もじっくりと噛み締めながら

今年のライブも終了致しました( ´ω`)

 

また来年も聴けることを願っております、

謡楽舎 天満俊秀さん、智恵子さん今年も有難うございました!

 

 

天満さんのライブスケジュールや様々な情報が分かるオフィシャルサイトはこちら↓

Toshihide Temma official web

 

そして、天満農園や民宿「謡楽舎」の情報が分かるウェブサイトはこちら↓

謡楽舎web site

 

 

最後はいつものこれでお別れです、

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 

広告

3/27(日) 天満俊秀’s GAKUSABOU LIVE 告知

天満さんチラシ2016-1-ol

 

まだまだお寒い日が続いておりますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は来月の3月27日(日)に開催致します、

GAKUSABOU LIVEの告知をさせて頂きます!

 

二年ぶりにあのご夫妻が帰って参られます!

天満俊秀&天満智恵子DUO!!

 

IMGP2373-ss

 

天満さんはもともと大阪のほうで活動されていたアイリッシュギタリストで、

現在は宮崎県の高鍋町というところで農業をされている傍ら

音楽活動もされているかなり異色の経歴をもたれたミュージシャンです。

 

またアイリッシュへの歴史や造詣も深く、

アイルランド、イギリスの歴史、文化、民族移動、宗教の変遷等のトピックスを

織り交ぜた演奏会にも定評があり、行政機関、教育委員会、人権委員会等からの

依頼によるコンサート・講義も多く行っていた方です。

 

天満さんのホームページにギタリストの打田十紀夫さんが天満さんをこう評しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

天満俊秀はケルティック音楽を演奏するだけでなく、その音楽の背景にあるケルト民族の歴史や

文化も真摯に学んでいる日本では数少ないソロ・ギタリストだ。

一方、地域社会の音楽活性化にも惜しみなくその能力を注ぐなど、

社会とのつながりを常に考えているところが素晴らしい。

彼は、ケルティック・フレーバーを持ったメロディアスなオリジナル曲や、

日本の隠れた名曲などのアレンジなども披露し、

美しく親しみやすいギターを聴かせてくれる。

彼の”誠実&明朗”さはギター演奏にも表れ、聴くものの心に安らぎを与えてくれる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

また今回のライブでは、

今月2/1にリリースされた

天満夫妻の夫婦デュオである

「謡楽舎」

~yorakusya~

yorakusha1

1stアルバムを引っさげての登場となりますので

楽しみでしょうがありません!!

 

IMGP2383-ss

 

前回のライブの際も被露された俊秀さんの三味線と

奥様智恵子さんの胡弓でのプレイも収録されているとのこと!

ライブ時に販売も出来ると思いますので、

サイン入りが手に入るチャンスですぞ!

 

今回のライブでもアイリッシュギター、フィドル、三味線、胡弓と

和洋の楽器での演奏もご披露いただけるとのことですので

是非ともこの機会をお見逃し無く!お聞きのがしなく!!

 

日時:2016年 3月27日(日) 14:00~START (13:30OPEN)

場所:かなたに園内 喫茶GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:1,500円(1ドリンクつき)

お問合せ:tel⇒083-224-0974 

mail⇒ kanatanien@navy.plala.or.jp かなたに園まで。

 

天満さんの様々な情報満載のオフィシャルHPは⇒こちら

天満さんの農業風景も載っているブログは⇒こちら

 

それでは、また( ´ω`) ノ