色々なことを徒然なるままに…

マイルス・デイビス” タグの投稿

9/28(土) ☆かなたに園出張ドリンク販売☆『死刑台のエレベーター』 《下関名画座》 at シーモールシアター 名画の傍には良い音楽が寄り添うもの

↑このチラシは日本公開当時のポスターと同じもの!こだわってます下関名画座!

 

日時:9月28日(土) 10:30~ / 13:00~ / 15:30~ / 18:00~

※18時の回上映終了後に休憩を挟みトークショー「死刑台の映画と音楽」あり

★上映時間92分

場所:シーモールシアター(シーモール下関2階)

チケット:1100円(前売り・当日ともに。3時間無料駐車券も配布)

シーモール1階インフォメーションカウンターでチケットの取扱いはありますが

シーモールシアター受付での当日券販売もございますので直接シアターに

お越し頂いて大丈夫です!

問合せ:山中プロダクション tel 090-8247-4407

 

まだまだ日差しは強い日々が続いておりますね

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は、今週9月28日の土曜日にシーモール下関2階にある

“シーモールシアター”で開催されます、

 

『下関名画座』

(山中プロダクション)

の第4回上映会に、引き続き私どもかなたに園も

ドリンク販売の「名画座CAFE」として

ご協力させていただくことになりましたので

そのご案内でございます!

 

 

6月から続いた戦争3部作も終わり、

今月からはまた新たな3部作の1発目は、

「死刑台のエレベーター 」

 

ヌーヴェルヴァーグの先駆者ルイ・マル監督衝撃のデビュー作!

 

撮影時、25歳の若さだったルイ・マル監督と、

モダンジャズの帝王マイルス・デイヴィス奇跡のコラボレーション!

サスペンス映画の金字塔が、スクリーンに甦る!

 

 

キャスト

ジュリアン・タヴェルニエ – モーリス・ロネ

フロランス・カララ – ジャンヌ・モロー

ルイ – ジョルジュ・プージュリイ: チンピラ。

ベロニク – ヨリ・ベルタン: 花屋の店員。ルイの恋人。

シェリエ警部 – リノ・ヴァンチュラ

モーテルの若い男 – ジャン=クロード・ブリアリ

 

————————————————————————————————

あらすじ~

電話で愛を語り合う男女。ジュリアン・タヴェルニエはフロランス・カララの夫が

社長を務める会社の社員で、フロランスと恋人関係にあった。

ジュリアンは、フロランスの夫を自殺に見せかけて殺す。一旦は会社を出た彼だが、

証拠隠滅のため再び会社に戻る。ところが運悪く、ジュリアンはエレベーターに

閉じこめられてしまう。約束の時間を過ぎても来ないジュリアンを心配し、

夜のパリをさまようフロランス。ジュリアンに憧れる花屋、その恋人にも焦点を

当てながら、物語は思わぬ方向に進んでいく。

————————————————————————————————-

 

 

 

この物語りのスタイリッシュで色気ある空気を作っているのが

ご存知ジャズの巨匠マイルス・デイビスの音楽でございます。

 

よくこの映画のサウンドをマイルスがラッシュ・フィルムを観ながら

即興で演奏しそれを収録して作ったといわれますが、

それは事実とは異なるようで

音楽をしっかりきっちりと順序立てて作るマイルスは

収録前にラッシュ・フィルムを観たうえで構想をしっかりと立て、

テイクを重ねて録音したというのが真実だそうです。

 

また若年の新人監督であるルイ・マルがなぜこれほどのキャストや

マイルス・デイビスを映画に起用できたのかというと、

ルイ・マルが相当な大富豪のおぼっちゃんだったからだそうです。

 

ただしその生まれつき恵まれていた境遇であっても

この物語と映像と音楽が見事に調和した作品を作れる技量やセンスを

若くしてルイ・マルは持っていたということです。凄いですね。

 

そしてフランスの大女優ジャンヌ・モローを写す

カメラワークもこの映画では注目です。

(美しき横顔をご堪能下さい)

 

そして最後に、この映画が日本で初公開されたのが

1958年9月26日、

今からちょうど61年前なんですよねぇ( ´ω`)

名画座が9月にこれをもってきたのも納得です。

 

 

今月もかなたに園はお茶屋ならではの新感覚緑茶ドリンクを

こんな緑茶の楽しみ方もあったのかという驚きと共にご提供致します!

 

 

まだまだ暑い日が続いておりますので、今月まで夏メニューの

冷たい飲み物主体にはなります。

 

 

 

 

喫茶スペースも映画館受付すぐ横に今回確保しておりますので

どうぞお近くまで来られた際は足をお運びいただけたら幸いです( ´ω`)

ドリンクのみでも大丈夫です。

 

そして今回私が大好きなジャズが主体となっている作品ですので

そのジャズミュージックを楽しめるちょっとした趣向を

名画座カフェで行おうと思っております。

こちらもお楽しみに( ´ω`)

 

 

それでは皆様のお越しをお待ちしております!

それでは、また( ´ω`)ノ