色々なことを徒然なるままに…

朗読劇” タグの投稿

侘び助’s GAKUSABOU LIVE 後記

 

本日はまさに台風一過というような晴れ模様でございます、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は昨日開催致しました、

「侘び助’s GAKUSABOU LIVE」のもようをお送り致します!

 

昨日は台風24号の影響でいまいちのお天気の中、

当店のライブに足を運んでいただいたお客様、

誠に、誠に有難うございました。゚(゚´Д`゚)゜。

 

下関はさほど台風の影響は無かったとはいえ、

雨や風はそこそこ強い中でしたので、

ご来場いただけるのかとても心配しておりました。

 

そのような中、とても多くのお客様に

ご来場頂けたこと、足を運んでいただいたこと

関係者一同、誠に感謝致しております!

 

 

それでは、ライブのもようをお送りしていきましょう!

 

 

前座はもちろん、当店店主バンドのグリーンティーズです。

今回はいつもいる筈のギターのシンゴさんが大事な用事でお休み

ということで、侘び助の上田たけしさんがサイドギターで参加!

 

 

いつものシンゴさんとは微妙に違う即席トリオでの演奏でございましたが、

上田さんはこれまでもよくグリーンティーズに参加いただいておりましたので

違和感もなく、見事にこなして頂けました。

 

グリーンティーズは今回もオリジナルとカバーを織り交ぜながら、

5曲ほど被露!

 

前回7月の終わりのGAKUSABOUライブが

台風12号によって中止になってしまいましたので

今回は店主英樹の気合の入れようも違うように感じましたね。

 

前座が終わりますと、小休止のティータイムを挟みまして

 

シンガーソングライター上田たけしさんのソロミニライブが始まりました!

 

 

上田さんのハイテンションでグルーヴ感ある一曲目に

お客様もヒートアップ!

 

想像以上の反応だったのか

上田さんが少しびっくりしているくらいでしたね!

 

 

 

やさしいながらも芯のある歌声と

心地良くノリのよいギターの音色でお客様の心を鷲掴みにされたようでした。

 

 

上田さんはオリジナル曲の間に昔ながらのゆっくりとした童謡なども挟み、

緩急をつけた選曲で会場を暖めていきます。

 

 

 

また、現代日本の惨状に切り込むような

メッセージ性のあるオリジナル曲なども数曲盛り込み、

シンガーソングライター上田たけしのステージは終了致しました。

 

 

 

そしてついに真打ちの登場でございます。

 

 

侘び助&森田玲子さんらによる、

古典落語話&笑える落語話のスタートです!

 

 

当店でのライブではこの侘び助のお二人(上田さん・萬田さん)と

ゲスト演者さん一人のトリオスタイルが多いです。

 

 

上田さんは演目の中の効果音&BGMを即興で担当。

今回はギターでしたが、演目によってはピアノなども使用し、

見事に演目に合った音色を奏でます。

 

 

2015年の語りべ全国大会(久留島武彦顕彰全国語りべコンクール)で優勝された

萬田陽子さん(左)と

 

若い頃に劇団に所属し、数多くの舞台演劇を経験してこられた

森田玲子さん(右)の掛け合いは、はっきりいって凄いの一言!

 

 

表情豊かな感情表現と、見事な声色を使いこなす森田さんは

その表現のうまさで観客の心を鷲掴み、

座っての演目なのに、上半身の表現だけで物語りに引きずり込みます。

 

 

 

さすが元劇団で数多くの舞台を経験してこられた方です。

 

語彙力のない私は簡単に「表現力」という言葉を使ってしまいますが、

森田さんの表現力は本当に半端ない!です。

 

2年前の「銀河鉄道の夜」の朗読劇ライブの時もそう思いましたが、

キャラのつけかたが絶妙で、数人の登場人物がいても分かりやすいのです。

 

 

そして相手役の萬田さんが森田さんをしっかりコントロールし、

見事な掛け合いで物語が進行していくのです。

 

 

こちらもさすが語りべ日本一、

安定感があって聞き取りやすい声で物語の進行役と

人物の役を切り替えながら演じきります。

 

 

 

特に落語話ですので独特な落語的言い回しやテンポが重要で、

そこが疎かになると聞いているものに違和感が残ります。

 

そういったことがないように、

そして観客の方々に分かりやすいように、

バランスを取る舵取り役を萬田さんが担っているように感じました。

 

 

今年もとてもおもしろく、心温まる歌と演目を楽しませていただきました、

侘び助のお二方、そして森田さん、この度も誠に有難うございました!

