色々なことを徒然なるままに…

八女茶” タグの投稿

10/9(月・祝) チェリーレーン’s GAKUSABOU LIVE告知2

 

今日の下関は夜半から降りだした雨が引き続き強く降っておりますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて、来週の祝日月曜日の10月9日

当店cafe GAKUSABOUで開催されます

「 Cherry Lane’s GAKUSABOU LIVE 

の告知2をさせていただきます!

 

チェリーレーンさんの記事、ライブ告知1は⇒こちら

 

チェリーレーンさん達は関東の東京・埼玉を中心に精力的にライブを

行っておりまして、ピーターポール&マリー(以下PP&M)の

正統コピーバンドとして、PP&Mの楽曲のほとんどを

カバーされております。

 

本家PP&Mも当時のまだ売り出し中のアーティストの曲や

埋もれていた名曲のカバーをすることが多く、

 

ボブ・デュランの「Blowin’ In The Wind(風に吹かれて)」や

ジョン・デンバーの「Leaving On a Jet Plane(悲しみのジェット・プレーン)」

ピート・シガーの「Where Have All The Flowers Gone(花はどこへ行った)」や

「If I Had Hummer(天使のハンマー)」などなど

 

PP&Mがカバーすることでアーティストの知名度が上がったり、

リバイバルされるきっかけになるといった

当時大変影響力のあるバンドでありました。

 

また、今の日本の団塊の世代の方々が一番多感だった時期に

ロックンロールのエルビス・プレスリー、サーフィンミュージックのベンチャーズ、

ビートルズなどと共に多大な影響を及ぼしたバンドだと思います。

 

それらがエレキブームやカレッジフォーク、グループサウンズなどに

繋がっていくと考えますと、

 

日本にそれまで無かった音楽が一気に押し寄せてきていた60年代というのは

もの凄い時代だったのだなと感じます。

 

チェリーレーンさん達の音楽を聞くと

おそらくそういった音楽の混沌期をすごしていた青春時代を思い出す

方々も多くいらっしゃるのではないでしょうか、、、

 

 

-チェリーレーン-

(PP&Mの代表曲の一つ)「Puff, The Magic Dragon」から採ったバンド名で、

桜並木のように人々を陽気に元気づける存在になりたい。

そんな気持ちで各地で歌っています。

 

歌えば歌うほどに本家PP&Mの歌の力に感嘆し、ますます意欲が湧いてきます。

 

『チェリーレーン’s GAKUSABOU LIVE』

日時:10月9日(月・祝) 14:00~START  13:30~OPEN

場所:かなたに園 Cafe GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:1,500円(1ドリンクつき)

お問合せ:Tel) 083-224-0974 かなたに園まで

Mailでのお問合せはこちら⇒ kanatanien@navy.plala.or.jp

 

中秋のこの季節、憂いのある楽曲と爽やかなハーモニーをお楽しみ下さい。

 

お待ちしております!

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 

広告

《季節限定》 秋の口切り新茶 販売開始

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

この味覚の秋に、

今年もあなたに

「秋の口切り新茶」

をお届けします。

 

4月から5月初めに摘まれた八女新茶を

すぐに零下30℃の冷凍倉庫で真空保存し、

この秋に口切りしました。

 

 

高度に鮮度を保ったまま仕上げたお茶で、

優良品種さえみどり、つゆひかり、おくゆたかなどを使用しており、

新茶の爽快な香気と成熟された旨みを兼ね備えた上質なお茶に

仕上がっております。

二煎目まで香味良く美味しい、この時期だけのとっておきの限定茶です。

 

 

100g 缶入り 1,620円(税込)

 

100g 袋入り 1,566円(税込)

 

 

現在、一般的に新茶の季節といえば、5月初めの頃ですが、

昔、新茶といえば秋だったようです。

 

4月終わりから5月初旬につまれた茶葉は壺に入れられ

夏の間に低温貯蔵されることで風味をまし、

新茶特有の青臭さが抜け、まろやかかつコクのある茶葉になります。

これを後熟(こうじゅく)といいまして、

新芽のお茶を熟成させることで、後に生まれ変わり、

その年の「新茶」とされたそうです。

 

