色々なことを徒然なるままに…

金谷園” タグの投稿

“謡楽舎” 天満俊秀&天満智恵子 GAKUSABOU LIVE 2018 後記

 

昨日と比べますと少し肌寒い月曜日でございます、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて、本日は昨日11月25日に開催されました、

“謡楽舎”-天満俊秀さん天満智恵子さんによる

GAKUSABOU LIVEのもようをお送り致します!

 

 

今年の天満さんのライブにも常連のお客様や初めてのお客様を含め

とても多くののお客様が足を運んで下さり、

かなたに園並びに演者さん一同大変感謝致しております。

誠に有難うございました!

 

 

それではライブのもようをお送りしていきましょう。

 

 

前座はもちろん当店店主バンド”GreenTeas”が務めさせていただきました。

 

 

今回はギタリストのShingoさんも参加していただき、

安定のトリオ編成での演奏でした。

 

今回演奏した曲は難易度の高い曲を選んでおりましたので、

最近風邪気味で喉の調子が悪かった店主二人は大丈夫だろうかと

私は心配しておりましたが、どうにかお客様に聞き苦しくないほどの

演奏は出来ていたと思います( ´ω`) b

 

そしてギターのShingoさんの存在がやはり大きいなと感じました。

店主英樹にもしっかりアドバイスできて共に作り上げることができる人の

存在は大きいです、Shingoさんいつも有難うございます!

 

 

前座が終わり、ティータイムを挟みまして

メインのお二人の登場です。

 

 

 

当店でのライブは今年で6回目!で

有難いことにほぼ毎年当店で演奏をしていただいております。

 

天満さんは4年前くらいにお爺様の実家の宮崎で農業を始められ、

更に一昨年より農家体験が出来て、さらに天満さんご夫婦の演奏も聞ける

農家民宿「謡楽舎」も開業されております!

 

最初の頃は天満さんのアイリッシュギター、ブリティッシュブルースギターのソロ演奏ライブ

でしたが、その後、奥様智恵子さんのフィドルとのデュオでの演奏となりました。

 

更に、ここ最近は日本民謡の曲を三味線と胡弓を用いての演奏などもプラス、

アイリッシュやブリティッシュミュージックと日本の民謡も奏でる”謡楽舎”として

そしてソロとしての活動も共に続けられております。

 

 

 

曲の合間のトークはさすが元大阪人といった感じで

話がとても上手で、途切れない途切れない。(笑)

 

演奏の主体となるアイルランドのことはもちろん、

曲の解説もしっかり話してくれますが、

本業の農業のお話になるとこれがまた止まりません、

 

宮崎県の農業の実態から作物のお話し、

そして農業機械の話しまでこの一年での出来事を

しっかりとお話ししていただきました!(笑)

 

 

 

 

そして演奏となると、息のあった夫婦デュオ演奏を

しっかりと聞かせてくれます。

 

 

 

毎年書いておりますが、

特に曲の出だしの入りの部分の天満さんの指先への集中力が凄いのです、

 

その緊張感は会場の皆さんにも伝わり、

一瞬張りつめた空気に変えるのですが

 

その後に続く美しく優しいアイリッシュやスコティッシュミュージックの旋律

との対比で結果とても心地良くなるのです。

まさに緊張と緩和ですね。

 

 

 

そして智恵子さんのフィドルも幅の広い美しい音色でギターに呼応します。

 

 

アイルランドやスコットランド民謡は日本人でも聴き馴染みのあるものが多く、

聴くと郷愁に誘われたり、懐かしい気持ちや暖かい気持ち、

さらに神聖な印象を受けるものが多いです。

 

 

それはその国に根付く精神性、

神や自然への崇敬からくる美しさや気高さが

同じ島国で自然崇拝が根付く日本人の琴線にも

触れる音楽なのではないかと考えます。

 

 

 

 

アイリッシュ系ミュージックを演奏される日本人の方はなかなかおりません、

お二人の存在はとても貴重です。

 

本当に心地良い音楽に、多くのお客様が目を閉じて

アイルランドやスコットランドの風景を思い描きながら聴いて

いるようでしたね。

 

 

私もお二人の演奏を聴ける喜びを今年もじっくりと噛み締めながら

今年のライブも終了致しました( ´ω`)

 

また来年も聴けることを願っております、

謡楽舎 天満俊秀さん、智恵子さん今年も有難うございました!