 

 

そして最後に侘び助さんのライブ情報を3つご紹介!

 

一つめは直近の10月7日日曜日に、

 

 

なんと大分県別府市にて、舞踏と朗読と即興音楽の

「小泉八雲の夕べ」

なるイベントを開催!

 

別府市のJR東別府駅すぐ近く

長覚寺

さんにて、17時より。

 

このイベントは2018年10/6(土)~11/25(日)

51日間に渡って別府市にて開催される

ベップ・アート・マンス2018

の参加プログラムの一つのようです。

 

舞踏で参加される表現集団 万華鏡の樹里さんは、

侘び助のお二人とも所縁が深いそうです。

また、同日のライブ前には樹里さんによるワークショップ(無料)が

開催されるようですのでそちらも合わせてチェックしておいて下さい。

 

このイベントが気になる方は >>こちら<< から

詳細、予約画面に飛べます。

 

 

 

 

そして次の週の10月13日の土曜日には

 

 

上田さんがギター伴奏で朗読劇に参加、

「耳でみる物語り」

 

こちらは福岡県遠賀郡岡垣町の情報プラザ人の駅3階クツロギエリアにて

開催されるようです。入場は無料。

 

 

3つめは来月11月18日に北九州市八幡西区のピアスペース のーてぃすさんで

行われるこちら、

 

 

侘び助ライブ

「言葉で語る 手で語る 朗読と手話と音楽」

 

会場ののーてぃすさんはおしゃれな古民家風ギャラリーカフェ、

ここが侘び助さんのホームグラウンドのようなお店で、

奇数月の第3日曜日に侘び助さん達のライブが行われております。

 

昨年GAKUSABOUライブにも来ていただいた

手話もできる石倉留実さんとご一緒みたいですね!

 

こちらもどうぞお時間ございましたら足を運んでみられて下さい!

 

>>ピアペースのーてぃすさんのHPはこちら<<

 

 

 

侘び助さんの最新情報はこちら ↓ をご覧になられるといいかと思います

侘び助Facebookページ

 

 

最後は久々のこちらでお別れです

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 

広告

侘び助’s GAKUSABOU LIVE 後記

 

今週はこの時期としては高めの気温で

過ごしやすい週となっておりますね

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

本日は先日26日に開催致しました、

侘び助’s 朗読劇 GAKUSABOU LIVEのもようを

お伝えしていきます。

 

この度も貴重なお休みの日曜日に、

当店、当ライブに足を運んでいただいた

お客様、誠に有難うございました!

 

朗読劇という下関では普段なかなか見聞きすることがない劇なのですが

多くのお客様が興味をもっておいでいただけましたこと

誠に有難く思っております( ´ω`)

 

 

さて、それでは参りましょう、

まずは、いつもの前座パートのGreenTeasです

 

 

今回はギタリストのシンゴさんも復帰しまして、

3ギター、2ボーカルのカルテット演奏で、

超有名曲に初被露のオリジナル曲も含め演奏させていただきました。

 

このライブ前にはギターのシンゴさんとコウムラさんには各々のお仕事の終わった後に

わざわざお店に来ていただき、みっちり練習を重ねてまいりまして

その成果が出せたステージになったのではと思います。

 

ライブ後、お客様にGreenTeasの演奏についても

お褒めのお言葉をいただいたりなどして、本当に励みになる思いです!

 

 

GreenTeasの次は、最近門司港のほうで行われていた「門司港バル」という

ミュージシャンが門司港の様々なお店で、流しのミュージシャンのように

投げ銭ライブを行うというイベントにも出演していた

Tokikawaさんの登場です!

 

Tokikawaさんはお得意のシャンソン調での、童謡を一曲、

そして、定年退職後に始められたピアノを演奏しながら

もう一曲歌っていただきました。

 

特にピアノの弾き語りでは、ジョークを交えながら、

お客様との和やかなムードでの演奏で、

こちらもほっこりしてしまいました( ´ω`)

 

Tokikawaさん渋い大人の歌声を有難うございました!

