色々なことを徒然なるままに…

下関イベント” タグの投稿

9/28(土) ☆かなたに園出張ドリンク販売☆『死刑台のエレベーター』 《下関名画座》 at シーモールシアター 名画の傍には良い音楽が寄り添うもの

↑このチラシは日本公開当時のポスターと同じもの!こだわってます下関名画座!

 

日時:9月28日(土) 10:30~ / 13:00~ / 15:30~ / 18:00~

※18時の回上映終了後に休憩を挟みトークショー「死刑台の映画と音楽」あり

★上映時間92分

場所:シーモールシアター(シーモール下関2階)

チケット:1100円(前売り・当日ともに。3時間無料駐車券も配布)

シーモール1階インフォメーションカウンターでチケットの取扱いはありますが

シーモールシアター受付での当日券販売もございますので直接シアターに

お越し頂いて大丈夫です!

問合せ:山中プロダクション tel 090-8247-4407

 

まだまだ日差しは強い日々が続いておりますね

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は、今週9月28日の土曜日にシーモール下関2階にある

“シーモールシアター”で開催されます、

 

『下関名画座』

(山中プロダクション)

の第4回上映会に、引き続き私どもかなたに園も

ドリンク販売の「名画座CAFE」として

ご協力させていただくことになりましたので

そのご案内でございます!

 

 

6月から続いた戦争3部作も終わり、

今月からはまた新たな3部作の1発目は、

「死刑台のエレベーター 」

 

ヌーヴェルヴァーグの先駆者ルイ・マル監督衝撃のデビュー作!

 

撮影時、25歳の若さだったルイ・マル監督と、

モダンジャズの帝王マイルス・デイヴィス奇跡のコラボレーション!

サスペンス映画の金字塔が、スクリーンに甦る!

 

 

キャスト

ジュリアン・タヴェルニエ – モーリス・ロネ

フロランス・カララ – ジャンヌ・モロー

ルイ – ジョルジュ・プージュリイ: チンピラ。

ベロニク – ヨリ・ベルタン: 花屋の店員。ルイの恋人。

シェリエ警部 – リノ・ヴァンチュラ

モーテルの若い男 – ジャン=クロード・ブリアリ

 

————————————————————————————————

あらすじ~

電話で愛を語り合う男女。ジュリアン・タヴェルニエはフロランス・カララの夫が

社長を務める会社の社員で、フロランスと恋人関係にあった。

ジュリアンは、フロランスの夫を自殺に見せかけて殺す。一旦は会社を出た彼だが、

証拠隠滅のため再び会社に戻る。ところが運悪く、ジュリアンはエレベーターに

閉じこめられてしまう。約束の時間を過ぎても来ないジュリアンを心配し、

夜のパリをさまようフロランス。ジュリアンに憧れる花屋、その恋人にも焦点を

当てながら、物語は思わぬ方向に進んでいく。

————————————————————————————————-

 

 

 

この物語りのスタイリッシュで色気ある空気を作っているのが

ご存知ジャズの巨匠マイルス・デイビスの音楽でございます。

 

よくこの映画のサウンドをマイルスがラッシュ・フィルムを観ながら

即興で演奏しそれを収録して作ったといわれますが、

それは事実とは異なるようで

音楽をしっかりきっちりと順序立てて作るマイルスは

収録前にラッシュ・フィルムを観たうえで構想をしっかりと立て、

テイクを重ねて録音したというのが真実だそうです。

 

また若年の新人監督であるルイ・マルがなぜこれほどのキャストや

マイルス・デイビスを映画に起用できたのかというと、

ルイ・マルが相当な大富豪のおぼっちゃんだったからだそうです。

 

ただしその生まれつき恵まれていた境遇であっても

この物語と映像と音楽が見事に調和した作品を作れる技量やセンスを

若くしてルイ・マルは持っていたということです。凄いですね。

 

そしてフランスの大女優ジャンヌ・モローを写す

カメラワークもこの映画では注目です。

(美しき横顔をご堪能下さい)

 

そして最後に、この映画が日本で初公開されたのが

1958年9月26日、

今からちょうど61年前なんですよねぇ( ´ω`)

名画座が9月にこれをもってきたのも納得です。

 

 

今月もかなたに園はお茶屋ならではの新感覚緑茶ドリンクを

こんな緑茶の楽しみ方もあったのかという驚きと共にご提供致します!