 

10月に入りまして、益々朝夕の気温も下がり、

日中との寒暖差も激しくなって参りました。

 

そしてやっと、暖かいお茶がゆっくりと楽しめる季節となって参りました、

是非、この秋の口切り新茶をご賞味いただけたらと思います( ´ω`)

 

 

秋の口切り新茶は秋季のみの数量限定品となっておりますので

お早めにご用命下さいませ。

 

季節の挨拶や、手土産に、大変お奨め致します。

 

ギフト包装・発送も承っております。

電話083-224-0974 かなたに園まで

お気軽にお問合せ下さい。

メールでのお問合せは↓

kanatanien@navy.plala.or.jp まで

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 


「みんなで朗読会」at GAKUSABOU 後記

週の始まりの月曜日ですが、あいにくのお天気となっておりますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

今日は昨日の日曜日に開催致しました、

「みんなで朗読会」のもようをお送り致します。

 

初めに、昨日の朗読の会にご参加・ご来場いただいたお客様、

誠に有難うございました!

 

この会は毎年当店でも朗読劇ライブを開催していただいている

アーティストグループ「侘び助」さんの主メンバーの一人であり、

全国語りべ大会で優勝もされている、萬田陽子さんに企画していただいた朗読会です!

 

 

人前で朗読をするのが初めての人、朗読を習っている人、子供に読み聞かせをしている人など

朗読をすることが好きな人、興味がある人に是非気軽に参加していただきたいと思い、

この度、開催させていただきました。

 

それでは簡単に参加者をご紹介していきましょう、

 

トップバッターは当店店主の金谷英樹

自分のオリジナル曲の詩の朗読と

”侘び助”の上田たけしさんとその朗読した曲をデュオで演奏していただきました。

 

 

お次は、北九州より参戦していただきました、森仁美さん。

占部暢勇(のぶお)さんの「筑豊弁で語る、ちくほうの民話」より

「カンしゃんの豆腐汁」を朗読していただきました。

 

その土地土地の方言や言葉には、そこで生まれた訳ではなくても

どこか郷愁を感じるものですね、森さん有難うございました!

 

 

続いては店主美紀子のゴスペル仲間でもある、山本裕子さん

岩間史朗さんの美しい写真絵本「わたしのもみじ」の朗読をしていただきました、

 

とても綺麗な木々の写真や文章にグッと惹きつけられました。

山本さん有難うございました!

 

 

お次も北九州よりお越しいただきました、堀正美さん

宮沢賢治作の人気短編童話「やまなし」を朗読していただきました。

 

「やまなし」はあの”クラムボン”でも有名ですね、とても賢治らしい美しい情景が

目に浮かぶ名作です、堀さん有難うございました!

 

 

お次はとても感情の伝わる朗読で印象的でした、木下順子さん

長谷川集平さんの「はせがわくんきらいや」を朗読していただきました。

この絵本はコミカルな絵やリズム感ある内容からは容易には想像できませんが

昭和30年の森永ヒ素ミルク中毒事件を題材に 描かれた絵本です。

 

木下さんは「人前で朗読するのは初めてで・・・」と緊張されておりましたが、

その優しいお声の朗読は聴く者にとても心地良く残りました。

木下さん有難うございました!

 

 

お次は、とても朗読レベルが高いと萬田さんも感心されていた、原田厚子さん

金子みすゞの詩集より絵つきで詩の朗読をしていただきました。

 

金子みすゞの詩は一聴するだけでは理解するのが難しいものもありますが、

原田さんの聞き取りやすい声・トーン、そして絵つきでの朗読により

とても分かりやすく心に入っていくように感じました。

原田さん有難うございました!

 

 

そしてここでティータイム休憩に入りまして、

 

そのティータイム後の後半部始まり前に私も朗読会に参戦させていただきました!