 

 

そして、ティータイムを挟みまして、

侘び助さん達の登場です。

 

まずは、侘び助の劇内では音響担当、

ソロではシンガーソングライターとして活躍する、上田たけしさんの

ミニライブから

 

 

ほっこり系でハートフルな歌声と選曲がこれまで多かった上田さん、

今回はこれまでになくメッセージ性の強い曲を歌っておりましたし、

敬愛する細野晴臣さんの曲などもご披露いただきました!

 

上田さん有難うございました!

 

そして今回スペシャルゲストで参加いただいた

手話もされる石倉留実さんと上田さんでの手話つきの曲も被露、

 

東日本大震災の応援ソングとして作られた「花は咲く」などでも

手話を用いて表現されることが多く、最近はしばしば見られる機会が

多くなった手話つきの歌、

石倉さんは手話を用いて、様々な福祉活動などにも

積極的に参加されておられるようです。

 

会場の皆様にも一緒に歌を唄っていただき、

温かい空気が出来上がったところで、

本編の「朗読劇」の始まりです。

 

 

劇の構成は演者の萬田陽子さんと石倉留実さんの掛け合いでの

物語の進行、そしてそこに上田たけしさんがピアノやギターを用いて

絶妙な音響をいれるという構成です。

 

 

今回の演目は、ちょっと笑える創作民話の「うどん」、

そして宮沢賢治の「ざしき童子(ぼっこ)のはなし」と「祭の晩」を

お送り致しました。

 

 

 

今回の朗読劇はお二人で全ての役を演じきるのですが、

お二人の朗読力といいますか演技力がもの凄く、

情景やその演じている役の人間像やキャラなどが

こと細かく感じ取れるようでした。

 

二人の読み手と音響役一人で、

見事に宮沢賢治の世界観をみせてくれる侘び助さんには

毎年驚かされます!

 

萬田さんの安定感ある語りに、石倉さんの躍動感ある語り、

上田さんの情景にぴったり寄り添うような生音の音響効果、

 

晩秋から冬に向かってのこの時期には嬉しい、

人肌温かい朗読劇をしていただき、

侘び助のお二人、石倉留実さん、本当に有難うございました!!

 

侘び助さんは福岡県、北九州を拠点に朗読会や朗読劇などの

ライブ活動をされておりますので、

気になられた方は、是非一度見に行かれてみて下さい。

 

侘び助さんの最新情報はこちら ↓ をご覧になられるといいかと思います

侘び助Facebookページ

 

 

今回のライブで、今年のGAKUSABOU LIVEも終了となりました。

 

また、来年も質の高いアーティストのライブを皆様に気軽に見ていただく為

我々も努力して参ります、どうぞ来年度も宜しくお願い致します!

 

 

それでは最後に恒例のやつでお別れです。

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


本日!11/26(日) 侘び助’s GAKUSABOU LIVE 朗読劇&ライブ

 

曇り空ですが、幾分気温の高い日曜日の朝でございますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日26日の14時から

侘び助’s GAKUSABOU LIVE

を開催致します!

 

日時:11月26日(日) 13:30~Open   14:00~Start

場所:かなたに園内カフェGAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンク付)

お問合せ:Tel 083-224-0974 かなたに園まで

 

 

侘び助さん達による朗読劇、上田たけしさんのミニライブ

GreenTeasの前座ライブもございます!

 

 

今年の朗読劇は宮沢賢治の「祭の晩」を予定しております。

また、ちょっと笑える創作民話の「うどん」も上演予定です。

 

2015年「第三回 久留島武彦顕彰 全国語りべ大会」最優秀賞・久留島賞受賞を受賞された

萬田陽子さん

もいらっしゃいます。

 

本日も下関の各地でイベントが行われていると思われますが、

お時間ありましたら、どうぞ足をお運び下さい。

 

お待ちしております( ´ω`) ノ


11/26(日) 侘び助’s GAKUSABOU LIVE 告知!

 

さて、本日2発目は今週末日曜日に当店で開催される

「侘び助’s GAKUSABOU LIVE」

の告知でございます!

 

今月はかなたに園GAKUSABOUもフル回転でございます(;´Д`)

 

毎年恒例の侘び助さん達の朗読劇を楽しみにされている方が多いのではないでしょうか、

今年は宮沢賢治の「祭の晩」を演目に予定しております。

 

———————————————————————————————–

侘び助とは?