 

 

まだまだ暑い日が続いておりますので、今月まで夏メニューの

冷たい飲み物主体にはなります。

 

 

 

 

喫茶スペースも映画館受付すぐ横に今回確保しておりますので

どうぞお近くまで来られた際は足をお運びいただけたら幸いです( ´ω`)

ドリンクのみでも大丈夫です。

 

そして今回私が大好きなジャズが主体となっている作品ですので

そのジャズミュージックを楽しめるちょっとした趣向を

名画座カフェで行おうと思っております。

こちらもお楽しみに( ´ω`)

 

 

それでは皆様のお越しをお待ちしております!

それでは、また( ´ω`)ノ

広告

チェリーレーン’s GAKUSABOU LIVE 2019 後記

 

秋らしい爽やかな空気と日差しが降り注いでいる火曜日でございますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、先日の22日の日曜日に開催致しました、

チェリーレーン’s GAKUSABOU LIVE 2019

のもようをお送りさせていただきます。

 

 

日曜日は台風17号が迫る中、

様々なイベントが開催中止となるようなお天気の中、

当店のライブに体を濡らしながら足を運んでいただいたお客様、

誠に、誠に、誠に有難うございました!!

 

昨年は1度、台風の影響でライブが開催出来なかったこともあり、

様々なことを慎重に慎重を重ねて今回の開催を決断致しました。

 

当日の下関はライブ開始前の13時くらいからライブ終わりの16時にかけて

が雨風ともに非常に強い状況となってしまいましたが、

来て頂いたお客様が笑顔でお帰りになられるのを見ると、

こちらも開催できて良かったなぁと本当に安堵の気持ちとなりました。

 

ご参加頂いたお客様、そしてこの状況の中来て頂いて演奏していただいた

チェリーレーンの皆様にも感謝申し上げます<(_ _)>

 

 

さてそれでは参りましょう!

 

今回ももちろん前座は当店店主バンド、GreenTeasが務めさせていただきました。

 

 

今回は前回に引き続きボーカルにHiroさんをお招きしての4人編成、

新旧の名曲、そしてオリジナルを織り交ぜながら、

5曲ほど披露させていただきました。

 

今回はチェリーレーンさんが来られておりましたので

そのPP&Mと同時期に活躍したアーティストの名曲も

新たに披露できたのが良かったですね。

 

さらに!ここからがいつものライブと違うのですが、

 

 

店主英樹と店主美紀子の50年来のバンド仲間が北九州より参加いただきました!

 

店主の英樹と美紀子はそれぞれ別のバンド、

英樹は「ハニーフェローズ」美紀子は「フォークイーゼス」というバンドで

北九州を中心に二十歳前後の時に活動していたのですが、

 

今回はその時期に共に青春を謳歌した音楽仲間のお二人が駆け付けてくれました!

 

手前が元「クリケット」の桑原さん

奥の方は現在のバンド「ニュークリケット」のメンバーの渡部さん

 

桑原さんは当時、名曲”花はどこにいった”で有名な

フォークソンググループの草分け的存在で伝説のバンドでもある

「キングストン・トリオ」のコピーバンドをされており、

 

今回のライブでも当時と変わらない

素晴らしいキングストン・トリオのハーモニーを

渡部さんと披露していただきました!

 

さらに!ウクレレベースでその桑原さん達と共演していただいたのが

 

 

若かりし頃の店主美紀子のバンド「フォークイーゼス」元メンバー、

向坊さん!

 

向坊さんは美紀子と共にヤマハライトミュージックコンテスト全国大会にも出場し、

当時のオフコースや赤い鳥、財津和夫さん などと鎬を削った言わば戦友です。

 

 

お二方とも英樹&美紀子と本当に久しぶりの再会だったのですが、

当時と変わらない音楽観やお声にお互い刺激を受けたのではないでしょうか、

 

桑原さん、向坊さん、渡部さん、この度は本当に有難うございました!!

