色々なことを徒然なるままに…

侘び助、上田たけし” タグの投稿

「みんなで朗読会」at GAKUSABOU 後記 &侘び助’s GAKUSABOU LIVE 告知

週の始まりの月曜日ですが、あいにくのお天気となっておりますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

今日は昨日の日曜日に開催致しました、

「みんなで朗読会」のもようをお送り致します。

 

初めに、昨日の朗読の会にご参加・ご来場いただいたお客様、

誠に有難うございました!

 

この会は毎年当店でも朗読劇ライブを開催していただいている

アーティストグループ「侘び助」さんの主メンバーの一人であり、

全国語りべ大会で優勝もされている、萬田陽子さんに企画していただいた朗読会です!

 

 

人前で朗読をするのが初めての人、朗読を習っている人、子供に読み聞かせをしている人など

朗読をすることが好きな人、興味がある人に是非気軽に参加していただきたいと思い、

この度、開催させていただきました。

 

それでは簡単に参加者をご紹介していきましょう、

 

トップバッターは当店店主の金谷英樹

自分のオリジナル曲の詩の朗読と

”侘び助”の上田たけしさんとその朗読した曲をデュオで演奏していただきました。

 

 

お次は、北九州より参戦していただきました、森仁美さん。

占部暢勇(のぶお)さんの「筑豊弁で語る、ちくほうの民話」より

「カンしゃんの豆腐汁」を朗読していただきました。

 

その土地土地の方言や言葉には、そこで生まれた訳ではなくても

どこか郷愁を感じるものですね、森さん有難うございました!

 

 

続いては店主美紀子のゴスペル仲間でもある、山本裕子さん

岩間史朗さんの美しい写真絵本「わたしのもみじ」の朗読をしていただきました、

 

とても綺麗な木々の写真や文章にグッと惹きつけられました。

山本さん有難うございました!

 

 

お次も北九州よりお越しいただきました、堀正美さん

宮沢賢治作の人気短編童話「やまなし」を朗読していただきました。

 

「やまなし」はあの”クラムボン”でも有名ですね、とても賢治らしい美しい情景が

目に浮かぶ名作です、堀さん有難うございました!

 

 

お次はとても感情の伝わる朗読で印象的でした、木下順子さん

長谷川集平さんの「はせがわくんきらいや」を朗読していただきました。

この絵本はコミカルな絵やリズム感ある内容からは容易には想像できませんが

昭和30年の森永ヒ素ミルク中毒事件を題材に 描かれた絵本です。

 

木下さんは「人前で朗読するのは初めてで・・・」と緊張されておりましたが、

その優しいお声の朗読は聴く者にとても心地良く残りました。

木下さん有難うございました!

 

 

お次は、とても朗読レベルが高いと萬田さんも感心されていた、原田厚子さん

金子みすゞの詩集より絵つきで詩の朗読をしていただきました。

 

金子みすゞの詩は一聴するだけでは理解するのが難しいものもありますが、

原田さんの聞き取りやすい声・トーン、そして絵つきでの朗読により

とても分かりやすく心に入っていくように感じました。

原田さん有難うございました!

 

 

そしてここでティータイム休憩に入りまして、

 

そのティータイム後の後半部始まり前に私も朗読会に参戦させていただきました!

私は大分県の二階堂酒造の作るテレビCMの中の詩の朗読をさせていただきました。

二階堂酒造のCMは映像、音楽、詩が全て美しく、ノスタルジックで

とても好きなCMです、全国で放送されているかは分かりませんが、

九州・山口の皆さんは誰しもが一度は見たことのあるCMだと思い、

朗読させて頂きました、有難うございました!

 

 

後半部お一人目は、北九州より参戦の山田佳子さん

星新一さんの「愛の鍵」を朗読していただきました。

 

星新一さんは小説家でありSF作家、

豊富な作品量でありながら、それでいてどの作品も質の高さを兼ね備えていた

ところから「ショートショート(掌編小説)の神様」と呼ばれている方です。

山田さんはどちらかというと淡々と朗読されておりましたが、

この「愛の鍵」という作品にはとても合っていたように感じます。

山田さんありがとうございました!