私は大分県の二階堂酒造の作るテレビCMの中の詩の朗読をさせていただきました。

二階堂酒造のCMは映像、音楽、詩が全て美しく、ノスタルジックで

とても好きなCMです、全国で放送されているかは分かりませんが、

九州・山口の皆さんは誰しもが一度は見たことのあるCMだと思い、

朗読させて頂きました、有難うございました!

 

 

後半部お一人目は、北九州より参戦の山田佳子さん

星新一さんの「愛の鍵」を朗読していただきました。

 

星新一さんは小説家でありSF作家、

豊富な作品量でありながら、それでいてどの作品も質の高さを兼ね備えていた

ところから「ショートショート(掌編小説)の神様」と呼ばれている方です。

山田さんはどちらかというと淡々と朗読されておりましたが、

この「愛の鍵」という作品にはとても合っていたように感じます。

山田さんありがとうございました!

 

 

お次は新美南吉さんの「二匹の蛙」を朗読していただいた

上田さとしさんなのですが、私が写真を撮り忘れてしまいました、すいませんm(_ _)m

上田さんは朗読は初めてとのことでしたが、安定感のある語りで全く初めてという感じには

思えませんでした。

 

新美南吉さんは「ごん狐」が有名で、結核により29歳の若さで亡くなったようです。

この「二匹の蛙」からは争いごとのむなしさや、嫌なことは寝て起きたら忘れているさ、

というような前向きなメッセージも感じられました、上田さん有難うございました!

 

 

さてお次は金子みすゞさんの詩「はちと神様」を朗読していただいた石田朱美さん

この「はちと神様」はとても短い詩なのですが、

さすが金子みすゞというべき不思議な空気感を持ち、

少し立ち止まって考えてしまう深い詩です。

 

石田さんも人前での朗読は初めてと仰られておりましたが、

聞き手にスッと伝わる素敵な読み方でございました。石田さん有難うございました!

 

 

そして、最後はお隣の門司のほうで「朗読カフェ」という朗読の会を

主催している加生ふみ子さんとその会の皆さんによる

佐野洋子さんの超名作「100万回生きたねこ」の朗読でした。

皆さん猫耳や付け髭なども用意され、見事にその世界観を演出されておりましたね。

加生さん、そして朗読カフェの皆さん、有難うございました!

 

 

そして、この朗読会に一花添えてくれたのが

ギターとピアノで絶妙な音を奏でてくれました”侘び助”の上田たけしさん!

シンガーソングライターで劇の演出家でもある上田さんの効果音、BGMは

読まれる詩や物語りに寄り添い、プラスの効果音となって演出してただきました。

そして奏でられる音はほぼ全て即興というからまた凄い!

上田さん有難うございました!

 

 

今回のような参加者を募集し行う朗読会は当店では始めての試みだったのですが、

予想以上の数のお客様のご来場に関係者一同驚きと、感謝の気持ちで一杯になりました。

 

また、朗読に興味がある方ややってみたいという方が

多く出てきているというのを強く実感致しました。

 

少し前にNHKでも山口地域発のドラマで中原中也の詩にスポットが当たっておりましたが、

デジタルばかりで何かそっけなく

人と人との間柄まで冷めていってしまっている今の世の中への反動が

こういったモノラルですが人を感じる暖かな動きやモノへと

人の思考の関心が移っている、回帰しているようにも感じました。

 

また、優しい笑顔でじっと朗読に耳を傾けているお客様の横顔もとても私の印象に残りました。

 

是非2回目、3回目と続けていきたいと思える朗読会となりました。

有難うございました!

 

そして、そして、

萬田さん上田さんが率いる、表現の可能性を追求していく集団

”侘び助”さん

の朗読劇ライブは来月11月26日(日)に、当店GAKUSABOUにて予定されております!!

 

毎年楽しみにされている方も多い侘び助さんの朗読劇ライブですが、

今年は宮沢賢治の「祭の晩」を演目に予定しております。

また、近々こちらのブログにてご案内させていただきますのでお見逃し無く!