 

 

そしていつものようにティータイムを挟みまして、、、

 

本日のスペシャルゲストバンドのチェリーレーンさんが

2年ぶりの登場です!

 

 

チェリーレーンさんは主に関東地方で活動されている

ピーター・ポール&マリーのコピーバンドで、

腕前は国内のPP&Mコピーバンドの中でもトップクラス!

 

そして本家PP&Mからお墨付きをいただいているバンドでございます!

 

再結成後のPP&Mのライブツアー(米国内)に前座などで参加されていたり、

来日される際には必ず行動を共にされたり

特にピーター奥田さん(写真右)はアメリカの彼らの家に招かれるほど

親しい間柄だそうです。

 

 

 

それでは、チェリーレーンさんのメンバーをご紹介、

バンドリーダーで向かって右手のギター担当、

MC担当で、ハーモニーの主軸でもある

ピーター・ケン・奥田さん!

 

本家PP&Mのお話しや、その歌の歴史背景、内容など

とても分かりやすく軽妙なトークでお客さんを引き込み、

ノせていきます。

 

 

 

魅惑のフィンガーピッキングと低音の魅力、

ポール・都築さん!

 

MCの時は奥田さんのサポート役で、

クールで的確なコメントをスッと出してくるよき女房役です。

 

そして演奏の際のギターピッキングの音色や

ハーモニーの美しさはさすがでございました!

 

今回は都築さんメインボーカルの曲なども披露され、

渋い低音のお声の魅力を存分に堪能させていただきました。

 

 

そして紅一点、

小柄ながら力強いボーカルで男性二人を強力にリード、

マリー・京子さん!

 

歌の中ではリードの役目なので一番重要なパートであり、

高音も低音もある難しいマリーのパートをしっかり歌い上げておられました!

 

 

そして、2年前にも書きましたが、

ポール都築さんとマリー京子さんはご夫婦!

 

 

ライブ中にも時折見せる京子さんの旦那様を優しく見つめるお顔が今回も

印象的でございました( ´ω`)よ

 

 

そして今回もあのスペシャルコラボ

ピーター・ケン・奥田さんの前妻であり、店主美紀子のゴスペル仲間、

KIYOKOさんも2曲ほど披露!

 

色々な夫婦の形がある、、、そして、

いつの時も音楽の力は偉大である、、

そんなことを考えさせられましたね!

 

 

今回もチェリーレーンさんの歌声、素晴らしいハーモニー、ギター演奏を

堪能することができました。

 

ご参加いただいたお客様もご自分の青春時代がよみがえるような気持ち、

そして当時の楽曲を高いクオリティで聴けることの喜びを

感じて頂けたのではないでしょうか、

 

自然に出る手拍子や、一緒に口ずさんでおられるお姿は、

とても素敵な光景でございました( ´ω`)

 

チェリーレーンさんは、

私達のライブはPP&Mの普及活動なんです、

そうおっしゃられておりました。

 

世代的認知度はかなり差があるバンドだと思いますが、

代表曲も、聞けば誰でもどこかで聞いたことがあるという曲がほとんどです。

 

 

チェリーレーンさん達は現在も九州ツアーに出られておりますが、

PP&Mの曲はお父様お母様世代だけでなく、そのお子様、またはお孫様でも安心して聞ける

楽曲や音楽性をもっていますので、どうぞ若い人こそ一度聞いてみて下さい。

 

 

ライブの情報はピーター・ケン・奥田こと

>>奥田健一さんのFacebook<<

をご覧下さい!

ライブ情報なども載っていると思います。

 

 

Cherry Lane ピーター・ケン・奥田さん、ポール・都築さん、マリー・京子さん

この度も素晴らしいライブをしていただき誠に有難うございました。

またいつかその歌声、ハーモニーが聴けることを願っております!