 

 

お次は新美南吉さんの「二匹の蛙」を朗読していただいた

上田さとしさんなのですが、私が写真を撮り忘れてしまいました、すいませんm(_ _)m

上田さんは朗読は初めてとのことでしたが、安定感のある語りで全く初めてという感じには

思えませんでした。

 

新美南吉さんは「ごん狐」が有名で、結核により29歳の若さで亡くなったようです。

この「二匹の蛙」からは争いごとのむなしさや、嫌なことは寝て起きたら忘れているさ、

というような前向きなメッセージも感じられました、上田さん有難うございました!

 

 

さてお次は金子みすゞさんの詩「はちと神様」を朗読していただいた石田朱美さん

この「はちと神様」はとても短い詩なのですが、

さすが金子みすゞというべき不思議な空気感を持ち、

少し立ち止まって考えてしまう深い詩です。

 

石田さんも人前での朗読は初めてと仰られておりましたが、

聞き手にスッと伝わる素敵な読み方でございました。石田さん有難うございました!

 

 

そして、最後はお隣の門司のほうで「朗読カフェ」という朗読の会を

主催している加生ふみ子さんとその会の皆さんによる

佐野洋子さんの超名作「100万回生きたねこ」の朗読でした。

皆さん猫耳や付け髭なども用意され、見事にその世界観を演出されておりましたね。

加生さん、そして朗読カフェの皆さん、有難うございました!

 

 

そして、この朗読会に一花添えてくれたのが

ギターとピアノで絶妙な音を奏でてくれました”侘び助”の上田たけしさん!

シンガーソングライターで劇の演出家でもある上田さんの効果音、BGMは

読まれる詩や物語りに寄り添い、プラスの効果音となって演出してただきました。

そして奏でられる音はほぼ全て即興というからまた凄い!

上田さん有難うございました!

 

 

今回のような参加者を募集し行う朗読会は当店では始めての試みだったのですが、

予想以上の数のお客様のご来場に関係者一同驚きと、感謝の気持ちで一杯になりました。

 

また、朗読に興味がある方ややってみたいという方が

多く出てきているというのを強く実感致しました。

 

少し前にNHKでも山口地域発のドラマで中原中也の詩にスポットが当たっておりましたが、

デジタルばかりで何かそっけなく

人と人との間柄まで冷めていってしまっている今の世の中への反動が

こういったモノラルですが人を感じる暖かな動きやモノへと

人の思考の関心が移っている、回帰しているようにも感じました。

 

また、優しい笑顔でじっと朗読に耳を傾けているお客様の横顔もとても私の印象に残りました。

 

是非2回目、3回目と続けていきたいと思える朗読会となりました。

有難うございました!

 

そして、そして、

萬田さん上田さんが率いる、表現の可能性を追求していく集団

”侘び助”さん

の朗読劇ライブは来月11月26日(日)に、当店GAKUSABOUにて予定されております!!

 

 

 

毎年楽しみにされている方も多い侘び助さんの朗読劇ライブですが、

今年は宮沢賢治の「祭の晩」を演目に予定しております。

 

今年は侘び助のお二人と共に、

朗読をしながら、手話通訳も同時にされる

石倉留実さんをゲスト演者としてお招きしてお送り致します!

 

 

そして、来週の祝日月曜日の10月9日(月)には、、、

 

関東より、PP&Mの完コピバンド「チェリーレーン」さんがやって来られます!

アメリカンフォークソング好きの皆さん、PP&Mが好きな方、

是非足をお運びいただけたらと思っております!( ´ω`) b

 

 

それでは今日はこの辺で、( ´ω`) ノシ

広告

10/1(日)読んでも楽しい!聞いても楽しい!「みんなで朗読会」at 楽茶房開催!

 

本日2度目のこんにちはでございます、

かなたに園でございます( ´ω`)

 

またまた先の告知となるのですが、

きたる10月1日(日)に当店Cafe GAKUSABOU(楽茶房)にて

「みんなで朗読会」というイベントを開催致します。

 

このイベントは毎年当店で朗読劇ライブを開催していただいております

北九州を拠点にジャンルにこだわらず、メンバーを固定せず、

表現の可能性を追求していく集団 『侘び助』 さん

の主要メンバーで2015年度「久留島武彦顕彰全国語りべ大会」で優勝された

萬田陽子さんに企画していただいたイベントです。

 

もちろん萬田さんご本人も来て頂けます!