ジャンルにこだわらず、メンバーを固定せず、表現の可能性を追求していく集団で、

語り・即興音楽・舞踏のコラボレーションライヴを展開中。

———————————————————————————————–

 

賢治の「祭の晩」という作品は、賢治が生前には未発表だった作品で、

弱い立場にいる者に対する優しさや、正直であることの尊さなど、

賢治が理想とする姿が描かれた作品です。

 

 

今年は侘び助のお二人(上田たけしさん、萬田陽子さん)と共に、

朗読をしながら、手話も同時にされる

石倉留実さんをゲスト演者としてお招きしてお送り致します!

 

 

そして侘び助の主要メンバーの一人、萬田陽子さんは

2015年「第三回 久留島武彦顕彰 全国語りべ大会」最優秀賞・久留島賞受賞を受賞された

語りのプロ中のプロです( ´ω`) b

 

そして、劇中の効果音担当なのが、

侘び助主要メンバーでシンガーソングライターの

上田たけしさん!

 

上田さんには、ソロミニライブも行ってもらおうと思っておりますので、

そちらもどうぞお楽しみに!

 

どんどんと冬に向かい寒くなってきておりますので、

ほっと心が暖かくなる宮沢賢治の朗読劇と

 

優しい歌声とそのほっこりキャラで心温まるライブを展開する

上田たけしさんのライブで、疲れを癒しにいらして下さい( ´ω`)

 

前座は当店店主バンドのGreenTeasが務めさせてただきます!

 

日時:11月26日(日) 13:30~Open   14:00~Start

場所:かなたに園内カフェGAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンク付)

お問合せ:Tel 083-224-0974 かなたに園まで

 

 

それではお待ちしております!( ´ω`) ノシ

 


「みんなで朗読会」at GAKUSABOU 後記 &侘び助’s GAKUSABOU LIVE 告知

週の始まりの月曜日ですが、あいにくのお天気となっておりますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

今日は昨日の日曜日に開催致しました、

「みんなで朗読会」のもようをお送り致します。

 

初めに、昨日の朗読の会にご参加・ご来場いただいたお客様、

誠に有難うございました!

 

この会は毎年当店でも朗読劇ライブを開催していただいている

アーティストグループ「侘び助」さんの主メンバーの一人であり、

全国語りべ大会で優勝もされている、萬田陽子さんに企画していただいた朗読会です!

 

 

人前で朗読をするのが初めての人、朗読を習っている人、子供に読み聞かせをしている人など

朗読をすることが好きな人、興味がある人に是非気軽に参加していただきたいと思い、

この度、開催させていただきました。

 

それでは簡単に参加者をご紹介していきましょう、

 

トップバッターは当店店主の金谷英樹

自分のオリジナル曲の詩の朗読と

”侘び助”の上田たけしさんとその朗読した曲をデュオで演奏していただきました。

 

 

お次は、北九州より参戦していただきました、森仁美さん。

占部暢勇(のぶお)さんの「筑豊弁で語る、ちくほうの民話」より

「カンしゃんの豆腐汁」を朗読していただきました。

 

その土地土地の方言や言葉には、そこで生まれた訳ではなくても

どこか郷愁を感じるものですね、森さん有難うございました!

 

 

続いては店主美紀子のゴスペル仲間でもある、山本裕子さん

岩間史朗さんの美しい写真絵本「わたしのもみじ」の朗読をしていただきました、

 

とても綺麗な木々の写真や文章にグッと惹きつけられました。

山本さん有難うございました!

 

 

お次も北九州よりお越しいただきました、堀正美さん

宮沢賢治作の人気短編童話「やまなし」を朗読していただきました。

 

「やまなし」はあの”クラムボン”でも有名ですね、とても賢治らしい美しい情景が

目に浮かぶ名作です、堀さん有難うございました!

 

 

お次はとても感情の伝わる朗読で印象的でした、木下順子さん

長谷川集平さんの「はせがわくんきらいや」を朗読していただきました。

この絵本はコミカルな絵やリズム感ある内容からは容易には想像できませんが

昭和30年の森永ヒ素ミルク中毒事件を題材に 描かれた絵本です。

 

木下さんは「人前で朗読するのは初めてで・・・」と緊張されておりましたが、

その優しいお声の朗読は聴く者にとても心地良く残りました。

木下さん有難うございました!

