色々なことを徒然なるままに…

工藤隆” タグの投稿

秋山仁希 & 工藤隆 GAKUSABOU LIVE 後記

 

本日は曇り、

梅雨明けした先週からずっと強い日差しにさらされておりましたので

この曇りのお天気もなにか有難く感じますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、昨日日曜日に開催いたしました、

秋山仁希さん、工藤隆さんによるGAKUSABOU デュオライブの模様を

振り返っていきたいと思います。

 

 

外にでるのも億劫という暑さの中、今回のライブ開催となったのでございますが、

多くのお客様にお足を運んでいただき、誠に有難うございました!

 

今回は当店のライブに初めてご来場頂けたお客様も多く見受けられ、

日頃から広くライブを開催しておられる仁希さん工藤さんの

お力を感じることとなりました。

 

 

それではまず前座のグリーンティーズから、

 

 

今回のグリーンティーズは特別編成で、

北九州から、アート集団侘び助のSW上田たけしさんがサポートギターで、

そして店主美紀子のゴスペル仲間のHiroさんがヴォーカル&コーラスで参加!

 

いつものShingoさんとはまた違った音色を出す上田さんのギターと

店主美紀子と相性の良い声をお持ちのHiroさんの歌声が

サウンドの厚みを出し、いつものグリーンティーズと違って

常連のお客様も楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

特に今回は新曲で、あの最新洋楽曲を持って来たのは意外性もあって

良かったと思います( ´ω`)

 

 

カフェタイムをはさみまして、

本日のメインのお二人の登場です。

 

 

当店のアップライトピアノがライブで使われるのは久しぶり!

 

今回はピアニストの工藤さんがご参加いただけましたので

当店のピアノの生音がしっかり聴けたのは私も嬉しきこと、

特にジャズピアノは目の前での生音が最高です。

 

 

 

今回のライブ、当初は毎年と同じスタイルで秋山仁希さんの

ソロでの弾き語りを予定していたのですが、

急遽工藤さんとのデュオライブとなりました。

 

秋山さんと工藤さんは10年以上前からの親交があり、

福岡での工藤さんのライブを秋山さんが見てから

ファンになって、機会があった時にご一緒にライブをされていたようです。

 

 

今回も久々の共演で、さらに業界の大先輩である工藤さんとのデュオ、

リハからかなり緊張感が漂っておりまして

傍で見ている私も緊張する感じでございました(;´Д`)

 

仁希さんはいつもの当店でのライブとは違う緊張感、

良い意味で張り詰めてるようでしたね。

 

 

工藤さんは一見コワモテ (すいません笑)ですが、

音楽に関しては一切妥協をしない真摯な姿勢や

1年のほとんどを全国を廻ってのライブ演奏をしている経験、

これまでのキャリアを考えると

仁希さんだけでなく

私たちも大変勉強になるほどでした。

 

工藤さんは普段はおおらかで優しいですよ!念のため!!( ´∀`)

 

 

 

今回は工藤さんが来ていただいているので、

仁希さんの洋楽ポップスレパートリーもほぼ全てジャズアレンジでの

演奏となりました。

 

いつもはご自身の弾き語りですのでヴォーカルに専念する仁希さんを

見るのも私は初めてだったかもしれません。

 

 

会場には仁希さんのヴォーカル教室の生徒さんもご来場だったのですが、

こういう歌声を披露する先生(仁希さん)を見るのは

初めてですと興奮しておっしゃっておりました!

 

普段のソロライブではジャズ的な曲は少なめで

洋楽ポップスのほうが多いイメージなので、

よりいつもと異なる感じが出ていたのではと思います。

 

 

 

しっとりと情感を込めて、、

自分にはない工藤さんのピアノの音色に仁希さんの歌声も応えます

 

 

 

ジャズは特に奏者同士の対話が重要、

 

 

 

 

 

工藤さんも仁希さんをうまくリードしながら、そして支えながら、、、

 

 

そして途中工藤さんのソロ演奏での力強さ、

そして凄まじく繊細なタッチから紡ぎ出される優しくも色鮮やかな音色は

ご来場いただいたお客様のハートをがっちり掴んだことだと思います( ´ω`)

 

 

 

秋山仁希さん、工藤隆さん、この度は誠に有難うございました!

素敵な演奏を手の届くような距離感で見ることができ、

新鮮な音が聴けるのがライブの醍醐味、

それをしっかりと堪能できるライブでございました!

 

 

 

それでは最後にいつものやつでお別れです、

 

 

 

それでは、また( ´ω`)ノシ