 

 

独学で朗読をやっている方、

朗読教室に通っていて人前で朗読をしてみたい方、

子ども達に読み聞かせをやっていて大人の方にも聞いてもらいたい方、

ただただ朗読に興味のある方 などなど、、、

 

かなたに園・楽茶房の朗読会に参加してみませんか?

初心者の方も、聞くだけの参加も大歓迎です。

 

参加費・入場料は無料です。

但しドリンクの1オーダーをお願い致します。

 

内容は、

絵本・文芸作品・エッセイ・詩・昔話・落語など自分が好きな作品(またはその一部)

を選び、お一人につき8分以内で朗読をしていただきます。

 

読み手での参加ご希望の方は、

※8月31日までに

・「お名前(ふりがな)」

・「お電話番号」

・「作品名」

・「作者名」

・「朗読時間(約何分何秒か)」

 

をどんな紙でも構いませんので書いて、

当店までFAXまたは郵送で送っていただくか、

eメールにてメールしていただくことをお願い致します。

 

かなたに園FAX番号 《 083-224-0974 》

かなたに園住所 《 下関市汐入町4-4 》

かなたに園eメールアドレス 《 kanatanien@navy.plala.or.jp

↑クリックするとメールソフトが立ち上がります

 

読み手の定員は10名でお申し込みの先着順ですので、

ご参加希望の方はお早めにお申し込み下さい。

 

10月初めは夏の余韻と来たるべく秋の香りを跨ぐ気持ちの良い季節、

静かで心地よいBGMと共に朗読してみませんか?

 

 

それでは、また( ´ω`) ノ


GAKUSABOU 謝恩忘年会♪

こんばんは、かなたに園です( ´ω`)

本日当店CafeのGAKUSABOUにて、

この一年でお世話になった方々をお招きしての

謝恩会+忘年会を開かせて頂きましたので

そのもようをサラッと写真でお伝え致します!

 

img_1698

トップバッターはなんとなんと、

店主英樹の50年来の友人で音楽仲間の山本さん

神戸から来店してくれまして、

 

そこに「下関のディーバ」こと秋山仁希さん

「世界のナベヒソ」ことサックスの渡辺ひそかさん

トリオでの演奏を被露!

 

山本さんはドラマーとしてジャズが盛んな神戸で活躍されており、

今回共演となりました。

 

仁希さんもご自身のライブで大変ご多忙の身ですのに

最後まで参加していただき誠に有難うございました。

 

仁希さんのライブ情報はこのブログのリンク部分から

仁希さんのブログに飛べますので是非チェックしておいて

下さい!

 

 

img_1699

 

今回の謝恩会ではご希望あらば、

山本さんのドラムと渡辺さんのサックス

さらに仁希さんのピアノの伴奏があるというスペシャル演奏会

 

侘び助の上田たけしさんもその気はなかったようでしたが

急遽セッションしよう!ということで

定番の名曲とオリジナルの曲を披露!

店主英樹のむちゃ振りにも対応していただき有難うございました!!

 

 

img_1702

 

そしてなんと20年ぶりにフォークギターを引っ張り出して

この日のために練習してくれたという

石田さん

 

当店のライブによく足を運んでいただいていたのですが、

まさか歌われるとは私知りませんでした。

 

雰囲気は中島みゆき時代のフォークシンガーという佇まいで

とても素敵な歌声で会場を暖めてくれました、

ご参加していただき有難うございました!

 

 

img_1709

 

そしてそしてジャズといえばこの方でしょう、

タカラベさん

そのハスキーな歌声はまさにジャズむき、

 

今回は初の生演奏つきでの歌声披露で

相当緊張しておられたようですが、

歌声からはそんな感じは受けませんでしたよ!

今回も有難うございました!

 

 

img_1703

 

今回GAKUSABOUに初登場のいつきはじめさん

エレキギターでの◎ンチャーズの楽曲を被露、

あの独特のノリと会場の皆様の青春ソングということもあって

とても盛り上げていただきました、テケテケテケテケ~

いつきさんビッグウエーブを有難うございました!

 

 

img_1706

 

そして先日ご自身のシークレットライブも行われたTAKAKOさん

今回は渡辺さんがテナーでTAKAKOさんがアルトの

サックス2とピアノ、ドラムのカルテット演奏です。

 

TAKAKOさんも生伴奏での演奏は初めてで

少し緊張した面持ちでしたが、

ジャズをこよなく愛する方々が伴奏についてくれるということで

演奏が始まると自信をもって演奏されておられましたね

とても素敵なカルテットの演奏を有難うございました!!

