色々なことを徒然なるままに…

下関ライブ” タグの投稿

侘び助’s GAKUSABOU LIVE 後記

 

本日はまさに台風一過というような晴れ模様でございます、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は昨日開催致しました、

「侘び助’s GAKUSABOU LIVE」のもようをお送り致します!

 

昨日は台風24号の影響でいまいちのお天気の中、

当店のライブに足を運んでいただいたお客様、

誠に、誠に有難うございました。゚(゚´Д`゚)゜。

 

下関はさほど台風の影響は無かったとはいえ、

雨や風はそこそこ強い中でしたので、

ご来場いただけるのかとても心配しておりました。

 

そのような中、とても多くのお客様に

ご来場頂けたこと、足を運んでいただいたこと

関係者一同、誠に感謝致しております!

 

 

それでは、ライブのもようをお送りしていきましょう!

 

 

前座はもちろん、当店店主バンドのグリーンティーズです。

今回はいつもいる筈のギターのシンゴさんが大事な用事でお休み

ということで、侘び助の上田たけしさんがサイドギターで参加!

 

 

いつものシンゴさんとは微妙に違う即席トリオでの演奏でございましたが、

上田さんはこれまでもよくグリーンティーズに参加いただいておりましたので

違和感もなく、見事にこなして頂けました。

 

グリーンティーズは今回もオリジナルとカバーを織り交ぜながら、

5曲ほど被露!

 

前回7月の終わりのGAKUSABOUライブが

台風12号によって中止になってしまいましたので

今回は店主英樹の気合の入れようも違うように感じましたね。

 

前座が終わりますと、小休止のティータイムを挟みまして

 

シンガーソングライター上田たけしさんのソロミニライブが始まりました!

 

 

上田さんのハイテンションでグルーヴ感ある一曲目に

お客様もヒートアップ!

 

想像以上の反応だったのか

上田さんが少しびっくりしているくらいでしたね!

 

 

 

やさしいながらも芯のある歌声と

心地良くノリのよいギターの音色でお客様の心を鷲掴みにされたようでした。

 

 

上田さんはオリジナル曲の間に昔ながらのゆっくりとした童謡なども挟み、

緩急をつけた選曲で会場を暖めていきます。

 

 

 

また、現代日本の惨状に切り込むような

メッセージ性のあるオリジナル曲なども数曲盛り込み、

シンガーソングライター上田たけしのステージは終了致しました。

 

 

 

そしてついに真打ちの登場でございます。

 

 

侘び助&森田玲子さんらによる、

古典落語話&笑える落語話のスタートです!

 

 

当店でのライブではこの侘び助のお二人(上田さん・萬田さん)と

ゲスト演者さん一人のトリオスタイルが多いです。

 

 

上田さんは演目の中の効果音&BGMを即興で担当。

今回はギターでしたが、演目によってはピアノなども使用し、

見事に演目に合った音色を奏でます。

 

 

2015年の語りべ全国大会(久留島武彦顕彰全国語りべコンクール)で優勝された

萬田陽子さん(左)と

 

若い頃に劇団に所属し、数多くの舞台演劇を経験してこられた

森田玲子さん(右)の掛け合いは、はっきりいって凄いの一言!

 

 

表情豊かな感情表現と、見事な声色を使いこなす森田さんは

その表現のうまさで観客の心を鷲掴み、

座っての演目なのに、上半身の表現だけで物語りに引きずり込みます。

 

 

 

さすが元劇団で数多くの舞台を経験してこられた方です。

 

語彙力のない私は簡単に「表現力」という言葉を使ってしまいますが、

森田さんの表現力は本当に半端ない!です。

 

2年前の「銀河鉄道の夜」の朗読劇ライブの時もそう思いましたが、

キャラのつけかたが絶妙で、数人の登場人物がいても分かりやすいのです。

 

 

そして相手役の萬田さんが森田さんをしっかりコントロールし、

見事な掛け合いで物語が進行していくのです。

 

 

こちらもさすが語りべ日本一、

安定感があって聞き取りやすい声で物語の進行役と

人物の役を切り替えながら演じきります。

 

 

 

特に落語話ですので独特な落語的言い回しやテンポが重要で、

そこが疎かになると聞いているものに違和感が残ります。

 

そういったことがないように、

そして観客の方々に分かりやすいように、

バランスを取る舵取り役を萬田さんが担っているように感じました。

 

 

今年もとてもおもしろく、心温まる歌と演目を楽しませていただきました、

侘び助のお二方、そして森田さん、この度も誠に有難うございました!