 

 

天満さんのライブスケジュールや様々な情報が分かるオフィシャルサイトはこちら↓

Toshihide Temma official web

 

そして、天満農園や民宿「謡楽舎」の情報が分かるウェブサイトはこちら↓

謡楽舎web site

 

 

最後はいつものこれでお別れです、

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 

広告

【季節限定】希少品種 つゆひかり ご紹介

寒くなって参りましたが皆様風邪など引かれておりませんでしょうか?

今年は咳が長引く風邪が流行っておるようですので

どうぞ皆様お気をつけ下さい。

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日はこちらの季節限定で数量限定のお茶をご紹介でございます!

 

 

 

季節限定 希少品種 『つゆひかり』!

 

 

 

 

天然玉露といわれる品種「あさつゆ」を片親に交配された新品種「つゆひかり」です。

(つゆひかりは2000年に種苗法に基づく品種登録をした新しいお茶の品種です。)

 

独特で花の様な爽やかな香気と、深みのある強い旨味とコクが特徴です。

つゆひかりは八女・星野村でもまだ栽培面積が少なく希少な品種です。

 

 

季節限定品 希少品種「つゆひかり」

60g袋入 756円(税込)

 

 

ほうじ茶「つゆひかり」

50g袋入 432円(税込)

 

つゆひかりのほうじ茶も販売されて3年になりますが、年々人気となっております!

他には無いシナモンの様なスパイシーな香気とほのかな甘味が特徴です。

一番茶を使用し、2段焙煎の浅炒り仕上げで、つゆひかりの特徴を最大限に引き出しました。

他にはないこの香味、是非お試しください。

 

2商品とも季節限定品となりますので在庫がなくなり次第終了となります。

大変お買い求めしやすいお値段かと思いますので、

是非ともお試しいただければと思っております。

 

 

当店はお歳暮などのギフト包装、地方発送なども受けたまわっております。

 

定番の商品や上記の季節限定品など様々な組み合わせがあり、

お客様のご予算に合わせた商品を提案させていただきます( ´ω`) b

 

お気軽にご連絡・ご用命下さいませ。

かなたに園(山口県下関市汐入町4-4)

(TEL/FAX) 083-224-0974

(MAIL) kanatanien@navy.plala.or.jp

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ


・・・Secret Live 2018

 

肌寒い月曜となっておりますが、

いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

先週金曜日に毎年恒例のシークレットライブと言う名の私的発表会、

アルトサックスをこよなく愛する、Takakoさんによる

TAKAKOの聞いてもらっていい会?2018」

が開催されましたので、そのもようをお伝えしていこうと思います( ´ω`) b

 

 

このライブは、主催者のTakakoさんが日々練習しているアルトサックスの

一年間の成果を、ご友人を招いて被露されている私的なライブでございまして、

 

長年親交のあるご友人や、音楽仲間の方々など多数集まり

とてもアットホームな雰囲気の中で行われております。

 

 

 

毎年ご来場してくれるご友人の方々のために

年間を通して修得した10曲以上の曲を被露致します。

 

前半部は邦楽の選曲多めに、

誰が聞いても知っている曲ばかりで会場も温まります。

 

 

 

 

 

 

ご友人の方々もそんなTakakoさんの演奏を集中して、時には笑いながら、

そして時には曲を口ずさみながら楽しんでおられます。

 

 

 

曲の合間には久しぶりに会うご友人の方々とトークしながら

笑いも交えて曲の解説なども行います。

 

常に積極的に挑戦し続けているTakakoさんの姿勢は

私みたいな若輩者から見ても輝いて見えますし、

 

そんな姿を年に一回見られている同世代のご友人の方々は

本当に元気がもらえるだろうなと感じます。

 

 

前半のTakakoさんの演奏が終わりますと、

次はゲストの方々の演奏が始まります。

 

 

まずは、ご友人でジャズボーカルを嗜むTakarabeさんのご登場!

 

 

いつもお店にやってくると大きなお声で

しゃべりまくっているTakarabeさんですが、

今回は緊張しているのかいつもよりムーディーに登場( ´ω`)

 

 

 

しかしその歌声にはしっかり芯が入っておりまして、

力があり伸びもあるハスキーボイスに会場の皆さんは聞き入っておりましたね。

 

Takarabeさん有難うございました!

