色々なことを徒然なるままに…

音楽イベント” タグの投稿

3/29(日) Jellybeans’ GAKUSABOU LIVE 中止のお知らせ

 

寝ても覚めても新型コロナ、、、

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です(;´ω`)

 

下関市内でも多くの催事、イベントごとが中止になっている時分、

当店も苦渋の決断となりました・・・。

 

今月3月29日(日)に当店で予定しておりました、

北九州が誇るカントリーバンド

『Jellybeans ジェリービーンズ』

のGAKUSABOU LIVEを新型コロナウイルスの影響により中止とさせて頂きます。

 

 

今回のゲスト『ジェリービーンズ』さんは2年前も台風によって中止になり、

開催できていたら5年ぶりの当店でのライブでした。

 

本当に素晴らしいバンドさんなのでその音を皆さんに是非聴いていただきたいと

なんとか開催できる方法はないかと色々と模索しておりましたが、

当店は小さなライブ会場であり、ウイルスへの対策をしっかりとしたとしても

お客様が不安の中での参加となってしまうというのは避けなければならないと思い

ジェリービーンズさんとも話し合い今回の決定となりました。

 

楽しみにしていただいていたお客様、大変申し訳ございません。

 

今は一刻も早くこの世界的なコロナショックが収束することを願うばかりです。

 

また当店の次回ライブは追ってこのブログでお知らせ致します。

それでは、また、、、(ヽ´ω`)

 

 

 


本日12/1(日) 開催! ゴスペル&シャンソン&ジャズ!!! GAKUSABOU LIVE

 

お天気も昼間は大丈夫のようですね、

おはようございます!かなたに園です( ´ω`)

 

本日 日曜日、14時より開催致します

 

Gospel & Chanson & Jazz Live!!

 

日時:12月1日(日) 13:30~OPEN   14:00~START

場所:かなたに園内 cafe GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:1,500円(1ドリンクつき)

お問合せ:(tel) 083-224-0974  (mail) kanatanien@navy.plala.or.jp  かなたに園まで

※お車を駐車する場所をお困りの方は当店にご一報下さい。

 

 

皆様のお越しを

お待ちしております( ´ω`)ノ


12/1(日) ゴスペル&シャンソン&ジャズ!!! GAKUSABOU LIVE告知!

 

週明け月曜なので晴れてほしいところですが、

本日一日くもり空のお天気となりそうです。

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、今週末当店で開催されるライブの告知でございます、

色々バタバタしておりまして告知が遅れてしまい申し訳ありません。

 

 

ゴスペル&シャンソン&ジャズ!

「浜崎むつみ&ハイ・カラーズ GAKUSABOU LIVE !!!」

 

 

日時:12月1日(日) 13:30~開場 14:00~開演

会場:かなたに園内 cafe GAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1500円(1ドリンク付き)

お問合せ:TEL 083-224-0974 かなたに園

 

今年最後のGAKUSABOU LIVEは

Gospel & Chanson & Jazz Live!!

 

下関市内で主に活動しているゴスペルグループ

High-Colors (ハイ・カラーズ)の皆さん達と

 

 

 

そのハイ・カラーズさん達の歌の先生でもあり、

長年ジャズやシャンソン歌手として活動されてきた

浜崎むつみさん

が2年ぶりに当店でライブです!

 

 

 

 

皆様に素敵なゴスペルシャンソン、ジャズの唄の世界を

味わっていただけたらと思っております。

 

 

 

前座はもちろん、当店店主バンド

Green Teasが務めます。

IMG_3862-s

今回も前回の時と同様、スペシャルゲストの参加を予定しております!

 

 

ゴスペルってどんな音楽なの?という方に

ゴスペルを歴史の方から簡単にご説明致しますと

 

奴隷としてアメリカ大陸に連行されたアフリカ人は彼ら独自の言語・宗教など

一切を剥奪されました。その苦しい状況下で、彼らのうちのある人々は、

救いを与えるゴスペル(福音)と出会い、

キリスト教への改宗を経て、神に彼ら独自の賛美をささげるようになりました。

 

こうしてアフリカ特有の跳躍するリズム、

ブルー・ノート・スケール(ジャズやブルースで使われる音階)や

口承の伝統などとヨーロッパ賛美歌などの音楽的・詩的感性が融合して

スピリチュアル(黒人霊歌 negro spiritual とも言う)という

現在のゴスペルの基調となる音楽が生まれました。

後年になってジャズやロック、ヒップホップなど様々なジャンルと結びつき

その音楽性は今も進化し続けています。 (wiki参照)

 

90年代にウーピー・ゴールドバーグが主演した映画

「天使にラブソングを」が大ヒットし、

一般的にはそのイメージが強いかと思われます。

 

 

シャンソンはイメージ的に宝塚歌劇団を思い浮かべる方も多そうですが

フランス人の方ですとエディット・ピアフやイブ・モンタン、

日本人でいうと、越路吹雪さんや淡谷のり子さん、

美輪明宏さん、加藤登紀子さんなどが思い浮かびますね、

 

 

 

最近ではゴスペル、シャンソン、ジャズも大人の楽しみとして

教室で習い、人前で歌われる方も多く、

コンサートなども様々な場所で行われ、

耳にする機会が増えましたね。

 

今回の LIVEでも定番ながら親しみのある楽曲が中心となると

思われます、お好きな方は是非一緒に口ずさむ感じで楽しんでいただけたらと

思っております。

 

今年最後のGAKUSABOU LIVEをどうぞお楽しみに、

ご来場お待ちしております!

 

それでは、また( ´ω`) ノ

 


チェリーレーン’s GAKUSABOU LIVE 2019 後記

 

秋らしい爽やかな空気と日差しが降り注いでいる火曜日でございますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、先日の22日の日曜日に開催致しました、

チェリーレーン’s GAKUSABOU LIVE 2019

のもようをお送りさせていただきます。

 

 

日曜日は台風17号が迫る中、

様々なイベントが開催中止となるようなお天気の中、

当店のライブに体を濡らしながら足を運んでいただいたお客様、

誠に、誠に、誠に有難うございました!!

 

昨年は1度、台風の影響でライブが開催出来なかったこともあり、

様々なことを慎重に慎重を重ねて今回の開催を決断致しました。

 

当日の下関はライブ開始前の13時くらいからライブ終わりの16時にかけて

が雨風ともに非常に強い状況となってしまいましたが、

来て頂いたお客様が笑顔でお帰りになられるのを見ると、

こちらも開催できて良かったなぁと本当に安堵の気持ちとなりました。

 

ご参加頂いたお客様、そしてこの状況の中来て頂いて演奏していただいた

チェリーレーンの皆様にも感謝申し上げます<(_ _)>

 

 

さてそれでは参りましょう!

 

今回ももちろん前座は当店店主バンド、GreenTeasが務めさせていただきました。

 

 

今回は前回に引き続きボーカルにHiroさんをお招きしての4人編成、

新旧の名曲、そしてオリジナルを織り交ぜながら、

5曲ほど披露させていただきました。

 

今回はチェリーレーンさんが来られておりましたので

そのPP&Mと同時期に活躍したアーティストの名曲も

新たに披露できたのが良かったですね。

 

さらに!ここからがいつものライブと違うのですが、

 

 

店主英樹と店主美紀子の50年来のバンド仲間が北九州より参加いただきました!

 

店主の英樹と美紀子はそれぞれ別のバンド、

英樹は「ハニーフェローズ」美紀子は「フォークイーゼス」というバンドで

北九州を中心に二十歳前後の時に活動していたのですが、

 

今回はその時期に共に青春を謳歌した音楽仲間のお二人が駆け付けてくれました!

 

手前が元「クリケット」の桑原さん

奥の方は現在のバンド「ニュークリケット」のメンバーの渡部さん

 

桑原さんは当時、名曲”花はどこにいった”で有名な

フォークソンググループの草分け的存在で伝説のバンドでもある

「キングストン・トリオ」のコピーバンドをされており、

 

今回のライブでも当時と変わらない

素晴らしいキングストン・トリオのハーモニーを

渡部さんと披露していただきました!

 

さらに!ウクレレベースでその桑原さん達と共演していただいたのが

 

 

若かりし頃の店主美紀子のバンド「フォークイーゼス」元メンバー、

向坊さん!

 

向坊さんは美紀子と共にヤマハライトミュージックコンテスト全国大会にも出場し、

当時のオフコースや赤い鳥、財津和夫さん などと鎬を削った言わば戦友です。

 

 

お二方とも英樹&美紀子と本当に久しぶりの再会だったのですが、

当時と変わらない音楽観やお声にお互い刺激を受けたのではないでしょうか、

 

桑原さん、向坊さん、渡部さん、この度は本当に有難うございました!!

 

 

そしていつものようにティータイムを挟みまして、、、

 

本日のスペシャルゲストバンドのチェリーレーンさんが

2年ぶりの登場です!

 

 

チェリーレーンさんは主に関東地方で活動されている

ピーター・ポール&マリーのコピーバンドで、

腕前は国内のPP&Mコピーバンドの中でもトップクラス!

 

そして本家PP&Mからお墨付きをいただいているバンドでございます!