 

 

お次は、とても朗読レベルが高いと萬田さんも感心されていた、原田厚子さん

金子みすゞの詩集より絵つきで詩の朗読をしていただきました。

 

金子みすゞの詩は一聴するだけでは理解するのが難しいものもありますが、

原田さんの聞き取りやすい声・トーン、そして絵つきでの朗読により

とても分かりやすく心に入っていくように感じました。

原田さん有難うございました!

 

 

そしてここでティータイム休憩に入りまして、

 

そのティータイム後の後半部始まり前に私も朗読会に参戦させていただきました!

私は大分県の二階堂酒造の作るテレビCMの中の詩の朗読をさせていただきました。

二階堂酒造のCMは映像、音楽、詩が全て美しく、ノスタルジックで

とても好きなCMです、全国で放送されているかは分かりませんが、

九州・山口の皆さんは誰しもが一度は見たことのあるCMだと思い、

朗読させて頂きました、有難うございました!

 

 

後半部お一人目は、北九州より参戦の山田佳子さん

星新一さんの「愛の鍵」を朗読していただきました。

 

星新一さんは小説家でありSF作家、

豊富な作品量でありながら、それでいてどの作品も質の高さを兼ね備えていた

ところから「ショートショート(掌編小説)の神様」と呼ばれている方です。

山田さんはどちらかというと淡々と朗読されておりましたが、

この「愛の鍵」という作品にはとても合っていたように感じます。

山田さんありがとうございました!

 

 

お次は新美南吉さんの「二匹の蛙」を朗読していただいた

上田さとしさんなのですが、私が写真を撮り忘れてしまいました、すいませんm(_ _)m

上田さんは朗読は初めてとのことでしたが、安定感のある語りで全く初めてという感じには

思えませんでした。

 

新美南吉さんは「ごん狐」が有名で、結核により29歳の若さで亡くなったようです。

この「二匹の蛙」からは争いごとのむなしさや、嫌なことは寝て起きたら忘れているさ、

というような前向きなメッセージも感じられました、上田さん有難うございました!

 

 

さてお次は金子みすゞさんの詩「はちと神様」を朗読していただいた石田朱美さん

この「はちと神様」はとても短い詩なのですが、

さすが金子みすゞというべき不思議な空気感を持ち、

少し立ち止まって考えてしまう深い詩です。

 

石田さんも人前での朗読は初めてと仰られておりましたが、

聞き手にスッと伝わる素敵な読み方でございました。石田さん有難うございました!

 

 

そして、最後はお隣の門司のほうで「朗読カフェ」という朗読の会を

主催している加生ふみ子さんとその会の皆さんによる

佐野洋子さんの超名作「100万回生きたねこ」の朗読でした。

皆さん猫耳や付け髭なども用意され、見事にその世界観を演出されておりましたね。

加生さん、そして朗読カフェの皆さん、有難うございました!

 

 

そして、この朗読会に一花添えてくれたのが

ギターとピアノで絶妙な音を奏でてくれました”侘び助”の上田たけしさん!

シンガーソングライターで劇の演出家でもある上田さんの効果音、BGMは

読まれる詩や物語りに寄り添い、プラスの効果音となって演出してただきました。

そして奏でられる音はほぼ全て即興というからまた凄い!

上田さん有難うございました!

 

 

今回のような参加者を募集し行う朗読会は当店では始めての試みだったのですが、

予想以上の数のお客様のご来場に関係者一同驚きと、感謝の気持ちで一杯になりました。

 

また、朗読に興味がある方ややってみたいという方が

多く出てきているというのを強く実感致しました。

 

少し前にNHKでも山口地域発のドラマで中原中也の詩にスポットが当たっておりましたが、

デジタルばかりで何かそっけなく

人と人との間柄まで冷めていってしまっている今の世の中への反動が

こういったモノラルですが人を感じる暖かな動きやモノへと

人の思考の関心が移っている、回帰しているようにも感じました。

 

また、優しい笑顔でじっと朗読に耳を傾けているお客様の横顔もとても私の印象に残りました。

 

是非2回目、3回目と続けていきたいと思える朗読会となりました。

有難うございました!

 

そして、そして、

萬田さん上田さんが率いる、表現の可能性を追求していく集団

”侘び助”さん

の朗読劇ライブは来月11月26日(日)に、当店GAKUSABOUにて予定されております!!

