色々なことを徒然なるままに…

楽茶房” タグの投稿

秋山仁希’s GAKUSABOU LIVE 後記

 

3月とは思えない暖かな日が続いておりますね

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は、先日の日曜日に開催いたしました、

秋山仁希さんによるGAKUSABOU ライブの模様を

振り返りたいと思います。

 

 

今年1発目のライブ開催となったのでございますが、

非常に多くのお客様にお越しいただき、

春らしい賑やかな雰囲気の中、開催することができました。

ご来場いただいたお客様、誠に有難うございました!

 

今回のライブでは、当店に初めてご来場をしていただいたお客様も多く、

遠くは博多のほうからも足を運んでいただけたということで、

大変有難い気持ちで一杯となりました( ´ω`)

 

 

それでは、参りましょう、

 

まずは前座の当店店主バンド”GreenTeas”です

 

今回は通常の美紀子・英樹・シンゴのトリオ演奏となりまして、

懐かしい洋楽や邦楽、そしてオリジナルも交えてお送り致しました。

 

今回は初来場のお客様が多かったり、

ライブ自体が久しぶりで緊張していたからかは分かりませんが、

ちょっと演奏で危なくなるところも見受けられましたね( ;´ω`)

 

まだまだ精進していかねばなりませんね。

 

 

そしていつものティータイムを挟みまして、、、

 

ゲストアーティストの秋山仁希さんの登場です!

 

 

 

今回も仁希さんは、誰もが一度は聞いたことのある

洋楽の名曲を数多く被露!

 

当店では2016年の春以来のライブとなりましたが、

変わらぬ美声で、一気に会場の雰囲気を仁希色に染めていきます。

 

仁希さんの特徴的なハスキーで深みのある声や

しっかりとした英語の発音は、とても安定感があり、

聴いている者に安堵感をもたらしてくれます。

 

 

 

「今回は緊張しています、、、」

 

途中トーク部でこう話されておりましたが、

仁希さんほどの場数を踏んでいる方がめずらしいと感じましたが、

 

確かに今回のライブでは、仁希さんがアーティストとして尊敬する方々が

遠方からも多くご来場いただいていたからのようです。

 

 

 

ただ、途中そういったお話しをされた後は写真のように

笑顔でトークをされるくらい緊張もほぐれ、

秋山仁希流のライブを繰り広げていたように感じます( ´ω`)

 

 

当店のように30人も人が入れば満杯になるような狭い空間で、

全ての目が自分に注がれるのですから当然といえば当然なのですが、

 

これまでの当店でのライブでは、何度も足を運んでいただけている

顔馴染みのお客様が多かったので余計にそう感じたのかもしれませんね。

 

 

そしてライブも終盤、

アンコールがかかると登場したのが

仁希さんの盟友でもある、前回のライブでもデュオ演奏をした

サキソニスト、渡邉ヒソカさんが登場!

 

 

ライブを観に来るとは聞いてましたが、まさかサックスを携えてきてくれるとは

思いませんでしたので、

 

ライブが始まる直前に急遽決まったデュオ演奏となりました。

こちらもご来場のお客様には楽しんでもらえたことと思います!

 

仁希さん、渡邉さん、今年も素敵な音楽を有難うございました!

 

 

秋山仁希さんのライブ情報などは、

このページの右側のリンクの部分からアクセスしてみて下さい。

 

 

次回のGAKUSABOU LIVEは少しまた間が空いて、

7月を予定しております、

 

ゲストアーティストはおそらく本格派カントリーバンドのあの方々が

来ていただけるのではないかと思っております!

 

 

それでは今日はこの辺で、

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 

広告

3/25(日) 秋山仁希’s GAKUSABOU LIVE 告知!

 

立春を迎えたというのに、毎日とても寒い日が続いておりますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

立春といえば、”二十四節気”の一つで、

茶摘み歌の「夏も近~づく 八十八夜~♪

という歌にでてくるこちらは”雑節”の一つ「八十八夜」の

カウントがスタートする日でもあります。

 

ちなみにその「八十八夜」が含まれる”雑節”には他に

節分・入梅・半夏生・二百十日・土用・彼岸などがあります。

 

日本には四季や二十四節気の他に雑節などもあり、

季節を細やかに感じ取る繊細な精神性や、たおやかさなど

古来からの日本人独自の国民性をそこから感じることができますね~。

 

 

さて、今日お知らせさせていただくのは

今年初めのGAKUSABOU LIVE!