 

 

そして、来週の祝日月曜日の10月9日(月)には、、、

 

関東より、PP&Mの完コピバンド「チェリーレーン」さんがやって来られます!

アメリカンフォークソング好きの皆さん、PP&Mが好きな方、

是非足をお運びいただけたらと思っております!( ´ω`) b

 

 

それでは今日はこの辺で、( ´ω`) ノシ


明日10/1(日) 「みんなで朗読会」at GAKUSABOU開催!

 

秋晴れの清々しい日が続いておりますね、

おはようございます、かなたに園でございます( ´ω`)

 

明日10月1日(日)14時より、当店Cafe GAKUSABOU(楽茶房)にて

「みんなで朗読会」

というイベントを開催致します。

 

このイベントは毎年当店で朗読劇ライブを開催していただいております

北九州を拠点にジャンルにこだわらず、メンバーを固定せず、

表現の可能性を追求していく集団 『侘び助』 さん

の主要メンバーで2015年度「久留島武彦顕彰全国語りべ大会」で優勝された

萬田陽子さんに企画していただいたイベントです。

 

萬田陽子さん

 

独学で朗読をやっている方や、

朗読教室に通っていて人前で朗読をしてみたい方、

普段でも子ども達に読み聞かせをやっていて、大人の方にも聞いてもらいたい方、

ただただ朗読に興味のある方 などなど、、、

様々な読み手の方々にご参加いただきます。

 

読み手の参加希望の受け付けは終了しておりますが、

聞き手のご参加は十分に余裕がありますので、

気軽にお越し下さい!

 

参加費・入場料は無料です。

但しドリンクの1オーダーをお願い致します。

 

内容は、

絵本・文芸作品・エッセイ・詩・昔話・落語など、

自分が好きな作品(またはその一部)を選び、

お一人につき約8分以内で朗読をしていただきます。

 

日時:10月1日(日) 14:00~START  13:30~OPEN

場所:かなたに園内 Cafe GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:無料(1ドリンクオーダーをお願い致します)

お問合せ:Tel) 083-224-0974 かなたに園まで

 

日差しはまだ強いですが、風はとても涼しくなりました、

朝夕の空気もひんやりしてきましたね、

 

芸術の秋、食欲の秋、読書の秋と申しますが、

秋は何か物思いに耽ってしまう季節、

 

そしていつもは読まない”詩集”などにも手が伸びる不思議な季節です。

 

もちろん萬田陽子さんも来店していただけます、

お天気も好天が予報されております、是非気軽に足をお運び下さい。

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 

 

 


9/10(日) 川棚の杜 Jazz Live in Cortot Hall にてカフェ営業します!

 

お盆真っ只中でございます、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日はかなたに園が川棚温泉街にある、

川棚の杜コルトーホール9月10日に開催されます

『川棚の杜Jazz Live』に

ドリンクカフェ営業で参加させていただくことになりましたので

その告知でございます。

 

このジャズライブは毎回著名で技術も確かなアーティストさんを

コルトーホールにお呼びして開催されているライブイベントで、

 

地元の方のみならず、その素晴らしい内容から遠方からも多くの

ジャズファンを川棚に呼び込んでいる人気ライブイベントです。

 

今回はあの日本ジャズ界の超ビッグネーム、

ドラマーの

村上’ポンタ’秀一氏

がプロデュース!

 

メンバーには

 

「純粋な弱さ、透明な強さ、人生むき出し歌声」

GUN kondo vo

 

「ブラジル音楽の伝道師」

pepe 伊藤 g

 

のお二人と共に、極上のジャズの夕べを演出してくれるはずです。

 

 

特にわたしどもの注目はボーカリストのGUN kondoさん!