 

 

img_1708

 

そしてトリは、ゲストの皆さんに誠に申し訳ありませんが

店主英樹でございます(;´ω`)

 

50年来の友人との共演は感慨深いものが

あったと思います。

「一杯飲んでるんじゃないか?」と思われるほどの

ハイテンションで楽しく演奏する店主英樹 を見るのも

久しぶりな感じが致しました。

 

 

今回写真は撮れませんでしたが参加していただいた

サックスのカジさん、繊細な音色を奏でていただきました!

百合野さん、クラシックギターの優しい音色は心に響きました!

金城さん、歌謡曲の名曲を力強くご披露!

 

お写真撮れずに申し訳ございませんでしたが、

本当にご参加いただきまして有難うございました!!

 

 

今回ご参加していただいた演者の皆様、

またお天気が悪い中で駆けつけてくれたお客様、

本当に有難うございました!

 

また来年、皆様に素敵な音楽の時間を届けられたらと思っております。

 

それでは!

 


侘び助’s GAKUSABOU LIVE 後記

img_9590s-s

 

今日は久しぶりに日差しが強いですね!

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、昨日開催致しましたGAKUSABOU LIVE、

演劇集団”侘び助”さん達による

朗読劇「銀河鉄道の夜」

の模様を振り返って参りましょう!

 

昨日はライブの始まる頃はお天気もまぁ曇りといったところで大丈夫だったのですが、

午後3時以降に予想外の土砂降りの雨が降ってくるという天候でした。

 

毎年9月や10月はスポーツ・文化・芸術イベントも本当に多い中で、

当店のライブに足を運んでいただいたお客様、誠に有難うございました!

 

昨日はいつもよりゆったりと余裕をもってライブを観覧出来、

朗読劇などを聞くのにはとても良い空気感がありました。

 

 

_igp5654s-s

オープニングアクトは勿論当店店主バンドの”GreenTeas”が勤めさせて頂きました。

今回は侘び助の上田さんもギターで参加し、

3ギター1ボーカルの編成です!

 

昨日は洋楽・邦楽の名曲にオリジナルを少々織り込みまして、

6曲ほど演奏させていただきました。

 

特に洋楽は誰もが知っている名曲でしたので、

皆さん安心して一緒に口ずさんでいるご様子でしたね。

 

そしていつものティータイムを挟みまして、

 

 

_igp5670s-s

 

まずは、侘び助の上田さんがソロの弾き語りで登場、

上田さんは演劇集団”侘び助”の音響効果や監督も努めますが、

 

本来はシンガーソングライター”上田たけし”としてのソロ活動や、

知り合いのミュージシャン仲間と共にバンドなどを組んだりして、

主に福岡県で活動をされております!

 

侘び助さんの活動が分かるFacebookページは⇒こちら

 

_igp5668s-s

上田たけしさんの歌声は、その優しいお人柄が滲み出るようで、

とてもハートフルで暖かみを感じる歌声です( ´ω`)

 

そこに確かなギター技術で時に緩やかに、

時にグルーヴ感ありパーカッシブなギターを重ねたりして

上田たけしワールドを構築しています。

 

_igp5672s-s

最近はギターだけでなく、ベースにも嵌っておられるようで、

以前一度GAKUSABOU LIVEでも被露していただいたこともあります。

 

童謡とオリジナルを含めた3曲を被露いただきましたが、

もう少し聞いていたいなぁと思う心地良い歌声でしたね( ´ω`) b

 

 

そしてお次に”侘び助”の屋台骨と呼ばれ、

昨年の久留島武彦顕彰全国語りべ大会で優勝された

萬田陽子さんがソロでの民話の語りをご披露。

 

_igp5661s-s

 

5分ほどの短いお話しでしたが、

聴く者を物語にグイっと引き込む吸引力は

素人の私にも感じられましたね。

 

 

%e6%98%9f%e7%a9%ba-1-s

 

さぁ、そしてお待ちかねの

宮沢賢治の未完にして最高傑作と呼ばれる

「銀河鉄道の夜」の朗読劇が始まりました。

 

_igp5660s-s

今回の朗読劇では萬田さんの相手役として、

森田玲子”さんが参加!