 

再結成後のPP&Mのライブツアー(米国内)に前座などで参加されていたり、

来日される際には必ず行動を共にされたり

特にピーター奥田さん(写真右)はアメリカの彼らの家に招かれるほど

親しい間柄だそうです。

 

 

 

それでは、チェリーレーンさんのメンバーをご紹介、

バンドリーダーで向かって右手のギター担当、

MC担当で、ハーモニーの主軸でもある

ピーター・ケン・奥田さん!

 

本家PP&Mのお話しや、その歌の歴史背景、内容など

とても分かりやすく軽妙なトークでお客さんを引き込み、

ノせていきます。

 

 

 

魅惑のフィンガーピッキングと低音の魅力、

ポール・都築さん!

 

MCの時は奥田さんのサポート役で、

クールで的確なコメントをスッと出してくるよき女房役です。

 

そして演奏の際のギターピッキングの音色や

ハーモニーの美しさはさすがでございました!

 

今回は都築さんメインボーカルの曲なども披露され、

渋い低音のお声の魅力を存分に堪能させていただきました。

 

 

そして紅一点、

小柄ながら力強いボーカルで男性二人を強力にリード、

マリー・京子さん!

 

歌の中ではリードの役目なので一番重要なパートであり、

高音も低音もある難しいマリーのパートをしっかり歌い上げておられました!

 

 

そして、2年前にも書きましたが、

ポール都築さんとマリー京子さんはご夫婦!

 

 

ライブ中にも時折見せる京子さんの旦那様を優しく見つめるお顔が今回も

印象的でございました( ´ω`)よ

 

 

そして今回もあのスペシャルコラボ

ピーター・ケン・奥田さんの前妻であり、店主美紀子のゴスペル仲間、

KIYOKOさんも2曲ほど披露!

 

色々な夫婦の形がある、、、そして、

いつの時も音楽の力は偉大である、、

そんなことを考えさせられましたね!

 

 

今回もチェリーレーンさんの歌声、素晴らしいハーモニー、ギター演奏を

堪能することができました。

 

ご参加いただいたお客様もご自分の青春時代がよみがえるような気持ち、

そして当時の楽曲を高いクオリティで聴けることの喜びを

感じて頂けたのではないでしょうか、

 

自然に出る手拍子や、一緒に口ずさんでおられるお姿は、

とても素敵な光景でございました( ´ω`)

 

チェリーレーンさんは、

私達のライブはPP&Mの普及活動なんです、

そうおっしゃられておりました。

 

世代的認知度はかなり差があるバンドだと思いますが、

代表曲も、聞けば誰でもどこかで聞いたことがあるという曲がほとんどです。

 

 

チェリーレーンさん達は現在も九州ツアーに出られておりますが、

PP&Mの曲はお父様お母様世代だけでなく、そのお子様、またはお孫様でも安心して聞ける

楽曲や音楽性をもっていますので、どうぞ若い人こそ一度聞いてみて下さい。

 

 

ライブの情報はピーター・ケン・奥田こと

>>奥田健一さんのFacebook<<

をご覧下さい!

ライブ情報なども載っていると思います。

 

 

Cherry Lane ピーター・ケン・奥田さん、ポール・都築さん、マリー・京子さん

この度も素晴らしいライブをしていただき誠に有難うございました。

またいつかその歌声、ハーモニーが聴けることを願っております!

 

 

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


本日「チェリーレーン ライブ」開催致します!

 

おはようございます!

かなたに園です( ´ω`)

 

本日ライブやります!

 

本日14時より、予定通り

GAKUSABOUライブは開催致します!

これから雨、風は徐々に強くなるかもしれませんが、

下関の台風のピークは夜になるという予報を信じて!

 

ただ、お天気は終日悪いと思われますので

無理はなさらないようにして下さい。

 

皆様、どうぞよろしくお願い致します。

十分にお足元にご注意して、

ご来場下さい( ´ω`)

お待ちしております!

 


明日9/22(日)の「チェリーレーン LIVE」の開催について

 

今年もですか…(´・ω・`)

 

皆様ご存知のように現在台風17号が北上中です、

昨年の同時期は侘び助さんのライブがそれに当たったのですが、

幸い台風はたいしたことなく開催することができました。

 

今回もそうあって欲しいと願っておりますし、

せっかく関東からチェリーレーンさんが来られ、

このライブを楽しみにされている方も多いので、

ギリギリまで判断を待とうと思います。

 

 

 

当店の明日のライブの開催最終判断は、

明日日曜日の朝8時までこのブログや

フェイスブックページを通じて行わせていただこうと思っております。

 

但し、本日(土曜)中に公共交通機関などの運休などが

発表された場合は開催中止とさせていただきます。

それが出た時点でこちらのブログにもお知らせいたします。

 

今回もこれからの台風の状況次第でございます。

 

明日朝8時までには開催アリ・ナシはお伝え致しますので

ギリギリまでお待たせして大変申し訳ございませんが、

どうぞご理解のほど宜しくお願い致します<(_ _)>


今週末9/22(日)開催!チェリーレーン’s GAKUSABOU LIVE!!

 

チェリーレーン’s GAKUSABOU LIVE

日時:9月22日(日)14:00~START  13:30~OPEN

場所:かなたに園 Cafe GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:1,500円(1ドリンクつき)

お問合せ:Tel) 083-224-0974 かなたに園まで

Mailでのお問合せはこちら⇒ kanatanien@navy.plala.or.jp

 

 

やっと秋らしい風は吹いて参りましたが、

昼間の日差しの強さはまだまだ強い今日このごろでございます。

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

 

さて本日は今週末9月22日に当店で開催致します

『Cherry Lane ‘s GAKUSABOU LIVE』

を再度告知でございます!

 

チェリーレーンさんは2017年の10月以来、

約2年ぶりの来演となります!

 

 

ピーター・ポール&マリー(通称PP&M)の

完全コピーバンドとして本家にも認められたその実力を

手が届くような目の前で楽しんでいただけたらと思っております!

 

 

 

-チェリーレーン-

(PP&Mの代表曲の一つ)「Puff, The Magic Dragon」から採ったバンド名で、

桜並木のように人々を陽気に元気づける存在になりたい。

そんな気持ちで各地で歌っています。

 

歌えば歌うほどに本家PP&Mの歌の力に感嘆し、ますます意欲が湧いてきます。

 

更に、

「チェリーレーンは(単なる)PP&Mのカバーではなく、

             120%コピーを目指して日々活動しています。」

 

とのことです、

 

チェリーレーンさんは2013年にバンド結成され、

 

メンバーは、

ピーター奥田さん G

 

ポール都築さん G

 

マリー京子さん Vo

によるグループです。

 

 

 

チェリーレーンさんのオフィシャルWEB SITEは⇒こちら

 

 


あの曲を聴くと、当時の情景が浮かんでくる、

気持ちだけでもその頃に戻れるような気がする、、、

そんなあなたの青春の1ページに綴られた名曲の数々を

共に口ずさみながら楽しんでみられませんか?


 

9月22日(日) 13:30より開場、14時よりライブ開始です、

 

前座はもちろん当店オーナーバンドの「グリーンティーズ」!

今回は同世代のチェリーレーンさんが来られるので

助っ人もお呼びして気合いが入っておりますよ!

 

 

グリーンティーズもPP&Mと同時期有名バンドのあの名曲を初披露予定!

 

ご来場お待ちしております!

 

それでは、また( ´ω`) ノシ


秋山仁希 & 工藤隆 GAKUSABOU LIVE 後記

 

本日は曇り、

梅雨明けした先週からずっと強い日差しにさらされておりましたので

この曇りのお天気もなにか有難く感じますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて本日は、昨日日曜日に開催いたしました、

秋山仁希さん、工藤隆さんによるGAKUSABOU デュオライブの模様を

振り返っていきたいと思います。

 

 

外にでるのも億劫という暑さの中、今回のライブ開催となったのでございますが、

多くのお客様にお足を運んでいただき、誠に有難うございました!

 

今回は当店のライブに初めてご来場頂けたお客様も多く見受けられ、

日頃から広くライブを開催しておられる仁希さん工藤さんの

お力を感じることとなりました。

 

 

それではまず前座のグリーンティーズから、

 

 

今回のグリーンティーズは特別編成で、

北九州から、アート集団侘び助のSW上田たけしさんがサポートギターで、

そして店主美紀子のゴスペル仲間のHiroさんがヴォーカル&コーラスで参加!

 

いつものShingoさんとはまた違った音色を出す上田さんのギターと

店主美紀子と相性の良い声をお持ちのHiroさんの歌声が

サウンドの厚みを出し、いつものグリーンティーズと違って

常連のお客様も楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

特に今回は新曲で、あの最新洋楽曲を持って来たのは意外性もあって

良かったと思います( ´ω`)

 

 

カフェタイムをはさみまして、

本日のメインのお二人の登場です。

 

 

当店のアップライトピアノがライブで使われるのは久しぶり!

