色々なことを徒然なるままに…

ピアスペースのーてぃす” タグの投稿

侘び助’s GAKUSABOU LIVE 後記

 

本日はまさに台風一過というような晴れ模様でございます、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は昨日開催致しました、

「侘び助’s GAKUSABOU LIVE」のもようをお送り致します!

 

昨日は台風24号の影響でいまいちのお天気の中、

当店のライブに足を運んでいただいたお客様、

誠に、誠に有難うございました。゚(゚´Д`゚)゜。

 

下関はさほど台風の影響は無かったとはいえ、

雨や風はそこそこ強い中でしたので、

ご来場いただけるのかとても心配しておりました。

 

そのような中、とても多くのお客様に

ご来場頂けたこと、足を運んでいただいたこと

関係者一同、誠に感謝致しております!

 

 

それでは、ライブのもようをお送りしていきましょう!

 

 

前座はもちろん、当店店主バンドのグリーンティーズです。

今回はいつもいる筈のギターのシンゴさんが大事な用事でお休み

ということで、侘び助の上田たけしさんがサイドギターで参加!

 

 

いつものシンゴさんとは微妙に違う即席トリオでの演奏でございましたが、

上田さんはこれまでもよくグリーンティーズに参加いただいておりましたので

違和感もなく、見事にこなして頂けました。

 

グリーンティーズは今回もオリジナルとカバーを織り交ぜながら、

5曲ほど被露!

 

前回7月の終わりのGAKUSABOUライブが

台風12号によって中止になってしまいましたので

今回は店主英樹の気合の入れようも違うように感じましたね。

 

前座が終わりますと、小休止のティータイムを挟みまして

 

シンガーソングライター上田たけしさんのソロミニライブが始まりました!

 

 

上田さんのハイテンションでグルーヴ感ある一曲目に

お客様もヒートアップ!

 

想像以上の反応だったのか

上田さんが少しびっくりしているくらいでしたね!

 

 

 

やさしいながらも芯のある歌声と

心地良くノリのよいギターの音色でお客様の心を鷲掴みにされたようでした。

 

 

上田さんはオリジナル曲の間に昔ながらのゆっくりとした童謡なども挟み、

緩急をつけた選曲で会場を暖めていきます。

 

 

 

また、現代日本の惨状に切り込むような

メッセージ性のあるオリジナル曲なども数曲盛り込み、

シンガーソングライター上田たけしのステージは終了致しました。

 

 

 

そしてついに真打ちの登場でございます。

 

 

侘び助&森田玲子さんらによる、

古典落語話&笑える落語話のスタートです!

 

 

当店でのライブではこの侘び助のお二人(上田さん・萬田さん)と

ゲスト演者さん一人のトリオスタイルが多いです。

 

 

上田さんは演目の中の効果音&BGMを即興で担当。

今回はギターでしたが、演目によってはピアノなども使用し、

見事に演目に合った音色を奏でます。

 

 

2015年の語りべ全国大会(久留島武彦顕彰全国語りべコンクール)で優勝された

萬田陽子さん(左)と

 

若い頃に劇団に所属し、数多くの舞台演劇を経験してこられた

森田玲子さん(右)の掛け合いは、はっきりいって凄いの一言!

 

 

表情豊かな感情表現と、見事な声色を使いこなす森田さんは

その表現のうまさで観客の心を鷲掴み、

座っての演目なのに、上半身の表現だけで物語りに引きずり込みます。

 

 

 

さすが元劇団で数多くの舞台を経験してこられた方です。

 

語彙力のない私は簡単に「表現力」という言葉を使ってしまいますが、

森田さんの表現力は本当に半端ない!です。

 

2年前の「銀河鉄道の夜」の朗読劇ライブの時もそう思いましたが、

キャラのつけかたが絶妙で、数人の登場人物がいても分かりやすいのです。

 

 

そして相手役の萬田さんが森田さんをしっかりコントロールし、

見事な掛け合いで物語が進行していくのです。

 

 

こちらもさすが語りべ日本一、

安定感があって聞き取りやすい声で物語の進行役と

人物の役を切り替えながら演じきります。

 

 

 

特に落語話ですので独特な落語的言い回しやテンポが重要で、

そこが疎かになると聞いているものに違和感が残ります。

 

そういったことがないように、

そして観客の方々に分かりやすいように、

バランスを取る舵取り役を萬田さんが担っているように感じました。

 

 

今年もとてもおもしろく、心温まる歌と演目を楽しませていただきました、

侘び助のお二方、そして森田さん、この度も誠に有難うございました!

 

 

そして最後に侘び助さんのライブ情報を3つご紹介!

 

一つめは直近の10月7日日曜日に、

 

 

なんと大分県別府市にて、舞踏と朗読と即興音楽の

「小泉八雲の夕べ」

なるイベントを開催!

 

別府市のJR東別府駅すぐ近く

長覚寺

さんにて、17時より。

 

このイベントは2018年10/6(土)~11/25(日)

51日間に渡って別府市にて開催される

ベップ・アート・マンス2018

の参加プログラムの一つのようです。

 

舞踏で参加される表現集団 万華鏡の樹里さんは、

侘び助のお二人とも所縁が深いそうです。

また、同日のライブ前には樹里さんによるワークショップ(無料)が

開催されるようですのでそちらも合わせてチェックしておいて下さい。

 

このイベントが気になる方は >>こちら<< から

詳細、予約画面に飛べます。

 

 

 

 

そして次の週の10月13日の土曜日には

 

 

上田さんがギター伴奏で朗読劇に参加、

「耳でみる物語り」

 

こちらは福岡県遠賀郡岡垣町の情報プラザ人の駅3階クツロギエリアにて

開催されるようです。入場は無料。

 

 

3つめは来月11月18日に北九州市八幡西区のピアスペース のーてぃすさんで

行われるこちら、

 

 

侘び助ライブ

「言葉で語る 手で語る 朗読と手話と音楽」

 

会場ののーてぃすさんはおしゃれな古民家風ギャラリーカフェ、

ここが侘び助さんのホームグラウンドのようなお店で、

奇数月の第3日曜日に侘び助さん達のライブが行われております。

 

昨年GAKUSABOUライブにも来ていただいた

手話もできる石倉留実さんとご一緒みたいですね!

 

こちらもどうぞお時間ございましたら足を運んでみられて下さい!

 

>>ピアペースのーてぃすさんのHPはこちら<<

 

 

 

侘び助さんの最新情報はこちら ↓ をご覧になられるといいかと思います

侘び助Facebookページ

 

 

最後は久々のこちらでお別れです

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 

広告