 

こちらの森田さんもさすが萬田さんの相手役、

めちゃくちゃ上手いです!

 

声の安定感や、キャラのつけ方など、

萬田さんとはタイプが異なるので、

それが相乗効果となって、

登場人物が切り替わってもとても分かりやすく

頭に入ってきます。

 

 

_igp5657s-s

 

劇内では上田さんが、

場面場面の音響効果をピアノ一つで表現していきます。

 

これもとても素晴らしい演出で、

ピアノの様々な音を最大限に活かした静と動のアコースティック音響を

場面場面で使い分け、聴いてる者の情感に訴えかけるのです。

 

上田さんはあの有名なネコのアニメ映画の「銀河鉄道の夜」を

見たことがないとおっしゃっておりましたが、

そのアニメ映画内で使われる音楽(確かYMOの細野晴臣さんが担当)と

違和感なく一致していたように思えます。

 

宮沢賢治の作品のもつ独特の世界観や、

少し怖い雰囲気、日本より西洋の寓話に近いあの感覚を

3人で表現するのは凄いです( ´ω`)

 

朗読劇という聴覚のみによるストーリー展開というハンデを

人の頭の中での想像を最大限に膨らませるような手法を用い

逆にプラスに転じさせるお芝居はお見事です。

 

侘び助さんは毎年必ず出演して頂いているのですが、

今年も昨年を上回るクオリティでご披露いただけましたこと

大変有難く思っております。

ありがとうございました!

 

ここで侘び助さんの北海道公演のお知らせです!

 

14359225_1141227722628653_4729667794477235849_n

 

なんと来月10月10日に”北のやまねこ座”の方々と

北海道の札幌市内とニセコ町にて同日2公演を行うようです!凄い!

 

ニセコ町の方は、「有島武郎 童話の世界

場所:「有島記念館ブックカフェ」 虻田郡ニセコ町有島57番地にて

時間:11時より 入場無料

 

札幌の方は「宮沢賢治 イーハトーブへの招待状

場所:北海道立文学館 札幌市中央区中島公園1番4号

時間:19時より 入場無料

 

詳しい情報は北のやまねこ座さんのHPに載っておりますのでご参考下さい↓

《北のやまねこ座HP》

 

侘び助さんの活動が分かるFacebookページは⇒こちら

 

 

さて、最後はいつもの通り、

レコジャケ遊びでお別れです、

 

_igp5681s-s

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 


謡楽舎-天満俊秀・智恵子’s GAKUSABOU LIVE後記

_IGP5116-s-s

 

今日はいまいちお天気がパッとしませんね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は昨日27日に開催致しました天満俊秀さんと奥様智恵子さんによるユニット

「謡楽舎」さんのGAKUSABOU LIVEの模様をお送り致します。

 

とその前に前座を務めますのは、かなたに園店主バンド

Green Teas

でございます。

 

_IGP5132-s

今回から北九州より朗読劇ユニットの「侘び助」上田たけしさんが正式加入!?

ギターとベースを奏で、これによりGreen Teasの演奏に音の厚みが増して参りました!

 

さらに今回はゲストボーカルとして知り合いのOさんが駆けつけて頂き、

女性二人の美しいハーモニーを皆様にお届けできたのではないでしょうか。

 

そしてティータイムを挟みまして、、、

 

本日のスペシャルゲストの

天満俊秀さんと天満智恵子さんのご登場でございます。

 

_IGP5134-s-s

 

まずはギターとフィドル(バイオリン)によるアイルランド民謡の数々を演奏。

 

アコースティック楽器のインストゥルメンタルで奏でられるのアイルランド民謡は、

ケルトミュージックの神聖さや、農村の風景を感じる牧歌的なものを合わせもち、

聴いてる人の魂に安らぎや、望郷の念などを思い起こさせるかもしれません。

 

かくゆう私も天満さんご夫婦の演奏を聞くたびに胸にジーンときます、

私のルーツはもしかしたらUKにあるのかも!と思うのですが、

蛍の光やダニーボーイなどの民謡は小学生のころから学校で題名は知らないけど

自然に流れて聴いていたからというのもあるのかもしれませんね。

 

_IGP5164-s-s

 

天満さんは20年ほどアイルランド民謡を中心とした演奏活動をされており、

有名ギター雑誌に寄稿されているほどの方、

これまでもソロ名義のCDや楽譜集なども手がけておられます。

 