 

 

そして最後に侘び助さんのライブ情報を3つご紹介!

 

一つめは直近の10月7日日曜日に、

 

 

なんと大分県別府市にて、舞踏と朗読と即興音楽の

「小泉八雲の夕べ」

なるイベントを開催!

 

別府市のJR東別府駅すぐ近く

長覚寺

さんにて、17時より。

 

このイベントは2018年10/6(土)~11/25(日)

51日間に渡って別府市にて開催される

ベップ・アート・マンス2018

の参加プログラムの一つのようです。

 

舞踏で参加される表現集団 万華鏡の樹里さんは、

侘び助のお二人とも所縁が深いそうです。

また、同日のライブ前には樹里さんによるワークショップ(無料)が

開催されるようですのでそちらも合わせてチェックしておいて下さい。

 

このイベントが気になる方は >>こちら<< から

詳細、予約画面に飛べます。

 

 

 

 

そして次の週の10月13日の土曜日には

 

 

上田さんがギター伴奏で朗読劇に参加、

「耳でみる物語り」

 

こちらは福岡県遠賀郡岡垣町の情報プラザ人の駅3階クツロギエリアにて

開催されるようです。入場は無料。

 

 

3つめは来月11月18日に北九州市八幡西区のピアスペース のーてぃすさんで

行われるこちら、

 

 

侘び助ライブ

「言葉で語る 手で語る 朗読と手話と音楽」

 

会場ののーてぃすさんはおしゃれな古民家風ギャラリーカフェ、

ここが侘び助さんのホームグラウンドのようなお店で、

奇数月の第3日曜日に侘び助さん達のライブが行われております。

 

昨年GAKUSABOUライブにも来ていただいた

手話もできる石倉留実さんとご一緒みたいですね!

 

こちらもどうぞお時間ございましたら足を運んでみられて下さい!

 

>>ピアペースのーてぃすさんのHPはこちら<<

 

 

 

侘び助さんの最新情報はこちら ↓ をご覧になられるといいかと思います

侘び助Facebookページ

 

 

最後は久々のこちらでお別れです

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 

広告

明日9/30(日)開催予定の「侘び助’S GAKUSABOU LIVE」について

 

またか、、、(´・ω・`)

と、今年は当たり年なのでしょうか、、

 

前回7月29日に予定されていたライブは台風12号にて阻まれ

今回は24号が日本列島を縦断の恐れです。

 

 

既に多くのイベントで開催中止のアナウンスがでていることと思われますが、

 

当店の明日のライブ「侘び助’sGAKUSABOU LIVE」の開催最終判断は、

前回同様、明日日曜日の朝8時ごろこのブログや

フェイスブックページを通じて行わせていただこうと思っております。

 

下関は本当に自然災害が少ない有難い土地柄で

7月終わりの12号の時もそうでしたが

今回もさほど影響は受けないものと予測しております。

 

おそらく前回同様に四国側に逸れて、

下関は少し風が強く、雨が少々降るといった程度ではと。

 

↑明日9月30日下関の天気予報 (yahoo天気11時現在)

やはり明日の12時以降は風は強まりますが、雨は弱まる予報ですね。

 

多くの方が楽しみにされている侘び助さんのライブですので、

できれば開催したいと思っておりますが、

今回もこれからの台風の状況次第でございます。

 