 

今回はピアニストの工藤さんがご参加いただけましたので

当店のピアノの生音がしっかり聴けたのは私も嬉しきこと、

特にジャズピアノは目の前での生音が最高です。

 

 

 

今回のライブ、当初は毎年と同じスタイルで秋山仁希さんの

ソロでの弾き語りを予定していたのですが、

急遽工藤さんとのデュオライブとなりました。

 

秋山さんと工藤さんは10年以上前からの親交があり、

福岡での工藤さんのライブを秋山さんが見てから

ファンになって、機会があった時にご一緒にライブをされていたようです。

 

 

今回も久々の共演で、さらに業界の大先輩である工藤さんとのデュオ、

リハからかなり緊張感が漂っておりまして

傍で見ている私も緊張する感じでございました(;´Д`)

 

仁希さんはいつもの当店でのライブとは違う緊張感、

良い意味で張り詰めてるようでしたね。

 

 

工藤さんは一見コワモテ (すいません笑)ですが、

音楽に関しては一切妥協をしない真摯な姿勢や

1年のほとんどを全国を廻ってのライブ演奏をしている経験、

これまでのキャリアを考えると

仁希さんだけでなく

私たちも大変勉強になるほどでした。

 

工藤さんは普段はおおらかで優しいですよ!念のため!!( ´∀`)

 

 

 

今回は工藤さんが来ていただいているので、

仁希さんの洋楽ポップスレパートリーもほぼ全てジャズアレンジでの

演奏となりました。

 

いつもはご自身の弾き語りですのでヴォーカルに専念する仁希さんを

見るのも私は初めてだったかもしれません。

 

 

会場には仁希さんのヴォーカル教室の生徒さんもご来場だったのですが、

こういう歌声を披露する先生(仁希さん)を見るのは

初めてですと興奮しておっしゃっておりました!

 

普段のソロライブではジャズ的な曲は少なめで

洋楽ポップスのほうが多いイメージなので、

よりいつもと異なる感じが出ていたのではと思います。

 

 

 

しっとりと情感を込めて、、

自分にはない工藤さんのピアノの音色に仁希さんの歌声も応えます

 

 

 

ジャズは特に奏者同士の対話が重要、

 

 

 

 

 

工藤さんも仁希さんをうまくリードしながら、そして支えながら、、、

 

 

そして途中工藤さんのソロ演奏での力強さ、

そして凄まじく繊細なタッチから紡ぎ出される優しくも色鮮やかな音色は

ご来場いただいたお客様のハートをがっちり掴んだことだと思います( ´ω`)

 

 

 

秋山仁希さん、工藤隆さん、この度は誠に有難うございました!

素敵な演奏を手の届くような距離感で見ることができ、

新鮮な音が聴けるのがライブの醍醐味、

それをしっかりと堪能できるライブでございました!

 

 

 

それでは最後にいつものやつでお別れです、

 

 

 

それでは、また( ´ω`)ノシ

 


本日7/28(日) 開催! 秋山仁希 with 工藤隆 GAKUSABOU LIVE !

 

いや~朝から暑いですね~(; ´д`)

 

本日 日曜日、14時より開催致します

 

秋山仁希 with 工藤隆

GAKUSABOU LIVE!

 

日時:7月28日(日) 13:30~OPEN   14:00~START

場所:かなたに園内 cafe GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:1,500円(1ドリンクつき)

お問合せ:(tel) 083-224-0974  (mail) kanatanien@navy.plala.or.jp  かなたに園まで

※お車を駐車する場所をお困りの方は当店にご一報下さい。

 

 

皆様のお越しを

お待ちしております( ´ω`)ノ

 


《追記》 7/28(日) 秋山仁希 with 工藤隆 GAKUSABOU LIVE 告知!

 

ライブの告知の前に、、、

 

お礼のご挨拶が遅れて大変申し訳ありません。

 

6月7日~10日の4日間豊北町滝部にて開催致しました、

遇斯光庵展2019!

にお越し頂いたお客様、誠に有難うございました!!

 

 

第4回目となり、県内外から総勢17名の作家さんが

参加致しました今回の遇斯光庵展、

 

4日間とても多くのお客様にお越し頂きまして、

関係者一同、大変感謝致しております<(_ _)>

 

また来年も菖蒲の花が咲く頃に

素敵な器に出会える場を皆様にご提供できるよう

努力していく所存でございます<(_ _)>

 

 

 

さて、それでは本日の本題であります、

7月のGAKUSABOU LIVEの告知をば!!

 

 

秋山仁希 with 工藤隆

GAKUSABOU LIVE

 

日時:7月28日(日) 13:30~OPEN   14:00~START

場所:かなたに園内 cafe GAKUSABOU 下関市汐入町4-4

料金:1,500円(1ドリンクつき)

お問合せ:(tel) 083-224-0974  (mail) kanatanien@navy.plala.or.jp  かなたに園まで

 

 

昨年の3月以来の来演となります、

下関のディーバこと、秋山仁希さんをお招きして

 

夏の暑さから開放してくれるような

心地よい涼風のようなライブをお送りいたします。

 

 

 

 

秋山仁希さんはピアノを用いたソロの弾き語りのスタイルで、

ハスキーで爽やか、かつ軽やかな声質が、

とても心地良く感じられるのではないかと思います。

 

 

また、6~70年代のオールディーズやポップス

時にはジャズなどもレパートリーにいれており、

誰もが一度は聞いたことのある名曲をご披露いただけるのではと思います。

 

 

 

下関のみならず、県内外の様々な場所でライブを開催され、

多くのファンがいらっしゃる仁希さん。

 

当店のように息づかいが聞こえ、手を伸ばせば届くほどの距離で

その素敵な歌声を聴いてみませんか?

 

 

ここより追記、、、

 

そして今回急遽参戦決定!

ピアニストで作曲家の

工藤隆さん!

 

工 藤  隆 Takashi Kudo ピアニスト・作曲家

1968年5月22日生まれ。
高校生の頃より、田村勝哉氏にジャズピアノを学ぶ。

 

第三回内田奨学生に選ばれ、Berklee College of Music (バークリー音楽大学)に留学。

在学中はEdward Bedner (p), Joanne Brackeen (p), George Garzone (ts), Hal Crook (tb),

Bill Davies (p), Bill Pierce (ts)らに師事。

Piano Department Chairman’s Award, Best All Around Keyboardist Award等を授与される。

 

1997年11月から5か月間、

プリンセスクルーズ社のサンプリンセス号のショーバンドピアニスト

としてカリブ海クルージングを経験。

 

Jerry Bergonzi (ts), Christopher Hollyday (as), Dave Barraza (ts), Phil Grenadier (tp),

Larry Grenadier (b), Eddie Henderson (tp), 川嶋哲郎 (ts)、多田誠司 (as)、五十嵐一生(tp)

をはじめとする数々のミュージシャンとの演奏経験も豊富。

 

1998年に帰国後は西日本のライブハウスを中心に活動中。

2017年から“Douq Solo Project”として、

ソロピアノレコーディングに取り組んでいる。

 

このたび凄い方が参戦決定致しました、

工藤さんはジャズが専門とのことですから

今回のライブではジャズナンバーが多めになること必至です!

どうぞご期待下さい!

 

 

7月28日(日)、お待ちしております。

 

それでは、また( ´ω`)

 


侘び助’s GAKUSABOU LIVE 2019 後記 +侘び助さんのイベント告知も

 

本日は少し雨もパラつく曇り空の月曜日です、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は昨日開催致しました、

「侘び助’s GAKUSABOU LIVE 2019」のもようをお送り致します!

 

 

このところの5月とは思えない暑さの中、

当店のライブに足を運んでいただいたお客様、

誠に有難うございました<(_ _)>

 

今回も多くのお客様にご来場いただき

関係者・演者一同、誠に感謝致しております!

 

 

それでは、ライブのもようをお送りしていきましょう!

 

前座はもちろん、当店店主バンドのグリーンティーズです。

今回は通常メンバー3人での演奏です。

 

 

1曲目はこのところの練習不足のせいか、

ちょっと演奏にグダグダなところもありましたね。

2曲目からは調子を戻し、ちょっとホッとしましたが(;´∀`)

 

グリーンティーズは今回もオリジナルとカバーを織り交ぜながら、

6曲ほど被露!

 

最後の6曲目は店主英樹のオリジナルで、

滅多とライブで歌わない難曲でしたが、

 

メインボーカルの店主美紀子の頑張りが

お客様のハートを掴んだようで、

会場の空気を一気に上げることが出来ました( ´ω`)b グッド

 

 

前座が終わりますと、小休止のティータイムを挟みまして

 

侘び助の音響担当であり、シンガーソングライターでもある

上田たけしさんのソロミニライブ!

 

 

今回もアップテンポが心地よい

オリジナルの「Thank you for the people」からスタート!

 

 

 

上田さんはその確かなギターテクニックと歌唱力、

そこに見た目どおりの温かみのあるオリジナルの楽曲で

聞いてるものを幸せな気持ちにさせてくれる稀有な歌い手さんです!

 

 

 

さらにソロながらそこに醸すグルーヴ感はさすがの域!

 

温もりがありながら芯もある歌声と

ノリのよいギターの音色で今年もお客様の心を鷲掴みにしてくれました。

上田たけしさん、有難うございました!!

