色々なことを徒然なるままに…

楽茶房” タグの投稿

本日5/26(日)14時より開催! 侘び助’s GAKUSABOU LIVE !

 

 

侘び助’s GAKUABOU LIVE!

本日開催!!

 

日時:5月26日(日) 14:00~ START(13:30~会場オープン)

会場:かなたに園 cafe GAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンクつき)

問合せ:TEL 083-224-0974 かなたに園

 

※初めて当店のライブにお越しのお客様で

駐車場にお困りの方は、どうぞ当店にご一報下さい。

(TEL 083-224-0974 かなたに園)

 

広告

「みんなで朗読会2」at GAKUSABOU 後記 & 侘び助’s GAKUSABOU LIVE 告知

 

本日は週の始まりにふさわしい良いお天気となりましたね、

こんばんは、かなたに園です( ´ω`)

 

今日は昨日の日曜日に開催致しました、

「みんなで朗読会2」のもようをお送り致します。

 

今回で2回目の朗読の会にご参加・ご来場いただいた多くのお客様、

誠に有難うございました!

 

この会は毎年当店でも朗読劇ライブを開催していただいている

アーティストグループ「侘び助」さんの主メンバーの一人であり、

全国語りべ大会で優勝もされている、語りのプロ中のプロ!

萬田陽子さんに企画していただいた朗読会です!

 

 

 

人前で朗読をするのが初めての人も、朗読を習っている人も

子供に読み聞かせをしている人も含めて

朗読に興味がある人に是非気軽に参加していただきたいと思い

今回2回目を催しました。

 

 

会の最初に萬田さんもおっしゃっていましたが、

こういう場を経験することで、音読と朗読の違いを知り、

人に聞いてもらう「朗読」の奥深さを直に体験してもらえるということも

この会を催す目的の一つです。

 

さてそれでは簡単ではありますが、

参加者の様子をお伝えしていきましょう!

 

トップバッターは当店店主の金谷英樹&美紀子

英樹のオリジナル曲の詩の朗読を美紀子が、

そして英樹も1曲ほど歌も披露。

 

 

お次は、北九州より参戦していただきました、森田玲子さん!

古典落語の「紙入れ」という

艶かしく面白い落語を朗読していただきました!

 

森田さんは昨年のGAKUSABOU LIVEにも侘び助さんと一緒に参加もして

いただいているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

元々劇団で活躍されていた舞台女優さんですので朗読もやはりプロです!

全てにうますぎるので皆さんの良いお手本になったのではないでしょうか!

 

続いては前回に引き続き北九州より参加していただきました、山田佳子さん

星新一さんの「ボッコちゃん」を朗読していただきました。

 

前回も星新一さんの作品を朗読していただきましたが、

改めて星新一さんをご紹介致しますと、

星さんは小説家でありSF作家、

豊富な作品量でありながら、それでいてどの作品も質の高さを兼ね備えていた

ところから「ショートショート(掌編小説)の神様」と呼ばれている方です。

 

ネタバレになりますが、ボッコちゃんはロボットなのですが、

そのロボットの声色を山田さんはうまく表現されていて

物語の壮絶なラストとの対比もとても楽しめました!

 

山田さんありがとうございました!

 

 

 

さてお次はハンス・ウィルヘルムの絵本「ずーっとずっとだいすきだよ」

朗読していただいた石田朱美さん

石田さんも前回に引き続きご参加いただきました!

 

この「ずーっとずっとだいすきだよ」はとても有名な絵本なのですが、

命の大切さと同様に相手に言葉を伝えることの大切さも感じる、

大人が読んだらとても深みと感動をおぼえる絵本です。

 

石田さんのすっきり聞きやすいお声は、聞き手にストレートに伝わる読み方で、

このお話は本当にグッときました( ´ω`)b

石田さん有難うございました!

 

 

お次は初参加で、人生最初で最後の朗読をするということで

ルーシー・モード・モンゴメリーの「黄金の道」

朗読していただいた森田さん!

 

かなり長めの作品を頑張って披露していただきました、

作品自体は100年以上前の作品になりますので

当時の情景描写に朗読で苦労されていたようですが

その伝えたいお気持ちは伝わりましたよ、

森田さん有難うございました!