 

 

 

二組目は、当店店主二人と、

以前も参加してくれたバイオリンから現在は二胡を練習中の

Mizukiさんが登場!

 

 

チャイナドレスがきまったお二人と、店主英樹が伴奏で入ります。

 

 

 

赤のチャイナドレスが眩しいMizukiさんですが、

3年くらい前から二胡を練習しており、

さすが元バイオリンを演奏されていただけに上達も早く、

それより前からやっている店主美紀子をとっくに追い抜いている

綺麗な音色を奏でておりました。

 

 

 

店主美紀子もそのMizukiさんに合わせようと必死に頑張っておりました。

二胡でハモるのはなかなか難しいことだと思いますが、

どうにか聴けるほどにはなってきたかなと思います(;´ω`) b

 

 

 

そして小休止を挟んで、

Takakoさんの後半部が始まりました。

 

 

今回もTakakoさんの演奏に盟友のピアニストTakaoさんと

ドラマーのMatsuzakiさんが加わり、

生伴奏の聴き応えあるライブに展開!

 

 

 

 

 

後半は洋楽のジャズやポップスの名曲を織り交ぜ演奏、

お客様の合唱や手拍子に合わせ気持ちよく演奏されておりました。

 

 

 

毎年自分のペースで着実にサックスの技術を磨いていっているTakakoさん、

 

このご自身のイベントが一年の集大成であり、

またここからの一年の始まりでもあるとのこと。

 

 

 

演奏するほうも、お客様も

毎年とても楽しくこのひと時を過ごされている様子は

見ていてほっこり致します( ´ω`)

 

 

そしてこのイベントが一つの同窓会になっており

ご友人の方々が一年の労をねぎらう貴重な会になっていること

とても素敵なことですね。

 

 

今年も本当に多くのお客様に足を運んでいただき誠に有難うございました!

 

 

Takakoさんも来年に向けて既に走り出していることと思われます、

 

来年も素敵なご友人の皆様に素敵な音楽を届けるために

これまで以上に練習に励まれることでしょう、

 

また来年も是非このイベントにお越し下さい。

お待ちしております!

 

かなたに園cafe GAKUSABOUでは、

このような個人的なライブやその他催し事での利用も可能です。

オリジナルドリンク類などをご用意致しております。

ご興味がある方は、お気軽にご相談下さい。

 

お問合せは、

お電話 083-224-0974もしくは、

メール kanatanien@navy.plala.or.jpまでお気軽にどうぞ。

 

 

それでは最後に恒例のこちらでお別れです、

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 

 

 


《おすすめ!》八女星野村抹茶使用 濃厚『 抹茶ソフトクッキー』販売開始!

 

 

風が少し強い10月最後の週末でございますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

さて本日は、、、

 

 

皆様大変お待たせ致しました!

 

大人気!期間限定、奥八女星野村産抹茶使用

濃厚星野『抹茶ソフトクッキー

がやっとこ入荷いたしました!

 

濃厚でしっとりとした抹茶ショコラクッキーを

優しい甘さのホワイトチョコでコーティングし、

さらにその上に金粉を落とした高級感もたっぷりの仕様。

 

抹茶菓子ファンにはたまらない

濃厚な奥八女・星野抹茶の香味が生きた一品です!

 

原材料:準チョコレート、マーガリン、ローストフラワー、

砂糖、脱脂粉乳、コーンスターチ、抹茶(福岡県産)、

金箔、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、

着色料(カロテン)、(原材料の一部に大豆含む)

 

※抹茶は石臼挽きの純粋なものしか使用しておりません。

着色料(カロテン)はマーガリンに含まれているものです。

香料はチョコレートに含まれているものです。

 

賞味期限:約45日

 

 

箱入り 12個入り 864円(税込)

 

お友達とのティータイムのお供に、

疲れてほっと一息つきたい時に、、

季節の挨拶などの手土産などに、大変ご好評いただいております!