 

 

上田さんのソロライブが終わりますと、

真打登場です。

 

 

侘び助のお二人(萬田陽子さん、上田たけしさん)と

今回のゲスト演者、野口和夫さんの登場です!

 

 

 

野口さんは6年前の宮沢賢治「注文の多い料理店」の回以来の来演です。

 

 

今回は古典落語の「紺屋高尾」、

古典落語話をお二人で朗読劇仕立てで演じます。

 

お二人ともだいたい3役くらいは同時にこなされて、

違和感なく演じきる技術は本当に凄い!

 

 

 

もうこのブログでも何度もご紹介させていただいている

2015年全国語りべ大会で優勝されている萬田陽子さん!

 

 

上田さんはギターで劇中の効果音やBGM担当、

こちらもギター1本で様々な音を出し、見事に演出しております。

 

 

そして野口さんは直方市立図書館の館長で、

絵本の読み聞かせや朗読、

語りを大人同士のコミュニケーションの手法として学び

活動する団体「宙(そら)のサカナ」代表でもいらっしゃる凄いお方、

 

 

そしてこの野口さんと萬田さんの演技力が本当に凄い!

 

物語の大部分は、野口さん演じる主人公の紺屋職人の久蔵と

萬田さんが演じるその紺屋の親方との会話の掛け合いで進むのですが、

お二人ともレベルの高い演技力と技術力で聞いているものを

ぐ~~っと引き込みます!

 

 

 

真面目ではあるが抜けたところもある主人公を演じる野口さんの確かな演技力と

 

 

 

江戸っ子で早口でべらんめぇ口調の親方を演じる萬田さんの技術力。

 

萬田さんは聞き取りやすい声で物語の進行役と

人物の役を切り替えながら演じきります。

 

お二人ともこれぞプロの読み手といわんばかりの演技を披露!

 

 

 

 

 

 

 

テンポも良く、お二人の阿吽の呼吸の掛け合いで観客の皆さんを

物語の中に引き込んでいってくれました、

 

お話も人情話で聞いていてほろりとしてしまうような部分と

きっちり笑わせてくれるところとの緩急も良く、

いいお話だなぁとしみじみと思いましたね。

 

 

萬田さん、野口さん、上田さん、

素敵なお話を聞かせていただき本当に有難うございました!

また来年の当店でのライブも楽しみにさせていただきます!

 

 

 

 

ここからは2本ほど侘び助さんのイベント告知でございます!

一つめは6月30日(日)福岡県福津市で行われるこちら、

 

 

 

昨年は別府市で行われましたが、今年は福岡県福津市です!

 

語り 舞い 奏でる

「小泉八雲の夕べ」

 

舞踏-樹里(万華鏡) 語り-萬田陽子(侘び助) 音楽-上田たけし(侘び助)

 

日時:6月30日(日) 15時開演(14時開場)

会場:玉乃井(旧玉乃井旅館) 福岡県福津市津屋崎4丁目1-13

入場料:1,500円

お問合せ・ご予約:Tel 090-1088-4228 万華鏡まで

 

会場の玉乃井さんは福岡県より近代和風建築として文化財保護の認定を受けた

旅館のようで、現在は喫茶店、ギャラリー、貸しスペースとして使われているとのこと

 

こちらでちょっと怖い小泉八雲のお話の語りと舞踏と音楽のコラボです!

 

これからどんどん暑くなってきますので

小泉八雲ことラフカディオ・ハーンの怪談話で

涼をとっていただけたらと思います( ´ω`)

 

ご興味ある方は是非足をお運び下さいませ!

 

 

 

 

そしてもう一つ、

北九州市八幡西区のピアスペース のーてぃすさんで行われるこちら、

 

 

侘び助ライブ 朗読と音楽

「語り継ぎたい戦争童話」

 

日時:7月21日(日) 15:30~17:00

会場:ピアスペース のーてぃす(北九州市八幡西区木屋瀬4-11-5)

料金:1000円(1ドリンクつき)※小学生以下は入場無料

問合せ:Tel 090-8918-6388 侘び助まで

 

 

会場ののーてぃすさんはおしゃれな古民家風ギャラリーカフェで、

侘び助さんのホームグラウンドのようなお店です。

 

基本的に奇数月の第3日曜日に侘び助さん達のライブが行われております。

 

7月の回は野口和夫さんもご出演されるようです!

 

とっても素敵な場所でのライブとなりますので

こちらもどうぞお時間ございましたら足を運んでみられて下さい!

 

>>ピアペースのーてぃすさんのHPはこちら<<

 

 

 

侘び助さんの最新情報は、こちら ↓ をご覧になられるといいかと思います

侘び助Facebookページ

 

 

 

最後に7月の当店GAKUSABOU LIVEは、

下関のディーヴァこと

秋山仁希さん!

をお呼びしての弾き語りライブを予定しております!

こちらもどうぞお楽しみに!

 

 

それでは、また( ´ω`)ノシ

 


本日5/26(日)14時より開催! 侘び助’s GAKUSABOU LIVE !

 

 

侘び助’s GAKUABOU LIVE!

本日開催!!

 

日時:5月26日(日) 14:00~ START(13:30~会場オープン)

会場:かなたに園 cafe GAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンクつき)

問合せ:TEL 083-224-0974 かなたに園

 

※初めて当店のライブにお越しのお客様で

駐車場にお困りの方は、どうぞ当店にご一報下さい。

(TEL 083-224-0974 かなたに園)

 


今週末 5/26(日) 侘び助’s GAKUSABOU LIVE 開催!

久しぶりに気持ちの良い五月らしい青空が広がっておりますね、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

5月は何かとイベントごとが多い月となっておりますが、

今週末26日の日曜日には当店でも久しぶりのライブが行われます!

 

 

侘び助’s GAKUABOU LIVE!

 

日時:5月26日(日) 14:00~ START(13:30~会場オープン)

会場:かなたに園 cafe GAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンクつき)

問合せ:TEL 083-224-0974 かなたに園

 

 

毎年当店で朗読劇ライブを行っていただいている侘び助さん!

———————————————————————————————–

侘び助とは?

ジャンルにこだわらず、メンバーを固定せず、表現の可能性を追求していく集団で、

語り・即興音楽・舞踏のコラボレーションライヴを展開中。

———————————————————————————————–

 

今年の演目は古典落語話の

紺屋高尾」!

 

紺屋高尾(こうやたかお)は浪曲、古典落語の演目の一つで、

大正末期に出た篠田実(後に初代)の浪曲レコード、当時異例となる人気を得ました。

 

そこから数多く落語家が演じたり、日本の時代劇映画の題材となったようです。

花魁の最高位である高尾太夫と、一介の紺屋の職人との純愛をテーマに据えた名品です。

 

 

今年は侘び助のお二人(上田たけしさん、萬田陽子さん)と共に、

野口和夫さんをゲスト演者としてお招きしてお送り致します!

 

野口さんは2013年の「注文の多い料理店」以来、

6年ぶりの当店ライブへの参戦でございます!

 

そしてなんと、野口和夫さんは

直方市立図書館の館長さん!

さらに絵本の読み聞かせや朗読、

語りを大人同士のコミュニケーションの手法として学び

活動する団体「宙(そら)のサカナ」代表で、

地元や八幡西図書館など各地で朗読会を開いているそうです。

 

そんな凄い方が参加して下さるのは本当に有難いことです( ´ω`)

 

 

そして侘び助の主要メンバーの一人、萬田陽子さん

2015年「第三回 久留島武彦顕彰 全国語りべ大会」

最優秀賞・久留島賞受賞を受賞された

語りのプロ中のプロ!

 

 

 

そして、劇中のアコースティック効果音を担当して下さるのが、

侘び助主要メンバーでシンガーソングライターの

上田たけしさん!

 

上田さんには、ソロライブも行ってもらおうと思っておりますので、

そちらもどうぞお楽しみに!!

 

 

新緑の季節、新茶の季節の5月の末日、

心温まる人情落語話と

 

力強さと優しさ、そして爽やかさが同居する歌声が魅力の

上田たけしさんのライブで、5月の最終日曜日、

心を癒しにいらして下さい( ´ω`)

 

前座はもちろん、当店店主バンドのGreenTeasが務めさせてただきます!

 

それではどうぞお楽しみに!それでは、また( ´ω`)ノ

 

※初めて当店のライブにお越しのお客様で

駐車場にお困りの方は、当店に是非ご一報下さい。

(TEL 083-224-0974 かなたに園)

 

 

 

 

 

 


「みんなで朗読会2」at GAKUSABOU 後記 & 侘び助’s GAKUSABOU LIVE 告知

 

本日は週の始まりにふさわしい良いお天気となりましたね、

こんばんは、かなたに園です( ´ω`)

 

今日は昨日の日曜日に開催致しました、

「みんなで朗読会2」のもようをお送り致します。

 

今回で2回目の朗読の会にご参加・ご来場いただいた多くのお客様、

誠に有難うございました!

 

この会は毎年当店でも朗読劇ライブを開催していただいている

アーティストグループ「侘び助」さんの主メンバーの一人であり、

全国語りべ大会で優勝もされている、語りのプロ中のプロ!