 

20代のとき、好きな音楽の追求のために単身ニューヨークに渡り、

さらに黒人音楽のルーツを求めてアフリカ大陸を放浪する

 

そこから「自分のウタ」としてのアイデンティティーの追及を始め、

 

現在、冬季湛水農法(稲刈りが終わった水田に冬期もをはる農法)での

稲作をしながら土から受ける教えを音楽表現に活かし、

その追求は続いているという、

 

その一音一音を大事に紡ぎだすような深い歌声からは

大地の鼓動や自然への敬意を感じます。

 

これほどの実力派の方のライブが下関で聴けることはなかなかないことだと思います。

 

 

チケットは川棚の杜ほか、市民会館、生涯学習プラザ、シーモール専門店プレイガイド・ラン等

で扱っているようです。

 

詳細お問合せは

川棚の杜・コルトーホール TEL 083-774-3855

までお問合せ下さい。

 

 

私どもかなたに園はそのライブを静かに盛り上げられるよう、

美味しいドリンクをご用意して、お客様をお待ちしております。

 

ライブは16時から(会場15:30オープン)ですが、

かなたに園のCAFE営業は15時より開始させていただきます。

 

場所はホール入口手前の「CAFE 孤留島」

 

当日は会場持ち込み用のドリンクと、

喫茶スペース用のドリンク、

また、アルコールもご用意させていただきます。

 

どうぞ素敵なジャズライブをゆったりとお楽しみ下さい( ´ω`) b

 

それでは!


かなたに園 夏のギフトのご紹介

梅雨明け宣言はまだでございますが、

毎日とても暑い日が続いておりますね

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日はかなたに園の夏の特撰ギフトをいくつかご紹介させていただきます!

このブログでは久しぶりの商品の紹介でございますね。

 

※下に紹介致しますのは、私どもかなたに園がお奨めする組み合わせで

お茶の種類は他にも多数ありますので、組み合わせや価格は

お客様のご要望のものをご用意することも勿論可能でございますので、

お気軽にお問合せ下さい。

 

全てギフト用の箱入りでございます。

 

 

星のティーバッグ『水出し玉露』 5g×10袋

夏季限定! 深緑冷茶『夏の風』 100g

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2322円(税抜き価格2,150円)

 

 

平成29年度『限定新茶』 100g缶

『水出し煎茶』 100g缶

『いろはの金平糖』 50g

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2,862円(税抜き価格2,650円)

 

 

わたくしイチ推し!

『水出し煎茶(缶)』『ハリオ社製フィルターインボトル300mlタイプ

さらに『国産リューズガラスのグラス(約160ml相当)』のセット!

 

ご好評いただいている、ハリオ社製フィルターインボトルに

お出かけやお一人様用に使い勝手の良い300mlタイプができました。

 

上の写真で右から2番目のものが従来の700mlタイプで

この写真でだいたいのサイズ感は分かっていただけるかと思います。

 

また、トップの茶こしフィルターの部分のシリコンラバーのカラーが増えました!

 

ご注文の際にお客様のご希望の色が在庫でありましたら対応させて

いただきます( ´ω`) b

 

グラス上からの表情も微妙に違います。

 

そして国産リューズガラスのグラス、ラムネの瓶などを再利用し

吹きガラス製法で手作りにて作られたもので、一点一点微妙に重さやサイズが違い

そこに手作りの温もりを感じるグラスです。

 

写真で分かりますとおり少しグリーンがかっていて、

とても涼やかですね~。

※耐熱ガラスではありませんのでご注意下さい。

 

水出し緑茶にぴったりのこのセット、お奨め致します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3,348円(税抜き価格3,100円)

 

 

 

『ハリオ社製フィルターインボトル750mlタイプ』

夏季限定! 深緑冷茶『夏の風』 100g

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3,078円(税抜き価格2,850円)

 

こちらは従来のフィルターインボトル750mlタイプと

夏季限定の『夏の風』のセット、

 

『夏の風』は水出し緑茶に特化したお茶で、

深蒸し茶系にはなるのですが、通常の深蒸しより、

より良く成分や色味が水出しで抽出されるよう特別に加工されたお茶です。

※お湯でも美味しくお飲みいただけます。

 

このハリオ社製フィルターインボトルも使い勝手の良さと、

まるでワインボトルのような見た目のオシャレさで

とても人気が高まっております。

 

トップのシリコンラバーの内側に、取り外し可能なフィルターが装着されており、

ボトルに茶葉を入れて、水を入れるだけでとても簡単に水出し緑茶を

作ることが可能です!