 

 

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


明日9/22(日)の「チェリーレーン LIVE」の開催について

 

今年もですか…(´・ω・`)

 

皆様ご存知のように現在台風17号が北上中です、

昨年の同時期は侘び助さんのライブがそれに当たったのですが、

幸い台風はたいしたことなく開催することができました。

 

今回もそうあって欲しいと願っておりますし、

せっかく関東からチェリーレーンさんが来られ、

このライブを楽しみにされている方も多いので、

ギリギリまで判断を待とうと思います。

 

 

 

当店の明日のライブの開催最終判断は、

明日日曜日の朝8時までこのブログや

フェイスブックページを通じて行わせていただこうと思っております。

 

但し、本日(土曜)中に公共交通機関などの運休などが

発表された場合は開催中止とさせていただきます。

それが出た時点でこちらのブログにもお知らせいたします。

 

今回もこれからの台風の状況次第でございます。

 

明日朝8時までには開催アリ・ナシはお伝え致しますので

ギリギリまでお待たせして大変申し訳ございませんが、

どうぞご理解のほど宜しくお願い致します<(_ _)>


今週末9/22(日)開催!チェリーレーン’s GAKUSABOU LIVE!!

 

チェリーレーン’s GAKUSABOU LIVE

日時:9月22日(日)14:00~START  13:30~OPEN

場所:かなたに園 Cafe GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:1,500円(1ドリンクつき)

お問合せ:Tel) 083-224-0974 かなたに園まで

Mailでのお問合せはこちら⇒ kanatanien@navy.plala.or.jp

 

 

やっと秋らしい風は吹いて参りましたが、

昼間の日差しの強さはまだまだ強い今日このごろでございます。

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

 

さて本日は今週末9月22日に当店で開催致します

『Cherry Lane ‘s GAKUSABOU LIVE』

を再度告知でございます!

 

チェリーレーンさんは2017年の10月以来、

約2年ぶりの来演となります!

 

 

ピーター・ポール&マリー(通称PP&M)の

完全コピーバンドとして本家にも認められたその実力を

手が届くような目の前で楽しんでいただけたらと思っております!

 

 

 

-チェリーレーン-

(PP&Mの代表曲の一つ)「Puff, The Magic Dragon」から採ったバンド名で、

桜並木のように人々を陽気に元気づける存在になりたい。

そんな気持ちで各地で歌っています。

 

歌えば歌うほどに本家PP&Mの歌の力に感嘆し、ますます意欲が湧いてきます。

 

更に、

「チェリーレーンは(単なる)PP&Mのカバーではなく、

             120%コピーを目指して日々活動しています。」

 

とのことです、

 

チェリーレーンさんは2013年にバンド結成され、

 

メンバーは、

ピーター奥田さん G

 

ポール都築さん G

 

マリー京子さん Vo

によるグループです。

 

 

 

チェリーレーンさんのオフィシャルWEB SITEは⇒こちら

 

 


あの曲を聴くと、当時の情景が浮かんでくる、

気持ちだけでもその頃に戻れるような気がする、、、

そんなあなたの青春の1ページに綴られた名曲の数々を

共に口ずさみながら楽しんでみられませんか?


 

9月22日(日) 13:30より開場、14時よりライブ開始です、

 

前座はもちろん当店オーナーバンドの「グリーンティーズ」!

今回は同世代のチェリーレーンさんが来られるので

助っ人もお呼びして気合いが入っておりますよ!

 

 

グリーンティーズもPP&Mと同時期有名バンドのあの名曲を初披露予定!

 

ご来場お待ちしております!

 

それでは、また( ´ω`) ノシ


8/31(土) 映画史上に燦然と輝くカルト映画の歴史的傑作!『まぼろしの市街戦』 《下関名画座》 at シーモールシアター ☆かなたに園出張ドリンク販売☆

 

 

 

日時:8月31日(土) 10:30~ / 13:30~ / 16:00~ / 19:00~

※16時の回のみ、上映終了後ゲストトークショーあり

場所:シーモールシアター(シーモール下関2階)

チケット:1100円(前売り・当日ともに。3時間無料駐車券も配布)

シーモール1階インフォメーションカウンターでチケットの取扱いはありますが

シーモールシアター受付での当日券販売もございますので直接シアターに

お越し頂いて大丈夫です!

