色々なことを徒然なるままに…

下関のイベント” タグの投稿

6/2~5 遇斯光庵(ぐしこうあん)展2017 に出店致します!

 

 

 

ご無沙汰いたして大変申し訳ございませんm(_ _)m

かなたに園でございます。

 

5月は新茶の時期と個人的な用事が重なりまくりまして、

ろくに更新も出来ずでございました・・・。

 

さて、気を取り直しまして

今週末の金曜日から4日間にわたって開催されるイベントの

告知を今日はさせていただこうと思います!

 

『遇斯光庵展2017(ぐしこうあんてん)』

-土の記憶を探る-

会期:2017年 6月2日(金)~5日(月)

OPEN:10:00~18:00

会場:遇斯光庵 下関市豊北町大字滝部5042

(※地図を検索する場合は、『下関市豊北町大字滝部5038』でご検索を!

庵の住所の5042では表示されないと思いますので)

 

 

このイベントは昨年の2016年より開催しておりまして、

内容は「陶芸作品&木器作品の展示販売会」なのですが

ただの陶器市・陶芸展とは違いまして、

 

出展される各作家さんの新作のお品は

このイベントが行われる『豊北町』で作家さん自ら採取した

「豊北町産の土」

を使用して作品が作られております。

 

なぜそんなことをするのかと申しますと、、、、、

 

一つに、豊北町には江戸時代から大正時代にかけて14もの窯場があり、

大変窯業の盛んな地域であったということ、

そのような伝えていかないと忘れ去られてしまうかもしれない

郷土の偉大な歴史を知っていただきたいということ。

※それらの窯で現存する窯はありません、窯跡がわかる所がわずかにあるくらい

 

二つに、そこまで広い地域でないのに密集して窯場があるというのは

それだけ器に適した粘土が取れていたということ、

 

主催者の黄孫窯の森野清和先生は30年以上前から

多種多様な土が出る豊北町に惚れこみ、

豊北町の土を自ら採取し、精製し、自分の作品に使ってきました。

 

そんな多種多様な土が出るということは全国的にみても珍しく、

同じ豊北町産でも、作品の表情が全く異なるという「面白さ」を

感じていただこうと、昨年より始めて参りました。

 

※豊北町にかつてあった窯で作られた器で現存するものは少なく、

向坊窯(むかいぼうがま)」でつくられたと言われる磁器の器がこちら↓

 

また、会場である古民家「遇斯光庵」は元下関市美術館副館長の

木本大空(たいくう) [本名 木本信昭]さんの生家で、

 

江戸時代に建てられた家屋を改修し、

現在はご自分の陶芸作品を作る作業場としてや、

地域交流の場としても活用されています。

 

実は、上の向坊窯の陶器は木本さんのご先祖が経営に関わっておられたそうで、

そういう意味でも、この会場で陶芸展を催すことは意味深いことなのだと思われます。

 

 

今回は萩市、長門市、豊北町、豊浦町、蓋井島から計13人の作家が参戦致します!

 

おひとかたづつのご紹介は長くなるので省きますが、

ざっとお名前だけ紹介致しますと、

 

萩市-守田唐七 植草達郎 小久保凌雲 止原理美 牧野将典

長門市-金子通 作花靖之

豊北町-宮田佳典

豊浦町-アッヅォリ・エリック 中島大輔 森野清和 辻翔平

蓋井島-藤永美乃里

 

これはかなりのツワモノの皆様が揃っておりますよ~( ´ω`)

 

伝統的なものもありますし、伝統を踏まえつつ革新的な作品作りをされているかたも

今回多く参戦しておりますので、

これまた多種多様、個性ある作品が皆様をお待ちしていることになるかと!

 

 

そして、かなたに園は遠路はるばるご来場の皆様に

美味しいお茶にておもてなしさせていただくのと

少しですが茶葉の販売もさせていただこうと思っております( ´ω`)

 

かなたに園は6月2・3・5の3日間、出店させていただきまして、

 

4日の日曜日は、滝部でスペシャリティでオーガニックな美味しいコーヒーが飲めて

珍しい生活雑貨や安心安全なオーガニック食品を扱っておられる、

「LUTE」さん!!

が美味しいコーヒーとその豆の販売で、皆様をおもてなししていただけることに

なっております( ´ω`) b

 

会場の場所は初めての方はちょっと分かり難い場所ですので

ご注意下さい。

 

ネットで検索する場合は

「下関市豊北町大字滝部5038」

検索すると、遇斯光庵から一番近い住所の地図がヒットすると思います。

 

 

今回も昨年に引き続き、でっかくて力持ちながら、

繊細な技術に定評がある

「ムクロジ木器」

辻翔平さんも参戦しております( ´ω`)

 

「遇斯光庵展2017」のお問合せは、

 

黄孫窯(こうそんがま) TEL 083-774-2468 もしくは、

森野清和 TEL 090-7977-2481まで

 

遇斯光庵展2017の最新情報がわかるFacebookページもございます!

それはこちら↓

遇斯光庵展Facebook Page

 

 

皆様、お時間ありましたら、ドライブがてら豊北町まで遊びにいらして下さい!