萬田陽子さんに企画していただいた朗読会です!

 

 

 

人前で朗読をするのが初めての人も、朗読を習っている人も

子供に読み聞かせをしている人も含めて

朗読に興味がある人に是非気軽に参加していただきたいと思い

今回2回目を催しました。

 

 

会の最初に萬田さんもおっしゃっていましたが、

こういう場を経験することで、音読と朗読の違いを知り、

人に聞いてもらう「朗読」の奥深さを直に体験してもらえるということも

この会を催す目的の一つです。

 

さてそれでは簡単ではありますが、

参加者の様子をお伝えしていきましょう!

 

トップバッターは当店店主の金谷英樹&美紀子

英樹のオリジナル曲の詩の朗読を美紀子が、

そして英樹も1曲ほど歌も披露。

 

 

お次は、北九州より参戦していただきました、森田玲子さん!

古典落語の「紙入れ」という

艶かしく面白い落語を朗読していただきました!

 

森田さんは昨年のGAKUSABOU LIVEにも侘び助さんと一緒に参加もして

いただいているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

元々劇団で活躍されていた舞台女優さんですので朗読もやはりプロです!

全てにうますぎるので皆さんの良いお手本になったのではないでしょうか!

 

続いては前回に引き続き北九州より参加していただきました、山田佳子さん

星新一さんの「ボッコちゃん」を朗読していただきました。

 

前回も星新一さんの作品を朗読していただきましたが、

改めて星新一さんをご紹介致しますと、

星さんは小説家でありSF作家、

豊富な作品量でありながら、それでいてどの作品も質の高さを兼ね備えていた

ところから「ショートショート(掌編小説)の神様」と呼ばれている方です。

 

ネタバレになりますが、ボッコちゃんはロボットなのですが、

そのロボットの声色を山田さんはうまく表現されていて

物語の壮絶なラストとの対比もとても楽しめました!

 

山田さんありがとうございました!

 

 

 

さてお次はハンス・ウィルヘルムの絵本「ずーっとずっとだいすきだよ」

朗読していただいた石田朱美さん

石田さんも前回に引き続きご参加いただきました!

 

この「ずーっとずっとだいすきだよ」はとても有名な絵本なのですが、

命の大切さと同様に相手に言葉を伝えることの大切さも感じる、

大人が読んだらとても深みと感動をおぼえる絵本です。

 

石田さんのすっきり聞きやすいお声は、聞き手にストレートに伝わる読み方で、

このお話は本当にグッときました( ´ω`)b

石田さん有難うございました!

 

 

お次は初参加で、人生最初で最後の朗読をするということで

ルーシー・モード・モンゴメリーの「黄金の道」

朗読していただいた森田さん!

 

かなり長めの作品を頑張って披露していただきました、

作品自体は100年以上前の作品になりますので

当時の情景描写に朗読で苦労されていたようですが

その伝えたいお気持ちは伝わりましたよ、

森田さん有難うございました!

 

 

そしてここでティータイム休憩に入りまして、

 

そのティータイム後の後半のトップバッターに、

私も前回に引き続き、朗読会に参戦させていただきました!

前回は大分県の二階堂酒造のテレビCMの詩の朗読をさせていただきましたが、

 

今回は往年の洋楽の名曲の和訳を朗読し、

それがなんという題名の曲かをお客様に当てていただく

クイズ形式の出し物をさせていただきました。

 

聞いたら誰でも知っている超有名な洋楽の曲でも

その詞の訳をしっかり知っている方は少なかったり、

洋楽はメロディと詞のギャップが結構あったりと面白いので

今回やらせていただきました( ´ω`)

 

3曲だけでしたが、そこそこ楽しんでもらえたようで私もホッと致しました。

 

 

さてお次の方も前回に引き続き披露していただきました、木下順子さん

今回はジョン・バーニンガムの

「いつもちこくのおとこのこ – ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」

を朗読していただきました。

 

この絵本もとても有名で、人気の絵本のようですね、

物語の主人公の少年の名前がジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーなのですが、

この名前を何度も読まなければならず、それだけでも難易度の高い作品だと思います。

 

木下さんはその優しいお声の朗読は聴く者にとても心地良く、

またその名前の部分もまったく詰まらずスムーズに読まれておられました。

 

最後にはジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーという言葉を

聞いてる皆が口ずさんでしまうようなクセになる良い作品でしたね。

 

木下さん有難うございました!

 

 

お次は、侘び助さんとも親交が深く、

当店のライブにも以前参加していただいたことのある、石倉留実さん

 

石倉さんは太宰治の「黄金風景」を朗読をしていただきました。

 

あの太宰治の作品ですので難解な作品かと思われましたが、

内容はさくっとした短編で何か気持ちの良い読了感も感じましたね。

 

また、石倉さんのとても聞きやすい朗読のおかげで

頭の中での情景描写をしやすく感じましたね。

石倉さん有難うございました!

 

 

 

そして、今回もトリを務めていただいたのは、

お隣の門司のほうで「朗読カフェ」という朗読の会を

主催している加生ふみ子さんとその会の皆さんによる

星野富弘さんの「鈴の鳴る道」の朗読でした。

 

 

 

 

皆さんしっかり日頃から練習されているだけに

しっかりとした聴きやすい朗読でございました!

 

また、この作品の作者の星野富弘さんは昔、

中学の体育教師となった2ヵ月後の体育の授業中に頚椎を損傷し

肩から下は麻痺となり

 

その後様々な出会いを経て、口に筆を持って、絵を描き始め、

後にその絵に詩を加えるようになった凄い方です。

 

今回の朗読を聞いて、その本の全文を読んでみたくなりましたね!

 

加生さん、そして朗読カフェの皆さん、有難うございました!

 

 

そして、今回もこの朗読会に一花添えてくれたのが

ギターで絶妙な効果音を奏でてくれました”侘び助”の上田たけしさん!

上田さんの効果音は読まれる詩やお話に寄り添い、

決して話しの邪魔をしないアンビエントな効果音となって演出してくれました。

上田さん有難うございました!

 

 

今回で2回目となった朗読会も多くのお客様にご来場いただき

関係者一同感謝の気持ちで一杯でございます。

 

是非またいつか3回目を行わせていただきますので、

その際は、このブログを読んでいただいている方もご参加いただければと思います!

 

そして、そして、

萬田さん上田さんが率いる、表現の可能性を追求していく集団

”侘び助”さん

のライブは来月

5月26日(日)に、

当店GAKUSABOUにて予定されております!!

 

開場13:30~ 開演14:00~です。

 

毎年楽しみにされている方も多い侘び助さんのライブですが、

今年も昨年に引き続き、古典落語でいかせていただきます!

 

演目は

「紺屋高尾」!

という古典落語の人気演目を予定。

 

有名な花魁に恋焦がれる染物職人の男の話でございます、、、

 

今年は侘び助のお二人と共に、5年半ぶりに

野口和夫さんをゲスト演者としてお招きしてお送り致します!

 

今回もシンガーソングライターの侘び助上田たけしさん

引き語りライブもございますので、お見逃し、お聞き逃しなく!!

 

 

それでは、また( ´ω`)ノシ

 


打田十紀夫’s GAKUSABOU Special Live 2019 後記

 

お天気が良かった週末とはうって変わり、

どんよりとした曇り空の一日となっております。

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

昨日24日に開催致しましたギタリスト打田十紀夫さんによる

60歳還暦記念ツアー GAKUSABOUスペシャルライブに

お越しいただいたお客様、誠に有難うございました!

 

打田さんのライブは当店では2回目、

今回もかなりの遠方よりこのライブに駆けつけていただいたお客様も多く

大変な盛り上がりをみせてくれました。

 

 

 

予想を超えるお客様の数に当店のキャパギリギリでの対応となり、

少し息苦しく感じられたお客様もおられたかもしれません、

その点大変申し訳ありませんでした(;´ω`)

 

 

今回のライブも皆様にしっかりと打田さんのライブを楽しんで頂きたいと前座は設けず、

前半・後半とに分けてお送りさせていただきました。

 

 

 

打田さんはフィンガーピッキングスタイルのギタリストで、

日本でも屈指のレベルのお方。

 

そしてステファン・グロスマンをはじめ、数多くの外国人との共演もされており

海外での演奏経験も豊富です。

 

演奏ジャンルはブルースからカントリー、ブルーグラス、民謡、など

ルーツミュージックを主に演奏されます。

 

 

アイアンボディがとてもレアなナショナルのリゾネーターギター

ブルースにはやはりこれですね、

ボトルネックを用いてのスライド奏法で独特な音色で皆様を魅了しておりました。

 

 

 

打田さんは演奏の合間合間のトークがとても軽妙で、

ギターのことはもちろん、演奏のやり方や経験談、ツアーでの話

さらに愛して止まないプロレスやラーメンのことまであらゆる引き出しを

お持ちになっておられ、全て面白いというのがまた凄いところ!