 

 

凄まじい雨が降り続き、九州北部や山口県に警報がでておりますが、

皆様の地域は大丈夫でしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて今日は、

今週8月31日の土曜日に、

シーモール下関2階にある

“シーモールシアター”で開催されます、

 

『下関名画座』

の第3回上映会に、

引き続き、私どもかなたに園もドリンク販売で

ご協力させていただくことになりましたので

そのご案内でございます!

 

 

『下関名画座』とは!?

以前下関のカモンFMの名物プロデューサーとして活躍し

現在山中プロダクションというイベント会社を経営する山中昇さん(写真右)と、

映像制作会社シネポスの代表で、細江町の単館系映画館シネマクロールの

共同代表でもある鴻池和彦さん(写真左)がタッグを組み、

 

 

「映画が盛んだった頃を知る世代に楽しんでもらうとともに、

市中心部のにぎわいにも貢献したい」とのことで

6月より毎月一作品一日限定(日に4回上映)で、

懐かしい名作映画たちの上映会が行われております。

 

シーモールシアターも現在では稼動できる映画館としては

下関最古のものとなっており、

館内もとてもノスタルジック感たっぷりの良い映画館です( ´ω`)

 

 

6月から続いた戦争3部作の最後に選ばれたのは

《King of Hearts》

「まぼろしの市街戦 」

 

卓越したユーモアたっぷりに戦争の狂気を活写するカルト映画の傑作!

フランスの名匠フィリップ・ド・ブロカ監督作

 

カトマンズの男』『リオの男』等で知られる名匠フィリップ・ド・ブロカの

代表作で、映画ファンに愛され続ける真の傑作。

恋する女たち』のアラン・ベイツ、『1000日のアン』『愛のメモリー』の

ジュヌヴィエーヴ・ビジョルドが主役を務め、ジャン=クロード・ブリアリ、

ピエール・ブラッスールらフランスの名優が脇を固め、

音楽は、トリュフォーとのコンビで知られるジョルジュ・ドルリュー

 

常識が常識でなくなる不安を抱える現代(いま)こそ必見の映画史上に残る奇跡の一篇。

 

————————————————————————————————

あらすじ~

第一次大戦末期、敗走中のドイツ軍は占拠したフランスの小さな街に

大型時限爆弾を仕掛けて撤退。イギリス軍の通信兵は爆弾解除を命じられ

街に潜入するも、住民が逃げ去った跡には精神科病院から解放された患者と

サーカスの動物たちが解放の喜びに浸り、ユートピアが繰り広げられていた。

通信兵は爆弾発見を諦め、最後の数時間を彼らと共に過ごそうと死を決意するが…。

————————————————————————————————-

 

1966年フランスでの初公開当時は批評的な成功はおさめつつも大きな話題とは

ならなかったようですが、その後70年代にアメリカでベトナム戦争反対を

訴える若者たちを中心に熱烈な支持を集め、実に5年間という途方もない

超ロングランを記録したそうです。

 

 

さすがフランス映画という風刺とエスプリがたっぷりの今作、

夏の終わりは歴史的なカルト映画で締めるのも一興です。

 

 

今月もかなたに園はお茶屋ならではの新感覚緑茶ドリンクを

リーズナブルな価格で皆様にご提供予定です。

 

こんな緑茶の楽しみ方もあったのかという驚きをご提供致します!

 

 

 

喫茶スペースも映画館受付すぐ横に今回確保しておりますので

どうぞお近くまで来られた際は足をお運びいただけたら幸いです( ´ω`)

ドリンクのみでも大丈夫です。

 

それでは皆様のお越しをお待ちしております!