 

ゲストアーティストは下関のディーバこと

秋山仁希さん!

 

昨年は都合があわず当店でのライブは出来ませんでしたが、

下関市内や北九州の各所で精力的にライブ活動をされており、

その素敵な歌声を皆さんに届けていることだと思います( ´ω`)

 

 

 

仁希さんは6~70年代のオールディーズやポップス、

また時にはジャズなどもレパートリーにいれており

 

ピアノを用いたソロの弾き語りのスタイルで、

ハスキーかつ爽やかな声質が、

春や秋には、とても心地良く感じられることと思います。

 

 

当店では2年ぶりとなる今回のライブ、

今は寒いですが、このライブの頃は桜も咲き始め、

彼岸明けの暖かい日になると思われます。

 

息づかいが聞こえ、手を伸ばせば届くほどの距離で

仁希さんの繊細な歌声を聴いてみられて下さい( ´ω`) b

 

 

日時:3月25日(日) 13:30~OPEN   14:00~START

場所:かなたに園内 cafe GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:1,500円(1ドリンクつき)

お問合せ:(tel) 083-224-0974  (mail) kanatanien@navy.plala.or.jp  かなたに園まで

 

 

それでは、お待ちしております( ´ω`) ノシ

 


明けましておめでとうございます!2018年営業開始

 

少々遅れましたが、

明けましておめでとうございます!

 

本日5日より、2018年の営業開始でございます!

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます<(_ _)>

 

 

今年は戌年ということで、強い嗅覚でお客様のニーズに迅速に対応し、

更なるサービスの向上を目指し頑張っていこうと思っております!

 

また、お茶と音楽、どちらに対しましても良き提案ができるよう

努めて参りたいと思っております!

 

それでは皆様、2018年戌年を張りきって進んで参りましょう!

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 


2017年 営業終了 今年も有難うございました <(_ _)>

明け方に降っておりました雨も昼前には上がりまして

比較的暖かな大晦日でございましたね、

こんばんは、かなたに園です( ´ω`)

 

2017年度の営業も本日で無事終了致しました。

 

今年も多くの素敵なお客様のおかげで

かなたに園は一年無事にやってこれました。

 

本年もご愛顧いただいたお客様、誠に、誠に有難うございました!

 

私個人としましては、昨年に引き続き、店舗営業の他に、

外部での催しなどにも参加させていただき

多くの新たな出会いや、発見が出来ましたことを本当に感謝しております。

 

来年はもっともっと自身の日本茶レベルを上げるべく

邁進していく所存でございます( ´ω`)

 

 

かなたに園は来年も時代の流れにゆるやかに対応し、

お客様のニーズに最大限応えられますよう、

より良いサービスを提供させていただくよう努力して参りますので、

変わらずのご愛顧のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

かなたに園は4日(木)までお正月休みをいただき

年始の営業は5日(金)からとさせていただきます。

 

それでは、皆々様、良いお年をお迎え下さい!

 


侘び助’s GAKUSABOU LIVE 後記

 

今週はこの時期としては高めの気温で

過ごしやすい週となっておりますね

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

本日は先日26日に開催致しました、

侘び助’s 朗読劇 GAKUSABOU LIVEのもようを

お伝えしていきます。

 

この度も貴重なお休みの日曜日に、

当店、当ライブに足を運んでいただいた

お客様、誠に有難うございました!

 

朗読劇という下関では普段なかなか見聞きすることがない劇なのですが

多くのお客様が興味をもっておいでいただけましたこと

誠に有難く思っております( ´ω`)

 

 

さて、それでは参りましょう、

まずは、いつもの前座パートのGreenTeasです

 

 

今回はギタリストのシンゴさんも復帰しまして、

3ギター、2ボーカルのカルテット演奏で、

超有名曲に初被露のオリジナル曲も含め演奏させていただきました。

 

このライブ前にはギターのシンゴさんとコウムラさんには各々のお仕事の終わった後に

わざわざお店に来ていただき、みっちり練習を重ねてまいりまして

その成果が出せたステージになったのではと思います。

 

ライブ後、お客様にGreenTeasの演奏についても

お褒めのお言葉をいただいたりなどして、本当に励みになる思いです!