 

 

いい笑顔( ・∀・)

 

そして特にジャイアント馬場さんの信者でおられる打田さんが

色々な話の節々に、知らないと気付かないレベルの細かなプロレスネタなどを

盛り込むのを私は聞き逃しておりません( ´ω`)

 

 

そして前回のライブ後記でも書かせて頂きましたが、

打田さんはライブの移動は主に電車などを使って

ギターを最低でも3本担ぎ、大き目のスーツケースを持ち、移動されてます。

 

このスタイルは打田さんご自身はもう慣れたもので

重さなどは苦にならないとのことでしたが、

 

一人でギターを3~4本担いで移動する姿をジロジロ見られるのは

なかなか恥ずかしく苦行で、

さらにタクシーの運転手から演者ではなく、

ただの演奏者の荷物持ちと間違われることがあると

嘆いておられました(笑)

 

↓そのお姿がコチラです

※右手に大きめのスーツケース、左手にギターケース2つ、

背面にギターケース1つを背負い、斜めがけにショルダーバッグ1つの

打田さん基本スタイル、まさにストロングスタイル!

 

打田さんは学生時代に柔道をされていて、

とてもがっしりとした体つきをされていますが、

それでも60歳でこの体力とパワー、、、

私達も見習わなければなりませんね。

 

 

見た目も若々しく、

私のように歳が下の者にも気軽に話をして下さいますので

とても還暦とは思えません。

 

 

 

 

モーリスの打田さんモデル!!

 

古いアメリカンブルースやカントリーやブルーグラス、

さらに日本の民謡や童歌など、

超絶技巧のフィンガーピッキングでお客様を魅了して頂きました!

 

 

 

打田さんは数多くのギター教習本を執筆されており、

曲の合間のトークでギターの演奏や奏法に関しての説明をしてくれるのですが、

 

それがとても分かりやすく、

ギター初心者の方や触ったことのない方でも

分かりやすいようにお話ししてくれます!

 

 

 

今回のライブで感じたのはギターの上手さというものの

その先にあるものでした。

 

テクニックだけでなく、人の心に響く音や演奏とはどういうものか。

 

これは芸術に関する全てのもので云えることで、

一筋縄ではいかない話ではありますが、

今回のライブで私の中の一つの道筋は見えました。

 

 

 

今回も美しくて、心地良い、ハートウォーミングな演奏

そして、面白い演奏方法をする曲などもありました。

 

これに面白いトークも付いてきてたっぷり盛り沢山で、2時間があっという間、

 

お客様もとても満足されてお帰りになられていたのが印象的でしたね。

 

 

また次回を楽しみに待っていようと思います。

 

打田さんこの度も本当に有難うございました!

ラーメンの食べすぎにはどうぞお気をつけ下さい (ノ∀`)

 

 

 

それでは、また( ´ω`)ノシ

 


本日開催!3/24 打田十紀夫’s GAKUSABOU Special Live!

 

「打田十紀夫 60th Birthday Anniversary

                                    Special Acoustic Live!」

 

 

おはようございます!

かなたに園です( ´ω`)

 

本日開催のギタリスト打田十紀夫さんによる Special LIVEは

14時からSTARTとなります!

 

会場のほうは13時30分より開場となりますので、

良い席で観覧されたいお客様は、お早めにかなたに園にお越し下さい!

 

日時:2019年 3月24日(日) 13:30~Open  14:00~Start

場所:日本茶専門店 かなたに園内 cafe GAKUSABOU

住所:山口県下関市汐入町4-4

料金:2,500円(1ドリンク付)

 

※当店の専用駐車場はございません。

 

駐車場をお探しの方は、

当店 Tel 083-224-0974までご連絡下さい!

 

 

お待ちしております!( ´ω`) ノ

 

 


3/24(日) 打田十紀夫’s GAKUSABOU Special Live 告知!

 

少し間が空いてしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

本日は来月3月24日(日)に予定しております、

GAKUSABOU Special Liveの告知をさせて頂きます!

 

「打田十紀夫 60th Birthday Anniversary

                                    Special Acoustic Live!」

at the GAKUSABOU

Country Blues Guitar & More…

 

時:2019年 3月24日(日) 13:30~Open  14:00~Start

場所:日本茶専門店 かなたに園内 cafe GAKUSABOU

山口県下関市汐入町4-4

料金:2,500円(1ドリンク付)

お問合せ:Tel 083-224-0974 かなたに園

Mail kanatanien@navy.plala.or.jp 

 

 

1年4ヶ月ぶりにあの方が下関に帰って参ります!

 

日本を代表するフィンガーピッキングギタリストであり、

多くの海外一流ギタリストとの共演を果たしてきた

打田十紀夫さんのスペシャルライブを開催させて頂きます!

 

打田さんは今年でなんと60歳!

その還暦祝いのライブツアーとなります。

 

 

打田十紀夫さんプロフィール~

 

1958年三重県四日市市出身。東京工業大学理学部中退。カントリー・ブルース・ギターの

巨匠ステファン・グロスマンに師事し、1987年にロサンゼルスで共演。

以来、アコースティック・ブルース&ラグタイムを得意とするギタリストとして活躍。

全国でのコンサート開催をはじめ、CDやDVD、また教則本など多数発表し、

長年に渡りこの分野の発展に力を注いできた。

『モリダイラ楽器/フィンガーピッキング・デイ』や『楽器フェア』など、

アコースティック・ギター関連のイベントでも欠かせない存在となっている。

 

ステファン・グロスマンをはじめ、ジョン・レンボーン、ダック・ベイカー、ボブ・ブロズマン、

ウッディ・マン、パット・ドノヒュー、トニー・マクマナスといった一流ギタリストとの

ジョイント・ライヴ・ツアーを継続的に行うなど、海外アーティストとの交流も重要な活動で、

2007年には師匠グロスマンとのデュエットCD『Bermuda Triangle Exit』がアメリカでリリース。

中国でのライヴ、クリニックや、アメリカやフランスを回る海外ライヴ・ツアーも開催し、

活動の幅も国際的となっている。

2011年10月には、米ミシシッピー州グリーンウッドで開催された

「ロバート・ジョンソン生誕100周年記念フェスティバル」にも出演した。

 

『アコースティック・ギター・マガジン』(リットーミュージック)、

『アコースティック・ギター・ブック』(シンコー・ミュージック)、

『Player』(プレイヤー・コーポレーション)、

『Blues & Soul Records』(スペースシャワーネットワーク)などの音楽誌でも、

長年に渡って連載や寄稿している。

 

独創的で抒情的なそのオリジナル曲は、ルーツに根ざしたものであると同時に、

常にギター・ミュージックの可能性に挑んでいる。

 

 

 

打田さんはご自分のCDはもちろんのこと、

アコースティックギターの教則本も数多く出版されており、

そちらの分野でお世話になった方や

そちらの方からファンになられた方も多いはず、

 

名著「カントリー・ブルース・ギター」の続編で、

”決定版”となる「打田十紀夫 カントリー・ブルース・ギター・バイブル」が2017年に

発売され、その道で知らないほうが珍しいお方です。

 

この教則本もバイブルという名に恥じない内容で多くのギタープレイヤーに

受け入れられているもようです。

 

 

 

 

演奏されるジャンルは

古いアメリカンブルースやカントリーやブルーグラス。

 

さらに日本の民謡や童歌などもレパートリーに含み、

美しく超絶技巧のフィンガーピッキングで聴いているものを

どんどん打田さんの世界に引き込んでいきます。

 

老若男女問わず、全アコギプレイヤー、インストゥルメンタルギター好きに

お奨めしたいアーティストさんでございます!( ´ω`) b

 

 

打田さんは昨年も当店でライブをしてくれた、

宮崎県のアイリッシュギタリストである天満俊秀さん

と関係が深く、天満さんのお師匠さんのようなお方、

 

 

 

 

「打田十紀夫 60th Anniversary Special Acoustic Live

                                                            at the GAKUSABOU」

時:2019年 3月24日(日) 13:30~Open  14:00~Start

場所:日本茶専門店 かなたに園内 cafe GAKUSABOU

山口県下関市汐入町4-4

料金:2,500円(1ドリンク付)

お問合せ:Tel 083-224-0974 かなたに園

Mail kanatanien@navy.plala.or.jp 

 

※当店に専用駐車場はございません。

 

※当日は混雑が予想されます、予約席などの確保は承ることができませんので

良いお席を確保されたいとお考えのお客様は

店舗オープンの13:30に合わせてお早めにお越しいただけたら幸いでございます。

 

また、初めてのお車でのご来店の方で近隣駐車場についてご質問のある方は、

かなたに園までご連絡下さいませ。

 

 

 

ライブが行われる頃はまさに春爛漫の桜の季節となっておることでしょう、

心地良い春風のような流麗なフィンガーピッキングギターの音色を

どうぞお楽しみ下さい。

 

 

ご来店、お待ちしております( ´ω`)

 


2019年営業開始!& 3月にスーパーギタリスト 打田十紀夫さん再び!

 

 

遅ればせながら、

明けましておめでとうございます!

 

本日5日より、2019年の通常営業開始でございます!

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます<(_ _)>

 

本年は亥年ということで、ストレートに真摯な姿勢を貫き、

そして更なるサービスの向上を目指し頑張っていこうと思っております!