 

 

そしてここでティータイム休憩に入りまして、

 

そのティータイム後の後半のトップバッターに、

私も前回に引き続き、朗読会に参戦させていただきました!

前回は大分県の二階堂酒造のテレビCMの詩の朗読をさせていただきましたが、

 

今回は往年の洋楽の名曲の和訳を朗読し、

それがなんという題名の曲かをお客様に当てていただく

クイズ形式の出し物をさせていただきました。

 

聞いたら誰でも知っている超有名な洋楽の曲でも

その詞の訳をしっかり知っている方は少なかったり、

洋楽はメロディと詞のギャップが結構あったりと面白いので

今回やらせていただきました( ´ω`)

 

3曲だけでしたが、そこそこ楽しんでもらえたようで私もホッと致しました。

 

 

さてお次の方も前回に引き続き披露していただきました、木下順子さん

今回はジョン・バーニンガムの

「いつもちこくのおとこのこ – ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」

を朗読していただきました。

 

この絵本もとても有名で、人気の絵本のようですね、

物語の主人公の少年の名前がジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーなのですが、

この名前を何度も読まなければならず、それだけでも難易度の高い作品だと思います。

 

木下さんはその優しいお声の朗読は聴く者にとても心地良く、

またその名前の部分もまったく詰まらずスムーズに読まれておられました。

 

最後にはジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーという言葉を

聞いてる皆が口ずさんでしまうようなクセになる良い作品でしたね。

 

木下さん有難うございました!

 

 

お次は、侘び助さんとも親交が深く、

当店のライブにも以前参加していただいたことのある、石倉留実さん

 

石倉さんは太宰治の「黄金風景」を朗読をしていただきました。

 

あの太宰治の作品ですので難解な作品かと思われましたが、

内容はさくっとした短編で何か気持ちの良い読了感も感じましたね。

 

また、石倉さんのとても聞きやすい朗読のおかげで

頭の中での情景描写をしやすく感じましたね。

石倉さん有難うございました!

 

 

 

そして、今回もトリを務めていただいたのは、

お隣の門司のほうで「朗読カフェ」という朗読の会を

主催している加生ふみ子さんとその会の皆さんによる

星野富弘さんの「鈴の鳴る道」の朗読でした。

 

 

 

 

皆さんしっかり日頃から練習されているだけに

しっかりとした聴きやすい朗読でございました!

 

また、この作品の作者の星野富弘さんは昔、

中学の体育教師となった2ヵ月後の体育の授業中に頚椎を損傷し

肩から下は麻痺となり

 

その後様々な出会いを経て、口に筆を持って、絵を描き始め、

後にその絵に詩を加えるようになった凄い方です。

 

今回の朗読を聞いて、その本の全文を読んでみたくなりましたね!

 

加生さん、そして朗読カフェの皆さん、有難うございました!

 

 

そして、今回もこの朗読会に一花添えてくれたのが

ギターで絶妙な効果音を奏でてくれました”侘び助”の上田たけしさん!

上田さんの効果音は読まれる詩やお話に寄り添い、

決して話しの邪魔をしないアンビエントな効果音となって演出してくれました。

上田さん有難うございました!

 

 

今回で2回目となった朗読会も多くのお客様にご来場いただき

関係者一同感謝の気持ちで一杯でございます。

 

是非またいつか3回目を行わせていただきますので、

その際は、このブログを読んでいただいている方もご参加いただければと思います!

 

そして、そして、

萬田さん上田さんが率いる、表現の可能性を追求していく集団

”侘び助”さん

のライブは来月

5月26日(日)に、

当店GAKUSABOUにて予定されております!!

 

開場13:30~ 開演14:00~です。

 

毎年楽しみにされている方も多い侘び助さんのライブですが、

今年も昨年に引き続き、古典落語でいかせていただきます!

 

演目は

「紺屋高尾」!

という古典落語の人気演目を予定。

 

有名な花魁に恋焦がれる染物職人の男の話でございます、、、

 

今年は侘び助のお二人と共に、5年半ぶりに

野口和夫さんをゲスト演者としてお招きしてお送り致します!