 

 

GreenTeasの次は、最近門司港のほうで行われていた「門司港バル」という

ミュージシャンが門司港の様々なお店で、流しのミュージシャンのように

投げ銭ライブを行うというイベントにも出演していた

Tokikawaさんの登場です!

 

Tokikawaさんはお得意のシャンソン調での、童謡を一曲、

そして、定年退職後に始められたピアノを演奏しながら

もう一曲歌っていただきました。

 

特にピアノの弾き語りでは、ジョークを交えながら、

お客様との和やかなムードでの演奏で、

こちらもほっこりしてしまいました( ´ω`)

 

Tokikawaさん渋い大人の歌声を有難うございました!

 

 

そして、ティータイムを挟みまして、

侘び助さん達の登場です。

 

まずは、侘び助の劇内では音響担当、

ソロではシンガーソングライターとして活躍する、上田たけしさんの

ミニライブから

 

 

ほっこり系でハートフルな歌声と選曲がこれまで多かった上田さん、

今回はこれまでになくメッセージ性の強い曲を歌っておりましたし、

敬愛する細野晴臣さんの曲などもご披露いただきました!

 

上田さん有難うございました!

 

そして今回スペシャルゲストで参加いただいた

手話もされる石倉留実さんと上田さんでの手話つきの曲も被露、

 

東日本大震災の応援ソングとして作られた「花は咲く」などでも

手話を用いて表現されることが多く、最近はしばしば見られる機会が

多くなった手話つきの歌、

石倉さんは手話を用いて、様々な福祉活動などにも

積極的に参加されておられるようです。

 

会場の皆様にも一緒に歌を唄っていただき、

温かい空気が出来上がったところで、

本編の「朗読劇」の始まりです。

 

 

劇の構成は演者の萬田陽子さんと石倉留実さんの掛け合いでの

物語の進行、そしてそこに上田たけしさんがピアノやギターを用いて

絶妙な音響をいれるという構成です。

 

 

今回の演目は、ちょっと笑える創作民話の「うどん」、

そして宮沢賢治の「ざしき童子(ぼっこ)のはなし」と「祭の晩」を

お送り致しました。

 

 

 

今回の朗読劇はお二人で全ての役を演じきるのですが、

お二人の朗読力といいますか演技力がもの凄く、

情景やその演じている役の人間像やキャラなどが

こと細かく感じ取れるようでした。

 

二人の読み手と音響役一人で、

見事に宮沢賢治の世界観をみせてくれる侘び助さんには

毎年驚かされます!

 

萬田さんの安定感ある語りに、石倉さんの躍動感ある語り、

上田さんの情景にぴったり寄り添うような生音の音響効果、

 

晩秋から冬に向かってのこの時期には嬉しい、

人肌温かい朗読劇をしていただき、

侘び助のお二人、石倉留実さん、本当に有難うございました!!

 

侘び助さんは福岡県、北九州を拠点に朗読会や朗読劇などの

ライブ活動をされておりますので、

気になられた方は、是非一度見に行かれてみて下さい。

 

侘び助さんの最新情報はこちら ↓ をご覧になられるといいかと思います

侘び助Facebookページ

 

 

今回のライブで、今年のGAKUSABOU LIVEも終了となりました。

 

また、来年も質の高いアーティストのライブを皆様に気軽に見ていただく為

我々も努力して参ります、どうぞ来年度も宜しくお願い致します!

 

 

それでは最後に恒例のやつでお別れです。

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


・・・Secret Live 2017

 

11月11日は近年、1が並ぶ姿から「ポッキーの日」として有名ですが、

他にも楽器の「ベースの日」や、「鏡の日」、「エスペラント語の日」でもあると

さきほど知人から教えて頂きました

こんにちは、、いや、こんばんは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

昨日金曜日に毎年恒例のシークレットライブと言う名の私的発表会、

アルトサキソニスト、Takakoさんによる

「TAKAKOの聞いてもらっていい会?2017」

が開催されました。

 

 

 

このシークレットライブは、主催者のTakakoさんがご自分のアルトサックスの

一年の成果を、ご友人を招いて被露されている私的ライブでありまして、

 

長年親交のあるご友人や、音楽仲間の方々など多数集まり

とてもアットホームな雰囲気の中で行われます( ´ω`)

 

 

 

毎年来場してくれるご友人のため、

1年を通して修得した10曲以上の曲を被露

 

 

 