それでは、また( ´ω`)ノ


9/22(日) チェリーレーン’s GAKUSABOU LIVE 告知

 

『チェリーレーン’s GAKUSABOU LIVE』

日時:9月22日(日) 14:00~START  13:30~OPEN

場所:かなたに園 Cafe GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:1,500円(1ドリンクつき)

お問合せ:Tel) 083-224-0974 かなたに園まで

Mailでのお問合せはこちら⇒ kanatanien@navy.plala.or.jp

 

 

8月に入りまして、暑さも本格化というところですが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

台風などが来て気圧が下がり温度変化も激しくなる時は

急に体調を崩すことがありますので

十分にお気をつけ下さいませ。

 

 

さて本日は来月9月22日に当店で開催致します

『Cherry Lane ‘s GAKUSABOU LIVE』

の告知でございます!

 

チェリーレーンさんは2017年の10月以来、

約2年ぶりの来演となります!

 

 

前回の時もお伝えしましたが、

皆様はピーター・ポール&マリー(通称PP&M)という

グループをご存知でしょうか?

 

 

PP&Mは60年代の数あるアメリカンフォークソンググループの中で

最も成功したといっても過言ではない偉大なグループで、

 

2016年にノーベル文学賞を受賞したボブ・デュランの代表作「風に吹かれて」も

彼らがカバーしたことで、曲もボブ本人もメジャーになった

というほど当時影響力を持っていたグループです。

 

今の若者でも曲を聞いたら「あぁこの曲の人たちか!」とわかるくらい

日本でもメディアに取り上げられることの多い、大変人気の高いグループです。

 

そして、団塊の世代の方々は特に思い入れのある

アメリカンフォークソンググループの一つなのではないでしょうか。

 

 

その世代で今も現役で活躍するアーティストの方々も

若い頃はPP&Mなどのアーティストに憧れて

そういったフォークソングバンドを組んでいたというのも事実です。

 

かくゆう当店店主でGreenTeasの美紀子もその一人で、

若い頃はPP&Mスタイルでのバンドを組んでおりました。

 

 

 

チェリーレーン』さん達は、

そんなPP&Mの完全コピーバンドとして、関東を拠点に活動されている方々で、

縁あって当店でライブしていただけることになりました!

 

-チェリーレーン-

(PP&Mの代表曲の一つ)「Puff, The Magic Dragon」から採ったバンド名で、

桜並木のように人々を陽気に元気づける存在になりたい。

そんな気持ちで各地で歌っています。

 

歌えば歌うほどに本家PP&Mの歌の力に感嘆し、ますます意欲が湧いてきます。

 

更に、

「チェリーレーンは(単なる)PP&Mのカバーではなく、

             120%コピーを目指して日々活動しています。」

 

とのことです、

チェリーレーンさんは2013年にバンド結成され、

 

メンバーは、

ピーター奥田さん G

 

ポール都築さん G

 

マリー京子さん Vo

 

によるグループです。

 

チェリーレーンさん達は本家PP&Mからお墨付きをいただいた実力で

日本に数あるPP&Mコピーバンドのトップに君臨されております。

 

美しいハーモニーは本家をもしのぐほど!

 

 

 

そしてライブでは当店バンドのGreenTeas美紀子とのコラボ演奏も

あるかも!?

 

さらに!もしかしたら当時(60年代)の北九州で

鎬を削っていたバンド仲間の参戦もあるかもかも!?

 

PP&Mの美しいコーラスや、キャッチーな曲調は

今の若い人が聞くと逆に新鮮なものに聞こえると思います。

 

チェリーレーンさんのオフィシャルWEB SITEは⇒こちら

 

 


思い出の1曲、いつまでも色あせない青春の日々…

そんなあなたの青春の1ページに綴られた名曲の数々を

一緒に口ずさみながら楽しんでみられませんか?


 

ご来場お待ちしております!

 

それでは、また( ´ω`) ノシ


秋山仁希 & 工藤隆 GAKUSABOU LIVE 後記

 

本日は曇り、

梅雨明けした先週からずっと強い日差しにさらされておりましたので

この曇りのお天気もなにか有難く感じますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、昨日日曜日に開催いたしました、

秋山仁希さん、工藤隆さんによるGAKUSABOU デュオライブの模様を

振り返っていきたいと思います。

 

 

外にでるのも億劫という暑さの中、今回のライブ開催となったのでございますが、

多くのお客様にお足を運んでいただき、誠に有難うございました!