 

_IGP5139-s-s

 

奥様智恵子さんは大阪音大でヴァイオリンを専攻され、

その後アイルランド伝統音楽に出会いフィドルに転向、アイリッシュの名フィドラー

ジョン・カーティ氏よりフィドルを学んだそうです。

 

_IGP5192-s-s

 

一音に込められた天満さんの集中力、

その指先の緊張感に聴く者は感動致します・・・。

 

ググっと体をギターに寄せ、曲の出だしの一音を紡ぎ出す時の

ピンと張り詰めた空気や天満さんの姿はとても美しいのです。

 

_IGP5168-s-s

 

曲の間のトークの場面ではさすが大阪ご出身という巧みな話術で

会場を暖めてくれますが、

 

演奏の際の天満さんの眼光は鋭く、

ギターに向けるその真摯な姿勢には

音楽を超えた人の生き方の理想のようなものを感じざるを得ません。

 

そしてライブ後半にはギターから三味線に持ち替え、

日本の民謡を奏でていきます。

 

_IGP5213-s-s

 

三味線は独学ということですが、こちらも超絶技巧!

三味線で日本の民謡を奏でる時はどこか燻し銀になる顔つきも

2年前とかわりません( ´ω`)

 

 

_IGP5210-s-s

 

智恵子さんはフィドルから日本の伝統楽器「胡弓」に持ち替え

その独特な音色を楽茶房内に響かせます。

 

胡弓が民謡に根付いている数少ない地域が富山県だそうで、

大阪から富山まで通われて習われていたそうです。

 

私は昨日あるイベントで沖縄出身の方とご一緒させてもらったのですが、

その方のご実家の島も昔は胡弓が普通に弾かれていたそうですが、

今はほとんど見ないと言っていました。

 

なのでなかなか弾いているのを目の前で聴くことが出来ない珍しい楽器の一つです。

ご来場のお客様はその悠久の音色に心打たれたのではないでしょうか。

 

 

_IGP5223-s-s

 

三味線と胡弓による「黒田節」は本当にかっこいい、

そして日本の昔の風景が浮かんでくるようです。

 

アイルランドにせよ日本にせよ、民謡は民衆、主には農民や漁民など

の歌なので天満さんも農業に従事し始めてやっと

本当の意味での民謡を人に伝えることが出来始めたとおっしゃっておりました。

 

2年ぶりにお会いしたお二人でしたが、大変な農作業の最中わざわざおいでいただき、

変わらずの優しい笑顔でお話しいただけたこと本当に有り難かったです。

また是非来年も来ていただけたら嬉しいです( ´ω`)

 

今年初のGAKUSABOU LIVEでしたが、いかがでしたでしょうか?

日曜日のお昼間に当店に足を運んでいただいたお客様、誠に有難うございました!

 

次回は5月の終わりごろを予定しております。

またこのブログでもご紹介させて頂きます。

 

最後に天満俊秀さんと智恵子さんによるユニット

「謡楽舎」 

の初めてのアルバムが先ごろ発売されました!

yorakusha1

今回当店で演奏した曲もしっかり入って、

ギターとフィドルのアイルランド民謡と

三味線と胡弓による演奏み収録されております!

 

9曲入りで価格は2,000円です。

 

とってもお奨めですので是非天満さんの公式ウェブサイトの

天満俊秀 Official Web Site

からお買い求め下さい。

 

欲しいけどネットの買い物はしたことがないので・・・という方は

当店かなたに園にご連絡下さい、天満さんより直接送ってもらいますので!

 

わすれるところでしたが最後に恒例のやつです。

_IGP5175-s-2-s

 

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

 

 


侘び助’s The Last Sunday Live 後記

IMGP2993s-1

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、昨日11月30日に開催致しました、

「侘び助’s The Last Sunday Live」の様子をお伝えしたいと思います。

 

肌寒く、あいにくの空模様で足下の悪い中にご来場いただきましたお客様、

誠に有難うございました、演者関係者一同感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さて、それではいってみましょう!