 

今回もシンガーソングライターの侘び助上田たけしさん

引き語りライブもございますので、お見逃し、お聞き逃しなく!!

 

 

それでは、また( ´ω`)ノシ

 


11/25(日) 謡楽舎 天満俊秀&智恵子’s GAKUSABOU LIVE告知

 

ふと目線を上げると木々が色づき始めてきております。

 

今年もあと2ヶ月と少々、

時が経つのはなんと早いことかと実感させられますが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

本日は来月11月のGAKUSABOU LIVEに宮崎県から

あのご夫婦デュオが今年も来てくれることになりましたので

そのライブ告知をさせていただきます!

 

 

 

《謡楽舎》 天満俊秀&天満智恵子’s GAKUSABOU LIVE

 

日時:11月25日(日) 14時~START (13:30 会場OPEN)

会場:かなたに園内 cafe GAKUABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンク付)

問合せ:Tel ⇒083-224-0974

mail⇒ kanatanien@navy.plala.or.jp

 

 

日本でもこの方だけだと思います、

農業を営みながらアイリッシュギタリストとしての活動もされている天満俊秀さん

奥様でフィドラー(バイオリニスト)の智恵子さんと共に

アイルランドの風を今年もGAKUSABOUに運んできてくれます!

 

 

今年もアイリッシュミュージックブリティッシュミュージックを中心に

皆様にお届けしていただく予定です。

 

 

アイリッシュはアメリカのカントリーミュージックの起源といわれ、

その後のロックなどの音楽にも多大に影響しているのは

皆様もご存知のことと思います。

 

60~70年代にはアイルランドやスコティシュやケルトミュージックを

ロックに取り入れたバンドが数多くありましたね。

 

天満さんがソロで演奏されていた時はアイリッシュブルースを

演奏することが多かったのですが、

 

奥様とのデュオ「謡楽舎」では、

アイルランドやスコットランドの伝統音楽・民謡を主に演奏されています。

 

 

アイルランド民謡は日本人にとっても結構馴染みの深い音楽だと思います。

 

なぜなら日本では幼少期にアイルランドの民謡と知らずに

習ったり、聴いたことがあったりするからです。

 

ですので、

アイリッシュミュージックを聴くと昔を思い出したり、

懐かしい気持ちになったりするのではと思います。

 

アイリッシュ民謡の持つメロディの美しさや優しさは

同じ島国である日本人の心の奥底に

しっかりと根付いているように感じます。

 

 

 

プライベートの他、雑誌の取材などでも現地まで

何度も行かれておられる天満ご夫妻、

 

そのときのお話しなども色々と聞くことが出来るのではと思います。

 

12月目前の11月最後の日曜日、

おそらくかなり肌寒くなっていることと思われます。

そんな時期には暖かみをかんじる音楽を聴いて癒されてみませんか?

 

下関ではなかなか聞く機会のない本場仕込みの

アイリッシュミュージック

是非この機会にご堪能下さい!

 

ギタリスト天満俊秀さんの情報が分かるオフィシャルサイトは下をクリック↓

>>Toshihide Temma official web<<

 

そして、天満農園や民宿「謡楽舎」の情報が分かるウェブサイトは下をクリック↓

>>謡楽舎web site<<

 

 

どうぞお楽しみに!

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


9/30(日) 侘び助’s GAKUSABOU LIVE 告知!

 

続きましてかなたに園です( ´ω`)

 

本日2発目は来月9月30日の日曜日に当店で開催される

「侘び助’s GAKUSABOU LIVE」

の告知でございます!

 

とその前に、

※前回の「ジェリービーンズGAKUSABOU LIVE」は台風によって中止になってしまい

楽しみにされておられたお客様、大変申し訳ございませんでした<(_ _)>

ジェリービーンズさんのライブはまた来年必ず企画させていただきますので

その際はどうぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

・・・はいっ! というわけでございまして、

毎年恒例の侘び助さん達の朗読ライブを楽しみにされている方も

多いのではないでしょうか!

 

今年はお得意の宮沢賢治作品からは離れまして、

なんと古典落語話の「はてなの茶碗」をメイン演目に

お届けさせていただこうと予定しております!