 

今回は当店のライブに初めてご来場頂けたお客様も多く見受けられ、

日頃から広くライブを開催しておられる仁希さん工藤さんの

お力を感じることとなりました。

 

 

それではまず前座のグリーンティーズから、

 

 

今回のグリーンティーズは特別編成で、

北九州から、アート集団侘び助のSW上田たけしさんがサポートギターで、

そして店主美紀子のゴスペル仲間のHiroさんがヴォーカル&コーラスで参加!

 

いつものShingoさんとはまた違った音色を出す上田さんのギターと

店主美紀子と相性の良い声をお持ちのHiroさんの歌声が

サウンドの厚みを出し、いつものグリーンティーズと違って

常連のお客様も楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

特に今回は新曲で、あの最新洋楽曲を持って来たのは意外性もあって

良かったと思います( ´ω`)

 

 

カフェタイムをはさみまして、

本日のメインのお二人の登場です。

 

 

当店のアップライトピアノがライブで使われるのは久しぶり!

 

今回はピアニストの工藤さんがご参加いただけましたので

当店のピアノの生音がしっかり聴けたのは私も嬉しきこと、

特にジャズピアノは目の前での生音が最高です。

 

 

 

今回のライブ、当初は毎年と同じスタイルで秋山仁希さんの

ソロでの弾き語りを予定していたのですが、

急遽工藤さんとのデュオライブとなりました。

 

秋山さんと工藤さんは10年以上前からの親交があり、

福岡での工藤さんのライブを秋山さんが見てから

ファンになって、機会があった時にご一緒にライブをされていたようです。

 

 

今回も久々の共演で、さらに業界の大先輩である工藤さんとのデュオ、

リハからかなり緊張感が漂っておりまして

傍で見ている私も緊張する感じでございました(;´Д`)

 

仁希さんはいつもの当店でのライブとは違う緊張感、

良い意味で張り詰めてるようでしたね。

 

 

工藤さんは一見コワモテ (すいません笑)ですが、

音楽に関しては一切妥協をしない真摯な姿勢や

1年のほとんどを全国を廻ってのライブ演奏をしている経験、

これまでのキャリアを考えると

仁希さんだけでなく

私たちも大変勉強になるほどでした。

 

工藤さんは普段はおおらかで優しいですよ!念のため!!( ´∀`)

 

 

 

今回は工藤さんが来ていただいているので、

仁希さんの洋楽ポップスレパートリーもほぼ全てジャズアレンジでの

演奏となりました。

 

いつもはご自身の弾き語りですのでヴォーカルに専念する仁希さんを

見るのも私は初めてだったかもしれません。

 

 

会場には仁希さんのヴォーカル教室の生徒さんもご来場だったのですが、

こういう歌声を披露する先生(仁希さん)を見るのは

初めてですと興奮しておっしゃっておりました!

 

普段のソロライブではジャズ的な曲は少なめで

洋楽ポップスのほうが多いイメージなので、

よりいつもと異なる感じが出ていたのではと思います。

 

 

 

しっとりと情感を込めて、、

自分にはない工藤さんのピアノの音色に仁希さんの歌声も応えます

 

 

 

ジャズは特に奏者同士の対話が重要、

 

 

 

 

 

工藤さんも仁希さんをうまくリードしながら、そして支えながら、、、

 

 

そして途中工藤さんのソロ演奏での力強さ、

そして凄まじく繊細なタッチから紡ぎ出される優しくも色鮮やかな音色は

ご来場いただいたお客様のハートをがっちり掴んだことだと思います( ´ω`)

 

 

 

秋山仁希さん、工藤隆さん、この度は誠に有難うございました!

素敵な演奏を手の届くような距離感で見ることができ、

新鮮な音が聴けるのがライブの醍醐味、

それをしっかりと堪能できるライブでございました!

 

 

 

それでは最後にいつものやつでお別れです、

 

 

 

それでは、また( ´ω`)ノシ