 

 

 

毎年楽しみにされている方も多い侘び助さんの朗読劇ライブですが、

今年は宮沢賢治の「祭の晩」を演目に予定しております。

 

今年は侘び助のお二人と共に、

朗読をしながら、手話通訳も同時にされる

石倉留実さんをゲスト演者としてお招きしてお送り致します!

 

 

そして、来週の祝日月曜日の10月9日(月)には、、、

 

関東より、PP&Mの完コピバンド「チェリーレーン」さんがやって来られます!

アメリカンフォークソング好きの皆さん、PP&Mが好きな方、

是非足をお運びいただけたらと思っております!( ´ω`) b

 

 

それでは今日はこの辺で、( ´ω`) ノシ


侘び助’s GAKUSABOU LIVE 後記

img_9590s-s

 

今日は久しぶりに日差しが強いですね!

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、昨日開催致しましたGAKUSABOU LIVE、

演劇集団”侘び助”さん達による

朗読劇「銀河鉄道の夜」

の模様を振り返って参りましょう!

 

昨日はライブの始まる頃はお天気もまぁ曇りといったところで大丈夫だったのですが、

午後3時以降に予想外の土砂降りの雨が降ってくるという天候でした。

 

毎年9月や10月はスポーツ・文化・芸術イベントも本当に多い中で、

当店のライブに足を運んでいただいたお客様、誠に有難うございました!

 

昨日はいつもよりゆったりと余裕をもってライブを観覧出来、

朗読劇などを聞くのにはとても良い空気感がありました。

 

 

_igp5654s-s

オープニングアクトは勿論当店店主バンドの”GreenTeas”が勤めさせて頂きました。

今回は侘び助の上田さんもギターで参加し、

3ギター1ボーカルの編成です!

 

昨日は洋楽・邦楽の名曲にオリジナルを少々織り込みまして、

6曲ほど演奏させていただきました。

 

特に洋楽は誰もが知っている名曲でしたので、

皆さん安心して一緒に口ずさんでいるご様子でしたね。

 

そしていつものティータイムを挟みまして、

 

 

_igp5670s-s

 

まずは、侘び助の上田さんがソロの弾き語りで登場、

上田さんは演劇集団”侘び助”の音響効果や監督も努めますが、

 

本来はシンガーソングライター”上田たけし”としてのソロ活動や、

知り合いのミュージシャン仲間と共にバンドなどを組んだりして、

主に福岡県で活動をされております!

 

侘び助さんの活動が分かるFacebookページは⇒こちら

 

_igp5668s-s

上田たけしさんの歌声は、その優しいお人柄が滲み出るようで、

とてもハートフルで暖かみを感じる歌声です( ´ω`)

 

そこに確かなギター技術で時に緩やかに、

時にグルーヴ感ありパーカッシブなギターを重ねたりして

上田たけしワールドを構築しています。

 

_igp5672s-s

最近はギターだけでなく、ベースにも嵌っておられるようで、

以前一度GAKUSABOU LIVEでも被露していただいたこともあります。

 

童謡とオリジナルを含めた3曲を被露いただきましたが、

もう少し聞いていたいなぁと思う心地良い歌声でしたね( ´ω`) b

 

 

そしてお次に”侘び助”の屋台骨と呼ばれ、

昨年の久留島武彦顕彰全国語りべ大会で優勝された

萬田陽子さんがソロでの民話の語りをご披露。

 

_igp5661s-s

 

5分ほどの短いお話しでしたが、

聴く者を物語にグイっと引き込む吸引力は

素人の私にも感じられましたね。

 

 

%e6%98%9f%e7%a9%ba-1-s

 

さぁ、そしてお待ちかねの

宮沢賢治の未完にして最高傑作と呼ばれる

「銀河鉄道の夜」の朗読劇が始まりました。

 

_igp5660s-s

今回の朗読劇では萬田さんの相手役として、

森田玲子”さんが参加!

 

こちらの森田さんもさすが萬田さんの相手役、

めちゃくちゃ上手いです!