本当に気軽に立ち寄ってみられて下さい!

 

作家の皆さんは皆さん個性豊かで愉快なタイプですので

ただお話しするもよしですし、

 

お茶やコーヒーを飲みにこられるだけでもかまいませんよ、

お堅いイベントではございませんので!

 

それでは、また( ´ω`) ノ

広告

秋山仁希with渡辺密’s GAKUSABOU LIVE 後記

_IGP5497s-s

 

週が明けましてますます暑くなって参りましたね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は二日前の日曜日に開催致しました、

秋山仁希with渡辺密’s GAKUSABOU LIVEの模様を

お送り致します。

 

日曜日は小雨が降る生憎のお天気だったのですが、

本当に沢山のお客様にご来場いただき、

用意していた椅子が足りなくなる程でございました。

 

お足下が悪い中、ご来場いただいたお客様、

かなりのすし詰め状態でのライブ鑑賞になってしまい大変申し訳ありませんでした、

そんな状態でも帰り際に楽しかったと言っていただいたお客様も多く、

本当に感謝しかありません、誠に有難うございました!

 

 

さて、それでは参りましょう、

 

今回のライブもいつものように2部構成で、

まずは前座に当店店主バンドの「Green Teas」の登場です。

 

IMG_3862-s

今回は初被露の曲が2曲くらいありましたね、

往年の名曲のカバーと、オリジナルを混ぜながら、お送り致しました。

 

店主英樹のトークもお客様が多いのでいつもより冴えていたように感じました( ´ω`)

もう少し写真も撮りたかったのですが動ける状態では無かったので、

この1枚しか撮れずという…(;´Д`)

 

今回のライブは初めて当店にご来場いただいたお客様も多く、

良い緊張感の中でライブが出来たことも有り難く思います。

 

 

 

そして、怒涛のティータイムを挟みまして、

本日のゲストミュージシャン

秋山仁希さん渡辺密さんのデュオの登場です。

 

IMG_3864-s

デュオ演奏なのですが、お二人が収まった写真はスマホで撮ったこれ一枚…

この時は事前のリハ中に各々の写真を撮っておいて良かったと

心から思いました(;´ω`)

 

 

_IGP5494s-s

 

毎年必ず仁希さんにはライブを行っていただくのですが(昨年は9月に)、

これまではソロでピアノの弾き語りライブでした。

 

それが今回素晴らしいサックス奏者、渡辺密さんとのデュオ演奏に

なりましたので、毎年来て頂いていたお客様も新鮮に

聞こえたのではないでしょうか。

 

IMG_3859s-s

 

渡辺さんはサックスをジャズの本場アメリカで学んできた凄い方、

あの有名なサックス奏者でジャズの巨人の一人

ジョー・ヘンダーソンに直々にレッスンを受けていたということで

凄さがお分かりいただけるかもしれません。

 

 

IMG_3857s-s

仁希さんも年々ライブ出演の依頼が多くなっており、

下関市内だけでなく福岡北九州でもレギュラーでライブを行っておられるようです。

 

仁希さんの歌声は独特なもので、

ジャズに合いそうなハスキーな声質ながら音域も広く、

フワッとした浮遊感とゆらぎがあり、

とても心地良くその場の空気を包み込む感じです。

 

 

_IGP5487s-s

 

渡辺さんのサックスはとても芯があって安定感ある音色です、

もちろん今回はデュオでサポート役に徹しておりましたので

それが求められるところなのですが、

 

サックスは楽器の中でもかなり主張が強い楽器の部類だと

思いますので、一つ間違えば一気にバランスが崩れてしまいます。

 

その点さすが渡辺さんはしっかりと仁希さんに寄り添い支え合うように

プレイしておられましたね( ´ω`)

 

 

_IGP5513s-s

 

仁希さんも、安定感があって技術力もある渡辺さんが隣にいて

非常にやりやすいとおっしゃっておりました。

 

演奏曲目も様々なジャンルの名曲をやっていただきましたが、

どれも素敵なアレンジで聴く者を魅了します。

 

 

_IGP5509s-s

 

渡辺さんは打ち合わせと違うテンポでやられて面食らったと言ってましたが、

それでも難なく合わせてこられるところが凄いところです( ´ω`)

 

今後もこのデュオでの演奏もあり、ソロもあり、客演もありと

大忙しの秋山仁希さんですが、

そんな仁希さんのライブ情報などを知りたい方は、

 

オフィシャルブログの↓

Nikki no nikki

をクリックか、

 

Facebookアカウントをお持ちの方は、

Facebook上の検索で名前を探したら出てくると思います!

Facebookのほうが情報は新鮮だと思いますので

チェックしておいて下さい!

 

 

さて、次回7月のGAKUSABOU LIVEには

あのスペシャルな「ウクレレ民謡家」

北原藤雄さん!!

が登場予定、お楽しみに!!

 

 

それではライブ終了後の恒例のレコジャケ遊びでお別れです。

 

_IGP5503s-s

_IGP5486s-s

 

それでは、また( ´ω`) ノシ