 

———————————————————————————————–

侘び助とは?

ジャンルにこだわらず、メンバーを固定せず、表現の可能性を追求していく集団で、

語り・即興音楽・舞踏のコラボレーションライヴを展開中。

———————————————————————————————–

 

はてなの茶碗(はてなのちゃわん)は、上方落語の演目の一つ。

東京では「茶金」の名で演じられる。

 

原話は、「東海道中膝栗毛」で知られる十返舎一九が

文化9年(1812)に刊行した滑稽本「世中貧福論」・中巻の

「宿駕籠の寝耳に水の洩る茶碗の掘出し」とのことです。

 

その他にも笑える楽しい落語話しをご用意させて頂きます!

 

 

今年は侘び助のお二人(上田たけしさん、萬田陽子さん)と共に、

森田玲子さんをゲスト演者としてお招きしてお送り致します!

 

森田さんは2年前の朗読劇「銀河鉄道の夜」の回でも来ていただき、

レベルの高い朗読をご披露いただきました!

今回も楽しみです( ´ω`)

 

 

そして侘び助の主要メンバーの一人、萬田陽子さん

2015年「第三回 久留島武彦顕彰 全国語りべ大会」

最優秀賞・久留島賞受賞を受賞された

語りのプロ中のプロ!

 

 

そして、劇中のアコースティック効果音を担当するのが、

侘び助主要メンバーでシンガーソングライターの

上田たけしさん!

 

上田さんには、ソロミニライブも行ってもらおうと思っておりますので、

そちらもどうぞお楽しみに!

 

 

まだまだ暑いかもしれない9月の末日

ぱっと心が豊かになるおもしろ落語話と

 

優しい歌声とそのほっこりキャラで心温まるライブを展開する

上田たけしさんのライブで、夏の疲れを癒しにいらして下さい( ´ω`)

 

前座は当店店主バンドのGreenTeasが務めさせてただきます!

 

日時:9月30日(日) 13:30~Open   14:00~Start

場所:かなたに園内カフェGAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンク付)

お問合せ:Tel 083-224-0974 かなたに園まで

 

 

それではお待ちしております!( ´ω`) ノシ

 


秋山仁希’s GAKUSABOU LIVE 後記

 

3月とは思えない暖かな日が続いておりますね

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は、先日の日曜日に開催いたしました、

秋山仁希さんによるGAKUSABOU ライブの模様を

振り返りたいと思います。

 

 

今年1発目のライブ開催となったのでございますが、

非常に多くのお客様にお越しいただき、

春らしい賑やかな雰囲気の中、開催することができました。

ご来場いただいたお客様、誠に有難うございました!

 

今回のライブでは、当店に初めてご来場をしていただいたお客様も多く、

遠くは博多のほうからも足を運んでいただけたということで、

大変有難い気持ちで一杯となりました( ´ω`)

 

 

それでは、参りましょう、

 

まずは前座の当店店主バンド”GreenTeas”です

 

今回は通常の美紀子・英樹・シンゴのトリオ演奏となりまして、

懐かしい洋楽や邦楽、そしてオリジナルも交えてお送り致しました。

 

今回は初来場のお客様が多かったり、

ライブ自体が久しぶりで緊張していたからかは分かりませんが、

ちょっと演奏で危なくなるところも見受けられましたね( ;´ω`)

 

まだまだ精進していかねばなりませんね。

 

 

そしていつものティータイムを挟みまして、、、

 

ゲストアーティストの秋山仁希さんの登場です!

 

 

 

今回も仁希さんは、誰もが一度は聞いたことのある

洋楽の名曲を数多く被露!