ご友人の方々もそんなTakakoさんの演奏に集中して耳をかたむけ、

時には皆さんで曲を口ずさみながら楽しみます

 

 

 

毎年恒例のこの発表会を楽しみにしているご友人の中には

なんと神奈川県からこの為に帰郷される方もいるほど

本当に素敵なご友人に囲まれていらっしゃると感じますが、

 

それもやはり齢関係なく自分の興味のあるものには

積極的に挑戦し続けているTakakoさんの姿勢に共感するからだと思われます。

 

 

 

毎年確実に、そして着実に、、

 

サックスの技術、実力を伸ばしてきていることを

そこから鳴らされる音から感じることができます。

 

 

前半部が終わると、

今年もご友人のゲストアーティストの方々の登場です

 

 

 

伸びやかのある美声を被露してただきましたのが、Ryokoさん!

難しく声量のいる洋楽を難なくこなし、会場のお客様を魅了してただけました

Ryokoさん有難うございました!

 

 

そして二組目は、

 

 

吉田拓郎をこよなく愛し、老人ホームでの慰問演奏などにも精力的に参加、

下関の弾き語り系ライブハウスの常連、Ryuseiさん!

 

今回はトリオで、やはり敬愛する拓郎さんの歌と、

オリジナル曲を披露!

 

 

力強いボーカルに、安定したベースと泣きのギターで

会場の雰囲気を良い意味一変させてくれました、

Ryuseiさん、バンドの皆さん、有難うございました!

 

 

さて、後半部

Takakoさんの演奏に盟友のピアニストTakaoさんと

ドラマーのMatsuzakiさんが加わり、

見ごたえ聴き応えあるライブに展開!

 

 

後半は邦楽の名曲を数多く選曲し、

お客様の合唱や手拍子に合わせ気持ちよく演奏されておりました~( ´ω`)

 

毎年恒例のイベントですが、

演奏するほうも、お客様のほうも実に楽しくこのひと時を過ごされている様子に

私たちかなたに園スタッフも顔がほころびます、

 

 

また、お客様同士でもこのイベントで一年ぶりに会うかたも多いようで、

このイベントが同窓会になっているよう、

これも素敵なことです。

 

 

今年も多くのお客様に足を運んでいただき誠に有難うございました!

 

 

Takakoさんも来年のライブに向けて既に走り出していることと思われます、

 

来年も素敵なご友人の皆様に素敵な音楽を届けるために

これまで以上に練習に励まれることでしょう、

 

また来年も是非このイベントにお越し下さい。

お待ちしております!

 

 

かなたに園cafe GAKUSABOUでは、このような個人的なライブやその他催し事での使用も可能です。

アルコールはございませんが、オリジナルドリンク類などをご用意致しております。

ご興味がある方は、お気軽にご相談下さい。

 

お問合せは、

お電話 083-224-0974もしくは、

メール kanatanien@navy.plala.or.jpまでお気軽にどうぞ。

 

 

それでは最後に恒例のこちらでお別れです、

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


11/19(日) 打田十紀夫’s GAKUSABOU LIVE 告知!

 

なかなか、秋晴れ!という日が少ない今日この頃でございますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は来月の11月19日(日)に予定しておりますGAKUSABOU LIVEの告知でございます!

 

「打田十紀夫 Special Acoustic Live」

at the GAKUSABOU

Country Blues Guitar & More…

 

なんとなんと、あの日本を代表するフィンガーピッキングギタリストであり、

多くの海外一流ギタリストとの共演を果たしてきた

打田十紀夫さんがついに、来下関、来GAKUSABOUでございます!!

 

 

打田十紀夫さんプロフィール~

 

1958年三重県四日市市出身。東京工業大学理学部中退。カントリー・ブルース・ギターの

巨匠ステファン・グロスマンに師事し、1987年にロサンゼルスで共演。

以来、アコースティック・ブルース&ラグタイムを得意とするギタリストとして活躍。

全国でのコンサート開催をはじめ、CDやDVD、また教則本など多数発表し、

長年に渡りこの分野の発展に力を注いできた。

『モリダイラ楽器/フィンガーピッキング・デイ』や『楽器フェア』など、

アコースティック・ギター関連のイベントでも欠かせない存在となっている。

 