 

また、日本茶と音楽、どちらに対しましてもお客様に良い提案ができますよう

努めて参りたいと思っております!

 

 

そしてそして、来る

2019年 3月24日(日)

 

本年度最初の当店のライブにスーパーギタリスト、

打田十紀夫さん!

1年4ヶ月ぶりの来演が決定!!

 

 

 

前回2017年の11月に初めて来演され、大好評を頂いた打田十紀夫さん!

 

打田さんは日本を代表するフィンガーピッキングギタリストで、

多くの海外一流ミュージシャンとの共演を果たされてきた方です!

 

著書の「カントリー・ブルース・ギター・バイブル」はその道の方々には

長く”聖典”とされており、現在もフィンガーピッキングスタイルのギター演奏で

全国を巡り、その素晴らしい音色や音楽性を届けておられます。

 

 

今回もスペシャルライブとして打田さんをお招きし、

2019年の1発目のライブにさせていただけることになりましたヽ( ´ω`) ノ

 

 

詳細はチラシが出来次第、追ってお知らせさせて頂きます、

是非この機会をお見逃し、お聴き逃しなく!!

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


“謡楽舎” 天満俊秀&天満智恵子 GAKUSABOU LIVE 2018 後記

 

昨日と比べますと少し肌寒い月曜日でございます、

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

さて、本日は昨日11月25日に開催されました、

“謡楽舎”-天満俊秀さん天満智恵子さんによる

GAKUSABOU LIVEのもようをお送り致します!

 

 

今年の天満さんのライブにも常連のお客様や初めてのお客様を含め

とても多くののお客様が足を運んで下さり、

かなたに園並びに演者さん一同大変感謝致しております。

誠に有難うございました!

 

 

それではライブのもようをお送りしていきましょう。

 

 

前座はもちろん当店店主バンド”GreenTeas”が務めさせていただきました。

 

 

今回はギタリストのShingoさんも参加していただき、

安定のトリオ編成での演奏でした。

 

今回演奏した曲は難易度の高い曲を選んでおりましたので、

最近風邪気味で喉の調子が悪かった店主二人は大丈夫だろうかと

私は心配しておりましたが、どうにかお客様に聞き苦しくないほどの

演奏は出来ていたと思います( ´ω`) b

 

そしてギターのShingoさんの存在がやはり大きいなと感じました。

店主英樹にもしっかりアドバイスできて共に作り上げることができる人の

存在は大きいです、Shingoさんいつも有難うございます!

 

 

前座が終わり、ティータイムを挟みまして

メインのお二人の登場です。

 

 

 

当店でのライブは今年で6回目!で

有難いことにほぼ毎年当店で演奏をしていただいております。

 

天満さんは4年前くらいにお爺様の実家の宮崎で農業を始められ、

更に一昨年より農家体験が出来て、さらに天満さんご夫婦の演奏も聞ける

農家民宿「謡楽舎」も開業されております!

 

最初の頃は天満さんのアイリッシュギター、ブリティッシュブルースギターのソロ演奏ライブ

でしたが、その後、奥様智恵子さんのフィドルとのデュオでの演奏となりました。

 

更に、ここ最近は日本民謡の曲を三味線と胡弓を用いての演奏などもプラス、

アイリッシュやブリティッシュミュージックと日本の民謡も奏でる”謡楽舎”として

そしてソロとしての活動も共に続けられております。

 

 

 

曲の合間のトークはさすが元大阪人といった感じで

話がとても上手で、途切れない途切れない。(笑)

 

演奏の主体となるアイルランドのことはもちろん、

曲の解説もしっかり話してくれますが、

本業の農業のお話になるとこれがまた止まりません、

 

宮崎県の農業の実態から作物のお話し、

そして農業機械の話しまでこの一年での出来事を

しっかりとお話ししていただきました!(笑)

 

 

 

 

そして演奏となると、息のあった夫婦デュオ演奏を

しっかりと聞かせてくれます。

 

 

 

毎年書いておりますが、

特に曲の出だしの入りの部分の天満さんの指先への集中力が凄いのです、

 

その緊張感は会場の皆さんにも伝わり、

一瞬張りつめた空気に変えるのですが

 

その後に続く美しく優しいアイリッシュやスコティッシュミュージックの旋律

との対比で結果とても心地良くなるのです。

まさに緊張と緩和ですね。

 

 

 

そして智恵子さんのフィドルも幅の広い美しい音色でギターに呼応します。

 

 

アイルランドやスコットランド民謡は日本人でも聴き馴染みのあるものが多く、

聴くと郷愁に誘われたり、懐かしい気持ちや暖かい気持ち、

さらに神聖な印象を受けるものが多いです。

 

 

それはその国に根付く精神性、

神や自然への崇敬からくる美しさや気高さが

同じ島国で自然崇拝が根付く日本人の琴線にも

触れる音楽なのではないかと考えます。

 

 

 

 

アイリッシュ系ミュージックを演奏される日本人の方はなかなかおりません、

お二人の存在はとても貴重です。

 

本当に心地良い音楽に、多くのお客様が目を閉じて

アイルランドやスコットランドの風景を思い描きながら聴いて

いるようでしたね。

 

 

私もお二人の演奏を聴ける喜びを今年もじっくりと噛み締めながら

今年のライブも終了致しました( ´ω`)

 

また来年も聴けることを願っております、

謡楽舎 天満俊秀さん、智恵子さん今年も有難うございました!

 

 

天満さんのライブスケジュールや様々な情報が分かるオフィシャルサイトはこちら↓

Toshihide Temma official web

 

そして、天満農園や民宿「謡楽舎」の情報が分かるウェブサイトはこちら↓

謡楽舎web site

 

 

最後はいつものこれでお別れです、

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


・・・Secret Live 2018

 

肌寒い月曜となっておりますが、

いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

先週金曜日に毎年恒例のシークレットライブと言う名の私的発表会、

アルトサックスをこよなく愛する、Takakoさんによる

TAKAKOの聞いてもらっていい会?2018」

が開催されましたので、そのもようをお伝えしていこうと思います( ´ω`) b

 

 

このライブは、主催者のTakakoさんが日々練習しているアルトサックスの

一年間の成果を、ご友人を招いて被露されている私的なライブでございまして、

 

長年親交のあるご友人や、音楽仲間の方々など多数集まり

とてもアットホームな雰囲気の中で行われております。

 

 

 

毎年ご来場してくれるご友人の方々のために

年間を通して修得した10曲以上の曲を被露致します。

 

前半部は邦楽の選曲多めに、

誰が聞いても知っている曲ばかりで会場も温まります。

 

 

 

 

 

 

ご友人の方々もそんなTakakoさんの演奏を集中して、時には笑いながら、

そして時には曲を口ずさみながら楽しんでおられます。

 

 

 

曲の合間には久しぶりに会うご友人の方々とトークしながら

笑いも交えて曲の解説なども行います。

 

常に積極的に挑戦し続けているTakakoさんの姿勢は

私みたいな若輩者から見ても輝いて見えますし、

 

そんな姿を年に一回見られている同世代のご友人の方々は

本当に元気がもらえるだろうなと感じます。

 

 

前半のTakakoさんの演奏が終わりますと、

次はゲストの方々の演奏が始まります。

 

 

まずは、ご友人でジャズボーカルを嗜むTakarabeさんのご登場!

 

 

いつもお店にやってくると大きなお声で

しゃべりまくっているTakarabeさんですが、

今回は緊張しているのかいつもよりムーディーに登場( ´ω`)

 

 

 

しかしその歌声にはしっかり芯が入っておりまして、

力があり伸びもあるハスキーボイスに会場の皆さんは聞き入っておりましたね。

 

Takarabeさん有難うございました!

 

 

 

二組目は、当店店主二人と、

以前も参加してくれたバイオリンから現在は二胡を練習中の

Mizukiさんが登場!

 

 

チャイナドレスがきまったお二人と、店主英樹が伴奏で入ります。

 

 

 

赤のチャイナドレスが眩しいMizukiさんですが、

3年くらい前から二胡を練習しており、

さすが元バイオリンを演奏されていただけに上達も早く、

それより前からやっている店主美紀子をとっくに追い抜いている

綺麗な音色を奏でておりました。

 

 

 

店主美紀子もそのMizukiさんに合わせようと必死に頑張っておりました。

二胡でハモるのはなかなか難しいことだと思いますが、

どうにか聴けるほどにはなってきたかなと思います(;´ω`) b

 

 

 

そして小休止を挟んで、

Takakoさんの後半部が始まりました。

 

 

今回もTakakoさんの演奏に盟友のピアニストTakaoさんと

ドラマーのMatsuzakiさんが加わり、

生伴奏の聴き応えあるライブに展開!