 

当店では2016年の春以来のライブとなりましたが、

変わらぬ美声で、一気に会場の雰囲気を仁希色に染めていきます。

 

仁希さんの特徴的なハスキーで深みのある声や

しっかりとした英語の発音は、とても安定感があり、

聴いている者に安堵感をもたらしてくれます。

 

 

 

「今回は緊張しています、、、」

 

途中トーク部でこう話されておりましたが、

仁希さんほどの場数を踏んでいる方がめずらしいと感じましたが、

 

確かに今回のライブでは、仁希さんがアーティストとして尊敬する方々が

遠方からも多くご来場いただいていたからのようです。

 

 

 

ただ、途中そういったお話しをされた後は写真のように

笑顔でトークをされるくらい緊張もほぐれ、

秋山仁希流のライブを繰り広げていたように感じます( ´ω`)

 

 

当店のように30人も人が入れば満杯になるような狭い空間で、

全ての目が自分に注がれるのですから当然といえば当然なのですが、

 

これまでの当店でのライブでは、何度も足を運んでいただけている

顔馴染みのお客様が多かったので余計にそう感じたのかもしれませんね。

 

 

そしてライブも終盤、

アンコールがかかると登場したのが

仁希さんの盟友でもある、前回のライブでもデュオ演奏をした

サキソニスト、渡邉ヒソカさんが登場!

 

 

ライブを観に来るとは聞いてましたが、まさかサックスを携えてきてくれるとは

思いませんでしたので、

 

ライブが始まる直前に急遽決まったデュオ演奏となりました。

こちらもご来場のお客様には楽しんでもらえたことと思います!

 

仁希さん、渡邉さん、今年も素敵な音楽を有難うございました!

 

 

秋山仁希さんのライブ情報などは、

このページの右側のリンクの部分からアクセスしてみて下さい。

 

 

次回のGAKUSABOU LIVEは少しまた間が空いて、

7月を予定しております、

 

ゲストアーティストはおそらく本格派カントリーバンドのあの方々が

来ていただけるのではないかと思っております!

 

 

それでは今日はこの辺で、

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


3/25(日) 秋山仁希’s GAKUSABOU LIVE 告知!

 

立春を迎えたというのに、毎日とても寒い日が続いておりますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

立春といえば、”二十四節気”の一つで、

茶摘み歌の「夏も近~づく 八十八夜~♪

という歌にでてくるこちらは”雑節”の一つ「八十八夜」の

カウントがスタートする日でもあります。

 

ちなみにその「八十八夜」が含まれる”雑節”には他に

節分・入梅・半夏生・二百十日・土用・彼岸などがあります。

 

日本には四季や二十四節気の他に雑節などもあり、

季節を細やかに感じ取る繊細な精神性や、たおやかさなど

古来からの日本人独自の国民性をそこから感じることができますね~。

 

 

さて、今日お知らせさせていただくのは

今年初めのGAKUSABOU LIVE!

 

ゲストアーティストは下関のディーバこと

秋山仁希さん!

 

昨年は都合があわず当店でのライブは出来ませんでしたが、

下関市内や北九州の各所で精力的にライブ活動をされており、

その素敵な歌声を皆さんに届けていることだと思います( ´ω`)

 

 

 

仁希さんは6~70年代のオールディーズやポップス、

また時にはジャズなどもレパートリーにいれており

 

ピアノを用いたソロの弾き語りのスタイルで、

ハスキーかつ爽やかな声質が、

春や秋には、とても心地良く感じられることと思います。

 

 

当店では2年ぶりとなる今回のライブ、

今は寒いですが、このライブの頃は桜も咲き始め、

彼岸明けの暖かい日になると思われます。

 

息づかいが聞こえ、手を伸ばせば届くほどの距離で

仁希さんの繊細な歌声を聴いてみられて下さい( ´ω`) b

 

 

日時:3月25日(日) 13:30~OPEN   14:00~START

場所:かなたに園内 cafe GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:1,500円(1ドリンクつき)

お問合せ:(tel) 083-224-0974  (mail) kanatanien@navy.plala.or.jp  かなたに園まで

 

 

それでは、お待ちしております( ´ω`) ノシ

 


明けましておめでとうございます!2018年営業開始

 

少々遅れましたが、

明けましておめでとうございます!

 

本日5日より、2018年の営業開始でございます!

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます<(_ _)>

 

 

今年は戌年ということで、強い嗅覚でお客様のニーズに迅速に対応し、

更なるサービスの向上を目指し頑張っていこうと思っております!

 

また、お茶と音楽、どちらに対しましても良き提案ができるよう

努めて参りたいと思っております!

 

それでは皆様、2018年戌年を張りきって進んで参りましょう!

 

それでは、また( ´ω`) ノ