 

750mlですと、ファミリーで使用するのにも調度良いサイズですので、

お子様がいるご家庭へのギフトにも最適です。

 

 

 

『ハリオ社製フィルターインボトル300mlタイプ

『特上煎茶』 100g缶

『深蒸しかぶせ茶』 100g缶

『水出し煎茶』 100g缶

『いろはの金平糖』 50g

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5,292円(税抜き価格4,900円)

 

最後にこちらが5000円クラスの例です。

 

この他にも色々な組み合わせができますので、

お気軽にご用命下さい。

 

もちろんギフト包装、熨斗、地方発送なども

承っております!

 

八女茶専門 かなたに園

住所:山口県下関市汐入町4-4

 

お問合せ:Tel/Fax 083-224-0974

Mail kanatanien@navy.plala.or.jp

↑アドレスをクリックしていただくと、メールソフトが立ち上がります

 

これから夏本番です、

暑くなると体調を崩しやすくなります、

 

緑茶に含まれる、「テアニン」の癒し効果と、

カテキン」の免疫力アップや殺菌力の効果

更に各種ビタミンミネラルが含まれる最高の飲み物が緑茶です。

 

暑い夏は水出し緑茶で夏を乗りきりましょう!

 

それでは、また( ´ω`) ノ


平成29年度 八十八夜 『限定新茶』ご予約のご案内

 

ここ数日、春がやっときた!という暖かい気温の日々が続いておりますが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて、本日は今年度の

『限定新茶』

のご案内でございます!

 

「夏も近づく、八十八夜~♪」と歌われる

八十八夜とは立春(だいたい2月4日頃)から数えて八十八日目

あたる日のことをさし(だいたい5月2日前後)、

春から夏に移る節目の日、夏への準備をする決まりの日、縁起のいい日とされてきました。

 

この頃に摘んだ新茶を飲むと無病で長寿に至ると伝えられ、

縁起茶として大変喜ばれております。

 

※実際には茶産地の温暖差によって茶摘みの時期は異なります、

鹿児島の知覧茶などはもう少し早いと思います。

 

 

お茶の新芽には前年の秋からひと冬越えて有用成分がたっぷりと蓄えられ、

一番茶(新茶)は二番茶以降のお茶よりも、

うまみのもとであるテアニンなどの成分を豊富に含んでおります。

味の深みというより春の若々しい爽やかさと、甘みを感じるお味かと存じます。

 

また、「限定」と付いているのは、その一番茶の中でも特に良いものを厳選し、

量を限定し特別に製造された一番茶となります。

 

是非年に一度の貴重な風味をご賞味下さい。

 

お世話になった方への季節の贈りもの、

いつも頑張っているご家族、ご自分へ、

また、母の日のプレゼントとしても

大変喜ばれるかと存じます。

 

限定新茶

100g缶1本 単品 1,404円(税込)・・・限-A

100g缶2本  箱入り 3,110円(税込)・・・限-B

100g缶3本  箱入り 4,590円(税込)・・・限-C

 

数量限定になっておりますので、

是非この機会にご予約お申し付け下さいませ。

 

ご予約承り期間は4月25日(火)までとなっております、

 

商品のお渡しはゴールデンウィーク明けの5月8日(月)から

となっております。

 

もちろん、ご贈答用の包装や、

当店から宅急便などでの発送も出来ますので、

ご遠慮なくご用命下さいませ。

 

ご予約お申込みは、店頭、お電話、メールまたは、FAXでも、承っております。

かなたに園 住所:下関市汐入町4-4

Tel/Fax  083-224-0974

メール kanatanien@navy.plala.or.jp ←クリックするとメールソフトが立ち上がります。

 

どうぞこの数量限定の奥八女星野の新茶を是非お楽しみ下さい。

それでは、また( ´ω`) ノ