 

毎年大変人気で、入荷後すぐに売り切れることも多々ありますので、

確実にご入用の場合は一度当店にご連絡の上、

ご来店いただけますことをおすすめ致します。

 

もちろん地方発送も承っております、

 

電話083-224-0974 かなたに園まで

お気軽にお問合せ下さい。

メールでのお問合せは↓

kanatanien@navy.plala.or.jp まで

 

それでは、また( ´ω`) ノ


11/25(日) 謡楽舎 天満俊秀&智恵子’s GAKUSABOU LIVE告知

 

ふと目線を上げると木々が色づき始めてきております。

 

今年もあと2ヶ月と少々、

時が経つのはなんと早いことかと実感させられますが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

本日は来月11月のGAKUSABOU LIVEに宮崎県から

あのご夫婦デュオが今年も来てくれることになりましたので

そのライブ告知をさせていただきます!

 

 

 

《謡楽舎》 天満俊秀&天満智恵子’s GAKUSABOU LIVE

 

日時:11月25日(日) 14時~START (13:30 会場OPEN)

会場:かなたに園内 cafe GAKUABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンク付)

問合せ:Tel ⇒083-224-0974

mail⇒ kanatanien@navy.plala.or.jp

 

 

日本でもこの方だけだと思います、

農業を営みながらアイリッシュギタリストとしての活動もされている天満俊秀さん

奥様でフィドラー(バイオリニスト)の智恵子さんと共に

アイルランドの風を今年もGAKUSABOUに運んできてくれます!

 

 

今年もアイリッシュミュージックブリティッシュミュージックを中心に

皆様にお届けしていただく予定です。

 

 

アイリッシュはアメリカのカントリーミュージックの起源といわれ、

その後のロックなどの音楽にも多大に影響しているのは

皆様もご存知のことと思います。

 

60~70年代にはアイルランドやスコティシュやケルトミュージックを

ロックに取り入れたバンドが数多くありましたね。

 

天満さんがソロで演奏されていた時はアイリッシュブルースを

演奏することが多かったのですが、

 

奥様とのデュオ「謡楽舎」では、

アイルランドやスコットランドの伝統音楽・民謡を主に演奏されています。

 

 

アイルランド民謡は日本人にとっても結構馴染みの深い音楽だと思います。

 

なぜなら日本では幼少期にアイルランドの民謡と知らずに

習ったり、聴いたことがあったりするからです。

 

ですので、

アイリッシュミュージックを聴くと昔を思い出したり、

懐かしい気持ちになったりするのではと思います。

 

アイリッシュ民謡の持つメロディの美しさや優しさは

同じ島国である日本人の心の奥底に

しっかりと根付いているように感じます。

 

 

 

プライベートの他、雑誌の取材などでも現地まで

何度も行かれておられる天満ご夫妻、

 

そのときのお話しなども色々と聞くことが出来るのではと思います。

 

12月目前の11月最後の日曜日、

おそらくかなり肌寒くなっていることと思われます。

そんな時期には暖かみをかんじる音楽を聴いて癒されてみませんか?

 

下関ではなかなか聞く機会のない本場仕込みの

アイリッシュミュージック

是非この機会にご堪能下さい!

 

ギタリスト天満俊秀さんの情報が分かるオフィシャルサイトは下をクリック↓

>>Toshihide Temma official web<<

 

そして、天満農園や民宿「謡楽舎」の情報が分かるウェブサイトは下をクリック↓

>>謡楽舎web site<<

 

 

どうぞお楽しみに!

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


《季節限定》” 秋の口切り新茶” の販売が開始されました

 

本来ならば一年で最も過ごしやすく

行楽シーズン真っ盛りのはずのこの時期なのですが、

今週も台風と・・・今年は世界規模で天候がおかしいですね・・。

 

こんにちは、かなたに園です(;´ω`)

 

さて、気を取り直して、

 

今年もこの時期だけに販売されます季節限定茶、

「秋の口切り新茶」

をお届けします。

 

 

4月から5月初めに摘まれた八女新茶を

すぐに零下30℃の冷凍倉庫で真空保存し、

この秋に口切りしました。

 

 

高度に鮮度を保ったまま仕上げたお茶で、

優良品種さえみどり、つゆひかり、おくゆたかなどを使用しており、

新茶の爽快な香気成熟された旨みを兼ね備えた上質なお茶に

仕上がっております。

 