明日朝8時ごろには開催アリ・ナシはお伝え致しますので

当日までお待たせして大変申し訳ございませんが、

どうぞご理解のほど宜しくお願い致します<(_ _)>

 

 

 


本日のJellybeans’ GAKUSABOU LIVEは中止

 

おはようございます、かなたに園です。

 

猛烈な台風12号の接近が予測されており、

お客様の安全を考慮いたしました結果、

本日14時から開催予定でしたライブはやむなく

中止(延期ナシ)とさせて頂きます。

 

天候の都合とはいえ、楽しみにされていたお客様にはご迷惑をお掛けいたしますこと、

また、イベント開催直前のご連絡となりましたことを、お詫び申し上げます。<(_ _)>

 

 


明日7/29(日)開催予定のGAKUSABOU LIVEについて

 

なんでこの日なのよ~(;´Д`)、と

多くの悲鳴が聞こえてきている今回の迷惑台風12号

かなたに園も例外ではございません。

 

 

 

 

明日7月29日 14時から開催予定の

Jellybeans’ GAKUSABOU LIVE

ですが、

台風の状況をみて、

開催か中止かの判断を、明日29日の朝8時までに

このブログやフェイスブックページで

ご連絡させていただこうと思っております。

 

 

今回の台風はほぼ見たことのない逆方向から進路で、

気象庁も最大限の注意を呼びかけております。

 

下関は台風などの自然災害の被害が

比較的少ない地域で(近年はですが)、

基本的に台風は本土に上陸すると勢力が弱まると思われますが、

今回はどうなるかわかりません。

 

我々も2ヶ月に一度のライブ日で、

Jellybeansさんのご登場を楽しみにされているお客様も多いので

出来れば開催したいとは思っておりますが、

いまのところは台風の状況次第と

言わざるをえません。

 

一応明日朝8時までには開催アリ・ナシはお伝え致しますので

もう少々お待ちいただければと思っております<(_ _)>

 

 


7/29(日) Jellybeans’ GAKUSABOU LIVE 告知

 

梅雨はどこにいった?

という感じで雨が少なく、夏のように強い日差しが

照り続けているここ最近ですが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

それにしましても昨夜の日本対セネガルの試合、

日本代表は大きな勝ち点1をもぎ取りましたね!

 

この試合での決勝トーナメントへの進出は出来ませんでしたが、

今の精神状態の日本代表なら難敵ポーランドとも互角かそれ以上の結果を

もたらしてくれるのではと期待しております。ガンバレ日本!

 

 

と、少し脱線してしまいましたが、本日は

来月、7月29日(日)に予定しております、

北九州が誇る、本格派のカントリーミュージックバンド、

Jellybeansさん!

3年ぶりにGAKUSABOU に帰ってまいりますので

そのライブ告知でございます!!

 

 

 

 

-Jellybeans-

北九州市内で活動していたそれぞれ20年前後のキャリアを持った

二つのカントリー・バンドが5年前に一つに合流して結成されたバンドです。

バンドの目玉としては3ボーカル、4コーラスなど他ではあまり聴かれない編成の歌唱、

そして何といってもカントリー・ミュージック・サウンドの要である

ペダル・スティール・ギターの存在です。

我々Jellybeansの演奏と歌唱でアメリカの青い空と乾いた風を感じて頂ければと思います。

酒井 義秀 (G./Vo.) Gishu Sakai
田中 秀和 (G./Vo.) Hidekazu Tanaka
皐月 満 (G./Fm./Bh./Vo.) Nash Satsuki
前田 信尋 (B./Cho.) Nobuhiro Maeda
Smiley 植田 (P.S.G./Vo.)
眞鍋 美京 (Vo.) Misayo Manabe
佐藤 大聖 (Ds.) Daisei Satou

 

そうなんです、上のご紹介文にも書かれておりますが、

このペダル・スティール・ギターの音色がカントリーミュージックを

カントリーミュージックとして感じるためのとても大きな存在なのです。

 

 