ステファン・グロスマンをはじめ、ジョン・レンボーン、ダック・ベイカー、ボブ・ブロズマン、

ウッディ・マン、パット・ドノヒュー、トニー・マクマナスといった一流ギタリストとの

ジョイント・ライヴ・ツアーを継続的に行うなど、海外アーティストとの交流も重要な活動で、

2007年には師匠グロスマンとのデュエットCD『Bermuda Triangle Exit』がアメリカでリリース。

中国でのライヴ、クリニックや、アメリカやフランスを回る海外ライヴ・ツアーも開催し、

活動の幅も国際的となっている。

2011年10月には、米ミシシッピー州グリーンウッドで開催された

「ロバート・ジョンソン生誕100周年記念フェスティバル」にも出演した。

 

『アコースティック・ギター・マガジン』(リットーミュージック)、

『アコースティック・ギター・ブック』(シンコー・ミュージック)、

『Player』(プレイヤー・コーポレーション)、

『Blues & Soul Records』(スペースシャワーネットワーク)などの音楽誌でも、

長年に渡って連載や寄稿している。

 

2012年4月より始まった人気ラジオ番組『香山リカのココロの美容液』

(NHKラジオ第一、毎週金曜日21:30-55)のテーマ曲として、全日本プロレスの渕正信選手に捧げた

「Lonely One」(7枚目のCD『Sakura』に収録)が使用されており、

同番組へゲスト出演で生演奏も披露した。

独創的で抒情的なそのオリジナル曲は、ルーツに根ざしたものであると同時に、

常にギター・ミュージックの可能性に挑んでいる。

 

 

・・・(;゚д゚)ゴクリ

これはとんでもないお方が来ていただけることになりました!

 

打田さんはご自分のCDはもちろんのこと、

アコースティックギターの教則本も数多く出版されており、

そちらの分野でお世話になった方や

そちらの方からファンになられた方も多いはず、

 

今回のライブも名著「カントリー・ブルース・ギター」の続編で、

”決定版”となる「打田十紀夫 カントリー・ブルース・ギター・バイブル」が今年の5月に

発売となり、その発売記念のライブツアーともなっております。

 

この教則本もバイブルという名に恥じない内容で多くのギタープレイヤーに

受け入れられているもようです。

 

この本を出版した出版社からも

「カントリー・ブルースの魅力が余すところなく収めているので、資料的な価値もあります。

ですから本書は、知識欲の強いギタリストにピッタリ。謎が多い戦前ブルースマンの演奏ですが、

本書の解説を読みつつ音源を聴くだけで「なるほど、そうだったのか! 」と

納得していただけるはずです。

こういった知識は、演奏レベルに関係なく、さらにエレキ弾きでも楽しめるのもいいですよね。」

というコメントがでております( ´ω`)

 

 

また、演奏されるジャンルもカントリー、ブルースにとどまらず、

様々なジャンルの曲を演奏していただけると思います。

 

老若男女問わず、全アコギプレイヤー、インストゥルメンタルギター好きに

お奨めしたいライブとなっております!

 

打田さんは毎年当店でライブをしてくれている、

宮崎県のアイリッシュギタリストである天満俊秀さん

と関係が深く、天満さんの師匠のようなお方、

 

 

あの超絶技巧の天満さんが「全てにもの凄い方です」と

仰っておられたので、私達も大変楽しみでございます( ´ω`)

 

 

「打田十紀夫 Special Acoustic Live at the GAKUSABOU」

時:2017年11月19日(日) 13:30~Open  14:00~Start

場所:八女茶専門店かなたに園内 cafe GAKUSABOU

山口県下関市汐入町4-4

料金:2,500円(1ドリンク付)

お問合せ:Tel 083-224-0974 かなたに園

Mail kanatanien@navy.plala.or.jp 

 

※当店に専用駐車場はございません。

 

※当日は混雑が予想されます、予約席などの確保は承ることができませんので

良いお席を確保されたいとお考えのお客様は

店舗オープンの13:30に合わせてお早めにお越しいただけたら幸いでございます。

 

また、初めてのお車でのご来店の方で近隣駐車場についてご質問のある方は、

かなたに園までご連絡下さいませ。

 

 

 

11月19日くらいになりますと晩秋、枯葉舞う季節、、、

 

日本を代表するフィンガーピッキングギタリストの

ウォーミングかつテクニカルなアコースティックギターのライブを

聞いていかれてみませんか、

 

ご来店、お待ちしております( ´ω`)