二煎目まで香味良く美味しい、この時期だけのとっておきの限定茶です。

 

 

 

100g 缶入り 1,620円(税込)

 

100g 袋入り 1,566円(税込)

 

 

 

現在、一般的に新茶の季節といえば、5月初めの頃ですが、

昔、新茶といえば秋だったようです。

 

——————————————————————

茶の湯の世界は11月初旬、

現在の暦での立冬(およそ7・8日ごろ)をもって

新しい年のはじめとします。

 

この日を迎えて茶室の「炉」をひらき、

春に摘んだ新茶を葉茶の形で茶壷にたくわえたものを

壷の口封を切って使いはじめます。

 

「口切」の時節というのがこれでして

新茶の使いはじめのこの時期を茶の湯の世界での正月とし、

茶の庭の垣や樋の青竹を新しくしたり、

茶室の畳を改め、障子を張替えるなどのことが行われます。

(「茶の湯こころと美」様記載より引用)

——————————————————————–

 

4月終わりから5月初旬につまれた茶葉は壺に入れられ

夏の間に低温貯蔵されることで風味をまし、

新茶特有の青臭さが抜け、まろやかかつコクのある茶葉になります。

これを後熟(こうじゅく)といいまして、

新芽のお茶を熟成させることで、後に生まれ変わり、

その年の「新茶」とされたそうです。

 

また、熟成茶は江戸時代に徳川家康も飲んでいたそうです。

家康は新茶の時期に摘み取った茶葉を茶壺に入れ、

涼しい蔵で保存していました。

新茶の香りや味わいが秋になるまで置くと一層深まることを知っていたようです。

 

 

10月に入りまして、益々朝夕の気温も下がり、

日中との寒暖差で体調を崩されておられる方も多いように感じます。

 

 

緑茶を飲むことは健康に毎日を過ごす為の一助となります。

そして暖かいお茶が本当に美味しい季節でございます、

是非、この秋の口切り新茶をご賞味いただけたらと思います。

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 

 


侘び助’s GAKUSABOU LIVE 後記

 

本日はまさに台風一過というような晴れ模様でございます、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は昨日開催致しました、

「侘び助’s GAKUSABOU LIVE」のもようをお送り致します!

 

昨日は台風24号の影響でいまいちのお天気の中、

当店のライブに足を運んでいただいたお客様、

誠に、誠に有難うございました。゚(゚´Д`゚)゜。

 

下関はさほど台風の影響は無かったとはいえ、

雨や風はそこそこ強い中でしたので、

ご来場いただけるのかとても心配しておりました。

 

そのような中、とても多くのお客様に

ご来場頂けたこと、足を運んでいただいたこと

関係者一同、誠に感謝致しております!

 

 

それでは、ライブのもようをお送りしていきましょう!

 

 

前座はもちろん、当店店主バンドのグリーンティーズです。

今回はいつもいる筈のギターのシンゴさんが大事な用事でお休み

ということで、侘び助の上田たけしさんがサイドギターで参加!

 

 

いつものシンゴさんとは微妙に違う即席トリオでの演奏でございましたが、

上田さんはこれまでもよくグリーンティーズに参加いただいておりましたので

違和感もなく、見事にこなして頂けました。

 

グリーンティーズは今回もオリジナルとカバーを織り交ぜながら、

5曲ほど被露!

 

前回7月の終わりのGAKUSABOUライブが

台風12号によって中止になってしまいましたので

今回は店主英樹の気合の入れようも違うように感じましたね。

 

前座が終わりますと、小休止のティータイムを挟みまして

 

シンガーソングライター上田たけしさんのソロミニライブが始まりました!

 

 

上田さんのハイテンションでグルーヴ感ある一曲目に

お客様もヒートアップ!

 

想像以上の反応だったのか

上田さんが少しびっくりしているくらいでしたね!

 

 

 

やさしいながらも芯のある歌声と

心地良くノリのよいギターの音色でお客様の心を鷲掴みにされたようでした。

 

 

上田さんはオリジナル曲の間に昔ながらのゆっくりとした童謡なども挟み、

緩急をつけた選曲で会場を暖めていきます。

 

 

 

また、現代日本の惨状に切り込むような

メッセージ性のあるオリジナル曲なども数曲盛り込み、

シンガーソングライター上田たけしのステージは終了致しました。

 

 

 

そしてついに真打ちの登場でございます。

 

 

侘び助&森田玲子さんらによる、

古典落語話&笑える落語話のスタートです!