 

声の安定感や、キャラのつけ方など、

萬田さんとはタイプが異なるので、

それが相乗効果となって、

登場人物が切り替わってもとても分かりやすく

頭に入ってきます。

 

 

_igp5657s-s

 

劇内では上田さんが、

場面場面の音響効果をピアノ一つで表現していきます。

 

これもとても素晴らしい演出で、

ピアノの様々な音を最大限に活かした静と動のアコースティック音響を

場面場面で使い分け、聴いてる者の情感に訴えかけるのです。

 

上田さんはあの有名なネコのアニメ映画の「銀河鉄道の夜」を

見たことがないとおっしゃっておりましたが、

そのアニメ映画内で使われる音楽(確かYMOの細野晴臣さんが担当)と

違和感なく一致していたように思えます。

 

宮沢賢治の作品のもつ独特の世界観や、

少し怖い雰囲気、日本より西洋の寓話に近いあの感覚を

3人で表現するのは凄いです( ´ω`)

 

朗読劇という聴覚のみによるストーリー展開というハンデを

人の頭の中での想像を最大限に膨らませるような手法を用い

逆にプラスに転じさせるお芝居はお見事です。

 

侘び助さんは毎年必ず出演して頂いているのですが、

今年も昨年を上回るクオリティでご披露いただけましたこと

大変有難く思っております。

ありがとうございました!

 

ここで侘び助さんの北海道公演のお知らせです!

 

14359225_1141227722628653_4729667794477235849_n

 

なんと来月10月10日に”北のやまねこ座”の方々と

北海道の札幌市内とニセコ町にて同日2公演を行うようです!凄い!

 

ニセコ町の方は、「有島武郎 童話の世界

場所:「有島記念館ブックカフェ」 虻田郡ニセコ町有島57番地にて

時間:11時より 入場無料

 

札幌の方は「宮沢賢治 イーハトーブへの招待状

場所:北海道立文学館 札幌市中央区中島公園1番4号

時間:19時より 入場無料

 

詳しい情報は北のやまねこ座さんのHPに載っておりますのでご参考下さい↓

《北のやまねこ座HP》

 

侘び助さんの活動が分かるFacebookページは⇒こちら

 

 

さて、最後はいつもの通り、

レコジャケ遊びでお別れです、

 

_igp5681s-s

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 


9/25(日) 朗読劇「銀河鉄道の夜」侘び助’s GAKUSABOU LIVE

朗読劇2016web用

 

一気に秋めいて参りましたが、急激な気温の変化で

体調など崩されておりませんか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて、本日は来月9月25日(日)に開催致します

GAKUSABOU LIVEの告知でございます!

 

今回は毎年お馴染みとなりました、

北九州より、演劇のみならずあらゆる表現の可能性を追求していく集団

「侘び助」さん!

をゲストにお迎えして、

 

宮沢賢治の未完でありながら最高傑作として名高い

「銀河鉄道の夜」

を朗読劇にてお送り致します。

 

ミュージシャンの上田たけしさん

その場で即興のアコースティックの音響を奏で、

IMGP4314s-s

 

 

語りを昨年2015年の久留島武彦顕彰全国語りべ大会にて最高賞を受賞された

萬田陽子さんと

森田玲子さんのお二人が

主体となり物語を進めていきます。

IMGP4336s-s

 

 

おそらくこの童話は多くの方が本やアニメ等で知っていると思いますが、

この作品のテーマは

「本当の幸福って何?」

という人間の最も根幹的なテーマについての問いにあります。

 

内容を知っている方もアニメなどで見たことのある方も

より深く、朗読劇という形で宮沢賢治の世界に浸ってみませんか?

おそらくまた今までと違う印象を物語から受けるかもしれませんよ( ´ω`)

 

さらに今回も

全国語りべ大会にて優勝された萬田陽子さんに

もう一作品朗読していただこうと思っております!

 

素晴らしい表現力や技術力をどうぞ目の前で体感していって下さい。

 

もちろんこの度も前座にて「GreenTeas」の演奏もあります、

今回はその侘び助の上田たけしさんがベースで参加してくれるとのことで

カルテットでの演奏になると思います!

IMGP4326s-s

 

 

日時:2016年 9月25日(日)14:00~START  13:30~OPEN

料金:1,500円(1ドリンク付)

場所:下関市汐入町4-4 かなたに園内 Cafe GAKUSABOU

お問合せ:(tel)083-224-0974  (mail)kanatanien@navy.plala.or.jp

 

 

 

宮沢賢治の作品は秋が似合うなぁと思っております、

秋は気候的に気持ち良いのですが、

暑かったけど楽しかった夏の残像と、

これからやって来る冬への不安感のある季節、、、

 

是非この季節にこその「銀河鉄道の夜」をお楽しみに。

 

それでは、また( ´ω`) ノ