カントリーミュージックとは・・・

現在のアメリカン・ポップスやアメリカン・ロックの基礎となる幾つかの

伝統的な音楽を一般的にアメリカン・ルーツ・ミュージックと呼ばれていますが

その中でも最も大きな流れを占めているのがこのカントリー・ミュージックです。

 

個人、バンド共に1930年代から現在まで時代によって数多くのスタイルで演奏されていますが

カントリー・ミュージックに特化した楽器といえばペダル・スティール・ギターや

フィドル(ヴァイオリン)、バンジョーなどが有ります。

 

いかがでしょうか、

カントリーミュージックはヨーロッパの民謡や、アイルランド系のケルトミュージック、

ゴスペルなどの霊歌や賛美歌からの影響も受けていると言われ、

ヨーロッパからの移民の方々、開拓民の音楽として発展してきたと聞いています。

 

聞いたこともあり好きだが、

なかなか生で見れる機会が少ない音楽ジャンルだと思います。

 

Jellybeansさんは長いキャリアととても高い技量をお持ちのバンドです、

これぞカントリーミュージックという曲を素晴らしいテクニックと

完璧なハーモニーで歌い上げて下さいますので

是非この機会に素晴らしいカントリーミュージックを

堪能していっていただきたいです!

 

 

ライブ日時:7月29日(日) 14:00~ Start (13:30~ Open)

会場:かなたに園 cafe GAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンク付)

問合せ:(Tel) 083-224-0974  (mail) kanatanien@navy.plala.or.jp

 

それでは、どうぞお楽しみに~( ´ω`) ノ


3/25(日) 秋山仁希’s GAKUSABOU LIVE 告知!

 

立春を迎えたというのに、毎日とても寒い日が続いておりますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

立春といえば、”二十四節気”の一つで、

茶摘み歌の「夏も近~づく 八十八夜~♪

という歌にでてくるこちらは”雑節”の一つ「八十八夜」の

カウントがスタートする日でもあります。

 

ちなみにその「八十八夜」が含まれる”雑節”には他に

節分・入梅・半夏生・二百十日・土用・彼岸などがあります。

 

日本には四季や二十四節気の他に雑節などもあり、

季節を細やかに感じ取る繊細な精神性や、たおやかさなど

古来からの日本人独自の国民性をそこから感じることができますね~。

 

 

さて、今日お知らせさせていただくのは

今年初めのGAKUSABOU LIVE!

 

ゲストアーティストは下関のディーバこと

秋山仁希さん!

 

昨年は都合があわず当店でのライブは出来ませんでしたが、

下関市内や北九州の各所で精力的にライブ活動をされており、

その素敵な歌声を皆さんに届けていることだと思います( ´ω`)

 

 

 

仁希さんは6~70年代のオールディーズやポップス、

また時にはジャズなどもレパートリーにいれており

 

ピアノを用いたソロの弾き語りのスタイルで、

ハスキーかつ爽やかな声質が、

春や秋には、とても心地良く感じられることと思います。

 

 

当店では2年ぶりとなる今回のライブ、

今は寒いですが、このライブの頃は桜も咲き始め、

彼岸明けの暖かい日になると思われます。

 

息づかいが聞こえ、手を伸ばせば届くほどの距離で

仁希さんの繊細な歌声を聴いてみられて下さい( ´ω`) b

 

 

日時:3月25日(日) 13:30~OPEN   14:00~START

場所:かなたに園内 cafe GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:1,500円(1ドリンクつき)

お問合せ:(tel) 083-224-0974  (mail) kanatanien@navy.plala.or.jp  かなたに園まで

 

 

それでは、お待ちしております( ´ω`) ノシ

 


打田十紀夫’s GAKUSABOU LIVE 後記

最近は例年より寒い日が続いておりましたが

今日のように日差しがありますと体感温度も上がって助かりますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は先日の日曜日に開催致しました、

ギタリストの打田十紀夫さんのライブのもようをお届けしていこうと思います。

 

今回GAKUSABOU LIVEに初登場となった打田十紀夫さん、

フィンガーピッキングスタイルのギタリストとして日本でもトップクラスの名手!