 

IMGP2970s-1

はい、ここはいつもとかわりませんね、

ご存知「Green Teas」でございます( ´ω`)

 

「今回僕出ませんよ!」と言っていたSHINGOさんも

やはり2人では心もとないと感じたんでございましょうか、

直前に急遽参加の意向を示していただきまして、

いつものメンバーでオリジナルと名曲の半々のバランスで皆様にご披露させていただきました。

 

IMGP2974s-1

 

しかし、3曲目は特別ゲストで歌唄い仲間のDOMIさん!にご参加いただき、

スキータ・ディビスの名曲をカバー!

難しい曲をハスキーなお声でしっとりと唄いあげていただきました~( ´ω`)

DOMIさん有難うございました。

 

小休止をはさみまして、侘び助さん達の登場です。

 

IMGP2978s-1

左から萬田陽子さん豊嶋陽子さん石倉留実さん、ピアノ音響の上田たけしさんです。

 

シンガーソングライターの上田さんはここではピアノで効果音などを担当、

アンビエントな効果音を繊細なピアノタッチで構築していきます。

これが絶妙な効果音で、ゆっくりと童話の世界に引き込まれていくようでした (´-`)

 

IMGP2980s-1

 

そして何と言っても語り手の萬田さん、豊嶋さん、石倉さんの語りの上手さが尋常ではありません、

まさに眼前に像が浮かぶような語り劇で、

想像力を刺激する語り方と言ったら良いでしょうか。

 

童話なので全体にコミカルな役どころが多いのですが、

3人でナレーションから全ての役をされるのはかなり大変なのではないでしょうか。

 

また、宮沢賢治の童話の独特な世界観や隠喩めいた部分は子供というより大人向けだなと

改めて感じさせていただきました。

とても面白く興味深く不思議なお話を有難うございました( ´ω`)

 

そしてここからは先ほどピアノを弾いていた上田たけしさん

ピアノからギターに持ち替えてソロライブでございます。

 

IMGP2989s-1

 

IMGP2986s-1

上田さんは福岡県飯塚市を拠点とする、

シンガーソングライター兼、「侘び助」や劇団「空間飛行」の音楽担当でもあります。

 

そのパワフルながら暖かみのある歌唱力は、

寒い時期のひとときの癒しとなり、我々を包み込んでくれます。

 

IMGP3002s-1

とても精力的に活動されており、お忙しい日々を送っておられる上田さんですが、

特に年末にかけて、されているお仕事が超絶に忙しくなるようで、

またストレスを抱え込むのではないかとかなたに園・劇団員一同心配しております(;´ω`)

 

IMGP2997s-1

                   「心配ないさ~」

 

そんな侘び助の上田たけしさんの最新情報は、

公式Twitterの→こちら←をクリック!

 

または、とてもあっさりとした(;゚д゚) 演劇集団「空間飛行」のホームページ

こちら←をクリックです!

 

さて、ライブもラストの曲となったところで、

IMGP3006s-1

さきほどの石倉留実さんが再登場し、

なんと手話つきで皆さんとあの東北大震災の応援ソングを合唱!

その暖かい雰囲気の中でライブは終了となったのでした~。

 

sate、、、これで今年最後のラストサンデーライブも終わりました、

ここからは年末年始に向かってラストスパートしていかないといけません。

 

予定では2015年1発目のライブは3月に開催予定です。

もしかしたら名称も新たに生まれ変わるかもしれませんが、

何卒ごひいきによろしくお願い申し上げます!

 

では、最後に恒例のレコジャケ遊びでお別れです。

 

IMGP3005s-1

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 


本日11/30(日)侘び助’s The Last Sunday Live 開催!

2014年11月侘び助ライブ3web用2

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

さぁ本日は今年最後のラストサンデーライブでございます。

 

福岡から語りと音楽のユニット「侘び助」さんをお迎えして、

宮沢賢治作どんぐりと山猫を朗読劇でお送り致します。

IMGP1144-1

お子様も楽しめるとても可愛らしいお話です( ´ω`)

 

さらにその侘び助さんの音楽担当「上田たけし」さんのソロライブもあります!

IMGP1149-2

 

また、今回はいつものGreen Teasにスペシャルゲストの歌い手さん

お招きして、いつもとちょっと違う編成でお送りさせていただきます( ´ω`)

 

少しお天気が心配ですが、

師走を前にひとときのほっこり空間を感じにいらして下さい。

 

13:30より開場、ライブは14:00よりスタート致します。

料金:1500円(1ドリンクつき)

お問合せ:かなたに園 083-224-0974

 

それではお楽しみに、( ´ω`) ノ