 

 

 

 

 

後半は洋楽のジャズやポップスの名曲を織り交ぜ演奏、

お客様の合唱や手拍子に合わせ気持ちよく演奏されておりました。

 

 

 

毎年自分のペースで着実にサックスの技術を磨いていっているTakakoさん、

 

このご自身のイベントが一年の集大成であり、

またここからの一年の始まりでもあるとのこと。

 

 

 

演奏するほうも、お客様も

毎年とても楽しくこのひと時を過ごされている様子は

見ていてほっこり致します( ´ω`)

 

 

そしてこのイベントが一つの同窓会になっており

ご友人の方々が一年の労をねぎらう貴重な会になっていること

とても素敵なことですね。

 

 

今年も本当に多くのお客様に足を運んでいただき誠に有難うございました!

 

 

Takakoさんも来年に向けて既に走り出していることと思われます、

 

来年も素敵なご友人の皆様に素敵な音楽を届けるために

これまで以上に練習に励まれることでしょう、

 

また来年も是非このイベントにお越し下さい。

お待ちしております!

 

かなたに園cafe GAKUSABOUでは、

このような個人的なライブやその他催し事での利用も可能です。

オリジナルドリンク類などをご用意致しております。

ご興味がある方は、お気軽にご相談下さい。

 

お問合せは、

お電話 083-224-0974もしくは、

メール kanatanien@navy.plala.or.jpまでお気軽にどうぞ。

 

 

それでは最後に恒例のこちらでお別れです、

 

 

それでは、また( ´ω`) ノシ

 

 

 


11/25(日) 謡楽舎 天満俊秀&智恵子’s GAKUSABOU LIVE告知

 

ふと目線を上げると木々が色づき始めてきております。

 

今年もあと2ヶ月と少々、

時が経つのはなんと早いことかと実感させられますが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

こんにちは、かなたに園です( ´ω`)

 

 

本日は来月11月のGAKUSABOU LIVEに宮崎県から

あのご夫婦デュオが今年も来てくれることになりましたので

そのライブ告知をさせていただきます!

 

 

 

《謡楽舎》 天満俊秀&天満智恵子’s GAKUSABOU LIVE

 

日時:11月25日(日) 14時~START (13:30 会場OPEN)

会場:かなたに園内 cafe GAKUABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンク付)

問合せ:Tel ⇒083-224-0974

mail⇒ kanatanien@navy.plala.or.jp

 

 

日本でもこの方だけだと思います、

農業を営みながらアイリッシュギタリストとしての活動もされている天満俊秀さん

奥様でフィドラー(バイオリニスト)の智恵子さんと共に

アイルランドの風を今年もGAKUSABOUに運んできてくれます!

 

 

今年もアイリッシュミュージックブリティッシュミュージックを中心に

皆様にお届けしていただく予定です。

 

 

アイリッシュはアメリカのカントリーミュージックの起源といわれ、

その後のロックなどの音楽にも多大に影響しているのは

皆様もご存知のことと思います。

 

60~70年代にはアイルランドやスコティシュやケルトミュージックを

ロックに取り入れたバンドが数多くありましたね。

 

天満さんがソロで演奏されていた時はアイリッシュブルースを

演奏することが多かったのですが、

 

奥様とのデュオ「謡楽舎」では、

アイルランドやスコットランドの伝統音楽・民謡を主に演奏されています。

 

 

アイルランド民謡は日本人にとっても結構馴染みの深い音楽だと思います。

 

なぜなら日本では幼少期にアイルランドの民謡と知らずに

習ったり、聴いたことがあったりするからです。

 

ですので、

アイリッシュミュージックを聴くと昔を思い出したり、

懐かしい気持ちになったりするのではと思います。

 

アイリッシュ民謡の持つメロディの美しさや優しさは

同じ島国である日本人の心の奥底に

しっかりと根付いているように感じます。

 

 

 

プライベートの他、雑誌の取材などでも現地まで

何度も行かれておられる天満ご夫妻、

 

そのときのお話しなども色々と聞くことが出来るのではと思います。

 

12月目前の11月最後の日曜日、

おそらくかなり肌寒くなっていることと思われます。

そんな時期には暖かみをかんじる音楽を聴いて癒されてみませんか?

 

下関ではなかなか聞く機会のない本場仕込みの

アイリッシュミュージック

是非この機会にご堪能下さい!

 

ギタリスト天満俊秀さんの情報が分かるオフィシャルサイトは下をクリック↓

>>Toshihide Temma official web<<

 

そして、天満農園や民宿「謡楽舎」の情報が分かるウェブサイトは下をクリック↓

>>謡楽舎web site<<

 

 

どうぞお楽しみに!

それでは、また( ´ω`) ノシ

 


「侘び助’S GAKUSABOU LIVE」開催致します!

 

おはようございます!

かなたに園です( ´ω`)

 

ライブあります!

 

本日14時から

GAKUSABOUライブは開催致します!

下関の風は強いかもしれませんが、

雨はやはり弱まる予報のようです。

 

皆様、どうぞお足元にご注意の上、

ご来場下さいませm(_ _)m

 


明日9/30(日)開催予定の「侘び助’S GAKUSABOU LIVE」について

 

またか、、、(´・ω・`)

と、今年は当たり年なのでしょうか、、

 

前回7月29日に予定されていたライブは台風12号にて阻まれ

今回は24号が日本列島を縦断の恐れです。

 

 

既に多くのイベントで開催中止のアナウンスがでていることと思われますが、

 

当店の明日のライブ「侘び助’sGAKUSABOU LIVE」の開催最終判断は、

前回同様、明日日曜日の朝8時ごろこのブログや

フェイスブックページを通じて行わせていただこうと思っております。

 

下関は本当に自然災害が少ない有難い土地柄で

7月終わりの12号の時もそうでしたが

今回もさほど影響は受けないものと予測しております。

 

おそらく前回同様に四国側に逸れて、

下関は少し風が強く、雨が少々降るといった程度ではと。

 

↑明日9月30日下関の天気予報 (yahoo天気11時現在)

やはり明日の12時以降は風は強まりますが、雨は弱まる予報ですね。

 

多くの方が楽しみにされている侘び助さんのライブですので、

できれば開催したいと思っておりますが、

今回もこれからの台風の状況次第でございます。

 

明日朝8時ごろには開催アリ・ナシはお伝え致しますので

当日までお待たせして大変申し訳ございませんが、

どうぞご理解のほど宜しくお願い致します<(_ _)>

 

 

 


9/30(日) 侘び助’s GAKUSABOU LIVE 告知!

 

続きましてかなたに園です( ´ω`)

 

本日2発目は来月9月30日の日曜日に当店で開催される

「侘び助’s GAKUSABOU LIVE」

の告知でございます!

 

とその前に、

※前回の「ジェリービーンズGAKUSABOU LIVE」は台風によって中止になってしまい

楽しみにされておられたお客様、大変申し訳ございませんでした<(_ _)>

ジェリービーンズさんのライブはまた来年必ず企画させていただきますので

その際はどうぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

・・・はいっ! というわけでございまして、

毎年恒例の侘び助さん達の朗読ライブを楽しみにされている方も

多いのではないでしょうか!

 

今年はお得意の宮沢賢治作品からは離れまして、

なんと古典落語話の「はてなの茶碗」をメイン演目に

お届けさせていただこうと予定しております!

 

———————————————————————————————–

侘び助とは?

ジャンルにこだわらず、メンバーを固定せず、表現の可能性を追求していく集団で、

語り・即興音楽・舞踏のコラボレーションライヴを展開中。

———————————————————————————————–

 

はてなの茶碗(はてなのちゃわん)は、上方落語の演目の一つ。

東京では「茶金」の名で演じられる。

 

原話は、「東海道中膝栗毛」で知られる十返舎一九が

文化9年(1812)に刊行した滑稽本「世中貧福論」・中巻の

「宿駕籠の寝耳に水の洩る茶碗の掘出し」とのことです。

 

その他にも笑える楽しい落語話しをご用意させて頂きます!

 

 

今年は侘び助のお二人(上田たけしさん、萬田陽子さん)と共に、

森田玲子さんをゲスト演者としてお招きしてお送り致します!

 

森田さんは2年前の朗読劇「銀河鉄道の夜」の回でも来ていただき、

レベルの高い朗読をご披露いただきました!

今回も楽しみです( ´ω`)

 

 

そして侘び助の主要メンバーの一人、萬田陽子さん

2015年「第三回 久留島武彦顕彰 全国語りべ大会」

最優秀賞・久留島賞受賞を受賞された

語りのプロ中のプロ!

 

 

そして、劇中のアコースティック効果音を担当するのが、

侘び助主要メンバーでシンガーソングライターの

上田たけしさん!

 

上田さんには、ソロミニライブも行ってもらおうと思っておりますので、

そちらもどうぞお楽しみに!

 

 

まだまだ暑いかもしれない9月の末日

ぱっと心が豊かになるおもしろ落語話と

 

優しい歌声とそのほっこりキャラで心温まるライブを展開する

上田たけしさんのライブで、夏の疲れを癒しにいらして下さい( ´ω`)

 

前座は当店店主バンドのGreenTeasが務めさせてただきます!

 

日時:9月30日(日) 13:30~Open   14:00~Start

場所:かなたに園内カフェGAKUSABOU (下関市汐入町4-4)

料金:1,500円(1ドリンク付)

お問合せ:Tel 083-224-0974 かなたに園まで

 

 

それではお待ちしております!( ´ω`) ノシ