 

 

当店でのライブではこの侘び助のお二人(上田さん・萬田さん)と

ゲスト演者さん一人のトリオスタイルが多いです。

 

 

上田さんは演目の中の効果音&BGMを即興で担当。

今回はギターでしたが、演目によってはピアノなども使用し、

見事に演目に合った音色を奏でます。

 

 

2015年の語りべ全国大会(久留島武彦顕彰全国語りべコンクール)で優勝された

萬田陽子さん(左)と

 

若い頃に劇団に所属し、数多くの舞台演劇を経験してこられた

森田玲子さん(右)の掛け合いは、はっきりいって凄いの一言!

 

 

表情豊かな感情表現と、見事な声色を使いこなす森田さんは

その表現のうまさで観客の心を鷲掴み、

座っての演目なのに、上半身の表現だけで物語りに引きずり込みます。

 

 

 

さすが元劇団で数多くの舞台を経験してこられた方です。

 

語彙力のない私は簡単に「表現力」という言葉を使ってしまいますが、

森田さんの表現力は本当に半端ない!です。

 

2年前の「銀河鉄道の夜」の朗読劇ライブの時もそう思いましたが、

キャラのつけかたが絶妙で、数人の登場人物がいても分かりやすいのです。

 

 

そして相手役の萬田さんが森田さんをしっかりコントロールし、

見事な掛け合いで物語が進行していくのです。

 

 

こちらもさすが語りべ日本一、

安定感があって聞き取りやすい声で物語の進行役と

人物の役を切り替えながら演じきります。

 

 

 

特に落語話ですので独特な落語的言い回しやテンポが重要で、

そこが疎かになると聞いているものに違和感が残ります。

 

そういったことがないように、

そして観客の方々に分かりやすいように、

バランスを取る舵取り役を萬田さんが担っているように感じました。

 

 

今年もとてもおもしろく、心温まる歌と演目を楽しませていただきました、

侘び助のお二方、そして森田さん、この度も誠に有難うございました!

 

 

そして最後に侘び助さんのライブ情報を3つご紹介!

 

一つめは直近の10月7日日曜日に、

 

 

なんと大分県別府市にて、舞踏と朗読と即興音楽の

「小泉八雲の夕べ」

なるイベントを開催!

 

別府市のJR東別府駅すぐ近く

長覚寺

さんにて、17時より。

 

このイベントは2018年10/6(土)~11/25(日)

51日間に渡って別府市にて開催される

ベップ・アート・マンス2018

の参加プログラムの一つのようです。

 

舞踏で参加される表現集団 万華鏡の樹里さんは、

侘び助のお二人とも所縁が深いそうです。

また、同日のライブ前には樹里さんによるワークショップ(無料)が

開催されるようですのでそちらも合わせてチェックしておいて下さい。

 

このイベントが気になる方は >>こちら<< から

詳細、予約画面に飛べます。

 

 

 

 

そして次の週の10月13日の土曜日には

 

 

上田さんがギター伴奏で朗読劇に参加、

「耳でみる物語り」

 

こちらは福岡県遠賀郡岡垣町の情報プラザ人の駅3階クツロギエリアにて

開催されるようです。入場は無料。

 

 

3つめは来月11月18日に北九州市八幡西区のピアスペース のーてぃすさんで

行われるこちら、

 

 

侘び助ライブ

「言葉で語る 手で語る 朗読と手話と音楽」

 

会場ののーてぃすさんはおしゃれな古民家風ギャラリーカフェ、

ここが侘び助さんのホームグラウンドのようなお店で、

奇数月の第3日曜日に侘び助さん達のライブが行われております。

 

昨年GAKUSABOUライブにも来ていただいた

手話もできる石倉留実さんとご一緒みたいですね!

 

こちらもどうぞお時間ございましたら足を運んでみられて下さい!

 

>>ピアペースのーてぃすさんのHPはこちら<<

 

 

 

侘び助さんの最新情報はこちら ↓ をご覧になられるといいかと思います

侘び助Facebookページ

 

 

最後は久々のこちらでお別れです

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