 

 

ですのでファンも全国各地にいらっしゃいまして、

打田さんファンで当店に初めて来られたというお客様も多くいらっしゃいました。

 

この度もお天気は良かったのですが、とても気温の低い中、

当店のライブに足を運んでいただいたお客様、

誠に有難うございました!

 

 

今回はたっぷりと打田さんのライブを楽しんでいただこうと、

前座は設けず、

前半・後半と分けてお送りさせていただきました。

 

打田さんのライブ演奏の大きな特徴は、

曲によって3本のギターを使い分けていることです、

 

もちろん他のアーティストさんでもライブ中ギターを変えることは普通にあるのですが、

それはかなり大きな会場での大規模ライブの中でなどのことで

 

小規模ライブハウスなどでのライブで打田さんのように1曲1曲変える方は

珍しいと思われます。

 

さすがプロ中のプロのギタリストだ、と感心しておりましたら

時には4本のギターを用意され、用いることもあるようです。

 

しかもそれを打田さんお一人で持って運ばれるというからまた凄い!

打田さんは長く東京暮らしだったので車の免許をもっておらず、

ライブの移動では徒歩で電車などを使って

ギターを最低でも3本担ぎ、大き目のスーツケースを持ち、移動されるそうです。

凄すぎますね!

 

打田さん自身はもう慣れたもので重さなどは苦にならないと仰られておりましたが、

最近はその一人でギターを3~4本担いで移動する姿をジロジロ見られるのが

恥ずかしく苦行であると仰っておりました( ´∀`)

 

 

 

ファンの方はご存知だと思いますが、

打田さんはジャイアント馬場さんの信者で、

中高生の頃はプロレスラーになるために柔道を学び、

大学生になるまでギターのギの字も知らなかったという不思議な経歴の方、

 

また馬場さんのモノマネも激似で、プロレスの歴史や裏話にも詳しく、

プロレス愛も半端無い方です。

 

普通打田さんレベルの方となると、幼少の頃よりギターを学び、

小中学生の頃には神童とよばれ・・・というパターンのほうが多い気がしますが・・・。

 

と、まぁ本当に凄い方なのですが、優しいお人柄やギターの音色だけでなく、

そういった別の面やとても面白いトークに熱心なファンの方々は魅了されている

のではと感じます。

 

 

モーリスの打田さんモデル!

 

古いアメリカンブルースやカントリーやブルーグラス、

さらに日本の民謡や童歌などもレパートリーに含み、

美しく超絶技巧のフィンガーピッキングで見ているものを

どんどん引き込んでいきます。

 

 

レアなナショナルのリゾネーターギター、スライドにはこちら!

 

打田さんは数多くのギター教習本を執筆されておりますので、

当然ギターや用いられる道具、歴史にも詳しいですし、

色々なギターに関しての説明もとても分かりやすく、

ギターに詳しくない人でも聞きやすいです( ´ω`)

 

 

 

ギブソンの12弦ギター、ヴィンテージですね、風合い艶が凄い!

 

演奏は難しい12弦ギター。

12弦ギターのもつ独特な音の広がりが、

打田さんの指によりさらに壮大な広がりを感じさせてもらえました。

 

 

今回のライブでギターのテクニックは勿論なのですが、

曲への理解や用いる道具の選択などがいかに大事かということも

しみじみと学び、感じさせていただきました。

 

心地良いハートウォーミングな演奏、

同じ曲で違うチューニングで演奏するとどうなるかや細かなテクニック紹介、

さすが先生の講演のように軽快なトークで

打田さんにたっぷり2時間近くライブを行っていただきました!

 

打田さんこれからもツアーは続くと思いますが、

お身体壊さないように気をつけて頑張って下さい!

 

また下関に寄られる際は宜しくお願い致します!!

 

 

最後はいつものですが、やはり今回はちょっとブルースっぽく

 

それでは、また( ´ω`) ノシ